2016年1月(その3)おはなししましょ!


冬の夜長にこそ、親子でたくさんおはなしをしてほしいな、と思います。絵本を読んであげるのもいいし、ボードゲームをしながら楽しく笑い合うのもいいし、こたつに足をつっこんでみかんを食べながら昼間にあったことを話すのもいいな、と思います。今はみんな忙しくてそんな時間は取れないのかもしれませんが、寒い冬だからこそ、身を寄せ合っておはなしをしましょう。

************************

導入 詩 「ペチカ」 北原白秋 『からたちの花がさいたよ』北原白秋 岩波書店 2015より
  雪の降る夜は 楽しいペチカ
  ペチカ燃えろよ おはなししましょ
  昔 昔よ 燃えろよ ペチカ

  雪の降る夜は 楽しいペチカ
  ペチカ燃えろよ 表は寒い
  くりやくりやと 呼びますペチカ(一部抜粋)

からたちの花がさいたよ――北原白秋童謡選 (岩波少年文庫)
北原 白秋
岩波書店
2015-03-18
与田準一が選んだ北原白秋の童謡集。挿絵は初山滋。全部で150編収められています。「ペチカ」は272pに掲載されています。
 
 
 
この道はいつか来た道
北原 白秋
童話屋
2009-01
童話屋からは北原白秋詩集として『この道はいつか来た道』と『かへろが鳴くからかぁへろ』の2冊があります。「ペチカ」は『この道はいつか来た道』の112pにも掲載されています。白秋の詩にはほかにも童謡として親しまれてきたものが多くあります。今の子どもたちは歌う機会も少なくなっています。ぜひ紹介してあげましょう。 

絵本 『おはなしのもうふ』フェリーダ・ウルフ、ハリエット・メイ・サヴィッツ/文 エレナ・オドリオゾーラ/絵 さくまゆみこ/訳 光村教育図書 2008 5分

おはなしのもうふ
フェリーダ ウルフ
光村教育図書
2008-11
 
村の子どもたちはザラおばあちゃんのおはなしを聞くのが大好きです。子どもたちが座っているのは「おはなしのもうふ」の上。ところがそのもうふはどんどん小さくなっていきます。その一方で村の人たちの所へは暖かいプレゼントが次々に届きます。ゆっったりとしたペースで読んであげたい絵本です。 
 
絵本 『なんげえはなしっこしかえがな』北彰介/作 太田大八/絵 銀河社 1979
 
東北弁で語る昔話が七話収録されています。どの話も「なんげえはなしっこしかえがな」=「長いお話、してあげようね」で始まります。七話のうちのいくつかを読んで、あとはおうちで読んでもらってね、と語りかけてもよいでしょう。「あとがき」に作者の北彰介さんが、「むかしは、ラジオもテレビもマンが本もありませんでした。」と書いていますが、今はどちらかというと子どもたちの時間を奪っているのは「ゲーム機にスマホ、塾通い」でしょうか。冬の夜長に囲炉裏端で祖父母や父母が子どもたちに語り聞かせたお話を、今は絵本という形であっても、子どもたちに伝えていきたいものです。東北弁で書かれていますが、自分なりのイントネーションで読んでくださいと、同じく「あとがき」に記されています。
 
 
絵本 『もりのてがみ』片山令子/作 片山健/絵 福音館書店 1990 5分

もりのてがみ (こどものとも傑作集)
片山 令子
福音館書店
2006-11-10

寒い冬、ひろこは森に住むともだち、りすやとかげ、うさぎに手紙を書きます。そして森の木につるすのです。森に冷たい雪が降り、森の木も真っ白に・・・その雪が解けたころにひろこは返事を受け取ります。寒い冬の向こうに春が待っている、そんな希望を感じられる1冊です。片山健さんの暖かな雰囲気の絵も素敵です。

詩 「こんこんこな雪ふる朝に」 三好達治  『雪』三好達治 童話屋 2010より
  こんこんこな雪ふる朝に
  梅が一輪さきました
  また水仙もさきました
  海にむかってさきました(一部抜粋)

雪
三好 達治
童話屋
2010-03

 

最後にもう一編、三好達治の詩を紹介します。「太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ」の詩集の表題になっている「雪」が一番有名ですが「こんこんこな雪ふる朝に」は、『もりのてがみ』と同じように、厳しい冬も春に繋がっているという視点のある詩です。子どもたちにはそれがすぐに理解できなくとも、詩を耳から聴いて味わうという体験をたくさんさせてあげたいと思います。おはなし会の最後を引き締めてくれるでしょう。 

 (作成K・J)