おはなし会のいろは(その2)絵本の読み方 声の出し方


連載1回目の「絵本の持ち方 めくり方」は多くの方に見ていただき、「いいね」もたくさん押していただきありがとうございました。

2回目は「絵本の読み方 声の出し方」です。前回も書きましたが、これは図書館や学校など大勢の子どもたちに向けておはなし会を開催する場合を想定しています。ご家庭で自分のお子さんのために読むときは、どんな読み方をしてもOKです。大好きな親や祖父母がそばで自分のために読んでくれる!というだけで嬉しいのです。読み方にこだわることはありませんので、利用者から質問があった場合はそのようにお伝えください。

【絵本の読み方】7042d4ba

①導入 

 初めておはなし会を担当する時は、子どもたちの視線が一斉に自分に集まり、また後方で見ている保護者の方々も視界に入ってきて緊張すると思います。読み始める前に、ゆっくりと深呼吸をして、息を整えましょう。また子どもたちを一回り見渡して、「最初に読む絵本は、これだよ。」「次はどんなお話かな?聞いてね」など、少し会話をしてみると、子どもたちとの距離が縮まって緊張を解くことが出来ます。

 おはなし会は、図書館スタッフが一方的に子どもに本を読むショーではありません。読み手と聞き手が一緒におはなしを楽しみ、その場の雰囲気を作っていくものです。読み手が交代したり、次の絵本に移行するときに、無言のままやっているおはなし会に出くわしたことがあります。聞き手にも緊張感が伝わり、雰囲気がとても硬くなっていました。ほんの一言声をかけると場が和むものです。

 

②表紙の読み方

 読み始める前に、本の表紙をしっかりと見せて、タイトルと作者名、画家名、翻訳者名などを読み上げます。ただし1回目でも書きましたが、おはなし会の対象が小さなお子さんの場合はタイトルだけで良いでしょう。幼稚園の年長児や小学生を対象に読むときは、作者名など本を作った人への意識が高まり、特定の作家、画家のファンになったりします。

表紙は、子どもたちにとって別世界への扉です。これからどんなおはなしが始まるのか、期待を膨らませることでしょう。

 

③見返し

 見返しもすべてゆっくりとめくっていきます。作品によっては、見返しに描かれた絵から物語が始まっていたり、伏線になっていることがあります。お芝居で開幕のブザーが鳴って緞帳が上がっていく時のような期待感を高めることとなります。

 

④声の表情と、間の取り方

 おはなし会の研修などでよく質問を受けるのが、登場人物などを声音を変えて読むかどうかということです。子どもたちが物語の世界をイメージし、その世界に入り込んでいくのを邪魔しないために読み手は出来るだけ淡々と読むのが良いという主張もあります。(読み手は黒子に徹するという意味で「黒子説」と呼ばれています。)

その一方で、絵本を読んでもらうことに慣れていない子や、普段アニメーションばかり見ている子にとっては淡々と読まれていると、面白さがわかる前に飽きてしまうので、臨場感溢れるように声音を変え、身体的動作やBGMなども時には使ってドラマティックに読んだほうが良いと主張もあります。(読み手のパフォーマンスに依るということで「パフォーマンス説」と呼ばれています。)

そのどちらが正しいとは断言できない問題だと私は思います。つまり、それは作品によって違うと考えるからです。たとえば、マリー・ホール・エッツの『もりのなか』(まさきるりこ/訳 福音館書店)や、ユリー・シュルヴィッツの『よあけ』(瀬田貞二/訳 福音館書店)などは、静かに淡々と読んであげたほうが、子どもたちはすっとこの作品の世界に入り込んでいけます。

もりのなか (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
マリー・ホール・エッツ
福音館書店
1963-12-20
 
 
 
 
よあけ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
ユリー・シュルヴィッツ
福音館書店
1977-06-25
  

 

 

逆に、ドラマティックに場面が展開していく 『三びきのやぎのがらがらどん』(マーシャ・ブラウン/作 瀬田貞二/訳 福音館書店)では、大きながらがらどんが登場する場面は、それまでの小さながらがらどんや、中くらいのがらがらどんよりも大きなしわがれた声で「おれだ!おおきなやぎのがらがらどんだ」と読まないと、この作品の面白さは伝わりにくいでしょう。(フォントも大きくなっています)

 何度もしつこく言うようですが、しっかりと下読みをする中で、どんな読み方がその作品の世界観を子どもたちに伝えられるか、感じ取ることが大切です。

自分ひとりで判断できない場合は、一緒におはなし会を担当する同僚とリハーサルを重ねながら検討していくとよいでしょう。お互いに読む作品を声に出して読み合う中で、声の出し方やめくるタイミングなども合わせてアドバイスをお互いにしましょう。

なお、無理に声音を作る必要はありません。ゆっくり読む、早口で読む、あるいは声の大きさを変えるだけで、物語の雰囲気をより深く伝えていくことが出来ます。(おじいさんやおばあさんはゆっくり読む、小さな子どもは早口で読むだけでも雰囲気が伝わります)
 

 それと合わせて、ページをめくる速さや間も大切にしましょう。文章を読み終わった後もじっくりと絵を見せておきたい場面と、さっと次のページに移行したほうが、子どもたちがその世界に入り込める場合とがあります。どのように読めば、その物語の世界をより子どもたちに伝えられるか、あらかじめ何度も読んでみて考えておく必要があるでしょう。十分な下読みをし、また誰かに聞いてもらっておくことをおすすめします。

 長新太の『キャベツくん』(文研出版)を例にあげてみます。

キャベツくん (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
長 新太
文研出版
2005-02

 

キャベツくんが「こうなる!」といいました。” で見開きのページが終わり、次のページの冒頭では “「ブキャ!」ブタヤマさんは そらをみて びっくりしてしまいました。” と受けるのが繰り返されます。この場合、ページはサッとめくらないとそれこそ「間」が抜けてしまいます。また、「ブキャ!」の部分は、平坦に読むよりも、ほんとうに驚いた感じが伝わるように大げさなくらいに大きな声で読むほうが、この作品の面白さがより伝わります。

かいじゅうたちのいるところ
モーリス・センダック
冨山房
1975-12-05

  モーリス・センダックの『かいじゅうたちのいるところ』(神宮輝男/訳 冨山房)には、見開きで3シーン、字のないページが続きます。ここは主人公マックスとかいじゅうたちが繰り広げるかいじゅうおどりを子どもたちに堪能してもらうために、じっくりと絵を見せます。ご家庭ではいろいろな擬音を作ってかいじゅうおどりの様子を表現して遊ぶ親子もいると聞きますが、図書館など集団の場で読む場合は、こちらから特に働きかけずに、子どもたちが思い思いにその世界に入り込めるよう、みんなに見えるようにじっくり絵を見せながら、十分な間を置いて次のページへとめくっていくとよいでしょう。

 

⑤オノマトペ(擬音語、擬態語)絵本の読み方

 

 

がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)
安西 水丸
福音館書店
1987-06-30

 

 

オノマトペの絵本は読み方がとても難しいですね。2010年にフェリス女学院大学で開催された絵本学会で、谷川俊太郎さんがオノマトペ絵本について語られました。(「ことばと絵」 →絵本学会会報No.40参照)谷川俊太郎さんご自身が『もこもこもこ』を表情豊かに、抑揚をつけ、楽しそうに読んでくださいました。「もこっ・・・も~こ~も~~こ~~~」と大げさなほどでしたが、「もこもこもこ」と平易に読んでいては伝わらない「大きく膨らんでいく様子」の描写が音から伝わってきて、どんどん引き込まれていきました。谷川さんは講演の中で「文字で読むのと声を出すのでは全然違うものになる。音声化する場合にはオーバーにやらないと面白くないと思うんです。」とおっしゃいました。

『がたんごとんがたんごとん』も平易に読むよりは、電車が来る本当の音のように抑揚をつけて読むと小さな子どもたちも大喜びします。もちろん、無理やり抑揚をつける必要はありませんが、谷川さんの発言は参考になると思います。

 

thumbnail_shisei_isu_girl

背中が曲がっていると、声帯が圧迫されて声が通りにくくなります。椅子に座る場合は浅くかけて、背筋を伸ばしましょう

【声の出し方】

 声の出し方については、専門家のボイストレーニングを一度受けることができれば一番良いのですが、それができない場合の基本的なアドバイスをいくつか書いておきます。

①姿勢を正し

 姿勢が悪いと声がまっすぐに前に向かって出ません。まずは姿勢を正しくすることを心がけましょう。背中が曲がっていると、喉が圧迫されて、声帯をきれいに震わせることが出来ません。そうするとはっきりと発音が出来ず、聞き取りにくくなります。また、必要以上に声帯にに負担がかかり、喉を痛めてしまいます。
 姿勢を保つためには、筋力が必要です。「おはなし会に筋力?」と意外に思うでしょうが、正しい姿勢を保つために腹筋、背筋に意識し、普段からストレッチをするように心がけましょう。

 

 

thumbnail_shisei_girl

立つ場合も同じです。猫背にならないようにします。

②呼吸法

 腹式呼吸を心がけます。息を吐くときにお腹をへこませ、吸うときにお腹を膨らませます。そのことを意識しながら、ゆっくりと呼吸をします。うまくできないときは、仰向けに横になり、おへその下あたりに手を置いてやってみましょう。腹式呼吸で発声をすると、喉に負担をかけることなく、しっかりとした声を出すことが出来ます。大きな会場などで読み聞かせをする時などは、この発声の仕方を覚えておくと良いでしょう。インターネットで「発声法 腹式呼吸」で検索すると自宅でできるボイストレーニングのサイトや動画がたくさん出てきます。参考にしてみてください。

 

③滑舌をよくする 

  滑舌が悪いと明瞭な発声ができません。演劇などの練習に使われる口を動かす練習をしておきましょう。まずは口角の動きに意識して、母音を発声してみます。

 「あ」は大きく口を開く、「い」は口角を耳元に引き上げるように気持ちで横に伸ばす、「う」は唇をすぼめて前に出す、「え」は口を横に大きく開きながら舌を下歯茎につける、「お」は口の中に大きな空間をつくる感じで声を出します。この口角を意識して動かすエクササイズは小顔効果もあるそうですよ。その上で、口の形を意識しながら、演劇の練習などでも使われる発声練習をします。

 あえいうえおあお かけきくけこかこ させしすせそさそ たてちつてとたと なねにぬねのなの はへひふへほはほ まめみむめもまも やえいゆえよやよ 

 られりるれろらろ わえいうえをわを がげぎぐげごがご ざぜじずぜぞざそ だでぢづでどだど ばべびぶべぼばぼ ぱぺぴぷぺぽぱぽ

 その他にも、北原白秋の「五十音」(あめんぼあかいなあいうえお・・・ではじまる詩)や、外郎売の口上、早口言葉などで滑舌の練習を普段からしておくとよいでしょう。

(作成K・J)