Yearly Archives: 2017

おすすめ幼年童話5『スプーン王子のぼうけん』竹下文子
10月のおはなし会☆おすすめ本リスト(2017)
29年度第2回児童部会
おはなし会のいろは(その5) おはなし会でのこんなハプニング、あなたならどうする?(再掲)
「読みたくなる紹介文にトライ!トライ!~川上博幸さんに学ぶ書評の書き方~」に参加してきました!
9月のおはなし会プラン(その2)耳を澄まして(幼児~小学生)
9月のおはなし会プラン(その1)げんきだよ!(小さい子向け)
9月のおはなし会☆おすすめ本リスト2017(追加あり)
訃報 おかべりかさん
訃報 日野原重明さん
『物語の森へ 児童図書館基本蔵書目録2』への想いを聞いてきました!
おはなし会のいろは(その4)プログラムの作り方(再掲)
小学校での読み聞かせ おすすめの本の紹介 7月(再掲)
おすすめ幼年童話4『ちびっこタグボート』ハーディー・グラマトキー
2017年5月、6月の新刊より(その2)

おすすめ幼年童話5『スプーン王子のぼうけん』竹下文子


連載5回目は『スプーン王子のぼうけん』(竹下文子/作 こばようこ/絵 すずき出版 2015)です。


 

ある国に王子さまが誕生した時、妖精たちがお祝いに特別なスプーンを王子さまにプレゼントしました。そのスプーンをにぎると王子さまは泣いている時も機嫌が悪い時も、不思議と笑顔になりました。スプーンが大好きな王子さまなので、いつのまにか「スプーン王子」と呼ばれるようになりました。

王子さまが七さいになった時、王さまにたくさん勉強をして経験を積むようにと言われます。王子さまはその国の歴史を学び、ある日経験を積むために冒険に出かけることにします。そこでけんかをしている三匹の竜に出会うのです。はたして、王子さまは竜を退治することができるのでしょうか。

知りたがりで食べる事が大好きな王子さまの姿は、この本を読む子どもたちにとっては身近に感じられることでしょう。また三匹の竜の話に耳をかたむけ、問題を解決する王子さまはとても勇敢で賢く、成長を感じます。「スプーン王子」らしい解決方法に子ども達はきっと満足することでしょう。

作者は『黒ねこサンゴロウ』シリーズや『おてつだいねこ』シリーズを書いている竹下文子さん。また親しみやすい挿絵は『おひるねけん』や『いもほりコロッケ』などの絵本作品があるこばようこさんです。たくさんのかわいらしい絵が冒険をさらに盛り上げてくれています。

心優しく勇敢な王子さまの活躍するこの本は、どの子にも安心して手渡せる一冊と言えるでしょう。文字も大きく読みやすく、絵本から物語に移行する子どもたちにおすすめ出来ます。

(作成:29年度児童部会部員M・Y)

第1回『おはようスーちゃん』→こちら
第2回『じゃんけんの好きな女の子』→こちら
第3回『こぶたのレーズン』→こちら
第4回『ちびっこタグボート』→こちら

10月のおはなし会☆おすすめ本リスト(2017)


これまでの「運動会」、「お月見」、「美味しいもの」、「りんご」、「遠足」、「ハロウィーン・魔法」、「森」、「くま」、「芸術の秋」、「読書の秋」、「おしゃれ」、「おやすみなさいの本(眠り)」に付け加えて 「読書の秋」をキイワードの本を入れました。

また2016年、2017年に出版された本を追加しました。おはなし会だけでなく、ブックトークや展示の準備にご活用ください。
illust321_thumb10月のおはなし会☆おすすめ本リスト(2017)

(作成K・J)

29年度第2回児童部会


7月21日(金)に平成29年度第2回児童部会を開催しました。19名が出席しました。(部員17名、事務局2名)IMG_7227

「お話(素話)を学ぶ」時間では、東京子ども図書館レクチャーブックス・お話入門1『お話とは』の第3章「お話のよさ」の38ページから57ページまでを、各グループにわかれて精読していきました。

その上でここに書かれていることについて、その意味を話し合いつつ、それぞれ感想を述べ合いました。

学んだ内容は、第2回から部員が報告をまとめることになっているので、出来次第こちらに報告書をUPしします。

IMG_7244

 

今回は、小学校のブックトークに必ず素話を語ることになっているというT市の図書館につとめる部員2名が、それぞれ日本の昔話から語ってくださいました。

「おんちょろちょろ」瀬田貞二/再話・訳『さてさて、きょうのおはなしは・・・』(福音館書店 2017) より

「瓜こひめこ」愛蔵版おはなしのろうそく6『ヴァイノと白鳥ひめ』(東京子ども図書館 2012) より

 

情報共有の時間には、3名が各図書館の取組について発表しました。

・調べ学習用冊子「図書館で調べちゃおう!」&「調べ方ガイド」(江戸川区立小岩図書館)

・「昌平まちかど図書館ブックリスト発行」(千代田区立昌平まちかど図書館)

・図書館クイズラリー「宝物をさがせ」(所沢図書館新所沢分館)

 

(作成K・J) 

おはなし会のいろは(その5) おはなし会でのこんなハプニング、あなたならどうする?(再掲)


2017年1月にUPした記事を再掲します。

夏休みの図書館にはたくさんの子どもたちが訪れていることでしょう。図書館は楽しいところ、本を読むって面白いってことを、おはなし会を通じて伝えることができるといいですね。


illust171_thumb

 

さて、「おはなし会のいろは」の5回目は、「おはなし会でのこんなハプニング、あなたならどうする?」です。

1回目から4回目まで、初めて児童サービスを担当する人が、いきなりおはなし会を担当することになっても、絵本の持ち方もわからない、読み方もわからない、またどんな準備が必要なのかも、どんな絵本を選んでよいかもわからない、ということがないようにと、ひとつひとつ丁寧に説明をしてきました。
 1回目 おはなし会のいろは(その1)絵本の持ち方、めくり方
 2回目 おはなし会のいろは(その2)絵本の読み方 声の出し方
 3回目 おはなし会のいろは(その3)おはなし会の会場設営・雰囲気作り
 4回目 おはなし会のいろは(その4)プログラムの作り方

 

今回は、実際におはなし会に携わった時に、子どもたちからの思わぬ反応に右往左往することがないように、おはなし会でよくあるハプニングとその対応方法についてQ&A方式でお伝えします。なお、これは2015年度まで使用していたヴィアックス「社員研修テキスト〈図書館業務 基礎編〉」(2013年)に「【よくある事例】(どう対応するのか)」というコラムで掲載されていましたが、テキスト改訂に合わせて削除したものです。今回は、それに加筆しています。

 

1)「これ知ってるよ!」、「もう読んだことある!」と言われたら

 「おもしろい本だったよね。もう一度みんなと一緒に楽しんでね。」と声をかけ、面白い本は何度読んでも面白いことや、みんなと一緒に楽しむことの大切さを伝えます。

 

blog5

2)読んでいる最中に、あるいは語っている最中に子どもが話しかけてきたら

 声をかけてきた子に目を合わせて頷き、「あなたの話はきちんと聞こえているよ」という意思表示をします。しかしおはなしを中断せずに最後まで続けます。しつこいような場合は、「後でね」と小さな声で短く声をかけます。
 なお、読み終わったあと、あるいは語り終わったあとに、その子に必ず声をかけて話を聞いてあげましょう。

 また、昔話などで現代の子どもたちに馴染みのない道具などが出てきて、子どもたちが疑問を抱くだろうという場合は、あらかじめ説明をするか、「おはなしの中に、みんなが見たことのないものが出てくるけれど、終わった後に説明するから、最後まで聞いていてね。」と声をかけてもよいでしょう。

 

3)歌、鳴き声、方言などがある絵本は

 無理をしないで、自然に読んであげてください。歌の場合は、少し節をつけて読むだけでも、歌っているように聞こえます。絵本などで巻末に楽譜がついている場合は、それを覚えて歌ってあげましょう。もちろん、自分で曲をつけて歌ってもかまいませんが、毎回違うようでは、子どもたちも混乱します。
 

 

4)おはなしが抜けてしまったら

 緊張してしまって、絵本の1ページ読み飛ばしてしまう、おはなしの一段落が抜け落ちてしまうということはあるでしょう。気が付いた途端に、頭が真っ白になって、どこをどう読んでいるかわからなくなったりします。おはなしの進行に影響がない場合はそのまま読み進むこともありますが、前後が抜けて辻褄が合わないような時は、「1ページ抜けちゃったね。もう一度、ここから読み直すね。」と、声をかけて戻りましょう。
 そのようなことにならないためにも、普段から声に出して練習をしましょう。fuwari4

 

5)おはなしに集中できない子がいたら

 「おはなし会のいろは(その4)」で書いたように、子どもたちの、特に乳幼児の集中持続時間は大変短いのです。おはなし会が始まる前に、最後まで聞くことが苦痛に感じるならば、途中でその場を離れてもいいことを伝えてあげましょう。なお、おはなしの途中で、ぐずったり、周囲の子どもたちにも波及するようでしたら、他のスタッフがそばにいって、声をかけてその場を離れるようにします。

 また、おもちゃを持ってきていたり、書架にある絵本を引っ張り出したりと、子どもたちの注意を引くものがほかにあると、集中しづらくなります。おはなし会が始まる前に、会場内の子どもの注意を引くものを片付け(あるいは目隠しをし)、手にしているものは付き添いの保護者に預けるように促しておきましょう。(→「おはなし会のいろは(その3)」を参照)

 

6)他の子にちょっかいを出す子がいたら

 絵本を読む、あるいは語る人とは別のスタッフが対応します。そばに行って、「おはなしを聞こうね」と声をかけます。自分に関心が向くと、安心することがあります。そばに寄り添ってみて、それでも落ち着かない場合は、会場から離れたところで話を聞いてあげましょう。

 

7)付き添いの保護者の雑談が気になる場合

 広い会場などでは、子どもたちだけを前に座らせて、後ろに保護者の方々が分かれて座ることが多いと思います。そうすると、保護者同士の私語が、子どもたちの集中力を妨げることもあります。無題
 子どもたちにとって、親の姿は鏡です。保護者の方が一緒に楽しんでいると、安心しておはなしの世界に入っていくことができます。おはなし会が始まる前に、保護者の方も一緒に楽しんでもらうように伝えましょう。また、途中から入室してきた保護者にもわかるようにおはなし会の会場内にも同様の内容で掲示しておくとよいでしょう。

 

8)おはなし会終了後について

 おはなし会が終わった後、子どもたちも興奮してしまって、そのままのテンションで会場を出ていくことがあります。それがほかの利用者のクレームにつながることもあります。そちらの対応については、「Q&Aこんな時どうする?」の「おはなし会に参加するお母さんたちへの接し方」に詳しく書いてあります。こちらを参照にしてください。

 おはなし会に参加する子どもたちはもちろん保護者の方も、そしておはなし会を担当するスタッフも、みんなが「今日は楽しかったね」と満足できるような時間になるようといいですね。

(作成K・J) 

「読みたくなる紹介文にトライ!トライ!~川上博幸さんに学ぶ書評の書き方~」に参加してきました!


昨年夏に出版された『あの本この本どんな本―子どもの本の紹介文の書き方―』(児童図書館研究会近畿支部/発行)の著者、川上博幸さんのおはなしを聞きに行ってきました。

28077434_1

冒頭で、書評と紹介文の違いについて、明確に提示してくださいました。

実際に児童文学作品を読んで書評を書く場合、著作を読み込んで、その特徴を客観的に捉えることの重要性が強調されました。作者はたった1行のために数か月かけていたり、膨大な取材をして書いている。そのことを前提にして読み解くことが大切であると、書評を書く側の姿勢をただされました。

また、黙読するのではなく、声に出して読むことを推奨されました。たしかに声に出してみると、文章の味わいは変わってきます。

あらすじを書けることは、出発点である。作品を評価する時に、作品の想像性、創作性、独創性などに対する見解も大切だということでした。

まず、書評を書いた上で、それをもとに紹介文を書いていくことが大事であるということも、改めて認識しました。

そしてその紹介文は、子どもたちが手に取って読んでみたいと思えるように書かなければいけないということを、いくつかの実例を通して教えてくださいました。作者の意図を読み解くことは大切だが、読者の楽しみを奪うようなネタばれには注意することはもちろん、本を品定めすることが目的ではないということも肝に銘じなければと思いました。

翻って「本のこまど」で、たくさんの子どもの本を紹介していますが、果たして作者の意図をきちんと汲み取っていただろうか、読み手の「読みたい」という思いに火をつけられていただろうか、と反省点もたくさんみつかりました。

川上博幸さんのお話を糧に、「本のこまど」の本の紹介文をもっとブラッシュアップしていこうと思いました。

(作成K・J)

9月のおはなし会プラン(その2)耳を澄まして(幼児~小学生)


 
 
9月になると、夜にきこえる虫の声がいちだんと賑やかになり、それがまた涼しい秋風が吹くころにだんだんと静かになっていきます。虫の音を耳を澄まして聞いてみて、というテーマで選んでみました。
さて、そうすると組み合わせる素話は何がいいかな?と考えて、少し長いお話ですが「世界でいちばんやかましい音」にしました。覚えて語ってほしいと思いますが、1冊の本にもなっていますので、朗読してあげてもよいかもしれません。
 
******************************
【耳を澄まして】
 
導入 詩「さびしいよる」こおろぎしんさく 『わっしょいのはらむら』(工藤直子/作 童話屋2010)より p80 1分
わっしょい のはらむら
くどう なおこ
童話屋
2010-08-01

『のはらうた1』に初出の詩です。


「くろい くろい よるのまんなか
 つちのつめたさが
 あしにしみとおると
 なぜか はねがふるえます
   なぜか でんわを かけたくなります
 リリリリ だれか いないかい
 リリリリ そばにきておくれ
 (以下略)         」

 

絵本『だんまりこおろぎ』エリック・カール/作 くどうなおこ/訳 偕成社 1990 8分

ちいさなこおろぎは、いろんな虫に出会ってあいさつをしますが、誰からも相手にされません。でも最後に出会ったのは・・・
この絵本は「音の出る絵本」として出版されました。電池が切れたりして、図書館の絵本は鳴らなくなっているかもしれません。その場合は最後のページはこおろぎの鳴き声を、読み手が出してあげるとよいでしょう。

 
 

本の紹介  2冊で5分前後
なく虫についての2冊の絵本を紹介します。科学絵本なので、通して読むには向いていませんが、子どもたちが興味を持ちそうな箇所を抜粋して紹介してあげましょう。
『スズムシくん』木坂涼/文 廣野研一/絵 福音館書店 2013

作者の木坂涼さんはこの絵本を書いた時点で18年間スズムシを飼っているのだそうです。その経験をもとにして作られた絵本です。おじいちゃんにもらったスズムシのたまごを育てる女の子の視点で、スズムシの孵化から産卵、そして次の世代へ受け継がれていく命を描いています。

『なく虫ずかん』大野正男/文 松岡達英/絵 篠原榮太/文字 佐藤聰明/音 福音館書店 1991

みるずかん・かんじるずかんシリーズの1冊です。見開きページに虫の鳴き声が楽しい文字で書いてあり、めくると、その鳴き声の虫の姿が写実的に書かれていて、子どもたちとやりとりしながら、楽しむことができます。巻末の「虫がなくのはどうして?」には、虫の鳴き方がわかりやすく書かれているので、ぜひ紹介してあげてください。登場する虫の索引と簡単な解説もついていて、いろいろな角度から楽しめる本です。2014年のおはなし会プランでT・Sさんが取り上げた本です。

素話「世界でいちばんやかましい音」ベンジャミン・エルキン/作 『おはなしのろうそく10』 14分

おはなしのろうそく 10
東京子ども図書館
2001-06
 
14分と長いおはなしですが、冒頭のやかましい音の洪水から、ギャオギャオ王子の誕生日を世界一やかましい音で祝おうとする後半のクライマックスへ続くところは子どもたちも「おっ」という表情に変わってきて引き込まれていきます。幼稚園の年長さんから小学生が対象です。こぐま社からも、幼年童話の形で出ています。語り終わってからこちらを紹介してもよいでしょう。
 
『世界でいちばんやかましい音』ベンジャミン・エルキン/作 松岡享子/訳 太田大八/絵 こぐま社 1999
世界でいちばんやかましい音
ベンジャミン エルキン
こぐま社
1999-03-01
 
 
 
 
(作成K・J) 

9月のおはなし会プラン(その1)げんきだよ!(小さい子向け)


今年は暑さが長く続いています。小さな子どもたちも涼しい風が吹くころを楽しみにしていることでしょう。

9月のおはなし会のテーマは「げんきだよ!」。暑い夏を乗り越えて一段と丈夫になった心と身体。そして「げんきだよ!」っておじいちゃん、おばあちゃんにもその元気な姿を見せてあげてほしいなと願い、このテーマにしました。

*****************************
【げんきだよ!】

導入 わらべうた おすわりやす

おかあさんのおひざ、ある時はおとうさんのおひざでも、はたまたおじいちゃんやおばあちゃんのおひざも、小さな子どもにとってはなによりも安心できる場所です。十分におひざの上に座っておはなし会を楽しんでもらいましょう。

おすわりやす

 

 

 

 

 

 

ちょちちょちあわわ

手始めに、手を動かして遊びましょう。「ちょいちょち」で手拍子、「あわわ」で手を口に、「かいぐりかいぐり」両手を回し、「おつむてんてん」で頭を軽く2度叩き、「ひじとんとん」でそれぞれのひじを交互に触ります。最初はゆっくりと、慣れてきたら少し早く歌ってみましょう。

ちょちちょちあわわ

 

 

 

 

 

絵本『まんまんぱっ』長野麻子/作 長野ヒデ子/絵 童心社 2016 1分

まんまん ぱっ! (とことこえほん)
長野 麻子
童心社
2016-11-20
 
ちいさな赤ちゃんが最初におしゃべりする喃語がこんなふうにかわいらしい絵本になりました。「まんまんぱっ」、「あわわわわっ」、赤ちゃんが発する音に大人が呼応して呼びかける・・・それが少しずつ意味を持つ言葉になっていく、そんな小さな赤ちゃんたちが言葉を獲得していく過程を想っていとおしくなります。楽しく、リズミカルに読んであげてくださいね。

 

絵本『うさこちゃんのおじいちゃんとおばあちゃん』ディック・ブルーナ/文・絵 松岡享子/訳 福音館書店 1993  2分半

うさこちゃんのおじいちゃんとおばあちゃん (ブルーナの絵本)
ディック・ブルーナ
福音館書店
1993-04-20

おじいちゃんやおばあちゃんの存在は、直接子育てを担う両親とは違って、子どもたちにとって居心地のよい存在。たまに会うから、よけいに愛情も深まるのかもしれません。9月は敬老の日もあります。赤ちゃんには少し長めの絵本ですが、2歳児なっていればおはなしについてこれるでしょう。

 

 

わらべうた いもむしごろごろ
「いもむしごろごろ ひょうたん」までは、おひざの上で左右におとなが揺らします。「ぼっくりこ」で両脇をもって持ち上げます。何度か繰り返してやってみましょう。
いもむし

 

 

 

 

絵本『はねはねはねちゃん』中川李枝子/文 山脇百合子/絵 福音館書店 0.1.2えほん 福音館書店 1998 1分

はねはね はねちゃん (0.1.2.えほん)
なかがわ りえこ
福音館書店
1998-04-15
 
 
 
 
わらべうた とっちんかっちん

2番の歌詞は「とっちん かっちん かじやのこ はだかでとびだす ふろやのこ」です。
おとながひざを伸ばして座ります。そのひざの上に赤ちゃんをのせて両脇を手でしっかりと支えて、リズムに合わせてひざを上下に動かします。1番の「いしやのこ」と歌ったあとに、足を開いて「どっしーん」と赤ちゃんを床の上におろします。2番は「ふろやのこ」と歌ったあとに、「ざっばーん」と言いながら、両脇を支えて高く持ち上げます。年齢に応じてテンポを変えてやってみましょう。 

とっちんかっちん
 
 
 
 
 
 
 
 
わらべうた さよならあんころもち
 
(作成K・J)

訃報 おかべりかさん


昨日は日野原重明先生が105歳で亡くなられたニュースをUPしましたが、漫画家のおかべりかさんが8日の亡くなられたというニュースも昨日飛びこんできました。(→こちら

2011年に休刊になった福音館書店の月刊誌「おおきなポケット」に連載されていた『よい子への道』は、「おとなが決めたよい子の枠にはまらない」のがこどもらしいよい子なんだという、子どもたちにとっては心強いメッセージが盛り込まれていて、おとなも子どもも大笑いの1冊でした。のちに『よい子への道2』も出版されましたし、同じ「おおきなポケット」からは『とちめんぼう劇場』も出版されています。

また偕成社から出されているおばけやさんシリーズ(1~7)も子どもたちに人気でした。

それ以外にも、富安陽子さんの「ムジナ探偵局」シリーズのほか、たくさんの子どもの本に挿絵も描いていました。絵本『よるにきこえるおと』では文章をおかべさん、絵は大島妙子さんが描いていて、この絵本もまだ眠りにつきたくない子どもの心がとても可愛らしく描かれていました。

まだ66歳だったというおかべさん。亡くなられたというニュースにもっとおかべさんの本を読みたいなと思いました。心より哀悼の意を表します。

『よい子への道』おかべりか 福音館書店 1995

よい子への道 (福音館の単行本)
おかべ りか
福音館書店
1995-10-10

 

 

『よい子への道2』おかべりか 福音館書店 2003

よい子への道 2 (福音館の単行本)
おかべ りか
福音館書店
2003-10-10
 
 

 

『ムジナ探偵局』富安陽子/作 おかべりか/画 童心社 1999

ムジナ探偵局 (シリーズじーんドキドキ)
富安 陽子
童心社
1999-03
 
 
 
 
『とちめんぼう劇場』おかべりか 福音館書店 1999

とちめんぼう劇場
おかべ りか
福音館書店
1999-05

 

 

『よるにきこえるおと』おかべりか/作 大島妙子/絵 フレーベル館 1999

 

 

『おばけやさん1 これがおばけやさんのしごとです』おかべりか 偕成社 2011

これがおばけやさんのしごとです
おかべ りか
偕成社
2011-05-28


 

(作成K・J)

訃報 日野原重明さん


今朝、通勤の電車の中で日野原重明先生の訃報に触れました。今朝7月18日の6時33分に天国に旅立たれました。105歳でした。生涯現役を貫いた日野原先生も、とうとう天国に国籍を移されたのだと、感慨深い気持ちになりました。

牧師の家に生まれた敬虔なクリスチャンでもありました。幼い時に瀕死の母親を救った医者の姿を見て医療の道に進まれました。

医療現場の第一線で活躍される一方で、戦時中の体験などを踏まえて若い世代に「いのちの意味」を伝え、平和を守ることの大切さを訴えてこられました。ちひろ美術館で2009年5月に開催された『いのちのバトン―97歳のぼくから君たちへ』出版記念の日野原先生の講演を聞いた際には、背筋をピンと伸ばして2時間ずっと立ちっぱなしでお話されたのが印象的でした。 

『いのちのバトン―97歳のぼくから君たちへ』日野原重明/著 いわさきちひろ/画 ダイヤモンド社 2008

 

 

87年から続けてこられた「いのちの授業」をまとめていくつか小学生向けの本を書かれましたが、そのどれもが子どもたちにわかりやすく、命の大切さを、平和の大切さをやさしい言葉で伝えてくれていました。

『十歳のきみへ―九十五歳のわたしから』日野原重明/著 冨山房インターナショナル 2006

十歳のきみへ―九十五歳のわたしから
日野原 重明
冨山房インターナショナル
2006-04-01

 

 

『いのちのおはなし』日野原重明/文 村上康成/絵 講談社 2007

いのちのおはなし (講談社の創作絵本)
日野原 重明
講談社
2007-01-11
 
 

 

『明日をつくる十歳のきみへ― 一〇三歳のわたしから』日野原重明/著 冨山房インターナショナル 2015

明日をつくる十歳のきみへ: ─一〇三歳のわたしから
日野原 重明
冨山房インターナショナル
2015-04-17

 

 

『戦争といのちと聖路加国際病院ものがたり』日野原重明/著 小学館 2015


 

日野原先生は、105歳になられた昨年秋にも、「平和の種、子どものために」と題して和歌山で講演されています。(→こちら)柔和な物腰で、自分の命を人のために使うこと、そのためには勇気が必要なことを、そして何度も繰り返して「平和」の大切さを訴えておられます。日野原先生が子どもたちの伝えようとされたことを、私たちおとなは引き継ぐ責任があります。

日野原先生の本を子どもたちに手渡しながら、これからも伝え続けていきましょう。日野原先生の魂が神の国で安らいでいることを確信しつつ。

(作成K・J)

『物語の森へ 児童図書館基本蔵書目録2』への想いを聞いてきました!


5月下旬に東京子ども図書館から児童図書館基本蔵書目録2『物語の森へ』が出版されました。予約で申し込みをしていたので、届くのがとても楽しみでした。(手違いで届いたのは6月下旬でした) 

 

 

 

2012年3月の児童図書館基本目録1『絵本の庭へ』の出版から約5年、多くの児童サービス関係者が待ちに待った出版でした。

 

 

7月7日に銀座・教文館ナルニア国で開催された「『物語の森へ』刊行記念トーク」に参加し、この目録作成に取り組まれた東京子ども図書館理事長の張替惠子さん、担当者の護得久えみ子さんのお話を伺ってきました。

この目録には戦後出版された内外の児童文学(創作物語・昔話・伝説・神話・古典文学・詩集)の中から、次世代の子どもたちに手渡したい本が1600点が収められています。

トークでは、最初になぜ東京子ども図書館(TCL)が子どもの本のリストを作って来たのかその理由と経緯が、TCLの歴史を紐解きながら語られました。

1974年にTCLが設立される以前に、初代理事長であった石井桃子さんが瀬田貞二さんたちと始められた「子どもの本研究会」から、『私たちの選んだ子どもの本』が1966年に出版されています。石井桃子さんのかつら文庫や、瀬田貞二さんの瀬田文庫に通ってくる親たちからの「うちの子にどんな本を選んだらよいか」という質問に答えられる本のリストとして誕生しました。

このリストに挙げられたものは、文庫にくる子どもたちの反応がもとになっていました。その後、リスト作成はTCLに引継がれ、改訂が行われてきました。しかし、品切れや絶版になったり、新訳や改訂版が出たり、復刊されたりという子どもの本の出版状況の中で、収録された作品の出版情報を最新のものに保ちながらリストの改訂を行うことが困難になったといいます。

そこでTCLでは『私たちの選んだ子どもの本』とは別に、1990年以降に出版された子どもの本の中から選んだ『子どもの本のリスト「こどもとしょかん」新刊案内 1990~2001セレクション』を出版しました。こちらには絵本、昔話、物語に限らず、伝記や知識の本なども収録され、詳細な索引(書名、人名、件名)が付きました。

 


 

 そのような流れの中で、なぜ再びTCLが児童図書館基本目録に着手したのか、その理由はこれまで子どもたちが読み継がれてきた、子どもたちが心躍らせてきた作品が、本の出版流通の中で手に入らなくなっただけではなく、公共図書館でも廃棄され入手困難になっているという現実にあるということでした。

『物語の森へ』の「はじめに」のページ(p6~7)にはこのように書かれています。(太字引用文)

“『絵本の庭へ』や『物語の森へ』がこれまでのブックリストと大きく異なる点は、入手が可能かどうかという出版状況の枠を取り払い、すぐれた作品を将来に向けて伝承すべき文化遺産として記録にとどめようとしたところです。1950年から60年代、戦後の再興に取り組んだ児童書のつくり手たちは、子どもたちに希望を託し、作家、画家、編集者がひとつの思いで、質の高い作品づくりに取り組みました。高度経済成長の恩恵もあり、子どもたちの本棚はかつてないほど彩り豊かになりました。70年、80年代には、その果実を行きわたらせるための公共図書館システムも整ってきました。しかし、その後の電子メディアの普及や受験競争の過熱により、子どもたちがゆったりと本に向きあう時間はどんどん限られるようになりました。少子化による購買層の減少も影響し、出版社は過去に生み出した読みごたえのある傑作を品切れ・絶版にせざるを得ないケースが増えています。たとえ書店で手に入らなくなっても、質の高い作品を蓄積して提供することが使命であるはずの図書館も、施設面や資料提供の利便性という点では飛躍的に進歩したものの、子どものためのサービスを担う専門職員の雇用環境が不安定で、その役割を十分に果たしているとはいえません。
 このような状況の中で、わたしたちができることはなにかと考えたとき、どうしてもやり遂げたいと思ったのが「基本蔵書目録」の刊行でした。「基本蔵書目録」とは、図書館で蔵書の核として常に揃えておくべきだという評価を得た本のリストです。もし、その本が紛失したり破損したときには、買い換えなければなりませんし、絶版で入手できなくなった場合には、傷んでも廃棄せず、修理して保存を心がけなければならない作品であることを示し、蔵書構築の指針としたものです。”

以上のような思いで作られたこの「児童図書館基本目録」は、私たちが常に児童室の蔵書に気を配り、棚を作っていく際に、さらに研修でよく質問を受ける「児童書の廃棄基準」について明確な指針を示してくれるものだと思います。

今回、選定にかけられた本は約5000冊。15年にわたる選定作業に関わった人は延べ320人だったとのこと。その膨大な作業を想い、ほんとうに頭が下がります。

『絵本の庭へ』に続いて、『物語の森へ』の索引の充実度は、子どもの本についてのレファレンスでも大変心強い味方です。特に件名の小項目は1129にもなっています。(『絵本の庭へ』では1095項目)また登場人物索引は909件(『絵本の庭へ』では557件)となっており、本を探すときの手がかりとなります。トークの際に、件名の種類も『絵本の庭へ』と『物語の森へ』では大きく変化したことが示されました。たとえば「気持ち・こころ」をあらわす件名は『絵本の庭へ』(a)では27項目80冊、『物語の森へ』(b)では33項目275冊となり、物語ではより複雑なこころの動きを表現した作品が多いということがわかります。もっと単純な比較では、「のりもの」の件名のうち、「電車」は(a)では36冊なのが(b)では10冊に、「車」は(a)23冊、(b)12冊と減っている中、「船」は(a)32冊、(b)36冊とさほど変化がないことなど、件名を見ていくだけでも、絵本と物語の違いもみえて面白いことがわかりました。

それに加えて、『物語の森へ』では作品の出版履歴が提示されています。最初に出版した出版社から復刊した出版社、あるいは翻訳者の変更、題名の変更なども併せて辿ることが可能になっています。

トークの終盤で「図書館員はこれに収録している本は捨てるな。これらの本がなければ図書館員稼業は出来ないと、思ってほしい」との言葉を聞いて、襟を正す思いになりました。本来は、子どもの本の選書眼は長く児童サービスに携わる中で、子どもたちの反応を見ながら身についていくもの。それがなかなか厳しい中で、どのように児童サービスに関わるスタッフの研修でそれを伝えていくか、苦心をしていたところだったからです。

「本のこまど」でも、「基本図書を読む」の連載をしたり、児童部会の活動報告の中で「基本図書から学ぶ」についてお伝えしてきました。しかし、今回TCLの「児童図書館基本目録」に対する覚悟と篤い想いを聞いて、これらについて児童サービスに関わるスタッフにもっと丁寧に伝えていくことの重要性を感じています。

まずは『絵本の庭へ』に続いて、『物語の森へ』を児童サービス業務の座右の銘として常にそばに置いてほしいと願います。

(作成K・J)

おはなし会のいろは(その4)プログラムの作り方(再掲)


昨年、児童サービス初心者向けにおはなし会開催についてのノウハウをお知らせするために連載した「おはなし会のいろは」を、再掲載いたします。

**************************************

 

「本のこまど」では、図書館の児童サービス担当のみなさんが図書館で「おはなし会」を実施するにあたって、これまでプログラムのおすすめプランや、おすすめの絵本リストなどの情報を中心にお届けしてきました。

そこで今回は「おはなし会」の実施方法(開催するための実際の下準備や声の出し方なども含む)について連載することにしました。6回にわけて掲載していきます。どうぞお楽しみに!

(その1) 絵本の持ち方、めくり方
(その2) 絵本の読み方 声の出し方
(その3) おはなし会の会場設営 雰囲気作り
(その4) プログラムの作り方
(その5) おはなし会でのこんなハプニング、あなたならどうする?
(その6) おはなし会終了後も大事です (フォローと記録)

**************************************

おはなし会のいろはの4回目は、おはなし会プログラムの作り方です。

ヴィアックス社員研修テキストの「おはなし会」の項目には、このように書いています。blog5

「おはなし会とは、おはなしや本の持つ豊かな世界を子どもたちに伝えるための児童サービス業務の重要な柱のひとつです。本来はおはなしを覚えて語るストーリーテリング(素話)を中心としたものを指していましたが、今はおはなしだけではなく絵本や紙芝居、わらべうたなどと組み合わせて行われることが多くなっています。選書やプログラム構成、おはなし会の運営は児童サービス担当の力量が問われるところです。本を手渡すための大切な業務であることを認識しましょう。」

このプログラムの作り方で、大切なのは
1. 選書(絵本の選び方、組み合わせ方)
2. プログラム構成(おはなし会の全体的な流れ、時間配分)
の2点です。

今回取り上げるおはなし会の運営やプログラムの作り方については、経験を重ねれば見えてくるのですが、集合研修では伝えきれない部分でもあるので、このように「おはなし会のいろは」で連載しています。頭だけで理解しようとすると、理解しにくいかもしれません。子どもたちの様子をみながら、修正をしていくとよいでしょう。

以前、ある図書館へ、館内研修の打合せに伺った時、「30分間、ずっと絵本を読むって大変です。子どもたちも途中から集中力が続かなくなって、飽きてきてしまう。そのために手遊びの研修をしてもらいたいと思っています。」と、言われて少し驚きました。実際にその図書館のおはなし会の記録ノートを見ると、毎回7冊~8冊の絵本を読んでいたようです。その後、ほかの図書館からも似たような研修の要望が寄せられることがあり、「本のこまど」できちんと書いておく必要があると感じていました。

 テキストには、選書、プロラム構成の順番で記していますが、ここでは全体的な流れをまず把握してから選書をしてほしいと考え、プログラム構成を先に記します。

 

1.プログラム構成(おはなし会の全体的な流れ、時間配分)

1)30分のおはなし会時間のうち、おはなしタイムは15分~20分

多くの図書館では、おはなし会の開催時間を10時~10時30分とか、15時~15時30分というように、だいたい30分間にしています。しかしこの30分間の中には子どもを迎えて、送り出すまでの時間も含まれています。

30分間、ずっと絵本を読み続けるということではありません。とくに年齢が低くなればなるほど、集中が続く時間は短くなります。子どもたちにとって立て続けに7.8冊読んでもらっている間、じっと静かにしておかなければならないというのは、逆にとても苦痛なことで、おはなし会を楽しみにすることができなくなってしまいます。時間配分について具体的に例をあげます。

ブログ用

【10:00~10:30のおはなし会の場合】

9:45~ 開場  始まる30分前には会場の設営を終えておきます。
        開場したら、おはなし会担当者は、入口で子どもたちを迎えます。
        初めて参加する子は大変緊張します。常連の子どもだけでなく、初めて参加する子どもたちにも気を配りましょう。

10:03~    小さな子どもたちを連れて時間通りに集まるというのはとても大変なことです。
         時間になってすく始めるのではなく、最初の2,3分は、注意事項を伝えるなどの時間として使います。

        *)緊急事態(天災発生など)の際の避難誘導について
          おはなし会の間は携帯電話の使用を控え、スマホなどでの撮影も遠慮いただくこと
          記録用として、図書館が写真撮影を行うが、顔など写らないように留意し、外へは出さないこと
          その他、必要事項を最初に伝えておきます。

10:05~ はじまりの儀式 おはなし会のはじまりの歌、手遊びなど
     *)ここからは「おはなし会」が始まったよ!と、子どもにもわかるように、はじまりと終わりの儀式(歌や手遊び)を決めておくとよいでしょう。

     絵本         1冊目は導入になるような絵本を

     わらべうた   (手遊びでもよいが、子どもたちの年齢に合ったもの、おはなしの世界からかけ離れないものにする)

     絵本   この日のプログラムのメインになる作品をもってくる

     わらべうた

     絵本

10:20  おわりの儀式
     *)これでおはなし会が終わりましたよ!と、子どもたちにもわかるようにおわりの儀式をして、会を閉じます。
      たとえば、おはなしのろうそく用いた場合は、灯火を吹き消すなどの儀式をする、あるいは“さよならあんころもち”のわらべうたなど

10:21~ この日、読んだ絵本の紹介
      出席カードなどへのスタンプ押しなどm-style99
      次回のご案内、その他館内のイベント案内など

10:30    退場  おはなし会の会場入口で見送ります。
     その際、ほかの利用者に配慮をするようにお伝えします。

2)終了後も大切

おはなし会をやってそれでおしまいではありません。まずは読んだ本以外にも関連するテーマの本を紹介するなどし、貸出に繋いでいきます。児童サービスの最終的な目的は、家庭で絵本を読んでもらうこと、家庭で保護者がお子さんに絵本を読んであげることです。もし、どのような絵本を読んであげたらよいかの相談を受けたら、図書館で作成しているリストなどを活用しておすすめの本を紹介してあげてください。「本のこまど」でも、毎月おすすめ本のリストを更新していますので、ご活用ください。
おすすめ本のリスト→こちら

また、おはなし会の後の振り返りもとても大切です。このあたりのことは、連載の6回目で詳しくお伝えします。

     

2.選書(絵本の選び方、組み合わせ方)  

1)対象年齢別

基本的には、まず対象年齢を考えて選びます。参加する子どもたちが未就園児(0~2歳)なのか、幼児(3~5歳)なのか、小学生なのか、中高生を含めた大人なのかで、違ってきます。とくに図書館で増えている未就園児の場合、集団の場では絵本に集中することは難しいことが多いです。この場合、おはなし会に参加する前の準備期間として、おとなの膝の上に座ってわらべうたなどで遊び、一緒に楽しい時間を過ごす体験をしていると割り切るとよいでしょう。赤ちゃん向けの絵本などは、実際には1.2分で読み終えてしまいますが、子どもたちの反応や表情を見ながらゆっくり読むようにします。短い絵本ばかりだからといって、何冊も続けざまに読むのでは、子どもの方が疲れてしまいます。小さい子どもたち対象の場合は、せいぜい2、3冊に留め、わらべうたなど親子でふれあい、周囲の人と笑顔で交流できる時間にすると良いと思います。

未就園児(0~2歳)・・・赤ちゃん向けの絵本の中から、季節的なテーマのものや、ことばあそび、モノの絵本など2、3冊バランスよく選びます。
幼児(3~5歳)  ・・・物語の楽しさがわかる年齢。耳から聞いて心地よい文章で、絵と文章のバランスの良い絵本を、3、4冊選びます。
          昔話と相性の良い年代でもあります。かがく絵本、ことばあそびの絵本なども、テーマに合わせて加えます。
小学生(6歳~)   ・・・耳から聞いて想像する力が身についてくる年齢の子どもたちには、ぜひストーリーテリング(素話)を取り入れましょう。
           また読むと10分以上かかる骨太の物語も集中して聞くことができます。
                               詩の鑑賞の際に復唱してもらったり、ことばあそび絵本では一緒に声に出すなどの読み方もやってみるとよいでしょう。

 子どもの発達と読書PDFファイルは→こちら 28年度児童サービス研修資料・子どもの発達と読書

 2)季節・暦に合わせて

 日本には、四季折々の変化があり、大切にしたい年中行事があります。そうしたものに触れる機会となるよう、おはなし会プログラムも意識するとよいでしょう。それらは、年度初めの年間業務計画の中で、館内の特集展示や児童室だよりのテーマと連動させるとよいでしょう。

 児童サービス年間業務計画PDFファイルは→こちら 児童サービス年間業務計画

 

3)組み合わせ方

おはなし会のテーマをまず決めましょう。その上で、そのテーマに沿った絵本をいくつか選びます。4冊読むとしたら、10冊くらい選んで声に出して読み比べ、その絵本がテーマに沿っているか、耳から聞いて心地がよいか、絵と文章のバランスがよいか、集団で読み聞かせをするのに向いているか(絵が細かすぎることはないか)等、検討をします。その上でメインにする本を選びます。年齢の高い子どもたち対象の場合は、メインにストーリーテリングにするとよいでしょう。

その上で導入に使える絵本、気分転換になる絵本(かがく絵本や、ことばあそび絵本など)と組み合わせていきます。その場合、コース料理を思い浮かべながら組み合わせるとよいでしょう。(前菜→スープ→メイン→デザートというように)

おはなし会担当者で、どの本を誰が決め、互いに声に出して読み合いながら、最終的に子どもたちにとって、どの順番で読んでもらうとよいか、確認をしましょう。

「本のこまど」では、2ヶ月前倒しで「おはなし会プラン」を小さい子向け、大きい子向けに2本紹介しています。ぜひご活用ください。

おはなし会プラン→こちら

なお、なぜ2ヶ月前倒しかというと、プログラムを作成するための最初の本の選定から、子どもたちの状況に合わせて最適な組み合わせにするのに、これぐらいの時間がかかると見ているからです。慣れてくると、準備の時間は短縮されますが、初めておはなし会を担当するという方は、2か月前から準備をはじめるようにしましょう。

 (作成K・J)

小学校での読み聞かせ おすすめの本の紹介 7月(再掲)


7月に入れば、夏休みはもうすぐ。夏休み用にいつもよりたくさん借りられるようにしている学校も多いのではないでしょうか。なかなか選ぶことができない子もいますので、話を聞きながら一緒に選んであげてください。

そんな7月は、夏休みにおすすめの本を選んでみました。借りたい本を選ぶヒントになるように、関連本の紹介も加えています。

<低学年> 
『はちうえはぼくにまかせて』 ジーン・ジオンさく マーガレット・ブロイ・グレアムえ もりひさしやく 9分

トミーは夏休みにご近所の鉢植えをあずかって世話することにしますが、草がどんどん伸びて家じゅうが緑でいっぱいになり、トミーは家がこわれる夢までみてしまいます。そこでトミーは刈り込むことを思いつくのですが・・・。一生懸命世話をするトミーの姿はほほけましく、家じゅうが緑になって困惑する様子は愉快です。「すごーい!」「大変そう・・・」思わずつぶやく子どもがたくさんいます。

<中学年> 
『うできき四人きょうだい』 グリム童話 フェリックス・ホフマン画 寺岡寿子訳 福音館書店 13分
うできき四人きょうだい―グリム童話 (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)
グリム
福音館書店
1983-08-31
  修行して特殊な能力を身につけた四人きょうだいがりゅうにさらわれたお姫様を助け出すグリムの昔話です。絶対誰にも見つからない「うでききのどろぼう」、世界になるものは何でも見ることができる「星のぞき」、狙ったものははずさない「うでききのかりゅうど」、何でも縫い合わせることができる「仕立て屋」とそれぞれの能力はとても愉快です。りゅうとの戦いの場面は思わず息をのむ迫力があり、ひと冒険した気持ちになれます。
 
*関連本
子どもに語るシリーズ
 「子どもの語るグリムの昔話①~⑥」 佐々梨代子訳 野村泫 訳 こぐま社
子どもに語るグリムの昔話〈1〉
ヤーコプ グリム
こぐま社
1990-11
  グリム童話には「赤ずきんちゃん」や「おおかみと七ひきのこやぎ」などの他にも、冒険話やふしぎな話、ぞっとする話など子どもたちをひきつける物語がたくさんあります。「子どもに語るシリーズ」は、こぐま社から「グリムの昔話」「日本の昔話」「アジアの昔話」などさまざなな地域や国のお話が、1冊に15話前後入っているシリーズです。(こぐま社ホームページ→http://kogumasha.co.jp/kataru_detail) 聞いて楽しめるわかりやすい文章なので、まだ長い物語を読みこなせない子でも無理なく物語の情景を思い浮かべることができます。読んであげて楽しむこともできますし、中学年くらいでなかなか1冊を読み終えられないという子にもおすすめしやすいシリーズです。
 
<高学年> 
『シンドバットの冒険』 ルドミラ・ゼーマン文・絵 脇明子訳 岩波書店 2002 約20分
シンドバッドの冒険 (大型絵本)
ルドミラ・ゼーマン
岩波書店
2002-02-05
  「アラビアン・ナイト」の中でも有名な船乗りシンドバットの冒険の絵本で、全3巻のシリーズになっています。「サセミ・ストリート」などのアニメの制作にたずさわってきたルドミラ・ゼーマンが、繊細で華麗な絵でアラビアン・ナイトの世界を見事に描き出しています。第1巻の『シンドバットの冒険』では、シンドバットの第1回と第2回の冒険が扱われていて、島だと思って上陸したところがくじらの背だったり、巨大なロク鳥の巣に入りこんだりと迫力ある場面が繰り広げられます。少し長めの時間にはなりますが、物語と絵の迫力で、読み聞かせになれてきた時期であれば食い入るように聞いてくれます。続編の『シンドバットと怪物の島』シンドバットのさいごの航海』は紹介してもよいですし、改めて別の日に読んであげても喜びます。
  
*関連本
『子どもに語るアラビアンナイト』 西尾哲夫訳・再話/茨木啓子再話 こぐま社 2011 
子どもに語るアラビアンナイト
茨木 啓子
こぐま社
2011-10
 「シンドバットの冒険」にもアラビアンナイトには魅力的な話があり、この本には「空飛ぶじゅうたん」「アリババと、召し使いのモルジアナに殺された四十人の盗賊」など10編がおさめられています。「子どもに語るシリーズ」については上記で紹介しましたが、わかりやすい文章になっていて読みやすいと同時に、アラビアンナイトの物語の楽しさは高学年でも十分楽しむことができるのでおすすめです。 
 
<科学の本>
『せみとりめいじん』 かみやしん 福音館書店 2001 5分
せみとりめいじん (かがくのとも傑作集 どきどきしぜん)
かみや しん
福音館書店
2001-06-15

 せみとり名人のごんちゃんが初心者のてっちゃんに、セミの取り方を伝授してくれます。簡単な材料できるアミの作り方から、せみのいる場所、つかまえるときのちょっとしたコツまで、つかまえるために必要なことを教えてくれるので、実際に挑戦したくなります。ごんちゃんとてっちゃんのやりとりが微笑ましく、虫採りをするときの緊張感と期待感が伝わってきます。代表的なセミの姿と鳴き声が紹介されているページもあり、夏休みの後に「見つけたよ!」「つかまえたよ!」と教えてくれる子もいます。

<気軽に読める本>
『よあけ』 ユリ―・シュルヴィッツ作・画 瀬田貞二訳 福音館書店 1977 3分
よあけ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
ユリー・シュルヴィッツ
福音館書店
1977-06-25
 暑くてだれてしまいそうなとき読むと、涼しいしんとした気持ちになれる1冊です。おじいさんと孫が野宿している湖のほとりで夜が明けていく様子が詩のような言葉と美しい色彩の絵で描かれています。
 

(作成 T.I) 

おすすめ幼年童話4『ちびっこタグボート』ハーディー・グラマトキー


連載第4回目は『ちびっこタグボート』(ハーディー・グラマトキー/作 わたなべしげお/訳 改訂新版 学習研究社 2005)です。

ちびっこタグボート (グラマトキーののりものどうわ)
ハーディー グラマトキー
学習研究社
2005-07


 

『ちびっこ・タグボート』はアメリカで1939年に出版されて以来長い間読みつがれ、日本でも1967年に翻訳出版され、たくさんの子ども達に親しまれてきました。2005年に文章を横書きに改めた改訂新版が出ました。

働くのが嫌いで、いたずら好きなタグボート・トゥートゥは、波の荒い海ではなく、いつも安全で穏やかな川で遊んでいました。しかし、ある嵐の夜に大型汽船が難破しているのを見つけます。小さなタグボートでは大きな船を引くことが出来ませんが、助け出さないと大変な事になります。トゥートゥは勇気を振り絞って、荒れ狂う海に立ち向かっていきます。

いたずら好きで遊ぶのが好き、そして、ちょっと弱虫なトゥートゥは、子どもたちに身近な存在に感じます。その小さなタグボート・トゥートゥが大活躍する様子は、トゥートゥの目線で描かれており、子どもたちは小さいながらに頑張るトゥートゥと同化して一緒に活躍した気持ちになれるでしょう。

全ページに描かれたイラストは可愛らしく、なんといっても登場キャラクター達の表情が豊かです。色合いも優しく温かな雰囲気を醸し出しています。また、トゥートゥがいる川や港の様子がわかる見開きの絵からは、タグボート達がどこで活躍しているか、場所を確認しながら想像する楽しさがあります。

この作品は、グラマトキーののりものどうわシリーズの第1作目です。他にも、『いたずらでんしゃ』や『ルーピーのだいひこうき』等、子どもたちが好きな乗り物が主人公になっているお話が全部で6作品あります。

やさしい文章で、読み聞かせなら4歳から、自分で読むなら小学校低学年の子どもたちにオススメです。ちびっこタグボート・トゥートゥの大活躍にドキドキ・ハラハラしてみませんか?

 (作成29年度児童部会部員F・N) 

 

第1回『おはようスーちゃん』→こちら
第2回『じゃんけんの好きな女の子』→こちら
第3回『こぶたのレーズン』→こちら

2017年5月、6月の新刊より(その2)


 

 2017年5月、6月に出版された児童サービス向け出版物(絵本、児童書、ノンフィクション、YA向け、教育者・研究者向けなど)の中から、おすすめの本を紹介します。(2017年4月発行の書籍も含まれています)

(その2)では児童書、YA向けの書籍を紹介します。

また、ここに紹介している本は、実際に手にして読み終えた中から選んでいます。すべての新刊本を購入して読むことはできませんが、教文館ナルニア国の新刊本コーナー、クレヨンハウス新刊本コーナーなどにある本から選書し、購入し、読んで記事にしています。

 (なお、画像はブログ用Amazonアフィリエイトを使用しています。書誌事項は奥付の出版年月日にしており、Amazon入荷日とちがって表示されることがあります。ご了承ください。)

 **********************************

 【児童書】

『キキとジジ 魔女の宅急便特別篇その2』角野栄子/作 佐竹美保/画 福音館書店 2017/5/25


多くの子どもたちに夢を与えてくれる「魔女の宅急便」のシリーズは、第1巻が出てから32年になります。そのシリーズ最新作が5月に出ました。キキがオキノさん、コキリさん夫婦のもとに誕生した日から始まる物語です。つまり14歳になったキキが二人のもとを旅立つ日から始まった「魔女の宅急便」のお話が、その一番の始まりのキキの誕生に巻き戻されたといってもよいでしょう。そして赤ちゃんのキキのもとに、赤ちゃんネコのジジがやってきます。キキとジジ、二人(ひとりと一匹)の成長物語ですが、ところどころにジジの本音の気持ちが書かれていて、それがまたくすりと笑いを誘います。本編でのキキとジジの関係はこのように育まれてきたのだなと、読んでいてうれしくなりました。

 
 
『マウスさん一家とライオン』ジェームズ・ドーハティ/作 安藤紀子/訳 ロクリン社 2017/5/26

マウスさん一家とライオン
ジェームズ ドーハティ
ロクリン社
2017-05-30
 
この絵本は『アンディとらいおん』(村岡花子/訳 福音館書店 1661)でコルデコット賞を受賞したジェームズ・ドーハティの作です。ドーハティは『アンディとらいおん』で絵本作家としての地位を確立したのだそうですが、他の作家が作った文章に絵をつけることが多く、文章、絵ともに自作の作品は『アンディとらいおん』に次いでこちらの2冊だけなのだそうです。イソップ物語の「ねずみとライオン」をもとに作られたお話です。陽気なねずみのマウスさん一家がピクニックに出かけた時に、一家の末息子チェダーがぐっすり眠っていたライオンに悪戯をしてしまいます。怒ってチェダーを捕まえたライオンに許しを請う家族たち。ライオンはその愛情深く心優しい一家の姿に胸を打たれて逃してやります。チェダーが「あなたのピンチには助けるよ」と真顔で言うのを笑い転げるライオンでしたが、ある日人間のしかけた罠にかかてしまいます。チェダーたちは約束通りに駆け付けました。抑えた色味でセンスの良い絵が、このお話の面白さをさらに引き立てています。絵本に分類するか悩みましたが、低学年の子どもたちが自分で読むのにちょうどよいと考えて、児童書として紹介します。


『メリーメリーのびっくりプレゼント』ジョーン・G・ロビンソン/作・絵 小宮由/訳 岩波書店 2017/6/15 
 
メリーメリーのびっくりプレゼント
ジョーン・G.ロビンソン
岩波書店
2017-06-16

3月に出版された『メリーメリーおとまりにでかける』に続く「メリーメリー」シリーズの2作目です。(『メリーメリーおとまりにでかける』の紹介文は→こちら)5人兄姉の末っ子メリーメリーは、とにかくお茶目で、みんなを驚かせます。子どもたちだけで留守番をしていたある退屈な土曜日なんて、家の前に消防自動車を呼んでしまいます。(通報したのは上の子たちですが)でも、メリーメリーはお騒がせなだけではありません。二人の姉ミリアムとメグよりも上手に赤ちゃんのお世話もしましたし、ご近所に住むサマーズさんの結婚式には立派に付き添いを務めました。このシリーズを読めば、きっとみんなメリーメリーが大好きになるはずです。

 

 
【ノンフィクション】

 『ほんはまっています のぞんでいます』かこさとし/作・絵 復刊ドットコム 2017/5/25

ほんはまっています のぞんでいます (かこさとし◆しゃかいの本)
かこ さとし
復刊ドットコム
2017-05-25

昨年夏の『こどものとうひょう おとなのせんきょ』に続いて、「かこさとし◆しゃかいの本」の2冊目が復刊されました。1985年に童心社から出ていた同名の本を底本として、よみがえりました。この本では子どもたちに本に出会うための公共図書館の機能をわかりやすく伝えています。また「あとがき」では、「親は大人は、子どもにだけ本を読めというだけで、良書の普及や図書館の状況が文明国の中でとても恥ずかしい状態なのを改める努力が少ないように思います。」と、子どもたちの読書離れについて大人に向けて苦言を呈しています。32年前にすでにそういう危惧があったこと、そして今それらが改善されているかということを振り返ってみて、図書館に関わるものとして胸を張って「その心配は杞憂に終わりました」と言えないことに忸怩たる思いがします。それでも今、新しい図書館が次々とオープンし、真剣に市民の側から図書館サービスを考えようとする機運が高まっていることも事実です。子どもたちにとって、子ども時代に本に出会うことの大切さは今も昔も変わっていません。この本は、子どもたちはもちろん子どもと本に関わる大人たちに読んでほしいと思います。(『こどものとうひょう おとなのせんきょ』についての紹介記事は→こちら

 

【YA向け】
 
『太陽と月の大地』コンチャ・ロペス=ナルバエス/作 宇野和美/訳 松本里美/画 福音館書店 2017/4/15
太陽と月の大地 (世界傑作童話シリーズ)
コンチャ・ロペス=ナルバエス
福音館書店
2017-04-15

世界史を学習した人は、記憶のどこかに「レコンキスタ」(国土回復運動)や「グラナダの陥落」という言葉が残っているのではないでしょうか。611年に興ったイスラム国家ウマイヤ朝は、710年にジブラルタル海峡を越えてイベリア半島に進出しました。それから1492年のグラナダ陥落までイスラム勢力(ナスル朝)による支配が現在のスペイン南部で続くことになります。この物語はグラナダ陥落後のグラナダを舞台にして、16世紀のキリスト教徒とイスラム教徒との確執のはざまで育まれた友情と引き裂かれていく運命について描いています。当時、イスラム教徒は強制的にキリスト教に改宗させられ「モスリコ」と呼ばれていました。その後アラビア語の使用や生活様式の禁止令も出て、徹底的な同化政策が行われていたようです。この物語の中心人物はモスリコの老人ディアス。彼らの家族はアルベーニャ伯爵家に仕えていました。ディアスと、前当主ドン・ゴンサロは、主と使用人という関係というよりは、少年時代から一緒に過ごしてきた親友のような存在でした。この関係は息子の代になっても続くと思っていたのですが、アラビア語禁止令が出たことによって変化していきます。ディアゴの孫のミゲルは山賊となってイスラム教徒の反乱に参加していくのです。物語は、民族、宗教に引き裂かれる人々の、しかし同じ人間同士として理解することもできるんだというメッセージをも含んでいます。キリスト教徒とイスラム教徒の軋轢の歴史は、今も続いています。テロとその影響で難民になって他国へと逃れていく姿は、16世紀の物語としてではなく、今まさに中東とEU諸国で起きていることと重なります。この本は1984年にスペインで出版されIBBY(国際児童図書評議会)のオナーリスト、そしてヘルマン・サンチェス・ルイペレス財団(*)による「20世紀のスペインの100冊」にも選ばれて、長く読み継がれているということです。スペイン留学中にこの本に出会ったという宇野和美さんによる翻訳は、とても読みやすく、言葉が心に沁みわたってきます。世界史を学ぶYA世代に、ぜひ手渡したい1冊です。
*この財団についての説明は、宇野和美さんのブログ「訳者の言いわけ」に詳細に書かれています。→こちら

 

『スレ―テッド』1,2,3 テリ・テリー/著 竹内美紀/訳 祥伝社文庫 祥伝社 2017

スレーテッド 消された記憶 (祥伝社文庫)
テリ ・ テリー
祥伝社
2017-04-12


スレーテッド3 砕かれた塔 (祥伝社文庫)
テリ・テリー
祥伝社
2017-06-21

題名になっている「スレーテッド」とは、解説によれば「「石板」を意味するslate(スレート葺きの屋根に使われてるあのスレートです)をもとにした造語。英語で”clean slate”と言えば、「白紙」のことだし、”wipe the slate clean”と言えば、「過去を清算する」とか「新たに出直す」という意味」で、この物語は2054年、EU離脱後のイギリスで、中央連合政府によって強制的にスレ―テッドつまり記憶を消去された少女カイラが、自分の過去に気づき、国家全体を揺るがす陰謀へと巻き込まれていく様を描くサスペンスです。カイラは16歳。当時、イギリスはEU離脱後の欧州経済危機に端を発する大混乱と国境封鎖を経て、超管理社会へと変化していました。犯罪行為など反社会的なことを行った16歳以下の子どもは矯正と再犯防止のために、強制的に脳手術を施され、記憶が消されてしまいます。その上、腕にはブレスレットのようなレポと呼ばれる監視装置を取り付けられています。レポは、脳内に埋めこまれているチップが測定する脳内物質の変化を数値化して表示します。強い不安や怒りを感じると、レポが脳内に埋め込まれたチップに電気ショックを与えて強制的にブラックアウトし、酷い場合には死に至るように設定されているのです。スレ―テッドされた少年少女は徹底的に管理化に置かれているのですが、カイラはある時、自分の過去の記憶が完全に消えていないことに気がつきます。そしてスレ―テッドの少年ベンと真相を探ろうとして、反政府組織と接触するようになってきます。4月から6月にかけて毎月1冊ずつ出版されましたが、読み始めると早く次が読みたくて出版が待ちきれなくなった作品です。この作品の翻訳は、『石井桃子の翻訳はなぜ子どもをひきつけるのか―「声を訳す」文体の秘密』(ミネルヴァ書房 2014)を書いた東洋大学准教授の竹内美紀さんです。YA世代が惹きつけられるような言葉を意識して翻訳したのだとか。近未来のディストピアは現実となるのでしょうか。このような未来を子どもに手渡してはいけないと思いつつ、多くの人に読んでほしいと思いました。
 
 
『高校図書館デイズ 生徒と司書の本をめぐる語らい』成田康子/著 ちくまプリマ―新書 筑摩書房 2017/6/10
高校図書館デイズ: 生徒と司書の本をめぐる語らい (ちくまプリマー新書)
成田 康子
筑摩書房
2017-06-05
 
北海道札幌南高校で学校司書をつとめる成田康子さんが、学校図書館を利用する13人の生徒たちの読書と日々の生活のことなどを綴ったノンフィクションです。今を生き高校生たちが、どんな本に出会っているのか、また読書を通してどんなことを感じているのかが、生き生きと描かれていて、その生徒の顔が見えてくるように思いました。ひとりの生徒が成田さんが司書として詰めている図書館を「ここって、仕事帰りにふらっと寄っていきたくなるような居酒屋」のようだと、「はじめに」の冒頭に書かれていますが、忙しい高校生活の中で、時間をみつけてちょっとだけ顔を出してみよう、司書の成田さんとひと言、ふた言話してみよう、そうすることでまた自分のすべきことへ向かうことができる、そんな関係性を作ったのはひとえに成田さんの学校司書としての働きにあることは明白です。自分も高校時代にこんな素敵な司書さんに学校図書館の中で出会いたかったなと思いました。(当時の学校図書館は、開かずの間でしたから)巻末にある13人の高校生が取り上げた本のリストも、図書館でのYAサービスの参考になるでしょう。高校生の不読率が5割を超えた(高校生の読書習慣に関する調査結果→こちら) という調査結果が一昨年出ましたが、だからこそまたこの本は多くの同世代の子どもたちにも読んでほしいと思います。
 
 
 【その他】
『おはなし会がはじまるよー特別支援学校(肢体不自由校)でび図書館活動―』おはなしの会うさぎ/編集・発行 2017/4/30
東京都立墨東特別支援学校での学校図書館の様子や、障害を持つ子どもへのおはなし会の実践についてまとめた小冊子です。現在、教文館ナルニア国においてのみ販売しています。値段は500円です。(教文館ナルニア国の紹介文→こちら
 
【おまけ】
『やさしいことばで日本国憲法―新訳条文+英文憲法+憲法前文』池田香代子/訳 C・ダグラス・ラミス/監修・解説 マガジンハウス 2002/12/10
やさしいことばで日本国憲法―新訳条文+英文憲法+憲法全文
C.Douglas Lummis
マガジンハウス
2002-12

 私たちの日本国憲法が実は双子だったってご存知でしたか?GHQのスタッフによって英語でも書かれていたのです。ただし日本語の憲法を英訳したものでもなく、また英語の憲法を和訳したのが現行の日本国憲法になったわけでもなく、同時に作られていたというのです。2002年に出版されていたこの本が、今年の春に増刷されました。『世界がもし100人の村だったら』を翻訳した池田香代子さんの訳です。日本語と英語の憲法を対にして読むことによって、この憲法に書かれていることが、世界の平和への希望だとわかります。基本的人権、そして誰もが恐怖や貧しさから免れて平和に生きる権利を有していることを、改めて考えたいと思いました。

(作成K・J)

トップページに戻る