訃報 アリス・プロヴェンセンさん


1984年に『The Glorious Flight』でコルデコット賞を夫マーティンと共に受賞したアリス・プロヴェンセンさんが4月23日に亡くなりました。1918年8月14日生まれで、100歳まであと4カ月足らずという99歳でした。(訃報を知らせるPublisher Weeklyの記事→こちら

この作品は1986年に『パパの大飛行』(脇明子/訳 福音館書店)として出版され、その後2009年に『栄光への大飛行』(今江祥智/訳 BL出版)として出版されました。

パパの大飛行 (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
アリス プロヴェンセン
福音館書店
1986-02-28

 

栄光への大飛行
アリス プロヴェンセン
BL出版
2009-03
 
 
 

図書館では『かえでがおか農場のいちねん』(岸田衿子/訳 ほるぷ出版 1980)、『みみずくと3びきのこねこ-かえでがおか農場シリーズ』(岸田衿子/訳 ほるぷ出版 1985)、『かえでがおか農場のなかまたち』(乾侑美子/訳 童話館出版 1998)や、『動物げきじょう21幕』(乾侑美子/訳 童話館出版 1997)、『たまごってふしぎ』(こみやゆう/訳 講談社 2012)などの作品が馴染み深いことでしょう。『かえでがおか農場シリーズ』の絵本は、ニューヨーク州北部にプロヴェンセン夫妻が購入して住んだMaple Hill Farmの描写で、動物や自然への温かい眼差しを感じます。

かえでがおか農場のいちねん
アリス・プロベンセン
ほるぷ出版
1980-06-01
 
 
 


かえでがおか農場のなかまたち
アリス プロベンセン
童話館出版
1998-04-01
 
 
 

動物げきじょう〈21幕〉
アリス プロベンセン
童話館出版
1997-11-01
 
 
 
 
たまごって ふしぎ (講談社の翻訳絵本)
アリス・プロベンセン
講談社
2012-01-21

 

 

アリスは1918年にシカゴで生まれ育ち、シカゴ美術学校とUCLAで絵を学び、ニューヨークの the Art Students Leagueで訓練を受けました。その後カリフォルニアに移り、日本でも馴染みのある「Woody Woodpecker cartoons」等で有名なWalter Lantz Studiosで仕事をします。夫マーティンもディズニー映画でダンボやファンタジアの制作に関わります。その後マーティンは海軍に所属し戦争関連フィルムの制作に携わっている時にWalter Lantz Studiosで二人は出会って結婚します。

第二次世界大戦終結後は、二人で絵本の制作するようになり、そこから30年以上にわたって共同で作品を作り続けました。夫マーティンは1987年に70歳で亡くなっています。

これを機会に、またプロヴェンセン夫妻の絵本を子どもたちに紹介してみてください。

 (作成K・J)