2011年(その2) 冬じたく(幼児~小学生)


12月のおはなし会☆おすすめプラン(その2)のテーマは、【冬じたく】です。
本格的な寒さが来る前の初冬の風景を思い浮かべながら選びました。

なおクリスマスの絵本は、おはなし会で使えるものを厳選して昨年紹介しましたので、そちらを参考にしてください。

***************************

【冬じたく】

絵本   『ふゆですよ』柴田晋吾/作 降矢なな/絵 金の星社 2009
ふゆですよ (四季のえほん)ふゆですよ (四季のえほん)
著者:柴田 晋吾/降矢なな
販売元:金の星社
(2009-11)

「こんにちは ふゆですよ」という呼びかけが繰り返される絵本です。山に、田んぼに、里に、海に冬が訪れます。クリスマスの到来を告げて終わるので、クリスマスの前に・・・初冬に読んであげたい絵本です。

絵本   『たのしいふゆごもり』片山令子/文 片山健/絵 福音館書店 1991
たのしい ふゆごもり (日本傑作絵本シリーズ)たのしい ふゆごもり (日本傑作絵本シリーズ)
著者:片山 令子/片山健
販売元:福音館書店
(1991-10-25)

山にも森にも冬はやってきます。こちらの絵本はふゆごもりの準備をするくまの親子。雪が降り始めるころには、ぐっすりと冬眠です。晩秋から初冬にかけての森の様子を描いています。

わらべうた せんべせんべやけた

絵本   『せんべせんべやけた』こばやしえみこ/文 ましませつこ/絵 こぐま社 2006
せんべせんべやけた (わらべうたえほんシリーズ)せんべせんべやけた (わらべうたえほんシリーズ)
著者:こばやし えみこ/ましませつこ
販売元:こぐま社
(2006-10)

今の子どもたちは、火鉢というものを見たことないかもしれませんね。私の子どものころは、田舎に行くとまだ火鉢があって、そこでおばあちゃんがお餅や、干しいもを焼いてくれたものです。わらべうたを歌いながら、読んであげましょう。巻末に楽譜も載っています。

絵本   『ハリーのセーター』ジーン・ジオン/文 マーガレット・ブロイ・グレアム/絵 渡辺茂男/訳 福音館書店 1983
ハリーのセーター (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)ハリーのセーター (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
著者:ジーン・ジオン
販売元:福音館書店
(1983-05-20)

「どろんこハリー」でもおなじみの、いたずらな犬のハリー。おばあちゃんが薔薇の模様のセーターをプレゼントしてくれたのですが、どうも気に入りません。ハリーはセーターをどこかに捨ててこようとするのですが・・・この絵本も最後のシーンはクリスマスです。初冬に読んであげるのをおすすめします♪

ブックトーク  冬を待つ絵本
『ふゆじたくのおみせ』ふくざわゆみこ 福音館書店 2003
ふゆじたくのおみせ―おおきなクマさんとちいさなヤマネくん (日本傑作絵本シリーズ)ふゆじたくのおみせ―おおきなクマさんとちいさなヤマネくん (日本傑作絵本シリーズ)
著者:ふくざわ ゆみこ
販売元:福音館書店
(2003-09-25)

ふゆじたくを前にお互いに贈り物をしようとするクマさんとヤマネくんの、心温まるおはなしです。


『ちょろりんのすてきなセーター』降矢なな/作 福音館書店 1993
ちょろりんのすてきなセーター (こどものとも傑作集)ちょろりんのすてきなセーター (こどものとも傑作集)
著者:降矢 なな
販売元:福音館書店
(1993-03-01)

さむがりやのとかげのちょろりんが町でみつけたすてきなセーターは春の野原の色。そのセーターを手に入れるためにちょろりんは一生懸命働きます。その健気さにジーンとくるおはなしです。

『アンナの赤いオーバー』ハリエット・ジィーフェルト/文 アニタ・ローベル/絵 松川真弓/訳 評論社 1990
アンナの赤いオーバー (児童図書館・絵本の部屋)アンナの赤いオーバー (児童図書館・絵本の部屋)
著者:ハリエット ジィーフェルト
販売元:評論社
(1990-12)


戦争で物資の乏しい時代、擦り切れたオーバーしかもっていないアンナに新しいオーバーを作ろうとします。そのために知恵をしぼり、いろいろな人の助けを得て・・・新しいオーバーのお披露目はクリスマス。この絵本もクリスマスが来る前に読んであげてほしい1冊です。
(作成K・J)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です