本に関する情報

訃報 パット・ハッチンス
おすすめ幼年童話8『宇宙からきたかんづめ』佐藤さとる
2017年9月、10月の新刊から
訃報 毛利子来さん
おすすめ幼年童話7『ちびねこグルのぼうけん』アン・ピートリ
2017年8月、9月の新刊から
おすすめ幼年童話6『プレゼントはお・ば・け』西内ミナミ
訃報 わかやまけんさん
2017年6月、7月の新刊より
おすすめ幼年童話5『スプーン王子のぼうけん』竹下文子
訃報 おかべりかさん
訃報 日野原重明さん
『物語の森へ 児童図書館基本蔵書目録2』への想いを聞いてきました!
おすすめ幼年童話4『ちびっこタグボート』ハーディー・グラマトキー
2017年5月、6月の新刊より(その2)

訃報 パット・ハッチンス


『ロージーのおさんぽ』(わたなべしげお/訳 偕成社 1975)、『おやすみみみずく』(わたなべしげお/訳 偕成社 1977)、『ぶかぶかティッチ』(いしいももこ/訳 福音館書店 1984)や『おまたせクッキー』(乾侑美子/訳 偕成社 1987)など、子どもたちが大好きな作品があるイギリスの絵本作家パット・ハッチンス女史が11月7日にロンドンのご自宅で亡くなったというニュースが入ってきました。(→Publishers Weekly)85歳でした。

1942年生まれのパットは、イギリスはヨークシャーに生まれました。1968年に『ロージーのおさんぽ』でデビュー、1974年には『風がふいたら』(田村隆一/訳 評論社 1981 *現在絶版*)でケイト・グリーナウェイ賞を受賞しました。

パット・ハッチンスの作る絵本は、様式化された明るい色彩の絵、繰り返しのあるリズミカルな文章で、子どもたちが日常の暮らしの中で出合うユーモラスな展開が特徴的です。それは時代の変化に流されない普遍的なユーモアで、今の子どもたちでも十分に楽しむことができます。ぜひ紹介してあげましょう。

『ロージーのお散歩』パット・ハッチンス/作 わたなべしげお/訳 偕成社 1975

ロージーのおさんぽ (ハッチンスの絵本)
パット=ハッチンス
偕成社
1975-08-01

 

『おやすみみみずく』パット・ハッチンス/作 わたなべしげお/訳 偕成社 1977

おやすみ みみずく (ハッチンスの絵本)
パット=ハッチンス
偕成社
1977-07-01
 
 
 
 
『ぶかぶかティッチ』パット・ハッチンス/作 いしいももこ/訳 福音館書店 1984) 

 

 

 

『おまたせクッキー』パット・ハッチンス/作 乾侑美子/訳 偕成社 1987

おまたせクッキー
パット ハッチンス
偕成社
1987-09-01
 
 

『ピクニックにいこう!』パット・ハッチンス/作 たなかあきこ/訳 徳間書店 2003
ピクニックにいこう!
パット ハッチンス
徳間書店
2003-04


(作成K・J)

おすすめ幼年童話8『宇宙からきたかんづめ』佐藤さとる


連載第8回は『宇宙からきたかんづめ』(佐藤さとる/作 岡本順/絵 ゴブリン書房 2011)です。

宇宙からきたかんづめ
佐藤 さとる
ゴブリン書房
2011-11

 

 

 

物語は、ぼくがスーパーマーケットで不思議なかんづめと出会うシーンからはじまります。いちごのジャムを買ってくるようにとたのまれて行ったのに、ぼくが手にしたのは、なんと、おしゃべりをする宇宙から来たかんづめだったのです!

 お金を払って、不思議なかんづめを家に持ち帰り、缶切りのついたナイフで空けてみようとしたそのとき、「やめろ!」頭の中に声が響きました。「いったいだれなんだ」と問うと、かんづめはしばらくだまっていましたが、「宇宙のはてからきたんだ。地球がどういう星か、調べているだけだ」と答えてくれました。

そこから、遠い宇宙からきた不思議なかんづめとぼくとの生活がはじまります。

 ぼくは、「タイムマシンは、本当にできるものですか?」「宇宙のはしへいったら、どうなりますか?」など、不思議に思ったことをかんづめに聞くと、そのたびに面白い話を聞かせてくれるのです。そんなかんづめが語る話が5話、収録されています。(①タイムマシンは川に落ちた、②タツオの戸だな、③いなくなったどろぼう、④おしゃべりなカビ、⑤とんがりぼうしの高い塔)

 かんづめに聞いた話③「いなくなったどろぼう」の中に、光を当てると物が小さくなる懐中電灯が登場します。あれ?どこかで見たことがあると思ったら、ドラえもんに出てくるスモールライトそっくりです。実はこの作品が最初に出版されたのは1967年で、「ドラえもん」が小学館の学習雑誌に連載されるようになったのは1969年なので、ドラえもんより先なのです。出版されてから半世紀、おもしろいお話は、何年たっても色褪せることはありませんね。ファンタジー文学の第一人者「コロボックルシリーズ」の佐藤さとるが描く少し不思議なSFストーリーです。漢字にはふりがなもふってあり、お話の展開にスピード感があるので、小学校低学年の子どもたちから読むことができるでしょう。

 (作成29年度児童部会部員 M・N)

 

第1回『おはようスーちゃん』→こちら
第2回『じゃんけんの好きな女の子』→こちら
第3回『こぶたのレーズン』→こちら
第4回『ちびっこタグボート』→こちら
第5回『スプーン王子のぼうけん』→こちら
第6回『プレゼントはお・ば・け』→こちら
7回『ちびねこグルのぼうけん』→こちら 

2017年9月、10月の新刊から


2017年9月、10月に出版された児童サービス向け出版物(絵本、児童書、ノンフィクション、YA向け、教育者・研究者向けなど)の中から、おすすめの本を紹介します。(一部、見逃していた6月、8月に出版された本もあり)

また、ここに紹介している本は、実際に手にして読み終えた中から選んでいます。すべての新刊本を購入して読むことはできませんが、教文館ナルニア国の新刊本コーナー、クレヨンハウス新刊本コーナー、代官山蔦屋書店児童書部門、横浜日吉にあるともだち書店などにある本から選書し、購入し、読んで記事にしています。


 (なお、画像はブログ用Amazonアフィリエイトを使用しています。書誌事項は奥付の出版年月日にしており、Amazon入荷日とちがって表示されることがあります。ご了承ください。)

***********************************

絵本】

 『はくぶつかんのよる』イザベル・シムレール/文 石津ちひろ/訳 岩波書店 2017/6/27

はくぶつかんのよる
イザベル・シムレール
岩波書店
2017-06-28

 昨年出版されその美しさで話題を呼んだあおのじかんのイザベル・シムレールの描く夜の博物館です。何も動かずひっそりとした展示室の一角、蝶の標本箱から黄色い一匹の蝶が優雅に飛び立ちます。その翅のはばたきに誘われるかのように博物館の中がにわかに賑やかになるのです。どんな賑わいだったのかは、ぜひ本を手にしてお楽しみください。幻想的で美しい世界が広がっています。

 

『エンリケタ、えほんをつくる』リニエルス/作 宇野和美/訳 ほるぷ出版 2017/8/25

エンリケタ、えほんをつくる
リカルド・シリ=リニエルス
ほるぷ出版
2017-08-25

ママに色鉛筆をプレゼントしてもらったエンリケタ。それで絵本を創ろうと、描き始めます。題して「3つあたまと2つのぼうしのモンスター」。夜になるとクローゼットの中から変な物音がしてくるという設定です。さて、どんなお話をエンリケタは描くのでしょう。アルゼンチンで国民的人気を誇る漫画家リニエルスの作品を、宇野和美さんが翻訳されました。これが日本での初翻訳本だそうです。表紙見返しの部分でエンリケタが、飼い猫に「ほんはもちはこべるうちゅうだね」と語っている部分もとても気に入りました。

『カランポーのオオカミ王』ウィリアム・グリル/作 千葉茂樹/訳 岩波書店 2017/9/7

カランポーのオオカミ王
ウィリアム・グリル
岩波書店
2017-10-19

昨年秋に南極探検に出かけたエンデュアランス号の漂流を題材してシャクルトンの大漂流がデビュー作だったウィリアム・グリル。そのデビュー作でケイト・グリーナウェイ賞を最年少で受賞しました。そのグリルの2作目は「シートン動物記」の中でも、多くの子どもたちの心をつかむ「オオカミ王ロボ」を絵本にした『カランポーのオオカミ王』です。この作品ではボローニャ・ラガッツィ賞(ノンフィクション部門)の最優秀賞を受賞しています。こちらでも色鉛筆で描く細かい描写がとても美しく、西部開拓時代のシートンとロボとの駆け引き、そしてロボと出会ったことでシートンが動物保護へと考え方を変えていく様が丁寧に描かれています。

『さるとかに』神沢利子/文 赤羽末吉/絵 BL出版 2017/10/1

さるとかに
神沢利子
ビーエル出版
2017-10-01

1974年に銀河社から出版されていた神沢利子と赤羽末吉による『さるとかに』がこのほどBL出版より復刊されました。この昔話を絵本にしたものでは、岩波書店から出版されて読み継がれているかにむかし(木下順二/文 清水崑/絵 岩波書店 1976)が有名ですが、こちらの絵本もまた味わい深いです。赤羽末吉のダイナミックな筆致で描かれた木の上から青柿を投げるさるや、火の玉のように熱くなった栗が顔に当たってびっくりするさるの表情が素晴らしいです。

 

『インドの昔話 あおいジャッカル』マーシャ・ブラウン/作 こみやゆう/訳 瑞雲舎 2017/10/1

あおいジャッカル
マーシャ・ブラウン
瑞雲舎
2017-10-01

 1979年に瀬田貞二の訳で佑学社から出版されていたあおいやまいぬ(のちに1995年に瑞雲舎より復刊)を、こみやゆうさんが新たに翻訳しなおし、再度瑞雲舎から出版されました。タイトルも原題の「The Blue Jackal」に合わせて『あおいジャッカル』となりました。紙の色が白から薄いベージュ色になり、マーシャ・ブラウンの版画絵が色合いも鮮やかに蘇っています。より原書の初版の色に近づいたということです。また、瀬田貞二版では「ですます調」だった訳が「である調」になっており、一層力強い印象があります。もとのお話は、世界最古の寓話集と言われるインドの「パンチャタントラ」で、その中の一話をマーシャ・ブラウンが再話して絵本にしたのです。こみやゆうさんはマーシャ・ブラウンをアメリカ、ロサンゼルス郊外へ訪ねており、その際に「やまいぬ」を「ジャッカル」と改めることを約束されていたそうです。また、瀬田版では、最後のページもお話の続きとして翻訳されていましたが、これは本文とは別の「パンチャタントラ」の各話についている格言ということで、フォントを変えて格言とわかるような表現になっています。図書館で『あおいやまいぬ』と並べて展示をしてみても面白いですね。

 

『わたしたちのたねまきーたねをめぐる いのちたちのおはなしー』キャスリン・O・ガルブレイス/作 ウェンディ・アンダスン・ハルパリン/絵 梨木香歩/訳 のら書店 2017/10/10

わたしたちのたねまき: たねをめぐるいのちたちのおはなし
キャスリン・O. ガルブレイス
のら書店
2017-10-05

庭に母子が野菜の種を蒔いているシーンから絵本は始まります。しかし、太古の昔から植物は人の手を借りなくても、命をつないでいたのです。風や鳥、太陽の光によって自ら弾けることによって、あるいは雨に流されたり、動物の身体にくっついて遠くへ運ばれたりしながら、次の世代へと命を引き継いできたことが、柔らかいタッチの絵でわかりやすく描かれています。親子で読みながら、命のつながりを一緒に考えられたら素敵ですね。


『ざしき童子のはなし』宮沢賢治/作 岡田千晶/絵 三起商行 2017/10/17

ミキハウスから出版されている宮沢賢治の絵本シリーズの29冊目です。今回絵を描いたのは『ぬいぐるみおとまりかい』(風木一人/作 岩崎書店 2014)や『あかり』(林木林/作 光村教育図書 2014)などを描いている岡田千晶さんです。柔らかいタッチの色鉛筆画で、賢治が語るざしき童子の不思議な雰囲気を余すことなく表現しています。絵本の中から子どもたちのさんざめく声が聞こえてきそうです。

 

『りんごとけんだま』鈴木康広/作 ブロンズ新社 2017/10/25

りんごとけんだま
鈴木康広
ブロンズ新社
2017-10-19

アーティストとして先端技術と融合させたさせた作品などのある鈴木康広さんの2作目の絵本。普段何気なく見ているものが視点を変えることで、別の意味をもったものに見えてくるという鈴木さんのお話はとても面白いので、ぜひ名前をクリックして公式サイトに行ってみてください。鈴木さんは14歳の時にけん玉の「灯台」という技をクラスで一番に完成させて以来、けん玉はもはや自分の分身なんだそうです。りんごのけん玉(玉の部分がりんご型)を24歳の時に制作し、地球の引力と自分をつなぐ道具としてのけん玉を通してニュートンに想いを馳せたそうです。それが今回絵本という形となりました。代官山蔦屋書店児童書部門では11月4日に鈴木康広さんと東京大学先端科学技術研究センター中邑賢龍教授とのトークショーも行われます。(→こちら

『ル・コルビュジエ 建築家の仕事』フランシーヌ・ブッシェ、ミッシェル・コーアン/作 ミッシェル・ラビ/絵 小野塚昭三郎/訳 現代企画室 2017/10/31

ル・コルビュジエ: 建築家の仕事 (末盛千枝子ブックス)
フランシーヌ ブッシェ
現代企画室
2017-10-16

1987年にスイスで出版された「CORBU COMME LE CORBUSIER」が、1999年にすえもりブックスから翻訳されて出版されましたが、しばらく絶版となっていました。2017年に原書の出版30周年を記念してスイスで新装版が出版されたのを機に、日本語版も復刊されました。本の装丁もとても斬新で美しいものとなっています。「あとがき」に建築家の原広司さんが書かれたル・コルビュジエが考えた家や都市への考え方の解説を読むと、彼の遺したものがいかに大きなものであったかがよくわかります。この絵本に出会った子どもたちの中から、都市をデザインできる第2のル・コルビュジエが誕生するといいなと思います。

【児童書】

『クリスマスがちかづくと』斉藤倫/作 くりはらたかし/絵 福音館書店 2017/10/5

『どろぼうのどろぼん』(福音館書店 2014)で児童書デビューした斉藤倫さんの最新作です。セロは10歳の男の子。クリスマスが近づくと街は賑やかになるのに、セロは気持ちが晴れません。それは両親がともにその時期は忙しく、かまってくれないからです。「クリスマスなんてだいきらい」とセロは思っていました。ところが、実はおとうさんがサンタクロースなので、クリスマスはとても忙しいということを知ります。半信半疑のセロですが、ある真夜中、サンタクロースとして準備をしているおとうさんをみつけます。セロは自分がクリスマスにどれだけ寂しい想いをしていたかを訴えます。それを聞いたおとうさんの答えは意外なものでした。小さな子どもの思いに寄り添う、とても素敵なお話です。小学校中学年くらいからおすすめです。

 

『命の水 チェコの民話集』カレル・ヤロミール・エルベン/編 出久根育/絵 阿部賢一/訳 西村書店 2017/10/5

「チェコのグリム」と呼ばれたカレル・ヤロミール・エルベン(1811~1870)の生誕200周年を記念して刊行されたアンソロジーを全訳した民話集です。グリム兄弟より約四半世紀後に生まれたエルベンですが、グリム兄弟がドイツでしたのと同じように、19世紀のボヘミア地方(現在のチェコ共和国)に伝わるチェコ語の民話や民謡を収集し、まとめました。20ほどの民話や詩、童謡などが収められています。この民話集の絵はチェコの首都プラハ在住の出久根育さんが手がけられました。テンペラ画の技法で描かれた絵はどれも美しく、物語の世界へ誘ってくれます。グリム童話とよく似たお話もいくつかあります。ヨーロッパ大陸の中で民族が移動しながら、庶民が口伝えで語り継いできたのだなと改めて思いました。

 

『ごはんはおいしい』ぱく きょんみ/文 鈴木理策/写真 福音館書店 2017/10/15

ごはんは おいしい (日本傑作絵本シリーズ)
ぱく きょんみ
福音館書店
2017-10-11

「ごはんは おいしい ごはんは あったかい」で始まる、写真絵本です。78ページあるので、児童書として紹介します。詩人のぱくさんが、おばあちゃんが孫によびかけるような優しいことばで、ごはんの一粒は、稲の実一粒。それを春にたんぼに植えて、稲穂が実り、刈入れをし、お米を炊いてほかほかのごはんになるまでを語りかけます。鈴木さんの写真のアングルも、科学絵本とは違って、とても美しく、こうした水田のある日本に生まれて良かったなと感じます。読むと4分半。収穫感謝のおはなし会などで読んであげると良いでしょう。

 

【その他】

『子どもはハテナでぐんぐん育つ―図書館で調べ学習をやってみよう!―指導法と実践例』調べ学習研究会「調之森」/編著 しまだいさお/イラスト 岩崎書店 2017/10/31

 小学生(低学年~高学年)から中学生、高校生、そして生涯学習としての大人の調べ学習まで、発達に応じて年齢別に、理系分野から社会科分野、国語分野まで、幅広い実践例を通して、調べ学習の進め方、指導法をわかりやすく伝えてくれる1冊です。編著者は、1999年に発足した研究会「調之森」です。メンバーは小・中・高の教師、学校図書館司書、公共図書館司書、ボランティア、地域の教育機関の主事、公益財団法人図書館振興財団調べる学習コンクール関係者、大学の非常勤講師などで構成されています。調べ学習を牽引してこられた蔵元和子さんや片岡則夫さんの名前もありました。巻末付録として、コピーして使える「ドーナツチャート」と「記録カード」が付いているのが嬉しいです。

(作成k・J)

 

訃報 毛利子来さん


たぬき先生で親しまれた小児科医の毛利子来さんが10月26日に亡くなられました。87歳でした。(ヤフーニュース記事→こちら

私が子育てをしている頃(30年近く前ですが)、『赤ちゃんのいる暮し』(筑摩書房 1983)、『幼い子のいる暮し』(筑摩書房 1984)の2冊には大変お世話になりました。30年以上経ち、子育ての常識も今は変化していると思いますが、子どもの側に立った目線で子育てを考えることが出来た本でした。

また、2度ほど講演会でお話を伺いました。「育児の考え方は時代により、また親たちが育った環境でも、それぞれに違いがある。子どももそれぞれ違った個性を持っている。それぞれの個性に合わせて試行錯誤しながらやっていくのがいい。正解はないので、マニュアルに捉われないことが大事」、「孤独な子育てで追い込まれていく母親を地域でサポートすることの大切さ」、「身体が発する自然な反応をよくみて病気に対応することの大切さ」などを、実例とともに楽しくお話してくださいました。

毛利先生は、小児科医という立場から病気に関する科学絵本も執筆されています。どれも、子ども自身が自分の身体に起こる変化(病気)がなぜなのかを理解して、それを予防するにはどうしたらよいか、わかりやすく伝えてくれています。

『ねびえ』毛利子来/作 堀内誠一/絵 かがくのとも 福音館書店 1982
現在こちらは絶版になっています。図書館では所蔵している館も多いと思います。(→国立国会図書館サーチ こちら


『ゲーとピー たぬきせんせいのびょうきのほん』毛利子来/作 なかのひろたか/絵 福音館書店 1998

ゲーとピー (かがくのとも絵本)
毛利 子来
福音館書店
1998-11-10

 

 

『カユイ カユイ たぬきせんせいのびょうきのほん』毛利子来/作  なかのひろたか/絵 福音館書店 1998

カユイ カユイ (かがくのとも絵本)
毛利 子来
福音館書店
1998-11-20

 

 

また、雑誌ちいさい おおきい よわい つよい(ジャパンマシニスト社 1993年創刊)の編集者としても、長く活躍されました。大きいこと、強いことが良いとされる中で、小さくても、弱くても自分らしく生きていくことの大切さをこの雑誌では伝えてくださいました。

心より哀悼の意をお捧げします。

(作成K・J)

 

おすすめ幼年童話7『ちびねこグルのぼうけん』アン・ピートリ


連載第7回は『ちびねこグルのぼうけん』(アン・ピートリ/作 古川博已・黒沢優子/訳 大社玲子/絵 福音館書店 2003)です。

 

 

 

主人公は、灰色の毛並みで、グルルル、グルルルとのどを鳴らすことから、グルと呼ばれるようになった子ねこです。しっぽが短くて、そして気までも短い主人公のグルは、お母さんや兄弟といっしょに納屋に住んでいましたが、ある日家族のもとから離れて、ドラッグストアを経営する人間のおじさんの家にもらわれて行きます。

最初は、話し相手も遊ぶ相手もいないグルでしたが、隣の家に住む男の子ピーターや、金色のステッキをもって毎朝散歩するおじいさんのスミスさんなどネコのことばがわかる人たちと友達になり、世界が広がり始めます。

グルにとっては、毎日の出来事が冒険そのもの。短気で怒りっぽいグルが起こす事件に、子どもたちは驚いたり、または応援したりしながら、お話の中にいつしか引き込まれていることでしょう。もといた納屋に連れ戻されちゃう? やんちゃなグルが巻き起こす冒険の展開に、ハラハラドキドキしながらも読み終わった後には、幸せな安心感で胸が満たされます。

作者のアン・ピートリは、アメリカの黒人作家です。1946年に黒人母子家庭の悲劇を描いた『街路』で、ホートン・ミフリン文学賞(*)を受けました。1949年に出版されたこの作品は、子ども向けに初めて書いたお話です。物語が何より好きな姪に読んでもらいたいと書いたそうです。

絵は『おはなしのろうそく』などの挿し絵で有名な大社玲子さん。優しいタッチの挿し絵が、幼い読み手の想像力をより豊かなものにしてくれます。やさしく、読みやすい文章なので、小学校低学年の子どもたちが楽しんで読める一冊です。

学校図書館で、表紙を見せてディスプレイしていたら、小学2年生の女の子が手に取ってくれて、すぐに借りていってくれました。表紙の絵の持つ魅力の大きさを感じた瞬間でもありました。愛らしいグルと一緒に、冒険の世界を楽しんでほしいと思います。

 (* アメリカの出版社が主催する文学賞)

(作成29年度児童部会部員H・Y)

 

第1回『おはようスーちゃん』→こちら
第2回『じゃんけんの好きな女の子』→こちら
第3回『こぶたのレーズン』→こちら
第4回『ちびっこタグボート』→こちら
第5回『スプーン王子のぼうけん』→こちら
第6回『プレゼントはお・ば・け』→こちら

 

2017年8月、9月の新刊から


2017年8月、9月に出版された児童サービス向け出版物(絵本、児童書、ノンフィクション、YA向け、教育者・研究者向けなど)の中から、おすすめの本を紹介します。(一部7月出版の本もあり)

また、ここに紹介している本は、実際に手にして読み終えた中から選んでいます。すべての新刊本を購入して読むことはできませんが、教文館ナルニア国の新刊本コーナー、クレヨンハウス新刊本コーナー、横浜日吉にあるともだち書店などにある本から選書し、購入し、読んで記事にしています。


 (なお、画像はブログ用Amazonアフィリエイトを使用しています。書誌事項は奥付の出版年月日にしており、Amazon入荷日とちがって表示されることがあります。ご了承ください。)

*****************************

【絵本】

『うたのえほん 1ぽんでもにんじん』長野ヒデ子/構成・絵 のら書店 2017/7

前田利博/作詞、佐瀬寿一/作曲の童謡「いっぽんでもニンジン」が、長野ヒデ子さんの楽しい絵で絵本になりました。絵本を読みながら歌いたくなります。歌詞カードが付録で付いています。図書館で装備する時に、後ろ見返しに紛失しないように固定できるといいでしょう。

 

『マスターさんとどうぶつえん』アーノルド・ローベル/作 こみやゆう/訳 好学社 2017/8/26

マスターさんとどうぶつえん
アーノルド ローベル
好学社
2017-09-11

 岩波子どもの本どうぶつえんのピクニック(舟崎克彦/訳 岩波書店 1978)の前に描かれた絵本がこちらです。どうしてマスターさんがどうぶつえんの飼育係になったのか、『マスターさんとどうぶつえん』を読むとわかります。こんなにどうぶつたちに愛されるマスターさんは、子どもたちにも受け入れられることでしょう。2冊いっしょに展示してあげるといいですね。


『なきたろう』松野正子/作・絵 赤羽末吉/絵 復刊ドットコム 2017/8/24

なきたろう
松野 正子
復刊ドットコム
2017-08-30

 1974年に文研出版から出ていた絵本が復刊されました。松野正子さんの民話風の創作に赤羽末吉さんが絵をつけたものです。泣いて泣いて泣いて、なきたろうのその泣き声は村中に迷惑をかけてしまいます。そこで山へ修行に出かけることになるのです。なきたろうは、ある時ぐっと泣くのを我慢する出来事に出会います。それを乗り越えようと成長していく姿がとても頼もしいです。

 

『きみはライオン たのしいヨガのポーズ』ユ・テウン/作・絵 竹下文子/訳 偕成社 2017/9

きみは ライオン!
ユ・テウン
偕成社
2017-08-24

韓国出身でアメリカでイラストレーターとして確約するユ・テウンさんの新作です。子どもたちが金色の朝陽を浴びながら、庭に集まってきました。朝のヨガの時間です。「きちんとすわって りょうてをひざに おおきくくちをあけ したをだす!」、するとそれはライオンのポーズ。ほかにもちょうちょや、いぬ、へび、かえるなど様々な動物に変身です。「みんなおはよう きょうもいいひになりますように」朝の時間に読んであげたい1冊です。

『いっぽんのせんとマヌエル』マリア・ホセ・フェラーダ/作 パトリシオ・メナ/絵 星野由美/訳 偕成社 2017/9

いっぽんのせんとマヌエル
マリア・ホセ・フェラーダ
偕成社
2017-08-29

著者のマリアさんが、線の好きな自閉症の男の子と出会ったことで生まれた絵本です。自閉症の子どもたちは、世の中のことを認識するのに、それぞれの子どもたち特有のやり方があります。マヌエルくんは線が好きで、目に見えるものから線を探して、それで身の回りのことを認識しているのです。また、この絵本にはピクトグラム(絵文字)も付いています。障害のある子どもたちに読んであげるときに、子どもたちがおはなしを理解する助けになることでしょう。9月上旬には作者が来日し、トークショーも行われました。


『こどもってね・・・・・』ベアトリーチェ・アレマーニャ/作 みやがわえりこ/訳 きじとら出版 2017/9/25

こどもってね……
ベアトリーチェ・アレマーニャ
きじとら出版
2017-09-05

いたばし国際絵本翻訳大賞〈イタリア語部門〉受賞作品です。アレマーニャはイタリア・アンデルセン賞最優秀画家賞などを受賞しており、この作品は10か国以上で翻訳されています。この絵本に登場するひとりひとりの子どもたちの表情も豊かで素敵です。子ども時代は、おとなに見守られて子どもらしく生活できる保障がどの子にも平等に与えられるようにと願います。どんな国に生まれようとも、どんな家庭に生まれようとも、その子が成長する可能性は同じように大切です。子ども時代って、いつか終わってしまうけれど、子ども時代の輝きが未来への希望へとつながるからです。そんなことを想いながら読みました。

 

【児童書】

『メリーメリーへんしんする』ジョーン・G・ロビンソン/作・絵 小宮由/訳 岩波書店 2017/9/14

メリーメリー へんしんする
ジョーン・G.ロビンソン
岩波書店
2017-09-15
 
メリーメリーおとまりにでかける(2017/3刊)、メリーメリーのびっくりプレゼント(2017/6刊)に続く「メリーメリーシリーズ」全3冊が、これですべて揃いました。メリーメリーは5人兄姉の末っ子です。お兄ちゃん、お姉ちゃんたちはメリーメリーのことをまだ何もできない半人前だと思っていて、時には邪魔もの扱いをします。でもメリーメリーはそんなことにはめげません。そして周りがアッというようなことをやって、逆にお兄ちゃん、お姉ちゃんたちの鼻を明かすこともたびたびなのです。そんな楽しいエピソードのつまったお話が5つ、入っています。自分で読むなら小学校中学年くらい向けですが、これは小さな子どもたちに読んであげてほしいなと思います。
 

 『アイスクリームが溶けてしまう前に 家族のハロウィーンのための連作)』 小澤健二と日米恐怖学会 福音館書店 2017/0/10

 日本でもここ10年くらいの間に若い人たちの間で浸透してきたハロウィーンですが、アメリカでは家族ぐるみで楽しむもの。10月に入ると町のあちこちにジャック・オー・ランタンのためのおおきなカボチャの市がたったり、家をおどろおどろしく飾り立てたりします。この本の作者は昔話研究者の小澤俊夫さんの息子さんで、アメリカ在住のミュージシャンオザケンです。もともとはケルト民族のお祭りが、アメリカで今のような形になっていた理由や、アメリカにいる家族がどんな風に楽しんでいるか、子どもたちにわかりやすく、面白く伝えてくれています。なぜハロウィーンなのに題名が『アイスクリームが溶けてしまう前に』となっているのも気になりますね。その意味がわかると、余計に親子で楽しむハロウィーンが魅力的にみえてきます。ぜひ多くの人に読んでほしい1冊です。こちらのサイトもぜひどうぞ→福音館書店「アイスクリームが溶けてしまう前に」特設サイト

 

 
【詩歌】

 『ポケットのはらうた』工藤直子/詩 保手浜孝/画 2017/5/5

ポケットのはらうた
くどうなおこ
童話屋
2017-05-26

 今年5月に出版されていたのに見落としていました。現在教文館ナルニア国ナルニアホールにて”のはらうた”完結記念 わーいはなまるにじゅうまる「ポケットのはらうた原画展が開催されています。(2017/9/1~10/17)『のはらうた1』が出版されて今年で33年。多くの人が子ども時代に親しんだ詩がたくさんあるでしょう。「のはらうた」シリーズの最終巻になる『ポケットのはらうた』は、これまでの作品の350篇の中から選りすぐりの26篇を保手浜さんの版画/画と共にまとめたものです。永久保存版として手元に置いておきたい1冊です。

 【研究書】 

 『ヨーロッパの昔話ーその形と本質』マックス・リュティ/著 小澤俊夫/訳 岩波文庫 岩波書店 2017/8/18

ヨーロッパの昔話――その形と本質 (岩波文庫)
マックス・リュティ
岩波書店
2017-08-19

昔話を学術的に研究し、学問体系にしたマックス・リュティの『ヨーロッパの昔話』が岩波文庫として再版されました。これまで昔話について学ぼうとすると図書館の閉架書庫から1969年に岩崎美術社から出版された『ヨーロッパの昔話ーその形式と本質』(小澤訳)を借りて紐解くしかありませんでした。この度文庫化するにあたり翻訳者の小澤俊夫さんが、読みやすさに考慮して改行を加えたりと手を入れています。昔話について学ぶ人は、一度は読んでおくとよい本です。小澤さんはドイツ語を学ぶ中でグリム童話に魅せられメルヒェン(昔話)の研究を始められます。その研究の中で出会ったのが昔話の口承文芸論をまとめたリュティでした。出会った当時、リュティは高校の国語教師だったそうですが、その研究の功績が認められて、その後チューリヒ大学の民俗学の教授になったということも小澤さんが語っています。(→こちら 小澤俊夫昔話へのご招待ポッドキャスト=提供絵本の店あっぷっぷ)小澤さんの「昔ばなし大学」のサイトは→こちら
 

【その他】

『森のノート』酒井駒子/作 筑摩書房 2017/9/10

森のノート (単行本)
酒井 駒子
筑摩書房
2017-09-04
 
 東京と森の中にある家を行ったり来たりしているという絵本作家、酒井駒子さんの画文集です。森の中で過ごす日々で見つけた小さな発見を、それはたとえば高原に立ち込める霧だったり、森に響くキツツキの木をつつく音だったりするのですが、見開きページに400字弱の短い文章で綴り、その小文にひとつづつ子どもや小動物の絵が並べられています。その静かな、それでいて確かな森の息遣いを感じる文章と、静謐でいて温かさを感じる絵は、忙しく時間に追われている日々に差し出されるご褒美のように受け取りました。(担当編集者のことば→こちら「ほんのひきだし
 

『はじまりは愛着から 人を信じ、自分を信じる子どもに』佐々木正美 福音館書店  2017/9/10

はじまりは愛着から 人を信じ、自分を信じる子どもに (福音館の単行本)
佐々木 正美
福音館書店
2017-09-06
 
 雑誌「暮しの手帖」2010年2・3月号から2015年6・7月号に連載された児童精神科医佐々木正美さんの「母子の手帖」の原稿をあらたに編集しなおして1冊にまとめたものです。今年の6月に亡くなられた佐々木正美さんの遺作となりました。「あとがき」には「世の中のすべての子どもたちが、お母さん、お父さん、そして周囲の人々から愛され、人間関係に恵まれた人生を送れるよう、願ってやみません。」と記されています。(2017年4月吉日と日付があります)子どもたちが健全に育っていくために必要なこと、それは愛されているという実感なのだと、佐々木さんは一貫しておっしゃってきました。その一方で子育てにあたる親たちは、たくさんの情報があふれる中でさまざまなプレッシャーを感じていて、単純に我が子をそのまま受け入れて愛するということが難しくなっている現実があります。この本では、そんな親たちにも「大丈夫だよ」と救いの手を差しのべてくださっているように感じます。これから子育てをする若い人にも、子育てで苦労したと思う人にも、寄り添ってくれる1冊です。
 
(作成K・J)
 

おすすめ幼年童話6『プレゼントはお・ば・け』西内ミナミ


連載第6回は『プレゼントはお・ば・け』(西内ミナミ/作 西川おさむ/絵 フレーベル館 2010 新装版)です。

プレゼントはお・ば・け
西内 ミナミ
フレーベル館
2010-08-01

 

 

タイトルを見ると「えっ。なんだ?」と気になってしまうこの本。好奇心旺盛な子は、「おばけがプレゼントなんてほんと? 見てみたい!」、怖がりな子は、「こわいよ!そんなプレゼント欲しくない。」と思うかもしれません。どちらにせよ、思わず手に取って読みたくなってしまいます。

リュウはもうすぐ7歳。ひとりっ子の弱虫な男の子です。口では、すごく勇ましいことを言いますが、サッカーのボールが飛んでくると、思わず目をつぶってしまうし、夜に1人でトイレに行くこともできません。でも、「おばけだってこわくないもん。」と強がりばかり言っています。しまいには「ぼくはへいきだよ。ねえ、おかあさん、ためしにおばけをうちにつれてきてごらん。」と言い放つのです。おかあさんはにやっと笑って、リュウの誕生日に、おばけをプレゼントに連れてくると言いました。本当は、おばけがこわくてしかたないリュウは、気が気ではありません。

誕生日当日、お母さんはリュウがこわくないと言ったオバケたちを、工夫をこらして用意しました。ひとつ目こぞうのおばけは、ぬい針といったぐあいです。お父さんも最後にとっておきのおばけをつれてきてくれますが、こちらもユーモアたっぷりです。

強がりを言ってしまう息子を、楽しく愛情豊かに優しく見守る両親の姿は読んでいて安心します。怖いものにドキドキしながらも向き合おうとするリュウに幼い読者たちは、自分を重ね一体感を感じるでしょう。大人も、読むと思わずにっこりしてしまいます。「うちの子は弱虫で心配だ」なんていうお父さんとお母さんも、このお話を読むと、こんな返し方もあったのね!と楽しくなります。

親子で一緒に読んでほしい作品ですが、文章はやさしく、文字も大きく、ページ毎に挿絵があるので1人で本を読み始めた子どもにも、ぴったりの物語です。 

作者の西内ミナミさんは、広告会社にコピーライターとして勤務後、児童文学の創作に専念され地域で子どもの読書推進運動にも関わっていらっしゃいます。絵本『ぐるんぱのようちえん』(福音館書店)など多くの作品が子どもたちに親しまれています。 

(作成29年度児童部会部員M・G)

訃報 わかやまけんさん


こぐま社の「こぐまちゃん」シリーズが子どもたちに人気の絵本作家、わかやまけんさんが2年前に85歳で亡くなられていたことが、今日付で発表されました。(→毎日新聞記事はこちら

『しろくまちゃんのホットケーキ』出版40周年記念の際に、こぐま社の佐藤英和さんが「こぐまちゃん」シリーズについて絵本ナビのインタビューに答えていらっしゃいます。(絵本ナビの記事→こちら

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)
わかやま けん
こぐま社
1972-10-15
 
 
 
こぐま社を創立した佐藤さんが、子どもたちが初めて出会うにふさわしい絵本をと、画家のわかやまけんさん、歌人で小学校の先生だった森比左志さん、児童演劇作家の和田義臣さんの4人で、「こぐまちゃん」シリーズを生み出したのだそうです。子どもたちの日常生活からひろったテーマの絵本は、長く読み継がれています。
 
わかやまけんさんは、このシリーズ以外にも絵本を描かれました。また高田馬場にある児童教育専門学校にあった絵本作家や児童文学作家を養成する児童文化専門課程で教鞭も取られていました。(現在、この課程はなくなっています)
『絵本の見かた・創りかた』若山憲 すばる書房盛光社 1975
 
絵本の見かた・創りかた (1975年) (おしゃべり絵本講座)
若山 憲
すばる書房盛光社
1975
 
絵本作家を目指す人に向けて書かれた本です。
 
 
『きつねやまのよめいり』では、第16回サンケイ児童文化出版賞を受賞しています。
きつねやまのよめいり
わかやま けん
こぐま社
1978-10-01
 
 
『こぐまちゃんとどうぶつえん』
 
 
 
 
『たんじょうびおめでとう』わかやまけん/絵 こぐま社 1977
 
 
 
 
『あかべこのおはなし』わだよしおみ/作 わかやまけん/絵 こぐま社 1980
あかべこのおはなし
和田 義臣
こぐま社
1980-10-01
 
会津磐梯山を懐かしく思うあかべこのおはなしです。「あかべこ」は会津の郷土玩具です。
 
『にわか雨はざんざんぶり』わかやまけん こぐま社 1985
にわか雨はざんざんぶり
わかやま けん
こぐま社
1985-07
 
雨が降って大喜びで公園で遊ぶ兄弟の、楽しそうな姿が描かれています。子どもって、こんな風に遊ぶこと、大好きなんですよね。
 
心から、哀悼の誠を捧げます。
 
(作成K・J)

2017年6月、7月の新刊より


 

2017年6月、7月に出版された児童サービス向け出版物(絵本、児童書、ノンフィクション、YA向け、教育者・研究者向けなど)の中から、おすすめの本を紹介します。

また、ここに紹介している本は、実際に手にして読み終えた中から選んでいます。すべての新刊本を購入して読むことはできませんが、教文館ナルニア国の新刊本コーナー、クレヨンハウス新刊本コーナーなどにある本から選書し、購入し、読んで記事にしています。


 (なお、画像はブログ用Amazonアフィリエイトを使用しています。書誌事項は奥付の出版年月日にしており、Amazon入荷日とちがって表示されることがあります。ご了承ください。)

 【絵本】

『夏がきた』羽尻利門/作 あすなろ書房 2017/6/30

夏がきた
羽尻 利門
あすなろ書房
2017-06-26

金子みすゞの生涯と詩を描いたアメリカの絵本ARE YOU AN ECHO?The Lost Poetry of Misuzu Kaneko ―( Chin Music 2016/9)で絵を描いて評価の高かった羽尻利門が初めて文章と絵の両方を手掛けた作品です。真っ青な空と元気に走る男の子の姿は、はたこうしろう作なつのいちにち(偕成社 2004)を思い出します。それもそのはず、羽尻さんは、絵本作家になる前からはたこうしろう絵本の大ファンだということで、意識してこの絵本を作られたということです。昭和の時代にタイムスリップしたような海辺の小さな町で迎える夏休み。何気ない夏の一日を切り取っていますが、子どもたちの躍動感あふれる姿、細部まで丁寧に描かれた風景は、とても懐かしいにおいがします。今でも都会を少し離れると、こんな夏の風景が広がっているのでしょうか。


『ゆめみるじかんよ こどもたち』ティモシー・ナップマン/文 ヘレン・オクセンバリ―/絵 石井睦美/訳 BL出版 2017/7/10

ゆめみるじかんよ こどもたち
ティモシー・ナップマン
ビーエル出版
2017-06-27

アリスとジャックの姉弟が庭で遊んでいると、森の中から聞こえてくるへんな声。「たしかめにいかなくちゃ」とアリス。森のの奥までその声を求めて足を踏み入れた二人が見たものはいったいなんだったのでしょう。声を出している正体がわかるまで、不安そうだった二人の表情が、わかったとたんに一気にゆるむところが素敵です。
 

『きみもこねこなの?』エズラ・ジャック・キーツ/作・絵 当麻ゆか/訳 徳間書店 2017/7/30

きみも こねこなの? (児童書)
エズラ・ジャック キーツ
徳間書店
2017-07-12

こねこが4匹仲良く遊んでいると、こいぬが一匹飛びこんできます。「きみもこねこなの?」と聞くと「えっと・・・そう」というこいぬ。5匹は仲良く、たくさん遊びます。でもね、おかあさんいぬが「もうかえるじかんですよ」とお迎えに来てしまいます。その時、こいぬが言った言葉がなんともかわいいのですよ。1963年にコールデコット賞を受賞した『ゆきのひ』(木島始/訳 偕成社 1969)や『ピーターのてがみ』(木島始/訳 偕成社 1974)、『ぼくのいぬがまいごです』(さくまゆみこ/訳 徳間書店 2000)などの作品があるキーツの1974年の作品です。



『ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし』ジョン・キラカ/作 さくまゆみこ/訳 西村書店 2017/8/3

アフリカ、タンザニアのストーリーテラー、ジョン・キラカさんによるタンザニア南西部フィバという民族に伝わる昔話です。キラカさんは、文明が浸透するにつれて失われていくアフリカの語りの文化を保護し、後世に伝えるために、さまざまな民族の昔話を再話する活動をしています。この作品は2011年国際児童図書評議会スウェーデン支部が選ぶピーターパン・シルバー賞を受賞しました。2017年7月末から8月上旬にかけて来日し、講演やワークショップなどを精力的にしたキラカさん。生の語りは力強くリズミカルで大地の生命力を感じました。カラフルな絵(ティンガティンガアート)と、なんともとぼけた味わいのある動物たちの姿に魅力を感じる絵本です。


【児童書】


『ガラスの封筒と海と』アレックス・シアラー/作 金原瑞人・西本かおる/訳 求龍堂 2017/6/30

ガラスの封筒と海と
アレックス・シアラー
求龍堂
2017-06-23

トムは小さな海辺の町に住む少年です。今、トムが夢中になっているのは瓶の中に手紙を詰めて海に流すこと。海流に乗ってどこか遠くの島にでも辿り着き、誰かがそれを読んでくれるのを楽しみにしています。実は、大型貨物船の乗組員だったトムの父親は一年前の嵐の中で、船もろとも転覆して行方不明です。周囲の人はもう絶望的だと考えていました。トムは父親を奪った海に向かって、ガラスの封筒に入れて手紙を流すのです。ところがある日、海の底のデイヴィ・ジョーンズ監獄にいるというテッド・ボーンズから返事が来るのです。ちょっとミステリアスな展開に、惹きつけられていきます。読後は爽やか。夏にふさわしい1冊といえるでしょう。小学校高学年から中学生向けです。

『グリムのむかしばなし1』ワンダ・ガアグ/編・絵 松岡享子/訳 のら書店 2017/7/5

100まんびきのねこ』(石井桃子/訳 福音館書店 1961)などの絵本があるワンダ・ガアグは、幼少期におとなが昔話を語ってくれるのが大好きだったそうです。ある時「ヘンデルとグレーテル」に挿絵を描いていて、子ども時代に昔話に夢中になっていたことを思い出し、ドイツ語でグリムの昔話を読み込み、また昔話の精神について深く掘り下げます。そうした昔話の研究をベースに、ガアグは子どもたちにその魅力を存分に味わえるようにと英訳します。そのテキストを、このたび松岡享子さんが翻訳しました。訳者あとがきに「今回、翻訳を引き受けることになって(中略)実に幸運でした。改めて、ガアグのグリムのおもしろさ、たのしさに魅了される貴重な体験になったからです。文章は軽やかで勢いがあり、頭韻を多用した音の響きは、ほんとうに耳に快く、声に出して読んでいると、ひとりでにリズムと抑揚がついてきます。」(p174)と記しています。さまざまな訳で触れているグリムの昔話ですが、ガアグの訳、そしてそれを活かした松岡享子さんの訳で、改めて味わってみてほしいと思います。きっと、訳者あとがきに記された意味がすとんと理解できることでしょう。


『もうひとつのワンダー』R・J・パラシオ/作 中井はるの/訳 ほるぷ出版 2017/7/20

もうひとつのワンダー
R・J・パラシオ
ほるぷ出版
2017-07-20

2年前の夏に出版された話題作ワンダーの続編です。(2015年に出版された時は、「本のこまど」で紹介しそびれていました。)しかし、世界中の人に感動を与えたオギ-のその後を描いているのではありません。前作では詳しくは描かれなかったいじめっ子ジュリアン、幼なじみのクリストファー、そして最初に校長先生にオギ-の案内役のひとりとして選ばれたシャーロットの3つの物語が描かれています。オギ-と出会い、彼らはどのように感じ、どう成長していったか知ることで、『ワンダー』に託されたメッセージをよりしっかりと受け取ることができるのではと思います。



『知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先』池上彰/著 角川新書 角川書店 2017/7/20

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)
池上 彰
KADOKAWA / 角川書店
2017-07-20
 
 2009年から出版されている池上彰の人気のシリーズ『知らないと恥をかく世界の大問題』の8巻目。世界情勢を知るための最新情報を豊富な図表を用いて解説しています。一般向けの書籍ですが、わかりやすい言葉を用いて、複雑な世界情勢を紐解いています。18歳で選挙権を持つことになったYA世代に、自国の利益だけではなくグローバルな視点をもって政治を考えるヒントを与えてくれるでしょう。特に昨年話題になったイギリスのEU離脱やトランプ政権の誕生に、どのような背景があるのかを高校生にも理解しやすく解説しています。偏らず、ぶれず、自分で考えることを促す池上さんの姿勢は評価できます。「私たち、日本人にできることは何か。ますは“知ること”です。」(p245)若い世代が“知ること”ができる書籍を手に取りやすい場所に準備してあげたいですね。 
 
(作成k・J)

おすすめ幼年童話5『スプーン王子のぼうけん』竹下文子


連載5回目は『スプーン王子のぼうけん』(竹下文子/作 こばようこ/絵 すずき出版 2015)です。


 

ある国に王子さまが誕生した時、妖精たちがお祝いに特別なスプーンを王子さまにプレゼントしました。そのスプーンをにぎると王子さまは泣いている時も機嫌が悪い時も、不思議と笑顔になりました。スプーンが大好きな王子さまなので、いつのまにか「スプーン王子」と呼ばれるようになりました。

王子さまが七さいになった時、王さまにたくさん勉強をして経験を積むようにと言われます。王子さまはその国の歴史を学び、ある日経験を積むために冒険に出かけることにします。そこでけんかをしている三匹の竜に出会うのです。はたして、王子さまは竜を退治することができるのでしょうか。

知りたがりで食べる事が大好きな王子さまの姿は、この本を読む子どもたちにとっては身近に感じられることでしょう。また三匹の竜の話に耳をかたむけ、問題を解決する王子さまはとても勇敢で賢く、成長を感じます。「スプーン王子」らしい解決方法に子ども達はきっと満足することでしょう。

作者は『黒ねこサンゴロウ』シリーズや『おてつだいねこ』シリーズを書いている竹下文子さん。また親しみやすい挿絵は『おひるねけん』や『いもほりコロッケ』などの絵本作品があるこばようこさんです。たくさんのかわいらしい絵が冒険をさらに盛り上げてくれています。

心優しく勇敢な王子さまの活躍するこの本は、どの子にも安心して手渡せる一冊と言えるでしょう。文字も大きく読みやすく、絵本から物語に移行する子どもたちにおすすめ出来ます。

(作成:29年度児童部会部員M・Y)

第1回『おはようスーちゃん』→こちら
第2回『じゃんけんの好きな女の子』→こちら
第3回『こぶたのレーズン』→こちら
第4回『ちびっこタグボート』→こちら

訃報 おかべりかさん


昨日は日野原重明先生が105歳で亡くなられたニュースをUPしましたが、漫画家のおかべりかさんが8日の亡くなられたというニュースも昨日飛びこんできました。(→こちら

2011年に休刊になった福音館書店の月刊誌「おおきなポケット」に連載されていた『よい子への道』は、「おとなが決めたよい子の枠にはまらない」のがこどもらしいよい子なんだという、子どもたちにとっては心強いメッセージが盛り込まれていて、おとなも子どもも大笑いの1冊でした。のちに『よい子への道2』も出版されましたし、同じ「おおきなポケット」からは『とちめんぼう劇場』も出版されています。

また偕成社から出されているおばけやさんシリーズ(1~7)も子どもたちに人気でした。

それ以外にも、富安陽子さんの「ムジナ探偵局」シリーズのほか、たくさんの子どもの本に挿絵も描いていました。絵本『よるにきこえるおと』では文章をおかべさん、絵は大島妙子さんが描いていて、この絵本もまだ眠りにつきたくない子どもの心がとても可愛らしく描かれていました。

まだ66歳だったというおかべさん。亡くなられたというニュースにもっとおかべさんの本を読みたいなと思いました。心より哀悼の意を表します。

『よい子への道』おかべりか 福音館書店 1995

よい子への道 (福音館の単行本)
おかべ りか
福音館書店
1995-10-10

 

 

『よい子への道2』おかべりか 福音館書店 2003

よい子への道 2 (福音館の単行本)
おかべ りか
福音館書店
2003-10-10
 
 

 

『ムジナ探偵局』富安陽子/作 おかべりか/画 童心社 1999

ムジナ探偵局 (シリーズじーんドキドキ)
富安 陽子
童心社
1999-03
 
 
 
 
『とちめんぼう劇場』おかべりか 福音館書店 1999

とちめんぼう劇場
おかべ りか
福音館書店
1999-05

 

 

『よるにきこえるおと』おかべりか/作 大島妙子/絵 フレーベル館 1999

 

 

『おばけやさん1 これがおばけやさんのしごとです』おかべりか 偕成社 2011

これがおばけやさんのしごとです
おかべ りか
偕成社
2011-05-28


 

(作成K・J)

訃報 日野原重明さん


今朝、通勤の電車の中で日野原重明先生の訃報に触れました。今朝7月18日の6時33分に天国に旅立たれました。105歳でした。生涯現役を貫いた日野原先生も、とうとう天国に国籍を移されたのだと、感慨深い気持ちになりました。

牧師の家に生まれた敬虔なクリスチャンでもありました。幼い時に瀕死の母親を救った医者の姿を見て医療の道に進まれました。

医療現場の第一線で活躍される一方で、戦時中の体験などを踏まえて若い世代に「いのちの意味」を伝え、平和を守ることの大切さを訴えてこられました。ちひろ美術館で2009年5月に開催された『いのちのバトン―97歳のぼくから君たちへ』出版記念の日野原先生の講演を聞いた際には、背筋をピンと伸ばして2時間ずっと立ちっぱなしでお話されたのが印象的でした。 

『いのちのバトン―97歳のぼくから君たちへ』日野原重明/著 いわさきちひろ/画 ダイヤモンド社 2008

 

 

87年から続けてこられた「いのちの授業」をまとめていくつか小学生向けの本を書かれましたが、そのどれもが子どもたちにわかりやすく、命の大切さを、平和の大切さをやさしい言葉で伝えてくれていました。

『十歳のきみへ―九十五歳のわたしから』日野原重明/著 冨山房インターナショナル 2006

十歳のきみへ―九十五歳のわたしから
日野原 重明
冨山房インターナショナル
2006-04-01

 

 

『いのちのおはなし』日野原重明/文 村上康成/絵 講談社 2007

いのちのおはなし (講談社の創作絵本)
日野原 重明
講談社
2007-01-11
 
 

 

『明日をつくる十歳のきみへ― 一〇三歳のわたしから』日野原重明/著 冨山房インターナショナル 2015

明日をつくる十歳のきみへ: ─一〇三歳のわたしから
日野原 重明
冨山房インターナショナル
2015-04-17

 

 

『戦争といのちと聖路加国際病院ものがたり』日野原重明/著 小学館 2015


 

日野原先生は、105歳になられた昨年秋にも、「平和の種、子どものために」と題して和歌山で講演されています。(→こちら)柔和な物腰で、自分の命を人のために使うこと、そのためには勇気が必要なことを、そして何度も繰り返して「平和」の大切さを訴えておられます。日野原先生が子どもたちの伝えようとされたことを、私たちおとなは引き継ぐ責任があります。

日野原先生の本を子どもたちに手渡しながら、これからも伝え続けていきましょう。日野原先生の魂が神の国で安らいでいることを確信しつつ。

(作成K・J)

『物語の森へ 児童図書館基本蔵書目録2』への想いを聞いてきました!


5月下旬に東京子ども図書館から児童図書館基本蔵書目録2『物語の森へ』が出版されました。予約で申し込みをしていたので、届くのがとても楽しみでした。(手違いで届いたのは6月下旬でした) 

 

 

 

2012年3月の児童図書館基本目録1『絵本の庭へ』の出版から約5年、多くの児童サービス関係者が待ちに待った出版でした。

 

 

7月7日に銀座・教文館ナルニア国で開催された「『物語の森へ』刊行記念トーク」に参加し、この目録作成に取り組まれた東京子ども図書館理事長の張替惠子さん、担当者の護得久えみ子さんのお話を伺ってきました。

この目録には戦後出版された内外の児童文学(創作物語・昔話・伝説・神話・古典文学・詩集)の中から、次世代の子どもたちに手渡したい本が1600点が収められています。

トークでは、最初になぜ東京子ども図書館(TCL)が子どもの本のリストを作って来たのかその理由と経緯が、TCLの歴史を紐解きながら語られました。

1974年にTCLが設立される以前に、初代理事長であった石井桃子さんが瀬田貞二さんたちと始められた「子どもの本研究会」から、『私たちの選んだ子どもの本』が1966年に出版されています。石井桃子さんのかつら文庫や、瀬田貞二さんの瀬田文庫に通ってくる親たちからの「うちの子にどんな本を選んだらよいか」という質問に答えられる本のリストとして誕生しました。

このリストに挙げられたものは、文庫にくる子どもたちの反応がもとになっていました。その後、リスト作成はTCLに引継がれ、改訂が行われてきました。しかし、品切れや絶版になったり、新訳や改訂版が出たり、復刊されたりという子どもの本の出版状況の中で、収録された作品の出版情報を最新のものに保ちながらリストの改訂を行うことが困難になったといいます。

そこでTCLでは『私たちの選んだ子どもの本』とは別に、1990年以降に出版された子どもの本の中から選んだ『子どもの本のリスト「こどもとしょかん」新刊案内 1990~2001セレクション』を出版しました。こちらには絵本、昔話、物語に限らず、伝記や知識の本なども収録され、詳細な索引(書名、人名、件名)が付きました。

 


 

 そのような流れの中で、なぜ再びTCLが児童図書館基本目録に着手したのか、その理由はこれまで子どもたちが読み継がれてきた、子どもたちが心躍らせてきた作品が、本の出版流通の中で手に入らなくなっただけではなく、公共図書館でも廃棄され入手困難になっているという現実にあるということでした。

『物語の森へ』の「はじめに」のページ(p6~7)にはこのように書かれています。(太字引用文)

“『絵本の庭へ』や『物語の森へ』がこれまでのブックリストと大きく異なる点は、入手が可能かどうかという出版状況の枠を取り払い、すぐれた作品を将来に向けて伝承すべき文化遺産として記録にとどめようとしたところです。1950年から60年代、戦後の再興に取り組んだ児童書のつくり手たちは、子どもたちに希望を託し、作家、画家、編集者がひとつの思いで、質の高い作品づくりに取り組みました。高度経済成長の恩恵もあり、子どもたちの本棚はかつてないほど彩り豊かになりました。70年、80年代には、その果実を行きわたらせるための公共図書館システムも整ってきました。しかし、その後の電子メディアの普及や受験競争の過熱により、子どもたちがゆったりと本に向きあう時間はどんどん限られるようになりました。少子化による購買層の減少も影響し、出版社は過去に生み出した読みごたえのある傑作を品切れ・絶版にせざるを得ないケースが増えています。たとえ書店で手に入らなくなっても、質の高い作品を蓄積して提供することが使命であるはずの図書館も、施設面や資料提供の利便性という点では飛躍的に進歩したものの、子どものためのサービスを担う専門職員の雇用環境が不安定で、その役割を十分に果たしているとはいえません。
 このような状況の中で、わたしたちができることはなにかと考えたとき、どうしてもやり遂げたいと思ったのが「基本蔵書目録」の刊行でした。「基本蔵書目録」とは、図書館で蔵書の核として常に揃えておくべきだという評価を得た本のリストです。もし、その本が紛失したり破損したときには、買い換えなければなりませんし、絶版で入手できなくなった場合には、傷んでも廃棄せず、修理して保存を心がけなければならない作品であることを示し、蔵書構築の指針としたものです。”

以上のような思いで作られたこの「児童図書館基本目録」は、私たちが常に児童室の蔵書に気を配り、棚を作っていく際に、さらに研修でよく質問を受ける「児童書の廃棄基準」について明確な指針を示してくれるものだと思います。

今回、選定にかけられた本は約5000冊。15年にわたる選定作業に関わった人は延べ320人だったとのこと。その膨大な作業を想い、ほんとうに頭が下がります。

『絵本の庭へ』に続いて、『物語の森へ』の索引の充実度は、子どもの本についてのレファレンスでも大変心強い味方です。特に件名の小項目は1129にもなっています。(『絵本の庭へ』では1095項目)また登場人物索引は909件(『絵本の庭へ』では557件)となっており、本を探すときの手がかりとなります。トークの際に、件名の種類も『絵本の庭へ』と『物語の森へ』では大きく変化したことが示されました。たとえば「気持ち・こころ」をあらわす件名は『絵本の庭へ』(a)では27項目80冊、『物語の森へ』(b)では33項目275冊となり、物語ではより複雑なこころの動きを表現した作品が多いということがわかります。もっと単純な比較では、「のりもの」の件名のうち、「電車」は(a)では36冊なのが(b)では10冊に、「車」は(a)23冊、(b)12冊と減っている中、「船」は(a)32冊、(b)36冊とさほど変化がないことなど、件名を見ていくだけでも、絵本と物語の違いもみえて面白いことがわかりました。

それに加えて、『物語の森へ』では作品の出版履歴が提示されています。最初に出版した出版社から復刊した出版社、あるいは翻訳者の変更、題名の変更なども併せて辿ることが可能になっています。

トークの終盤で「図書館員はこれに収録している本は捨てるな。これらの本がなければ図書館員稼業は出来ないと、思ってほしい」との言葉を聞いて、襟を正す思いになりました。本来は、子どもの本の選書眼は長く児童サービスに携わる中で、子どもたちの反応を見ながら身についていくもの。それがなかなか厳しい中で、どのように児童サービスに関わるスタッフの研修でそれを伝えていくか、苦心をしていたところだったからです。

「本のこまど」でも、「基本図書を読む」の連載をしたり、児童部会の活動報告の中で「基本図書から学ぶ」についてお伝えしてきました。しかし、今回TCLの「児童図書館基本目録」に対する覚悟と篤い想いを聞いて、これらについて児童サービスに関わるスタッフにもっと丁寧に伝えていくことの重要性を感じています。

まずは『絵本の庭へ』に続いて、『物語の森へ』を児童サービス業務の座右の銘として常にそばに置いてほしいと願います。

(作成K・J)

おすすめ幼年童話4『ちびっこタグボート』ハーディー・グラマトキー


連載第4回目は『ちびっこタグボート』(ハーディー・グラマトキー/作 わたなべしげお/訳 改訂新版 学習研究社 2005)です。

ちびっこタグボート (グラマトキーののりものどうわ)
ハーディー グラマトキー
学習研究社
2005-07


 

『ちびっこ・タグボート』はアメリカで1939年に出版されて以来長い間読みつがれ、日本でも1967年に翻訳出版され、たくさんの子ども達に親しまれてきました。2005年に文章を横書きに改めた改訂新版が出ました。

働くのが嫌いで、いたずら好きなタグボート・トゥートゥは、波の荒い海ではなく、いつも安全で穏やかな川で遊んでいました。しかし、ある嵐の夜に大型汽船が難破しているのを見つけます。小さなタグボートでは大きな船を引くことが出来ませんが、助け出さないと大変な事になります。トゥートゥは勇気を振り絞って、荒れ狂う海に立ち向かっていきます。

いたずら好きで遊ぶのが好き、そして、ちょっと弱虫なトゥートゥは、子どもたちに身近な存在に感じます。その小さなタグボート・トゥートゥが大活躍する様子は、トゥートゥの目線で描かれており、子どもたちは小さいながらに頑張るトゥートゥと同化して一緒に活躍した気持ちになれるでしょう。

全ページに描かれたイラストは可愛らしく、なんといっても登場キャラクター達の表情が豊かです。色合いも優しく温かな雰囲気を醸し出しています。また、トゥートゥがいる川や港の様子がわかる見開きの絵からは、タグボート達がどこで活躍しているか、場所を確認しながら想像する楽しさがあります。

この作品は、グラマトキーののりものどうわシリーズの第1作目です。他にも、『いたずらでんしゃ』や『ルーピーのだいひこうき』等、子どもたちが好きな乗り物が主人公になっているお話が全部で6作品あります。

やさしい文章で、読み聞かせなら4歳から、自分で読むなら小学校低学年の子どもたちにオススメです。ちびっこタグボート・トゥートゥの大活躍にドキドキ・ハラハラしてみませんか?

 (作成29年度児童部会部員F・N) 

 

第1回『おはようスーちゃん』→こちら
第2回『じゃんけんの好きな女の子』→こちら
第3回『こぶたのレーズン』→こちら

2017年5月、6月の新刊より(その2)


 

 2017年5月、6月に出版された児童サービス向け出版物(絵本、児童書、ノンフィクション、YA向け、教育者・研究者向けなど)の中から、おすすめの本を紹介します。(2017年4月発行の書籍も含まれています)

(その2)では児童書、YA向けの書籍を紹介します。

また、ここに紹介している本は、実際に手にして読み終えた中から選んでいます。すべての新刊本を購入して読むことはできませんが、教文館ナルニア国の新刊本コーナー、クレヨンハウス新刊本コーナーなどにある本から選書し、購入し、読んで記事にしています。

 (なお、画像はブログ用Amazonアフィリエイトを使用しています。書誌事項は奥付の出版年月日にしており、Amazon入荷日とちがって表示されることがあります。ご了承ください。)

 **********************************

 【児童書】

『キキとジジ 魔女の宅急便特別篇その2』角野栄子/作 佐竹美保/画 福音館書店 2017/5/25


多くの子どもたちに夢を与えてくれる「魔女の宅急便」のシリーズは、第1巻が出てから32年になります。そのシリーズ最新作が5月に出ました。キキがオキノさん、コキリさん夫婦のもとに誕生した日から始まる物語です。つまり14歳になったキキが二人のもとを旅立つ日から始まった「魔女の宅急便」のお話が、その一番の始まりのキキの誕生に巻き戻されたといってもよいでしょう。そして赤ちゃんのキキのもとに、赤ちゃんネコのジジがやってきます。キキとジジ、二人(ひとりと一匹)の成長物語ですが、ところどころにジジの本音の気持ちが書かれていて、それがまたくすりと笑いを誘います。本編でのキキとジジの関係はこのように育まれてきたのだなと、読んでいてうれしくなりました。

 
 
『マウスさん一家とライオン』ジェームズ・ドーハティ/作 安藤紀子/訳 ロクリン社 2017/5/26

マウスさん一家とライオン
ジェームズ ドーハティ
ロクリン社
2017-05-30
 
この絵本は『アンディとらいおん』(村岡花子/訳 福音館書店 1661)でコルデコット賞を受賞したジェームズ・ドーハティの作です。ドーハティは『アンディとらいおん』で絵本作家としての地位を確立したのだそうですが、他の作家が作った文章に絵をつけることが多く、文章、絵ともに自作の作品は『アンディとらいおん』に次いでこちらの2冊だけなのだそうです。イソップ物語の「ねずみとライオン」をもとに作られたお話です。陽気なねずみのマウスさん一家がピクニックに出かけた時に、一家の末息子チェダーがぐっすり眠っていたライオンに悪戯をしてしまいます。怒ってチェダーを捕まえたライオンに許しを請う家族たち。ライオンはその愛情深く心優しい一家の姿に胸を打たれて逃してやります。チェダーが「あなたのピンチには助けるよ」と真顔で言うのを笑い転げるライオンでしたが、ある日人間のしかけた罠にかかてしまいます。チェダーたちは約束通りに駆け付けました。抑えた色味でセンスの良い絵が、このお話の面白さをさらに引き立てています。絵本に分類するか悩みましたが、低学年の子どもたちが自分で読むのにちょうどよいと考えて、児童書として紹介します。


『メリーメリーのびっくりプレゼント』ジョーン・G・ロビンソン/作・絵 小宮由/訳 岩波書店 2017/6/15 
 
メリーメリーのびっくりプレゼント
ジョーン・G.ロビンソン
岩波書店
2017-06-16

3月に出版された『メリーメリーおとまりにでかける』に続く「メリーメリー」シリーズの2作目です。(『メリーメリーおとまりにでかける』の紹介文は→こちら)5人兄姉の末っ子メリーメリーは、とにかくお茶目で、みんなを驚かせます。子どもたちだけで留守番をしていたある退屈な土曜日なんて、家の前に消防自動車を呼んでしまいます。(通報したのは上の子たちですが)でも、メリーメリーはお騒がせなだけではありません。二人の姉ミリアムとメグよりも上手に赤ちゃんのお世話もしましたし、ご近所に住むサマーズさんの結婚式には立派に付き添いを務めました。このシリーズを読めば、きっとみんなメリーメリーが大好きになるはずです。

 

 
【ノンフィクション】

 『ほんはまっています のぞんでいます』かこさとし/作・絵 復刊ドットコム 2017/5/25

ほんはまっています のぞんでいます (かこさとし◆しゃかいの本)
かこ さとし
復刊ドットコム
2017-05-25

昨年夏の『こどものとうひょう おとなのせんきょ』に続いて、「かこさとし◆しゃかいの本」の2冊目が復刊されました。1985年に童心社から出ていた同名の本を底本として、よみがえりました。この本では子どもたちに本に出会うための公共図書館の機能をわかりやすく伝えています。また「あとがき」では、「親は大人は、子どもにだけ本を読めというだけで、良書の普及や図書館の状況が文明国の中でとても恥ずかしい状態なのを改める努力が少ないように思います。」と、子どもたちの読書離れについて大人に向けて苦言を呈しています。32年前にすでにそういう危惧があったこと、そして今それらが改善されているかということを振り返ってみて、図書館に関わるものとして胸を張って「その心配は杞憂に終わりました」と言えないことに忸怩たる思いがします。それでも今、新しい図書館が次々とオープンし、真剣に市民の側から図書館サービスを考えようとする機運が高まっていることも事実です。子どもたちにとって、子ども時代に本に出会うことの大切さは今も昔も変わっていません。この本は、子どもたちはもちろん子どもと本に関わる大人たちに読んでほしいと思います。(『こどものとうひょう おとなのせんきょ』についての紹介記事は→こちら

 

【YA向け】
 
『太陽と月の大地』コンチャ・ロペス=ナルバエス/作 宇野和美/訳 松本里美/画 福音館書店 2017/4/15
太陽と月の大地 (世界傑作童話シリーズ)
コンチャ・ロペス=ナルバエス
福音館書店
2017-04-15

世界史を学習した人は、記憶のどこかに「レコンキスタ」(国土回復運動)や「グラナダの陥落」という言葉が残っているのではないでしょうか。611年に興ったイスラム国家ウマイヤ朝は、710年にジブラルタル海峡を越えてイベリア半島に進出しました。それから1492年のグラナダ陥落までイスラム勢力(ナスル朝)による支配が現在のスペイン南部で続くことになります。この物語はグラナダ陥落後のグラナダを舞台にして、16世紀のキリスト教徒とイスラム教徒との確執のはざまで育まれた友情と引き裂かれていく運命について描いています。当時、イスラム教徒は強制的にキリスト教に改宗させられ「モスリコ」と呼ばれていました。その後アラビア語の使用や生活様式の禁止令も出て、徹底的な同化政策が行われていたようです。この物語の中心人物はモスリコの老人ディアス。彼らの家族はアルベーニャ伯爵家に仕えていました。ディアスと、前当主ドン・ゴンサロは、主と使用人という関係というよりは、少年時代から一緒に過ごしてきた親友のような存在でした。この関係は息子の代になっても続くと思っていたのですが、アラビア語禁止令が出たことによって変化していきます。ディアゴの孫のミゲルは山賊となってイスラム教徒の反乱に参加していくのです。物語は、民族、宗教に引き裂かれる人々の、しかし同じ人間同士として理解することもできるんだというメッセージをも含んでいます。キリスト教徒とイスラム教徒の軋轢の歴史は、今も続いています。テロとその影響で難民になって他国へと逃れていく姿は、16世紀の物語としてではなく、今まさに中東とEU諸国で起きていることと重なります。この本は1984年にスペインで出版されIBBY(国際児童図書評議会)のオナーリスト、そしてヘルマン・サンチェス・ルイペレス財団(*)による「20世紀のスペインの100冊」にも選ばれて、長く読み継がれているということです。スペイン留学中にこの本に出会ったという宇野和美さんによる翻訳は、とても読みやすく、言葉が心に沁みわたってきます。世界史を学ぶYA世代に、ぜひ手渡したい1冊です。
*この財団についての説明は、宇野和美さんのブログ「訳者の言いわけ」に詳細に書かれています。→こちら

 

『スレ―テッド』1,2,3 テリ・テリー/著 竹内美紀/訳 祥伝社文庫 祥伝社 2017

スレーテッド 消された記憶 (祥伝社文庫)
テリ ・ テリー
祥伝社
2017-04-12


スレーテッド3 砕かれた塔 (祥伝社文庫)
テリ・テリー
祥伝社
2017-06-21

題名になっている「スレーテッド」とは、解説によれば「「石板」を意味するslate(スレート葺きの屋根に使われてるあのスレートです)をもとにした造語。英語で”clean slate”と言えば、「白紙」のことだし、”wipe the slate clean”と言えば、「過去を清算する」とか「新たに出直す」という意味」で、この物語は2054年、EU離脱後のイギリスで、中央連合政府によって強制的にスレ―テッドつまり記憶を消去された少女カイラが、自分の過去に気づき、国家全体を揺るがす陰謀へと巻き込まれていく様を描くサスペンスです。カイラは16歳。当時、イギリスはEU離脱後の欧州経済危機に端を発する大混乱と国境封鎖を経て、超管理社会へと変化していました。犯罪行為など反社会的なことを行った16歳以下の子どもは矯正と再犯防止のために、強制的に脳手術を施され、記憶が消されてしまいます。その上、腕にはブレスレットのようなレポと呼ばれる監視装置を取り付けられています。レポは、脳内に埋めこまれているチップが測定する脳内物質の変化を数値化して表示します。強い不安や怒りを感じると、レポが脳内に埋め込まれたチップに電気ショックを与えて強制的にブラックアウトし、酷い場合には死に至るように設定されているのです。スレ―テッドされた少年少女は徹底的に管理化に置かれているのですが、カイラはある時、自分の過去の記憶が完全に消えていないことに気がつきます。そしてスレ―テッドの少年ベンと真相を探ろうとして、反政府組織と接触するようになってきます。4月から6月にかけて毎月1冊ずつ出版されましたが、読み始めると早く次が読みたくて出版が待ちきれなくなった作品です。この作品の翻訳は、『石井桃子の翻訳はなぜ子どもをひきつけるのか―「声を訳す」文体の秘密』(ミネルヴァ書房 2014)を書いた東洋大学准教授の竹内美紀さんです。YA世代が惹きつけられるような言葉を意識して翻訳したのだとか。近未来のディストピアは現実となるのでしょうか。このような未来を子どもに手渡してはいけないと思いつつ、多くの人に読んでほしいと思いました。
 
 
『高校図書館デイズ 生徒と司書の本をめぐる語らい』成田康子/著 ちくまプリマ―新書 筑摩書房 2017/6/10
高校図書館デイズ: 生徒と司書の本をめぐる語らい (ちくまプリマー新書)
成田 康子
筑摩書房
2017-06-05
 
北海道札幌南高校で学校司書をつとめる成田康子さんが、学校図書館を利用する13人の生徒たちの読書と日々の生活のことなどを綴ったノンフィクションです。今を生き高校生たちが、どんな本に出会っているのか、また読書を通してどんなことを感じているのかが、生き生きと描かれていて、その生徒の顔が見えてくるように思いました。ひとりの生徒が成田さんが司書として詰めている図書館を「ここって、仕事帰りにふらっと寄っていきたくなるような居酒屋」のようだと、「はじめに」の冒頭に書かれていますが、忙しい高校生活の中で、時間をみつけてちょっとだけ顔を出してみよう、司書の成田さんとひと言、ふた言話してみよう、そうすることでまた自分のすべきことへ向かうことができる、そんな関係性を作ったのはひとえに成田さんの学校司書としての働きにあることは明白です。自分も高校時代にこんな素敵な司書さんに学校図書館の中で出会いたかったなと思いました。(当時の学校図書館は、開かずの間でしたから)巻末にある13人の高校生が取り上げた本のリストも、図書館でのYAサービスの参考になるでしょう。高校生の不読率が5割を超えた(高校生の読書習慣に関する調査結果→こちら) という調査結果が一昨年出ましたが、だからこそまたこの本は多くの同世代の子どもたちにも読んでほしいと思います。
 
 
 【その他】
『おはなし会がはじまるよー特別支援学校(肢体不自由校)でび図書館活動―』おはなしの会うさぎ/編集・発行 2017/4/30
東京都立墨東特別支援学校での学校図書館の様子や、障害を持つ子どもへのおはなし会の実践についてまとめた小冊子です。現在、教文館ナルニア国においてのみ販売しています。値段は500円です。(教文館ナルニア国の紹介文→こちら
 
【おまけ】
『やさしいことばで日本国憲法―新訳条文+英文憲法+憲法前文』池田香代子/訳 C・ダグラス・ラミス/監修・解説 マガジンハウス 2002/12/10
やさしいことばで日本国憲法―新訳条文+英文憲法+憲法全文
C.Douglas Lummis
マガジンハウス
2002-12

 私たちの日本国憲法が実は双子だったってご存知でしたか?GHQのスタッフによって英語でも書かれていたのです。ただし日本語の憲法を英訳したものでもなく、また英語の憲法を和訳したのが現行の日本国憲法になったわけでもなく、同時に作られていたというのです。2002年に出版されていたこの本が、今年の春に増刷されました。『世界がもし100人の村だったら』を翻訳した池田香代子さんの訳です。日本語と英語の憲法を対にして読むことによって、この憲法に書かれていることが、世界の平和への希望だとわかります。基本的人権、そして誰もが恐怖や貧しさから免れて平和に生きる権利を有していることを、改めて考えたいと思いました。

(作成K・J)

トップページに戻る