2012年7月(その3) 緑の木蔭で(幼児~小学生)


あっという間に5月が終わり、6月に入りました。今年の梅雨入りはいつかしら?と図書館の現場では気になるところですね。雨の季節も気持ちよく利用者対応ができますように!

さて、6月になったので、8月のおはなし会プランと行きたいのですが、もうひとつ7月のプランを。といっても夏を題材にした少し大きい子向けの内容です。8月のおはなし会でも使えると思います。参考にしてくださったらうれしいです。

(その3)【緑の木陰で】
小学校低学年~中学年向け

導入  詩 「美しい夏の朝に」谷川俊太郎
    『あさ/朝』より 谷川俊太郎/吉村和敏 アリス館
あさ/朝あさ/朝
著者:谷川 俊太郎
販売元:アリス館
(2004-07)







絵本  『みどりの船』クェンティン・ブレイク 千葉茂樹/訳  あかね書房
みどりの船 (あかねせかいの本)みどりの船 (あかねせかいの本)
著者:クェンティン ブレイク
販売元:あかね書房
(1998-05)


夏休みに出かけて行った田舎で、隣のお屋敷の庭に迷い込んだ姉弟。そこでみつけたものは!想像の翼を広げ、子どもも大人もいっしょにあそぶことのできる素晴しさ。夏休み前のこの時期だからこそ読んであげたい1冊です。


かがく絵本   『森の小さなアーティスト』今森光彦  福音館書店
森の小さなアーティスト (たくさんのふしぎ傑作集)森の小さなアーティスト (たくさんのふしぎ傑作集)
著者:今森 光彦
販売元:福音館書店
(1996-02-01)


緑の森の中、擬態をして隠れている虫たちを集めた写真集。虫たちの知恵にびっくり。ほんとうに芸術家だなぁ~と思えてきます。一緒に虫たちの素晴しい姿を楽しみましょう。


絵本    『ちきゅう』G・ブライアン・カラス 庄司太一 偕成社
ちきゅうちきゅう
著者:G.ブライアン カラス
販売元:偕成社
(2007-08)


「ちきゅう このおおきなのりものにのって、ぼくたちはうちゅうをたびしている」
あくまでの絵本作家としての視点で、私たちが住んでいるこの地球のことを、語りかけてくれるダイナミックな絵本。絵も抽象的ですが、宇宙から見た地球という視点を子どもたちに与えてくれるよい絵本です。

(作成K・J)

コメントを残す