平成26年度子ども読書連携フォーラム(国際子ども図書館)の記録と配布資料


国立国会図書館国際子ども図書館が、3月2日に実施した「平成26年度子ども読書連携フォーラム」の当日の記録と配布資料を公開しています。

フォーラムのテーマは「子どもの本の選書を考える―知識の本を中心に―」で、事前アンケートから見える選書の課題についての講演(堀川照代氏)や、公共図書館・学校図書館の実務者によるパネルディスカッションがなどが行われました。

今年度、ヴィアックス児童部会では、本を評価する基準をもつことを目標に「基本図書から学ぶ」という活動をしていますが、もちえた基準をどのように業務につなげていくのか考えることができる情報になっています。

また、選書や蔵書構築について悩んでいる図書館も、参考になると思いますのでぜひご覧ください。

 

平成26年度子ども読書連携フォーラム(国際子ども図書館)

http://www.kodomo.go.jp/study/cooperation/forum2/h26.html

 

illust1688_thumb

 

(記事作成 T.S)