図書館総合展発表内容✩児童部会*おはなし会研究第2班


illust1118_thumb.gif
おはなし会研究第2班は、リピーターを増やす、楽しいおはなし会にするためにはどうしたらよいか」ということをテーマに、この一年間研究に取り組んできました。そして、グループワークを通じて作成したおはなし会プログラムが、一冊の小冊子となりました。
 
当初は年齢を縦軸に、季節を横軸に取った、一覧表のような形でのリスト作成を考えていました。しかし、おはなしの理解度は個人差が大きいことを考慮して、年齢による対象わけは乳児向けと、幼児~小学校低学年向けという二つに絞りました。

さらに、季節感を大切にしたおはなし会作りを目指し、年齢別に2パターン、春夏秋冬の4パターンで、合わせて8パターンのモデルプランが完成しました。
対象年齢を大きく分けたかわりに、おすすめポイントや差し替え資料などもふんだんに盛り込んだ単なる書籍リストにとどまらないプログラムとなりました。
 
プログラム作成にあたり、一人一つのプログラムの流れを提案し、それらが個人的な趣味趣向に偏ってしまわぬよう、班内でじっくりと突合せを行うことで、バランスの良いリスト作りを心がけました。
 
また、季節ごとのプログラム作りという枠の中で紹介はできないが、どうしても紹介したいイチオシ絵本も番外編として紹介しています。
通年で使えるおすすめ絵本リストとしてご覧いただければと思います。
工作会アイディア集には図書館側でどこまで準備するかを記載し、小さい子も参加できる用ハサミを使わない、プログラムとなっていますので、すぐに、活用できます。

私たちグループのメンバーがこの一年間、日々の業務の合間を縫って作り上げた自信を持っておすすめできるモデルプランです。
皆様のおはなし会作りのヒントになりましたら幸いです。
 
 
(上記はダウンロードして冊子にしてお使いください♪)
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です