9月のおはなし会プラン(その2)耳を澄まして(幼児~小学生)


 
 
9月になると、夜にきこえる虫の声がいちだんと賑やかになり、それがまた涼しい秋風が吹くころにだんだんと静かになっていきます。虫の音を耳を澄まして聞いてみて、というテーマで選んでみました。
さて、そうすると組み合わせる素話は何がいいかな?と考えて、少し長いお話ですが「世界でいちばんやかましい音」にしました。覚えて語ってほしいと思いますが、1冊の本にもなっていますので、朗読してあげてもよいかもしれません。
 
******************************
【耳を澄まして】
 
導入 詩「さびしいよる」こおろぎしんさく 『わっしょいのはらむら』(工藤直子/作 童話屋2010)より p80 1分
わっしょい のはらむら
くどう なおこ
童話屋
2010-08-01

『のはらうた1』に初出の詩です。


「くろい くろい よるのまんなか
 つちのつめたさが
 あしにしみとおると
 なぜか はねがふるえます
   なぜか でんわを かけたくなります
 リリリリ だれか いないかい
 リリリリ そばにきておくれ
 (以下略)         」

 

絵本『だんまりこおろぎ』エリック・カール/作 くどうなおこ/訳 偕成社 1990 8分

ちいさなこおろぎは、いろんな虫に出会ってあいさつをしますが、誰からも相手にされません。でも最後に出会ったのは・・・
この絵本は「音の出る絵本」として出版されました。電池が切れたりして、図書館の絵本は鳴らなくなっているかもしれません。その場合は最後のページはこおろぎの鳴き声を、読み手が出してあげるとよいでしょう。

 
 

本の紹介  2冊で5分前後
なく虫についての2冊の絵本を紹介します。科学絵本なので、通して読むには向いていませんが、子どもたちが興味を持ちそうな箇所を抜粋して紹介してあげましょう。
『スズムシくん』木坂涼/文 廣野研一/絵 福音館書店 2013

作者の木坂涼さんはこの絵本を書いた時点で18年間スズムシを飼っているのだそうです。その経験をもとにして作られた絵本です。おじいちゃんにもらったスズムシのたまごを育てる女の子の視点で、スズムシの孵化から産卵、そして次の世代へ受け継がれていく命を描いています。

『なく虫ずかん』大野正男/文 松岡達英/絵 篠原榮太/文字 佐藤聰明/音 福音館書店 1991

みるずかん・かんじるずかんシリーズの1冊です。見開きページに虫の鳴き声が楽しい文字で書いてあり、めくると、その鳴き声の虫の姿が写実的に書かれていて、子どもたちとやりとりしながら、楽しむことができます。巻末の「虫がなくのはどうして?」には、虫の鳴き方がわかりやすく書かれているので、ぜひ紹介してあげてください。登場する虫の索引と簡単な解説もついていて、いろいろな角度から楽しめる本です。2014年のおはなし会プランでT・Sさんが取り上げた本です。

素話「世界でいちばんやかましい音」ベンジャミン・エルキン/作 『おはなしのろうそく10』 14分

おはなしのろうそく 10
東京子ども図書館
2001-06
 
14分と長いおはなしですが、冒頭のやかましい音の洪水から、ギャオギャオ王子の誕生日を世界一やかましい音で祝おうとする後半のクライマックスへ続くところは子どもたちも「おっ」という表情に変わってきて引き込まれていきます。幼稚園の年長さんから小学生が対象です。こぐま社からも、幼年童話の形で出ています。語り終わってからこちらを紹介してもよいでしょう。
 
『世界でいちばんやかましい音』ベンジャミン・エルキン/作 松岡享子/訳 太田大八/絵 こぐま社 1999
世界でいちばんやかましい音
ベンジャミン エルキン
こぐま社
1999-03-01
 
 
 
 
(作成K・J)