「基本図書から学ぶ 第5回」報告


平成29年1月20日に開催された児童部会で、「第5回 基本図書から学ぶ」を行いました。 

今年度は、①基本図書についての知識を深め本を評価する基準をもつ、②本の特徴や特質をとらえ紹介文を書く、という2つの目標を掲げて取り組んでいます。

今回は、ノンフィクションをテーマに、『クワガタクワジ物語』(中島みち作 中島太郎絵 偕成社 1974)、『パンダの手には、かくされたひみつがあった!』(山本省三作 喜多村武絵 遠藤秀紀監修 くもん出版 2007)、『本はこうしてつくられる』(アリキ作 松岡享子訳 日本エディタースクール出版部 1991)の3冊を検討しました。IMG_5375

詳細は、以下の報告書をご覧ください。

 

第5回「基本図書から学ぶ」報告書