今年もお世話になりました!


東日本大震災、そしてそれによって引き起こされたフクシマ原発事故。この一年は3.11以降、別の世界に変わってしまったかのようです。図書館の現場においても、震災対応について真剣に取り組んだりと、いつか来る「もしも?」ではなく、すぐそこにある「もしも?」を想定して業務をするようになられたと思います。

私たち、とくに児童サービスに携わる者は、こういう時代だからこそ子ども達に本を手渡していきたいと願います。本を読むことは、知識を獲得するだけではなく、自分では経験できない別の人生を本を読むことによって疑似体験できる大切な経験です。本を読むことで、自分とは違う人生、違う国の、違う人種、違う性別、違う時代の生き方を、共有するのです。そのことは、「想像力」を育ててくれます。
自分とは違う人の立場であれば、どう感じ、どう行動するのか・・・「想像力」は、思いやりの心を育てます。

新しい年も、自信を持って子ども達に本を手渡して行きましょう。どうぞよろしくお願いいたします。

fuyu_005l.gif
なお、12月中にUPする予定でした「国語の教科書に掲載されている絵本・児童文学リスト」は、もうしばらくお待ちください。(ノートPCからデータを移行する時に、大半が消えてしまい、再度入力中です。)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です