2014年(その1) さあ、どうぞ!(小さい子)


梅雨の開けないうちから、気持ちは9月へ・・・

夏の暑さで食欲が落ちていた子も、朝夕涼しい風が吹き始めると、食欲も出てくる頃。そんなことを思い描きながら、小さい子向けの9月のおはなし会プランを考えてみました。

**********************
【さあ、どうぞ!】 小さい子向け
 
導入  わらべうた 「おにぎりつくろう」
    ♪つくろう つくろう おにぎり つくろう♪
     「中に何をいれようかな?」 と子ども達と応答しながら歌います。

絵本 『おにぎり』平山英三/平山和子 福音館書店 3分
おにぎり (幼児絵本シリーズ)
平山 英三
福音館書店
1992-09-15
 
 
ほかほか、あつあつの美味しそうなおにぎりです。
なかになにを入れるのかな?わらべうたと合わせて楽しめる1冊です。
 
 
絵本 『おいしいよ』神沢利子/ましませつこ こぐま社 3分
おいしいよ
かんざわ としこ
こぐま社
2012-05
 
ぼくにとっての「おいしいもの」と、動物たちのおいしいものって違うのね。おいしいものを食べるって、うれしいね。そんな気持ちが伝わってくる絵本です。
 
 
わらべうた 「おさらにだんご」
     ♪おさらに だんご はしもってこい♪
      大きい子にとっては、おさら=パー、だんご=グー、はし=チョキでじゃんけんあそびに使うわらべうたですが、ちいさいこどもにはおさらにだんごをのせて食べるまねで大丈夫です。美味しいね~といいながら、歌ってあそびましょう。
 
絵本 『くだもの なんだ』きうちかつ 福音館書店 3分
くだもの なんだ (幼児絵本シリーズ)
きうち かつ
福音館書店
2007-04-25
 

くだものの断面図が影絵で示されていて「なんだろう?」と考えさせる絵本です。2、3歳の子ども向けです。それより小さい子どものためには、下の『くだもの』のほうがよいでしょう。

参加する子どもたちの年齢に合わせて、差し替えてください。

 
絵本 『くだもの』平山和子 福音館書店 3分
くだもの (福音館の幼児絵本)
平山 和子
福音館書店
1981-10-20
 
いろいろなくだものが次々に登場します。「さあ、どうぞ」と言われると、子どもたちは大喜び。いっしょになって食べる真似をします。そうやって今ここにないけれど、食べたことのあるものの味を思い出して、創造する力をつけていくのです。何度読んでもらっても嬉しい絵本です。
 
(K・J)

コメントを残す