その他

どうぞよいお年をお迎えください
2016年もよろしくお願いいたします
「本のこまど」についてのページが公開されました♪
今年もどうぞよろしくお願いいたします♪
Merry Christmas ✩
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Merry Christmas✩
新スタッフが着任しました♪
新年度の始まりです♪
新年あけましておめでとうございます♪
今年もお世話になりました♪
お詫びとお知らせ(追加記事あり)
今年もよろしくお願いいたします☆
今年もお世話になりました!
新年あけましておめでとうございます♪

どうぞよいお年をお迎えください


2016年もあと残すところ4日になりました。

ヴィアックスの受託する図書館では、今日で仕事納めの館もあれば、31日まで開館している図書館もあります。年末ぎりぎりまでお仕事をしてくださっている館のスタッフの皆さま、ありがとうございます。

この一年も国の内外でさまざまなことがありました。世界にはシリアをはじめとして多くの国や地域が戦火の中にあります。また各地でテロ事件もたくさん起きました。国内では、クリスマスを前に新潟県糸魚川市で起きた火災には心を痛めました。

そんな社会の状況の中、日本時間12月28日朝に行われた真珠湾慰霊訪問での安倍首脳の所感表明は、エイブラハム・リンカーンの「誰に対しても、悪意を抱かず、慈悲の心で向き合う」、「永続する平和を、われわれすべてのあいだに打ち立て、大切に守る任務を、やりとげる」という言葉を引用していて、ハッとさせられました。今、この言葉は誰もが噛みしめるべきだと感じます。不安が満ちる時代だからこそ、悪意を抱かず、平和を求める姿勢は、とても大切だと思います。(今年9月の「基本図書を読む㉚は、リンカーンの伝記について扱いました。担当T・I→こちら

 
そのためには、子どもたちに読書の楽しみを伝えていくことが重要になります。「本を読むこと」を通して、子どもたちは自分が思考の中心にいる自己中心性から、他者の存在に気付き、他の人の立場や考えをまるで自分が感じるかのごとく「想像」する力を養っていきます。「読書」を通して、社会性が育ち、成長していくのです。
 
私たちが図書館の児童サービスに関わる意味も、またここにあります。「本を手渡す」ことを通して、私たちの未来である子どもたちを育てているのだと・・・だからこそ、私たちも襟を正して、これからも真剣に「本を手渡すこと」を考えていきたいと思っています。

研修で、児童部会で、そして「本のこまど」を通して、みなさまと学びあえたこの一年を感謝しつつ、今年最後の更新を終えたいと思います。

みなさま、この一年も大変お世話になりありがとうございました。
来る年が、みなさまにとって素晴しい年となりますように、お祈りしています。
 
2016年12月28日  ヴィアックス 図書館事業本部 運営支援部 テクニカルサポート室 
児童担当 K・J  T・ITU700898pm00

 

2016年もよろしくお願いいたします


2016年、新しい年を迎えました。

図書館の児童サービスに必要な情報を、必要としている皆様に迅速にお届けできるように精進してまいります。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2016年1月4日 (株)ヴィアックス 図書館事業本部 テクニカルサポート室 児童サービス担当

 

gf01a201503230200

「本のこまど」についてのページが公開されました♪


「本のこまど」について説明するページが、2015年4月のサイトリニューアル後も「Coming soon!」の状態になっていましたが、本日公開されました。

私たちがどのような思いでこのページを作っているか、みなさんに伝わればいいなと思います。ぜひお読みください♪

なお、一番最後の画像が数秒ごとに切り替わる設定になっています。そこに私たち、このサイトを作っている二人(T・SとK・J)も登場します。探してみてくださいね!

こちら

illust336_thumb

Merry Christmas ✩


christmas.jpg

2014年12月24日 今夜はクリスマスイブです。

日本ではクリスマスの行事は宗教色がほとんどなくなり、主役はサンタクロースときらびやかなクリスマスイルミネーションになって、とても賑やかです。

クリスマスの本来の意味や世界での祝われ方などは、角野栄子さんが世界中を旅して取材した『クリスマス・クリスマス』(たくさんのふしぎ傑作集・福音館書店 1997)に詳しく書かれていておすすめです。

 
キリストの誕生を祝う聖日(聖書にはイエス・キリストの誕生日についてはどこにも記されておらず、ローマ時代の宗教会議において定められました)であるとともに、古代ヨーロッパに伝わる冬至祭り(冬至の日が一番太陽の光が弱まり、翌日から一日一日と陽射しが伸びることから、光の復活として古くから祝われてきた)などの風習が重ね合わせれ、2000年以上の歴史の中で変化してきたのが、今のクリスマスです。

私たち、子どもに本を手渡す仕事をしているものにとって、クリスマスとは何か?と考えるときに、ベースとなるのは「人々の平和を願う」というクリスマスが本来持っている意味にあると思います。
 
今年、私の心に一番深く響いたことばは、最年少でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんの国連演説でのこのことばでした。
「One child, one teacher, one pen and one book can change the world. Education is the only solution. Education First.
1人の子ども、1人の教師、1冊の本、そして1本のペン、それで世界を変えられます。教育こそがただ一つの解決策です。エデュケーション・ファースト(教育を第一に)。」
 
子どもたちにとって、どんな本と出会うか、その先の世界をどのように感じ、前へ進んでいけるか、「本」という存在はとても大きいと思います。
 
本を読むことが好きな子と、そうでない子との差も広がってきているようにも感じます。さて、図書館としては、本が好きな子にこれからも本を手渡してくことはもちろんのこと、本の魅力にまだ気がついてない子どもたち、図書館が「本」という宝物がたくさんつまった場所だと知らない子どもたちに、どのようにアプローチしていくかについても、しっかりと考える日にしたいと思います。(K・J)

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


illust2784_thumb.gif新しい年が明けて1週間。今朝、七草粥をいただいたという人も多いことでしょう。
「ななくさ なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン」

今朝はこのわらべうたを口ずさみながら支度をしました。







「ななくさ なずな」のわらべうたは、福音館書店の『にほんのわらべうた1 うめとさくら」などで紹介されています。

日本の文化を伝えていくことも、私たち図書館で仕事をするものの役目。四季折々の変化に目をとめ、関連する本を子どもたちや、子ども達に関わる方々に紹介して行きましょう。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

TS室  児童サービス担当 K・J  T・S

Merry Christmas✩


クリスマス.jpg
週末は、どこの図書館も「冬のおはなし会」「クリスマスおはなし会」などの行事で忙しかったですね。

今年もあと一週間。体調を崩さないで仕事ができますように♪そして、図書館で一生懸命仕事をしているあなたのところへ、今宵素敵な贈り物が届きますように~


新スタッフが着任しました♪


おはようございます。

梅雨入り宣言の後は、空梅雨で雨が待たれる日々でしたが、いきなり台風の接近。
今週は、図書館の現場でも雨の対策が必要ですね。

じめじめとした日々ですが、色鮮やかな紫陽花にココロ癒されます。大地に恵みをもたらす雨・・・できれば穏やかな雨であってほしいと願います。

さて、本日は新しいTS室児童サービス担当者をご紹介します。学校図書館経験6年、公共図書館での経験1年半の若手スタッフT☆Sさんです。研修講師として一人立ち出来るまでは、私、K☆Jのサポートとして入ります。またK☆Jと共に、ブログの更新などのお手伝いもしていただきます。

手始めに、「8月のおはなし会☆おすすめプラン」の1つを担当していただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

illust522_thumb.gif

新年度の始まりです♪


おはようございます♪

昨日の季節が冬に舞い戻ったかのような天気も一転、春の柔らかい陽射しが降り注ぐ朝です。

今日から新規に受託開始の図書館も多く、緊張の朝を迎えていることと思います。どうぞ肩の力を抜いて、笑顔で応対しましょう。深呼吸して、背中を伸ばすだけでも、見た目が違ってきます♪「おはようございます」「こんにちは」とカウンターやフロアーで声をかけ、利用者目線になって!TS室は現場のスタッフのみなさまを応援しています。

今年度も児童サービスの現場で必要な情報をたくさん発信していきたいと思っております。「こんな情報がほしい」「Q&Aにこんな事例を載せてほしい」などの要望があれば、ぜひTS室へお寄せください。

ohanami.gif


新年あけましておめでとうございます♪


2013年、新しい年が始まりました♪

お正月2日より開館している図書館もあれば、4日が初出勤と言う図書館もあることと思います。

今年も、図書館が子育て中のご家族、赤ちゃんから高校生まで、そしてその子どもたちに関わる地域のおとなの方々にとって、学びと出会いの場所になるように、コミュニティーの中心となり、彼らの居場所を作って行けるよう、サービスに全力を注いでいきましょう。

児童サービスの研修で、繰り返しお話をしていますが、幼少期に図書館が大好きになった子達は、大人になっても図書館のよき理解者、利用者に育っていきます。児童サービス対象である子どもたちはいずれ一般の利用者になっていく、その連続性を考えながら、何を伝えるべきなのか、どのようなサービスをするべきなのかを、共に考えていきたいと思います。

この一年も、研修や児童部会、そしてこの「本のこまど」を通じて、みなさまと共に切磋琢磨してまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

2013年1月2日  ヴィアックス テクニカルサポート室 
児童担当 K・J

20120330-104.gif

今年もお世話になりました♪


2012年もあと残すところ4日になりました。

ヴィアックスの受託する図書館では、今日で仕事納めの館もあれば、31日まで開館している図書館もあります。年末ぎりぎりまでお仕事をしてくださっている館のスタッフの皆さま、ありがとうございます。

3・11から1年9カ月あまり。私たちの生活は一見平穏に戻ったかのように見えます。でも被災地の復興への道のりはまだまだ遠く、平常の生活が取り戻せない方々も多くいます。
2012年を終わるにあたり、そうした人々へ想いを馳せたいと思います。

「本を読むこと」を通して、子どもたちは自分が思考の中心にいる自己中心性から、他者の存在に気付き、他の人の立場や考えをまるで自分が感じるかのごとく「想像」する力を養っていきます。社会性が育つ・・・まさに「読書」を通して、成長していくのです。

私たちが図書館の児童サービスに関わる意味も、またここにあります。「本を手渡す」ことを通して、私たちの未来である子どもたちを育てているのだと・・・だからこそ、私たちも襟を正して、これからも真剣に「本を手渡すこと」を考えていきたいと思っています。

研修で、児童部会で、そして「本のこまど」を通して、みなさまと学びあえたこの1年を感謝しつつ、今年最後のブログの更新を終えたいと思います。

みなさま、この一年も大変お世話になりありがとうございました。
来る年が、みなさまにとって素晴しい年となりますように、お祈りしています。

2012年12月28日  ヴィアックス テクニカルサポート室 
児童担当 K・J

illust3622_thumb.gif

お詫びとお知らせ(追加記事あり)


「12月のおはなし会リスト」が、「1月のおはなし会リスト」と入れ替わっておりました。修正してあります。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
また、10月後半の更新分から、カテゴリ分けが反映されなくなっております。10月半ばまでに更新した記事はカテゴリ検索で探すことができますが、それ以降のものはカテゴリで探せなくなっていました。11月13日午後3時半以降、カテゴリ分け不具合はブラウザをファイアフォックスからグーグルクロームに変更した事で解決しました。

これからも「本のこまど」をよろしくお願いいたします。   K・J

                         3
 

今年もよろしくお願いいたします☆



illust2525_thumb.gif
新しい年を迎えました。昨年は東日本大震災があり、福島第一原発の事故があり(政府は収束宣言をしたものの、実際にはまだまだ本当の収束は見えず)、いろいろなことを考え、行動する日々でした。
新しい年はどのような年になるのでしょうか?私たちは、図書館に勤務するものとして、子ども達に、あるいは子ども達に関わる人たちに、どのような時代であっても、夢と希望を持ち続けて前進できることができるよう本を手渡していくことを地道に、丁寧に心をこめてやっていく以外に、閉塞した時代を切り拓く道はないように思います。

「丁寧に、心をこめて」、テクニカルサポート室の児童サービス担当も、そのことを念頭に置いて、今年の仕事をはじめたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。 K・J

今年もお世話になりました!


東日本大震災、そしてそれによって引き起こされたフクシマ原発事故。この一年は3.11以降、別の世界に変わってしまったかのようです。図書館の現場においても、震災対応について真剣に取り組んだりと、いつか来る「もしも?」ではなく、すぐそこにある「もしも?」を想定して業務をするようになられたと思います。

私たち、とくに児童サービスに携わる者は、こういう時代だからこそ子ども達に本を手渡していきたいと願います。本を読むことは、知識を獲得するだけではなく、自分では経験できない別の人生を本を読むことによって疑似体験できる大切な経験です。本を読むことで、自分とは違う人生、違う国の、違う人種、違う性別、違う時代の生き方を、共有するのです。そのことは、「想像力」を育ててくれます。
自分とは違う人の立場であれば、どう感じ、どう行動するのか・・・「想像力」は、思いやりの心を育てます。

新しい年も、自信を持って子ども達に本を手渡して行きましょう。どうぞよろしくお願いいたします。

fuyu_005l.gif
なお、12月中にUPする予定でした「国語の教科書に掲載されている絵本・児童文学リスト」は、もうしばらくお待ちください。(ノートPCからデータを移行する時に、大半が消えてしまい、再度入力中です。)





トップページに戻る