イベント・講座の案内

都立多摩図書館の企画展示
東京子ども図書館☆わらべうた講座のご案内
わらべうた一日講座のご案内@東京子ども図書館
夏の児童関連イベント・原画展などのお知らせ
第29回子どもの本・全国研究集会
JPIC読書アドバイザー養成講座
都立多摩図書館にて「読み聞かせABC」展、開催中♪
パネルシアターに人形劇のネタ、探していませんか?
クレヨンハウス第22期子どもの本の学校のご案内
教文館ナルニア国ブックトークの会
春の児童関連行事・目白押し♪
「2011年に出た子どもの本」ワイド版ブックトークのご案内
冬の外部イベントのお知らせ
フェリクス・ホフマン生誕100年記念原画展
「大草原のローラに会いに」講演会のご案内

都立多摩図書館の企画展示


都立多摩図書館では、5月3日(金)から7月3日(水)まで、企画展示「本の海を航海しよう」が始まります。各受託館での児童サービスにも役立つ情報が満載。

 
一度ぜひ足を伸ばしてみてください。詳しいことは、都立多摩図書館のHPまで→こちら
 
H25_will_sail_the_sea_of_a_book.jpg

東京子ども図書館☆わらべうた講座のご案内


図書館のおはなし会に参加する未就園児、とくに0.1.2歳児が増えています。ちいさな子ども達には、まずお母さんのお膝の上でわらべうたに親しみ、楽しい時間をお母さんと共有することが、その後のおはなしを聞く力に繋がって行くと言われています。

 
おはなし会にかかわるスタッフのみなさんにも、ぜひわらべうたに親しんでほしいと思います。
 
東京子ども図書館では、第8期わらべうた講座の参加者を募集しています。6回連続の講座です。毎回、参加者自身が子どもに戻って、わらべうたで遊びつくすといった感じの講座です。
 
こちらは個人での参加になりますが、6回連続で参加することで、わらべうたが自然に身体に身について行きます。
 
シフトの合間を縫って参加してみたいという方、わらべうたをたくさん知りたいという方がいらしたら、おすすめの講座です。
 
日 時:2013年4月11日、4月18日、5月9日、5月30日、6月13日、6月20日
     いずれも木曜日 13:30~16:30
会    場:東京子ども図書館  ホール
定    員:25名
受  講  料:6回通し  一般 20000円 賛助会員 17000円
         1回     一般 3500円  賛助会員 3000円
申込方法: ①申込書に必要事項を記入する
       ②返信用封筒(定形120mm×235mm)に80円切手をはり、
        宛名を記入
       以上2点を封筒に入れ、
       東京子ども図書館「第8期わらべうた連続講座」宛て送付
 しめきり: 2月26日(火)必着
 
詳細および申込書は、東京子ども図書館のHPへ→こちら
          
 

わらべうた一日講座のご案内@東京子ども図書館


先日行われた児童部会でも、各地の図書館で赤ちゃん向けのおはなし会の要望が多い、あるいは既に実施しているという館が増えており、赤ちゃん向けのわらべうたをもっと知りたいという声も聞きました。

ここに紹介する「わらべうた一日講座」は、外部イベント・研修になり、自費での参加になりますが、一日みっちり身体を動かして、わらべうたの楽しさを体感することができます。

一日だけの参加も可能です。わらべうたをもっと知りたい、覚えたいという方はぜひ参加を考えてみてください。

なお、詳しい参加方法や参加申込書は、東京子ども図書館のリンク先からダウンロードできます。


日 時: 10月4日(木)、11日(木) 10:30~16:30(受付は10:00~)
場 所: 東京子ども図書館  中野区江原町1-19-10
講 師: 森島瑛子氏
受講料: 1回 一般 7000円  賛助会員 6000円
      2回 一般14000円  賛助会員12000円
申 込; 詳細は→こちらのサイトをご覧ください。 申込用紙
締 切: 8月28日(火)必着
baby5_soft_s.gif

 

夏の児童関連イベント・原画展などのお知らせ


6月のカレンダーをめくって7月にした途端、夏らしいイメージが目に飛び込んできて、しみじみ今年が半分過ぎてしまった事を実感しました。図書館も夏のイベントに向けて準備も大詰めになっていることでしょう。

さて、この夏も子どもの本に関するさまざまなイベント・原画展などが目白押しです。児童サービスに携わる者、実際に子どもの本の現状を知ることも大事ですし、子どもの本の原画に触れること、作家や画家がどのような想いで絵本や子どもの本を作り、手渡そうとしているのか知ることはとても大事です。

ぜひお時間をみつけて(オフの日は貴重ですが・・・)お近くのイベントに足を運んでみませんか?

**************************

ちひろ美術館・東京
ドキュメンタリー映画公開記念
「ちひろ 27歳の旅立ち」展
「ちひろ美術館コレクション 奇想の絵本―夢幻とナンセンス―」展

開催期間:2012年5月23日(水)~8月26日(日)
開館時間:10:00~17:00(8/10~20は、18:00まで)
入 館 料 :大人800円 高校生以下無料
休 館 日 :月曜日 (8/10~20は無休)
最 寄 駅 :西武新宿線 上井草下車 徒歩7分
詳細は、ちひろ美術館・東京のサイトをご覧ください。→こちら

**************************

板橋区立美術館
イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

開催期間:2012年6月30日(土)~8月12日(日)
開館時間:9:30~17:00
入 館 料 :一般600円 高校・大学生400円 小・中学生150円
             (土曜日は、小・中・高校生は無料)
休 館 日 :月曜日(月曜が祝日の場合は翌日休館)
最 寄 駅 :東武東上線成増駅よりバス (1時間に2本)
       或いは都営三田線西高島平駅より徒歩13分
詳細は、板橋区立美術館のサイトをご覧ください。→こちら

**************************

さいたま市立うらわ美術館
ブラティスラヴァ世界絵本原画展~広がる絵本のかたち~

開催期間:2012年7月14日(土)~9月2日(日)
開館時間:10:00~17:00
入 館 料 :一般600円 高校・大学生400円 小・中学生無料
休 館 日 :月曜日(月曜が祝日の場合は翌日休館)
最 寄 駅 :JR浦和駅 徒歩7分
詳細は、うらわ美術館のサイトをご覧ください。→こちら

**************************

銀座 教文館 ウェンライトホール
フェリクス・ホフマン絵本原画展 父から子への贈りもの―

『おおかみと七ひきのこやぎ』『ねむりひめ』などの絵本原画をはじめ、素描、石版画、スケッチブック等を展示。子どもや孫に贈った未発表作品を含む貴重な手作り絵本8点も公開。
開催期間:2012年7月20日(金)~8月26日(日)
開館時間:11:00~19:00
入 館 料 :大人800円 大・専門学校生500円 高校生以下100円
休 館 日 :会期中無休 最終日は5時閉場
最 寄 駅 :東京メトロ銀座駅すぐ JR有楽町駅 徒歩5分
詳細は、教文館ナルニア国のサイトをご覧ください。→こちら

**************************

国際子ども図書館 ホール(3階)
世界のバリアフリー絵本展
―国際児童図書評議会2011年推薦図書展

ヴィアックスも法人会員になっているJBBYの主催する展示会です。板橋区内の図書館で開催している絵本展と同じ内容です。
開催期間:2012年7月31日(火)~8月26日(日)
開館時間:9:30~17:00
入 館 料 :無料
休 館 日 :月曜日 8月15日(資料整理休館日)
最 寄 駅 :JR上野駅 JR鶯谷駅 徒歩10分
詳細は、国際子ども図書館のサイトをご覧ください。→こちら

**************************illust1843_thumb.gif

神奈川県立近代文学館
寺村輝夫 「ぼくは王さま」展

開催期間:2012年8月11日(土)~9月30日(日)
開館時間:9:30~17:00
入 館 料 :一般400円 65歳以上および20歳未満200円
      高校生100円 中学生以下は無料
休 館 日 :月曜日(9/17は開館)
詳細は、神奈川近代文学館のサイトをご覧ください。→こちら  

 

第29回子どもの本・全国研究集会


司書教諭・学校司書および図書館司書、そして家庭文庫や図書ボランティアとして、子どもに本を手渡している方々が一堂に会する全国研究大会です。

2日間の日程ですが、部分参加をすることも可能です。
ご自身の関心のあるところだけでも参加してみるとよいと思います。illust1843_thumb.gif


*************

日 時:2012年8月1日(水)~2日(木)
会 場:国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟大ホール
参加費:一般    2日間4000円(1日2500円)
     会員・学生 2日間3000円(1日2000円)

記念講演「ヤングアダルトリアリズム小説とファンタジー」
講 師:金原瑞人氏(法政大学教授・翻訳家)

実践報告1 小学校中高学年「本からつながる 本でつながる」
実践報告2 中学・高等学校「読書を通して心の交流をはかろう」
実践報告3 乳幼児から就学まで「絵本が育てる子どもと親」
実践報告4 小学校低学年「身近な虫の”なぜ?”を知ろう」

シンポジウム 「本は生きる力―未来をになう子どもたちのために―」

**************

申込方法:当日会場にて申込も可
前もって申込をする場合は、「子どもの本研究会」に連絡を取った上、郵便振込にて申込
詳細はこちらのHPをご覧ください。(HPから案内パンフレットをダウンロードできます)
http://homepage3.nifty.com/kodomonohonken/
パンフレットはこちら
http://homepage3.nifty.com/kodomonohonken/event_kenkyuu2012.pdf





 

JPIC読書アドバイザー養成講座


一般財団法人・出版文化産業振興財団が主宰する、読書を通した国民の生涯学習推進・読書活動推進のための講座です。

会社の研修とは違って、自己研鑽のために個人で参加する講座です。毎年豪華講師陣のもとで、子どもの本のことだけでなく「本の歴史」「印刷と製本」「出版と流通」「情報収集と検索」「読書推進運動」等読書や出版について体系的に学んでいきます。スクーリングとレポートを合わせた学習講座です。

講座を修了した方々はJPIC読書アドバイザーとして、各地で活躍もしています。

興味のある方は、トライしてみませんか?

詳しいことは、JPIC公式ホームページまで

募集対象:「読書」「読書推進活動」に興味がある方で、すべてのスクーリング(東京都新宿区・千代田区・江東区を予定)に出席可能な方。
募集人員:100名
受講期間:2012年7月6日(金)~2013年1月28日(日)
受講費用:一般58,000円 JPIC賛助会員53,000円
      テキスト3編、通信教育3回、スクーリング8日、その他各種資料等を含みます。
応募締切:2012年6月11日(月)必着

illust111_thumb.gif

 

都立多摩図書館にて「読み聞かせABC」展、開催中♪


5月11日(金)より7月4日(水)まで、都立多摩図書館にて、小学校での読み聞かせガイドブック「読み聞かせABC」作成に合わせて、そこで紹介されている絵本200点の展示が行われています。

同時に小学校の国語の教科書に掲載・紹介されている児童書の展示もあります。

ブックトークの準備に、おはなし会の選書に、また図書館での本のリスト作成に、参考になると思います。ぜひ時間を見つけて行ってみましょう☆

詳しい日程や、都立多摩図書館への行き方については、多摩図書館ホームページをご覧ください。→こちら

(この情報は、春日町図書館学校支援グループからいただきました。ありがとうございました!)

企画展示「読み聞かせABC」

パネルシアターに人形劇のネタ、探していませんか?


子ども読書の日前後のイベントに、夏休みやクリスマスの時期のスペシャルおはなし会に、自分たちで簡単なパネルシアターや人形劇が出来ればいいのになぁ~という図書館スタッフさんも多いことと思います。

自分たちでやることは考えていないけれど、そういう時のイベントに来てくれる劇団の方々と面識を持ちたいと思っている方も多いでしょう。

今日、ご紹介するのは「第25回 池袋いけいけ人形劇まつり」です。プロからセミプロ、児童文化に関する勉強をしている大学の学生サークルまで、合わせて50の団体が参加する、文字どおり「おまつり」です。

会場になっているコア・いけぶくろ(豊島区民センター)の1階から6階までのフロアーごとに、自分でパペットを作るワークショップあり、パネルシアターの部屋あり、材料を購入できるコーナーありの盛りだくさんの企画です。参加して、劇団(それぞれ小さな劇団がいっぱい集まっています)の方々と仲良くなって、名刺を交換して、「図書館にも来てください~♪」と声をかけてみるのもいいかと思います。

パネルシアターの研修を受けたい!パペットの扱い方を知りたい!という方、ぜひ足を運んでみてください♪

日 時: 2012年5月4日(金) みどりの日
会 場: コア・いけぶくろ 行き方はこちら
参加費: おとな/前売り 900円(当日1000円)  こども/前売り 700円(当日800円)
開催内容:公式ホームページ こちらをご参照ください。

illust1685_thumb.gif

 

クレヨンハウス第22期子どもの本の学校のご案内


今日は、東京表参道にある子どもや女性の本の専門店・クレヨンハウスで20年以上続いている「子どもの本の学校」のご案内をします。

このブログを書いているK・Jの個人的なことを申し上げれば、この講座には第3期から、99年~04年の海外駐在期間を除いてずっと通っています。今、児童サービス研修やこうして児童サービス支援ブログの作成ができるのも、こうした長い長い学びの積み重ねがあったからだと思っています。

絵本や児童書の作り手がどのような視点で作っているのか、それを私たち図書館で子ども達に手渡す仕事はどのようにすればいいのか、たくさんの示唆を与えられます。

第21期までは、毎回ひとりの作家さんが1時間お話をしてくださったり、画像で制作過程を紹介してくださったり、中にはギター持って弾き語りをしてくださったりとスタイルはさまざまでしたが、第22期からは絵本作家や児童文学者、研究者総勢27名による対談形式で、子どもの本について語り合う内容となっています。

現場スタッフのみなさんには、全体通しての参加は難しいとは思いますが、会員証があれば代理聴講も可能。友人や職場の仲間と組んで代表者1名が会員となり、交代で受講も可能です。また、当日券での当日参加も可能です。気になる絵本作家さんがいる時に、ぜひ足を運んでみてください。
***************
日時:毎月1回 土曜日 16:00~17:30
場所:クレヨンハウス東京店 地下1階 レストラン広場
年間会員:30,000円(入会金500円含む) 
半期会員:前期6回 15,500円  後期7階17,000円
聴講生:当日券 3000円

  • 5月12日  スズキコージさん vs 井上洋介さん
  • 6月2日   とよたかずひこさん vs tupera tuperaさんillust117_thumb.gif
  • 6月16日  飯野和好さん vs おくはらゆめさん
  • 7月21日  あべ弘士さん vs 落合恵子さん
  • 8月18日  五味太郎さん vs 高畠那生さん
  • 9月8日   谷川俊太郎さん vs 清川あさみさん
  • 10月20日 内田麟太郎さん vs 山本孝さん
  • 11月17日 今江祥智さん vs 杉浦範茂さん
  • 12月8日  長崎夏海さん vs 斎藤次郎さん
  • 1月19日  西村繁男さん vs 石井聖岳さん
  • 2月16日  長谷川義史さん vs 岡田よしたかさん
  • 3月16日  さいとうしのぶさん vs 工藤ノリコさん
  • 4月20日  長野ヒデ子さん vs バーサンスン・ボロルマーさん

詳しいお申込み方法については、クレヨンハウスホームページへ→こちら

 

教文館ナルニア国ブックトークの会


●教文館ナルニア国ブックトークの会

 学校支援の一環として「ブックトーク」を依頼される図書館が増えています。まずは達人のブックトークを聞くことが、スキルアップの近道です。教文館ナルニア国では、毎月第3土曜日の午後に「ブックトークの会」を開催しています。ぜひ、時間をみつけて参加してみてください。

4月の会

・日時:4月21日(土)14:00~15:00

・会場:教文館6F ナルニア国ナルニアホール (中央区銀座4-5-1)

・講師:池添トモ子(読書ボランティア)

・テーマ:いいものさがし 見つけた!つかまえた!(小学4,5年向き)illust111_thumb.gif

・申込:4月1日(日)10:00~より電話受付(先着順) 03-3563-0730

・参加費:1000円

 

5月の会

・日時:5月19日(土)14:00~15:00

・会場:教文館6F ナルニア国ナルニアホール (中央区銀座4-5-1)

・講師:愛宕裕子(岩波書店児童書編集部)

・テーマ:本の魅力を語る

・申込:5月1日(火)10:00~より電話受付(先着順) 03-3563-0730

・参加費:1000円

春の児童関連行事・目白押し♪


年度末で図書館現場では忙しい日々をお送りの事と思います。外に目を向けている暇はないのかもしれませんが、時々立ち止まってみることも、日々の業務をさらに良いものにするためにも大切な事だと思います。

もしも、お休みの日に「行ってみたいな!」というイベントがあれば、足を運んでみませんか?

いくつか、児童サービス業務に役立つイベントを紹介します。

*************
 2012 子どもの本の日フェスティバル

日時:3月17日(土)~18日(日)10:00~17:00
場所:ゲートシティ大崎 地下1階 
主催:日本国際児童図書評議会(JBBY)、出版文化産業振興財団(JPIC)
入場無料
イベントの詳細については、こちらのHPをご覧ください。→2012子どもの本の日フェスティバル
講演会の申込締切は3月7日となっておりますが、定員に余裕がある場合は、当日でも入場できます。
なお、TS室K・Jは、17日(土)午後14:00~からの「JAXAから子どもたちへのミッション 「発想力」を身に付けろ!」の司会進行役をしております。またその他の時間は、「世界のバリアフリー絵本展」会場におります。

71095_240952962653368_1566272179_n.jpg









***************

 第6回 紙芝居とゆかいな仲間たち

日時:4月14日(土) 14:00~   18:00~
場所:プーク人形劇場(渋谷区代々木2-12-3)
出演:荒木文子、野間成之、中平順子、千葉晶ほか
主催:紙芝居とゆかいな仲間たち実行委員会
入場料:前売り 1000円  当日券1200円 (子ども 前売り500円 当日券700円)
申込方法:実行委員の荒木文子さん宛てにメール。チケットは当日会場で前売り価格で購入。当日券もあります。
       bun7@shiny.dreams.ne.jp
詳細はこちらをどうぞ→第6回紙芝居とゆかいな仲間たち

紙芝居実演では、大学などでも教えていらして、広く普及に貢献された右手和子先生が昨年秋にお亡くなりになりました。「紙芝居とゆかいな仲間たち」で毎年しっとりとした紙芝居を演じてくださったのに・・・と残念です。今回はビデオでの特別出演ということです。右手先生の最期の紙芝居をぜひ皆さまにも見ていただきたいと思います。
また、普段のおはなし会で紙芝居の演じ方に悩んでいる方はぜひ一度ご覧になることを強くお勧めします。絵本の読み聞かせとは、まったく違う紙芝居の演じ方をとくと堪能なさって、おはなし会に活用していただきたいと思います。


****************

安野光雅の絵本展

日時:2月25日(土)~3月25日(日) 9:30~17:00(入場は16:30まで)
場所:板橋区立美術館
休館日:毎週月曜日
詳細については、板橋区立美術館のHPへ→安野光雅の絵本展
 安野光雅さんの絵本原画が初期から、最新のものにいたるまで網羅されている見ごたえのある原画展です。
e2011-08b.jpg
















******************

 第13回 上野の森親子フェスタ

日時:5月3日(木)~5日(土) 10:00~17:00
場所:上野恩寵公園 中央噴水周辺
主催:出版文化産業振興財団(JPIC)、子どもの読書推進会議
協力:日本国際児童図書評議会(JBBY)
詳細は、3月中旬以降にJPICホームページで公開されます。→JPICホームページ


*******************

 日本の子どもの文学―国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み
  第3回 谷川俊太郎


日時:2月14日(火)~8月10日(日) 9:30~17:00
場所:国際子ども図書館 本のミュージアム(3階)(上野公園内)
休館日:月曜日、国民の祝日(子どもの日を除く)、第3水曜日
詳細は、国際子ども図書館ホームページをご覧ください。→日本の子どもの文学

「2011年に出た子どもの本」ワイド版ブックトークのご案内


「2011年に出た子どもの本」(教文館/税込1050円)をもとに、昨年一年間で出版された新刊4000点の中より、子ども達に手渡したい本を全部レビューしてくださるのが、毎年この時期に行われるワイド版ブックトークです。

今年は以下のように開催されます。

日時:
絵本の会       3月7日(水)14:00~15:30
フィクションの会   3月12日(月)14:00~15:30
ノンフィクションの会 3月17日(土)14:00~15:30

場所:各回とも教文館ナルニア国・ナルニアホール
申込:2月12日(日)10:00~ 電話にて受付(1コール1名)
定員:各回40名
会費:1000円

仕事で参加は難しい場合も、ぜひ各館1冊「2011年に出た子どもの本」(3月1日刊行予定)を選書のお供にしてください。入手方法が分からない場合はTS室児童担当にご相談ください。

また、教文館・ナルニア国店内では、3月3日(土)から20日まで、「2011年に出た子どもの本」に取り上げられた本がすべて展示されます。選書担当の方はぜひお時間をみつけて、どんな本が4000点の中から選ばれているのか、その選書眼を学んでみてくださいね。

illust36_thumb.gif

冬の外部イベントのお知らせ


☆国際子ども図書館 本のミュージアム ギャラリートーク
日時:1月28日(土) 13:30~、15:00 (先日は間違って29日と掲載していました。28日に訂正します。
場所:国際子ども図書館 3階 本のミュージアム
講師:宮川健郎氏(武蔵野大学教授)
入場:無料
申込:不要 13:30からの回と、15:00からの回いずれかに合わせて、直接3階「本のミュージアム」に集合。
国際子ども図書館で、昨年来より開催中の展示会「日本の子どもの文学―国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み」第2期の展示、小川未明の作品をはじめ、時代を彩ってきた日本の児童文学作品についてのギャラリートークです。
お時間のある方、上野の美術館に寄った後に、ぜひお立ち寄りください。


☆教文館 ナルニア国 ブックトークの会
日時:2月18日(土) 14:00~15:00
場所:銀座 教文館・子どものほんのみせナルニア国(6階) ナルニアホール
講師:張替恵子さん(東京子ども図書館)
会費:1000円
定員:40名
申込:2月1日(水)朝10:00より電話受付 1コール一人 (電話03‐3563-0730)
詳しくはこちらを参照ください。→ナルニア国・ブックトークの会


☆講演会「谷川俊太郎さんに聞く―詩は絵本、絵本は詩」
日時:2月18日(土) 14:00~16:00
場所:国際子ども図書館 3階 ホール
講師:谷川俊太郎氏/宮川健郎氏
入場:無料
定員:100名
申込:2月3日(金)までに、いずれかの方法で申し込む。希望者多数の場合は抽選。
申込方法:往復はがきか、電子メールにて申込。詳しくは国際子ども図書館のHPへ→こちら

illust2884_thumb.gif

 

フェリクス・ホフマン生誕100年記念原画展


銀座・教文館ナルニア国の2011年のクリスマスフェアでは、今年生誕100年をむかえたスイスの画家、フェリクス・ホフマンを特集しています。長野県にある”小さな絵本美術館”から、特別にホフマンの原画をお借りしてナルニアホールに2作品が展示されます。印刷では表現しきれない原画ならではの美しさを、存分に楽しむことができます。

なかなか無いチャンスなので、ぜひお出かけください。

会期:現在開催中 ~11/29 (日)まで 前期『ねむひりめ』リトグラフ展
    12/1(木)~25(日) 後期『クリスマスのものがたり』原画展
★会期中無休(10時~20時)
★イベント開催につき、ご覧いただけない時間がございます。詳しくはお問い合わせください。
会場:教文館ナルニア国内 ナルニアホール


ねむりひめ―グリム童話 (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)ねむりひめ―グリム童話 (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)
著者:グリム
販売元:福音館書店
(1963-10-01)







クリスマスのものがたり (世界傑作絵本シリーズ―日本とスイスの絵本)クリスマスのものがたり (世界傑作絵本シリーズ―日本とスイスの絵本)
著者:フェリクス・ホフマン
販売元:福音館書店
(1975-10-10)

「大草原のローラに会いに」講演会のご案内


教文館ナルニア国・ウェンライトホールにて「小さな家」シリーズの翻訳者である谷口由実子さんの講演会が開催されます。

詳細は、ナルニア国ホームページへ → こちら

日時:2012年1月21日(土) 14:00~15:30
場所:銀座・教文館9階 ウェンライトホール
定員:100名
参加費:1000円
申込方法:往復はがきに①1/21谷口由美子氏講演会参加希望、②お名前、③電話番号を明記し、ナルニア国へお送りください。折り返し入場券をお届けいたします。
※お一人様1通ずつお出しください。
※お申し込み多数の場合は抽選となります。先着順ではありませんので、ご了承ください。
申込受付期間:~12月25日(日) ※当日必着分まで有効
入場券の返送は、年明けになります。ご了承ください。

宛先:104‐0061 東京都中央区銀座4-5-1 教文館ナルニア国
iroenpitu3_l_01.gif

 

トップページに戻る