文部科学省委託調査「地域における読書活動推進のための体制整備に関する調査研究」報告書


2016年6月1日、文部科学省は、平成27年度文部科学省委託調査として株式会社浜銀総合研究所が行った「地域における読書活動推進のための体制整備に関する調査研究」の報告書を公開しました。

文部科学省「子ども読書の情報館」
http://www.kodomodokusyo.go.jp/happyou/datas.html?page=1

調査は次の2点を目的に実施されています。


 (1)小学生、中学生、高校生の読書の実態や不読の背景・理由等を把握するための調査を実施し、 課題を明確にするとともに、不読解消のための方策等について検討を行う 

(2)各自治体(都道府県、市区町村)で実施されている子供たちの読書推進に関する取組のうち、 地方公共団体、学校、図書館、民間団体、ボランティア等の連携・協力により実施されている 取組について、その連携・協力手法等に着目して調査・分析を行い、特徴等を明らかにする


 (1)は、児童・生徒(小学生、中学生、高校生)及び保護者を対象とした質問紙調査で、「本を読まなかった理由」「学校図書館(図書室)、地域の図書館の利用頻度、認識」「どのようにすればもっと本を読みたくなると思うか」「現在の家庭での読書に関する取組の状況」などが調査されています。

(2)は、詳細調査(質問紙、ヒアリングによる)で、各自治体の子供の読書推進のための取り組み状況が調査されています。詳しい聞き取りも行っており、各機関が連携・協力して実施した様々な取組み事例も紹介されています。

ehon2

(作成 I.T)