来年の干支は辰年☆竜の本(11/18追加)


今日で10月も終わり。明日からは11月です。2か月で1枚のカレンダーだと、最後の一枚になってしまいました。

今年もあとわずか・・・というような時期に差し掛かってきましたね。

さて、明日は日本郵政で年賀はがきが発売されます。年末に向けて、年越の準備の季節です。

今日は、来年の干支にちなんで、竜に関する子どもの本を集めてみました。ちなみに今年のうさぎの本はこちら

(11/18 3冊追加しました。『まゆとりゅう』『龍』『赤い目のドラゴン』)

***********************

『こぞうさんとりゅうのたま』
こぞうさんとりゅうのたまこぞうさんとりゅうのたま
著者:はせがわ かこ
販売元:大日本図書
(2010-04)



おつかいに行ったこぞうさん、突然の雨にふられて帰りを急ぐ途中で小さな男の子を助けます。その男の子は実は竜の子だったのです。子どもを助けてもらったお礼に竜のお母さんがこぞうさんにくれたものは・・・


『ほしになったりゅうのきば』
ほしになったりゅうのきば―中国民話 (日本傑作絵本シリーズ)ほしになったりゅうのきば―中国民話 (日本傑作絵本シリーズ)
著者:君島 久子
販売元:福音館書店
(1976-12-06)


中国の昔話です。二匹の大きな竜が闘って裂けた天を繕うことになった男の子の話です。その男の子は空から降ってきた大きな石から生れるというのも昔話的ですが、避けた天を繕って銀河が誕生したという展開も興味深いものがあります。読んであげるには、夏の星を見上げる季節がよいかもしれません。

『まゆとりゅう』
まゆとりゅう―やまんばのむすめ まゆのおはなし (こどものとも絵本)まゆとりゅう―やまんばのむすめ まゆのおはなし (こどものとも絵本)
著者:富安 陽子/降矢なな
販売元:福音館書店
(2008-02-15)


ヤマンバとその娘まゆのところに毎年春が来る前にりゅうがやってくるのですが、今年は子どものりゅうも一緒にやってきました。季節の移り目の神秘的で壮大な物語です。中国には春竜節という旧暦の2月2日に竜を迎えて雨を降らせ、五穀豊穣を祈るお祭りがあるのだとか。まさに春をよぶりゅうとまゆたちの活躍を描いています。


『龍』
龍
著者:今江 祥智/田島征三
販売元:BL出版
(2004-02)

龍というと、大きくて強いイメージがあります。でもこの本に出てくる龍は恥ずかしがりやで、気の弱い龍。湖のそこでどぐろを巻いて、時々呼吸のために鼻の穴だけ水面から出します。そんな龍があるとき湖に釣りにやってきた村人にみつかってしまいます。その噂はたちまち広がり、湖の周りは見物の人たちで大騒ぎ。龍はますます水面に出ていけなくなりますが・・・ちょっとユーモラスな龍のおはなしです。


『りゅうはどこにいる?』
りゅうはどこにいる? (しかけの名作)りゅうはどこにいる? (しかけの名作)
著者:ジェイソン ホーク
販売元:講談社
(2008-08)



おじいちゃんといっしょに竜をさがす冒険にでかけます。ページのあちこちにかくれている竜をみつけることができます。子どもと一緒にあそびながら楽しめる1冊です。(中国の竜とちがって、竜の形が欧米では違うんだなと言う発見もありました。)

『雨をよぶ龍―4年にいちどの雨ごい行事』
雨をよぶ龍 4年にいちどの雨ごい行事雨をよぶ龍 4年にいちどの雨ごい行事
著者:秋山 とも子
販売元:童心社
(2009-05)



埼玉県鶴ヶ島市脚折で4年に1回行われる雨ごいの祭りを描いた絵本です。お祭りの準備のために、長さ36メートル、重さ3000キロもの大きな龍を力を合わせて作って行く様子などが圧巻です。前の年の秋に麦を蒔き、6月に麦わらを刈り取って祭りを準備していくその様子に、地域に伝わる伝統行事が今後も継承されていってほしいと思います。

『りゅうのめのなみだ』
りゅうのめのなみだ (ひろすけ絵本 1)りゅうのめのなみだ (ひろすけ絵本 1)
著者:浜田 広介
販売元:偕成社
(1965-11)

いわさきちひろさんの絵が印象的な絵本です。人から恐れられていた竜の寂しさに気付き、竜と友だちになろうとした少年を描いています。勇敢でやさしい男の子の心に竜も動かされます。読みやすい1冊です。





『たつのこたろう』
新装版絵本 たつのこたろう (講談社の創作絵本)新装版絵本 たつのこたろう (講談社の創作絵本)
著者:松谷 みよ子
販売元:講談社
(2010-08-25)


松谷みよ子さんの創作絵本が昨年復刊されました。「たつのこたろう」誕生から50年を記念した復刊です。貧しい村で、いわなを分けずに3匹食べてしまったことで竜に姿を変えてしまった母を探して旅をする太郎。困難を乗り越えさまざまな経験をしながら母親を助け、村をも助けます。太郎の心意気に感動する名作。絵本だと読みやすいと思います。

『龍の子太郎』
龍の子太郎(新装版) (児童文学創作シリーズ)龍の子太郎(新装版) (児童文学創作シリーズ)
著者:松谷 みよ子
販売元:講談社
(2006-07-13)


龍の子太郎の読み物版も復刊されています。国際アンデルセン賞に入賞した松谷さんの名作を、より多くの子ども達に読んでもらいたいと思います。



『りゅうのたまご』
りゅうのたまご (偕成社文庫 2069)りゅうのたまご (偕成社文庫 2069)
著者:佐藤 さとる/村上勉
販売元:偕成社
(1981-08)




コロボックル物語のコンビが書いた創作童話です。「りゅうのたまご」をはじめとして、いくつかの短編童話が納められています・「りゅうのたまご」の村上勉さんが描くりゅうの姿はリアリティがあって秀逸です。

『赤い目のドラゴン』
赤い目のドラゴン (大型絵本)赤い目のドラゴン (大型絵本)
著者:アストリッド・リンドグレーン
販売元:岩波書店
(1986-12-01)

リンドグレーンの作品です。ブタ小屋で生れたばかりの子ぶた達と一緒にいたのは、小さな赤い目をしていた赤ちゃんドラゴン。赤ちゃんドラゴンを姉弟が大事に育てます。ドラゴンの食べるものが、ろうそくやひもにコルクだなんてちょっとびっくりです。ドラゴンが育って別れの日がやってきますが・・・日本のイメージとは一味違うドラゴンにも出会ってみてください。

『竜の巣』
竜の巣 (おはなしフレンズ!)竜の巣 (おはなしフレンズ!)
著者:富安 陽子
販売元:ポプラ社
(2003-12)


おじいちゃんが子どものころに体験した不思議な話を直人と研人とにしてくれるのです。昔、山の上で霧の中に紛れ込んだが、それは竜の巣であったこと、そして竜に捉えられて姿を変えられてしまったカワズの子たちを逃がしたこと。不思議な物語におもわず惹きこまれます。そういえばジブリの映画「天空の城ラピュタ」にも竜の巣という表現で大きな積乱雲を呼んでいましたね。小学校中学年向けです。

『白いりゅう黒いりゅう』
白いりゅう黒いりゅう―中国のたのしいお話 (岩波おはなしの本 (7))白いりゅう黒いりゅう―中国のたのしいお話 (岩波おはなしの本 (7))
著者:賈 芝/君島久子訳 赤羽末吉絵
販売元:岩波書店
(1964-07-13)


中国の少数民族に語り伝えられている昔話6編をまとめた本です。パイ族の白竜廟縁起を語る「白いりゅう黒いりゅう」のほかに絵本『王さまと九人のきょうだい』のもとになっている「九人のきょうだい」などが収められています。いずれもスケールの大きな想像力に富んだ物語です。


『でんでら竜がでてきたよ』
でんでら竜がでてきたよ (おはなしランドくじらの部屋)でんでら竜がでてきたよ (おはなしランドくじらの部屋)
著者:小野 里宴
販売元:理論社
(1995-12)

長崎に伝わるわらべうた「でんでらりゅうがでてくるばってん・・・」留守番の夜、その歌を歌いながら竜の卵の絵を描くと・・・そこからほんとうにでんでら竜の赤ちゃんが生まれてきて、それを育てることになった女の子のおはなしです。竜が成長していき、巣立つところでは切ない別れも経験します。竜の背中に乗って飛んでいくシーンは、エンデの「ネバーエンディングストーリー」のシーンを思い出します。自分で読むなら小学校低学年から。少し長いですが、幼児には読んであげても楽しい1冊です。

『エルマーとりゅう』
エルマーとりゅう (世界傑作童話シリーズ)エルマーとりゅう (世界傑作童話シリーズ)
著者:ルース・スタイルス・ガネット
販売元:福音館書店
(1964-08-15)


誰もが一度は読んだことのある『エルマーのぼうけん』シリーズの2巻目ロングセラーでみんなが一番よく知っているりゅうかもしれないですね。。ぶじに動物島を脱出したエルマーとりゅうが「知りたがり病」という病気をめぐって大活躍をします。『エルマーと16ぴきのりゅう』と合わせて読みたいですね。りゅうのイメージが、日本や中国のものとずいぶん違うんだな~ということも、この本でも感じます。

『竜のいる島』
竜のいる島 (理論社・名作の森)竜のいる島 (理論社・名作の森)
著者:たかし よいち
販売元:理論社
(2004-02)


東京の南に浮かぶ島を舞台に、古代の首長竜を追跡する一郎太とその仲間たちの物語です。島に伝わる竜骨伝説、歴史的史実の検証、博物館勤務の叔父のアドバイスを受けながら、発掘調査にも参加します。自分が見たものがほんとうに海竜だったのかを突き止めようとする姿に、男の子たちはわくわくすることでしょう。
小学校中学年から高学年向きの本です。

『小さな王さまとかっこわるい竜』
小さな王さまとかっこわるい竜 (おはなしルネッサンス)小さな王さまとかっこわるい竜 (おはなしルネッサンス)
著者:なかがわ ちひろ
販売元:理論社
(2010-06)


雨ばっかり降っている国の王さまが、国民達にからりとした空をプレゼントしたくなって冒険の旅に出ます。そのお供に選ばれたのは、かっこわるい竜。王さまも竜も目立つヒーロータイプではありません。けれどもみんなのために何をするのがいいか、考える姿が心を打ちます。人目につかないところで、黙々とがんばっている人がいることに、清々しい気持ちになれる1冊です。中学年向きの本です。

『とうさんはタツノオトシゴ』
とうさんはタツノオトシゴとうさんはタツノオトシゴ
著者:エリック カール
販売元:偕成社
(2006-09)


辰年にタツノオトシゴ?って、無理やり関連づけてしまいました。竜の子だって思われているのですものね^^
というわけで、エリック・カールさんのこの絵本では、タツノオトシゴの雄が子育てをすることを、わかりやすく透明シートのしかけなども駆使しながら描く絵本です。


『タツノオトシゴ』
タツノオトシゴ―ひっそりくらすなぞの魚 (児童図書館・絵本の部屋)タツノオトシゴ―ひっそりくらすなぞの魚 (児童図書館・絵本の部屋)
著者:クリス バターワース
販売元:評論社
(2006-07)

タツノオトシゴってふしぎな生物ですね。馬のような顔、猿のようなしっぽ、カンガルーのようなお腹の袋、オスが赤ちゃんを産むの?そんなタツノオトシゴの不思議にせまる科学絵本です。ぜひ手にとって、タツノオトシゴの生態に迫ってみましょう。

『タツノオトシゴのかくれんぼ』
タツノオトシゴのかくれんぼタツノオトシゴのかくれんぼ
著者:ステラ ブラックストーン
販売元:光村教育図書
(2007-03)


フェルトによるコラージュで描かれた絵本です。隠れているタツノオトシゴを探しながら、海底に住む生物について、いろいろと学ぶことができるしかけがたくさんある絵本です。幼児から楽しんで読むことができます。


『たつのおとしご』
たつのおとしご (ミセスこどもの本)たつのおとしご (ミセスこどもの本)
著者:ロバート・A.モリス/アーノルド・ローベル
販売元:文化出版局
(1976-03-25)


この1冊でたつのおとしごの生態を詳しく知ることができる本です。これでたつのおとしご博士に!絵はかえるくんとがまくんのたのしいお話を描いた『ふたりはともだち』などでおなじみのアーノルド・ローベル。4才くらいから楽しめるので、ぜひ親子で「たつのおとしご」博士に!という1冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です