杉並区立方南図書館スポット展示2



利用者が本を手にとりたくなるように展示を考えるっていうのは図書館スタッフの仕事の中でも、一番醍醐味があると思います。特に夏休みは子どもたちの利用がとても多くなっています。

どんな本が図書館にあるんだろう?自分にぴったりの本は見つかるかな?と、やってくる子どもたちに、「わぁ!こんな本があるんだ!読んでみたいな~♪」と思わせる工夫をしてみましょう。

ご紹介するのは、方南図書館でのスポット展示。
7月17日(土)の午前には「パパ読みたい」によるおはなし会「むしむしたんけん隊」が行われ、虫のおはなしをたくさん読んでくれました。おはなし会の部屋には、「パパ読みたい」の方々による昆虫写真の展示も行われました。

おはなし会と連動し、また季節に合わせた選書によるコーナー展示。子どもたちが借りたくなりますよね^^

方南展示.JPG面出しで置いた本が、借りられたらすぐに次の本を面出しにできるよう常にチェックしておきましょう。

複本も同じ棚に用意しておくといいですね。


方南展示2.JPG














ロゴの周りに、折り紙で立体的に虫たちをちりばめて、それだけでも子どもたちがこのブックトラックの前に立ち止まること、請け合いです。

どうしたら、その展示コーナーの本を魅力的に見せるかも、サインの出来いかんですね。
ぜひ他館のいいお手本は、みなさんも参考にしてください。

方南展示3.JPG
 

コメントを残す