小学校での読み聞かせ おすすめの本の紹介 4月


 *小中学校の入学式も終わり、いよいよ新しい学年度の始まりですね。小学校での読み聞かせでおすすめの本の紹介は、昨年度連載したものです。この時期に合わせて再度、掲載いたします。*

******************************

公共図書館では、団体貸出などによる資料の提供、レファレンス、図書館見学や職場体験の受入れなどの学校支援サービスを行っています。公共図書館から学校図書館の担当者として職員を派遣している地域もあり、そういった学校図書館担当職員が学校での読み聞かせや本の紹介をする機会も多くなってきました。

 学校での読み聞かせは、学校の教育課程の一貫として行われていることや、朝の10分間に教室で行ったり、授業時間に図書室で行ったりと、時間や場所が様々であることなど、公共図書館のお話会とは異なる点もあります。

 そこで、学校での読み聞かせや本の紹介の本選びに活用してもらえるよう、毎月「小学校での読み聞かせ おすすめの本の紹介」を掲載していきます。

 急に読み聞かせをしてくださいとお願いされることもありますので、普段からいくつか候補になる本を用意しておくと安心です。ぜひ参考にしてみてください。

4月は、新年度のオリエンテーションのときに読み聞かせできる絵本という視点で選びました。

<低学年向け>

『おかえし』 村山桂子さく 織茂恭子え 福音館書店 1985 7分

おかえし (こどものとも傑作集)
村山 桂子
福音館書店
1989-09-25

たぬきの家の隣に引越してきたきつねは、挨拶にいちごを持って行きます。するとたぬきはお返しにたけのこくれたので、さらにそのお返しを持って行くことにするのですが・・・きつねとたぬきのお返し合戦が愉快な物語です。最後は贈るものがなくなって、自分までお返しの贈り物にしてしまいます。「これは、ほんの つまらないものですが、おかえしの おかえしの おかえしの おかえしの おかえしの・・・」という言葉の繰り返しも楽しく、子どもたちは一緒に声を出してくれます。初めての読み聞かせで、読み手も聞き手も緊張しているときに読むと、お互いの距離が近くなるような気がするおすすめの絵本です。

<中学年向け>

『としょかんライオン』 ミシェル・ヌードセンさく ケビン・ホークスえ 福本友美子やく 岩崎書店 14分

としょかんライオン (海外秀作絵本 17)
ミシェル ヌードセン
岩崎書店
2007-04-20

ある日、図書館にライオンがやってきました。ライオンは図書館のきまりをきちんと守って、お手伝いもしたので、みんなの人気者になります。ところがあるとき、図書館長のメリウェザーさんがけがをしたことを知らせるために、大きな声でほえてしまいます。きまりを守れなかったライオンは、姿を見せなくなってしまうのですが・・・。

オリエンテーションのときに、図書館のきまりを確認する学校も多いと思いますが、きまりが大切なことも、ちゃんとした理由があるときは守れないときがあることも、自然に伝わる楽しい物語です。

<高学年向け>

『図書館に児童室ができた日 アン・キャロル・ムーアのものがたり』 ジャン・ピンボロー文 デビー・アトウェル絵 張替惠子訳 徳間書店 2013 10分

図書館の児童サービスの先駆者の一人、アン・キャロル・ムーアの伝記絵本です。1870年にアメリカの小さな町で生まれ育った女の子は、大人になるとニューヨークに出て、図書館学を学び、子どものための児童室を作る仕事につきます。子どもは本を大切にできないから触らせてはいけないと考える人がいる時代に、「としょかんのやくそく」をしてもらって借りられるようにしたり、子どもたちに合う小さなイスやテーブルを作ってもらったり、わくわくするコンサートやお話会を開いたりと、様々な工夫をして子どもたちが楽しく過ごせる児童室を作っていくのです。アンのつくった児童室は世界中で参考にされ、現在の日本でもアンの仕事は生かされています。

図書館のことを知ることができると同時に、生涯を通して自分の仕事してきた、アンの生き方も興味深い本です。中学年でも一人の女性の物語として楽しめると思いますが、視野が広がり、将来を考え出す高学年にもおすすめしたい1冊です。

 <季節の本>

『たんぽぽ』 平山和子ぶん・え 北村四郎監修 福音館書店 1976 5分

身近にあるタンポポについて、科学的にわかりやすく紹介されています。語りかけるようなやさしい文なので、読み聞かせに向いています。絵は写実的で、葉や根、花は240もの小さな花が丁寧に描かれています。根は見開き2ページにわたって描かれているので、2冊用意して、子どもや先生に手伝ってもらって、つなげてみても楽しいでしょう。

 

 <気軽に楽しめる本>

  『それ ほんとう?』 松岡享子著 福音館書店 2010

「あるひあめりかうまれの ありのありすさんが あるあめのひに・・・」といったように、五十音それぞれに「あ」なら、「あ」で始まる言葉だけで、「い」なら「い」のつく言葉だけで、思わず「それ ほんとう?」といいたくなる、奇想天外な詩が作られています。自己紹介ついでに自分の頭文字の詩や、担任の先生の名前の詩を読んであげたりすると、楽しめると思います。

(作成 T.S)