おすすめ幼年童話5『スプーン王子のぼうけん』竹下文子


連載5回目は『スプーン王子のぼうけん』(竹下文子/作 こばようこ/絵 すずき出版 2015)です。


 

ある国に王子さまが誕生した時、妖精たちがお祝いに特別なスプーンを王子さまにプレゼントしました。そのスプーンをにぎると王子さまは泣いている時も機嫌が悪い時も、不思議と笑顔になりました。スプーンが大好きな王子さまなので、いつのまにか「スプーン王子」と呼ばれるようになりました。

王子さまが七さいになった時、王さまにたくさん勉強をして経験を積むようにと言われます。王子さまはその国の歴史を学び、ある日経験を積むために冒険に出かけることにします。そこでけんかをしている三匹の竜に出会うのです。はたして、王子さまは竜を退治することができるのでしょうか。

知りたがりで食べる事が大好きな王子さまの姿は、この本を読む子どもたちにとっては身近に感じられることでしょう。また三匹の竜の話に耳をかたむけ、問題を解決する王子さまはとても勇敢で賢く、成長を感じます。「スプーン王子」らしい解決方法に子ども達はきっと満足することでしょう。

作者は『黒ねこサンゴロウ』シリーズや『おてつだいねこ』シリーズを書いている竹下文子さん。また親しみやすい挿絵は『おひるねけん』や『いもほりコロッケ』などの絵本作品があるこばようこさんです。たくさんのかわいらしい絵が冒険をさらに盛り上げてくれています。

心優しく勇敢な王子さまの活躍するこの本は、どの子にも安心して手渡せる一冊と言えるでしょう。文字も大きく読みやすく、絵本から物語に移行する子どもたちにおすすめ出来ます。

(作成:29年度児童部会部員M・Y)

第1回『おはようスーちゃん』→こちら
第2回『じゃんけんの好きな女の子』→こちら
第3回『こぶたのレーズン』→こちら
第4回『ちびっこタグボート』→こちら