2014年(その3) ハロウィン(幼児~小学生)


10月31日は、ハロウィンです。もともとはケルト民族の秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す宗教的な儀礼でした。アメリカに広まって、いつしか宗教的な意味がなくなり、子どもたちにとって「Trick or Treat!」と、変装して練り歩き、美味しいお菓子をたくさんもらえる楽しいお祭りになっています。

日本でも1990年代後半から、ポピュラーになってきました。2010年にもハロウィンをテーマにおすすめプランを作りましたが、また違う絵本の組み合わせで作ってみました。

****************************
【ハロウィン】 幼児~小学生向け

絵本  『きんいろのとき ゆたかな秋のものがたり』アルビン・トレッセルト/ロジャー・デュボアザン ほるぷ出版 8分
きんいろのとき―ゆたかな秋のものがたり
アルビン トレッセルト
ほるぷ出版
1999-09
 

夏から秋へ移りゆく畑の風景。典型的なアメリカの農村風景です。美しい色合いの絵本で、収穫の秋の喜びを伝えてくれます。
2010年にも紹介した1冊ですが、今回もこの本を導入に持ってきました。同じように収穫の喜びを伝える絵本には『にぐるまをひいて』(ドナルド・ホール/バーバラ・クーニー ほるぷ出版)がありますが、『きいいろのとき』のほうが、感謝祭までの秋の情景を描いており、文章量的にもこちらが読みやすいと思います。

 
絵本 『魔女たちのあさ』エドリアン・アダムズ 奥田継夫訳 アリス館 3分
魔女たち.jpg
エドリアン・アダムズ
アリス館
1977-05
 
魔女とハロウィンの出てくる絵本を、いろいろ手にとってみましたが、やはりこの1冊に叶うものはないと思いました。ただし残念なことに絶版になっています。リズミカルで楽しい文章と、想像力を掻き立てる絵。図書館でしか手に取ることができません。除籍にしないように気をつけてくださいね。
 
 
絵本 『パンプキン』ケビン・ロビンズ 千葉茂樹訳 BL出版 7分
パンプキン
ケン ロビンズ
BL出版
2007-10
 
写真絵本です。昨年10月にカリフォルニアに行った時に、実際にかぼちゃの品評会会場を見てきましたが、オレンジ色の大きなかぼちゃがたくさん並んでいました。この絵本はそんなアメリカの品評会の様子、かぼちゃをくり抜くジャッコーランタンの作り方などが紹介されている絵本です。
 
絵本 『しゃっくりがいこつ』マージェリー・カイラー/S・D・シンドラー 黒宮純子 セーラー出版 3分
しゃっくりがいこつ
マージェリー カイラー
セーラー出版
2004-10
 
最後の1冊は、ちょっととぼけたがいこつの絵本。この絵本を読むコツは、「ヒック ヒック ヒック・・・」というしゃっくりをどう表現するかです。上手にやると、聞いている子どもたちが「どうしたらしゃっくりを止められるかなぁ・・・」と真剣な心配して、ぐいぐい引き込まれていきます。ナンセンス絵本ですが、たっぷり練習をして臨みたいですね。
(K・J)
 

コメントを残す