児童サービスに関する情報

児童レファレンスサービスに便利なツール(*一部訂正あり)
読書感想文に向けての準備
ブックトーク事例 その2)
児童サービス・年度業務計画&プロジェクトガントチャート
自由研究のアイデアカードby 都立多摩図書館
図書館を使った調べる学習・資料
ブックトーク事例 その1)
「調べ学習」の4つのステップ
「どくしょ甲子園」募集中♪
子どもの本の選書
子どもたちに「読書感想文」どう書かせる?
わらべうた講座を開催しました♪
展示の工夫・書架の工夫(画像圧縮済み)
調べる学習の支援のために(7/19追記あり)
H23年度6月「おはなし会デモンストレーション・絵本を読み比べてみよう」

児童レファレンスサービスに便利なツール(*一部訂正あり)


今週末で1学期の授業が終わり、待ちに待った夏休みを迎える子どもたち。図書館も夏休みになると、午前中から児童の利用が多くなって、忙しくなることでしょう。

 
とくに「図書館を使って調べる学習」をあちこちで取り組み始めてからは、図書館の児童向けのレファレンスサービスへの期待も高まっていますね。
 
研修で今まで使っていた児童レファレンスチャート図を、手直しし、現場で使っていただけるようにしました。資料に関しては、主なものに留めています。
 
各図書館の蔵書構成によっては、所蔵していない資料もあるとは思いますが、だいたいのレファレンスの手順などはわかりやすいと思います。ぜひ参考にしてください。
 
あわせて先日もアップしましたが、児童向けのレファレンスツールリストも、再掲載いたします。昨日UPしていたものは、5月改訂版でした。改めて6月改訂版のほうを掲載いたします。
 
「図書館って、使える~!」「本で調べるって面白い!」と感じる子どもたちが増えるお手伝いを、カウンターで、フロアワークでしてくださいね。
 
illust3575thumb.gif
 

読書感想文に向けての準備


蒸し暑くなってきましたが、カレンダーを見ると、1か月後はもう夏休みですね。

イベントや、たくさん来館する子どもたちに対応できるように、各館準備をすすめているところかと思います。
 
夏休みは、読書感想文に関する問い合わせが多くなりますが、毎年開催されている「青少年読書感想文全国コンクール」の課題図書は、ぜひ確認しておいてください。
すでに予約待ちになっている本もあるかと思いますが、どんな本なのか頭にいれておくと、ご案内しやすくなります。
今年は第60回記念ということで、<シニアの部>もあるそうです。
「応募要項」「よくあるご質問」は一読しておくと、参考になります。
 
また、以前の記事にも、読書感想文の問い合わせに関するものがありますので、ぜひ読んでみてください。
 
「何かよい本ありますか?」と聞かれたとき、備えあれば憂いなし!ということで、今の時期から、配架・書架整頓の時など、おすすめできる本を意識して探しておくと、よい案内ができます。
リストを参考にしたり、児童書にくわしい人に聞いたりしながら、ぜひ、低・中・高学年で1冊ずつくらい、あなたのおすすめを決めてみてください。必ずしも、その本をおすすめできそうな子から聞かれるとは限りませんが、いざというときの1冊を選んでおくと、落ち着いて対応できます。
(T.S)
 
 
 
illust2022_thumb.gif
 

ブックトーク事例 その2)


 初級研修・児童サービス基本編で実演したブックトークのシナリオをUPします。

 先日(2013年11月21日)の研修でも実演しましたが、みなさまに聞いていただいて、手を入れたいところがたくさん出てきました。
 これで完璧!というわけではないので、参考としてご覧になってください。
 季節や対象者の年齢によって、本を入れ替えたり、新たに紹介したい本を発見して加えたりと、アレンジしていくのも、ブックトークの醍醐味の一つです。ぜひ、みなさまも自分の好きなテーマを見つけて、大切に育ててほしいなと思っています。ブックトークは、たくさんの本を読み、選んだ本を読み込んで原稿を書きと大変ですが、それだけに見返りも大きい! ぜひ挑戦してみてください。
 
*シナリオにはありませんが、学校で行う際は、図書館の案内も重要です。
 図書館がすぐ近くにないような学校の場合は、学校図書館に蔵書があるか調べたり、団体貸出を検討したりするなど、紹介した本を子どもたちが手にとることができるようにしてください。書誌情報を書いたプリントも忘れずに配布して、あとから探せるようにしてください。
 
********************************
テーマ【てがみはすてきなおくりもの】 対象:中学1年 30分
 
導入:
 
 みなさん、こんにちは。

 〇〇図書館の☓☓です。

 今日はブックトークといって、テーマにそって、おすすめの本何冊か紹介します。

 私は、毎日郵便受けを見て、手紙が入っているか確かめるのを楽しみにしています。たいていは、広告だけなのですが、たまに知り合いから手紙が届くと、とても嬉しくなります。先日もしばらく会っていない友達から、今こんなことをしているよ、と近況を知らせてくれる手紙が届いて、励まされました。

 最近は、メールですませてしまうことも多いかもしれませんが、みなさんも手紙を書いたり、もらったりしたことがありますよね。そのときは、はがきか、このような封筒で送ったと思うのですが、郵便屋さんは、このような封筒だけではなく、こんなものを届けてくれるのです。

ブックトーク 郵便物.jpg

 

 ・紙皿の郵便物を紹介

 ・貝がらの郵便物を紹介

 これらの郵便物は、この本を参考に作りました。

 
本の紹介:『てがみはすてきなおくりもの』 スギヤマカナヨ 講談社 2003
 
 
 
の本には、もらった人がびっくりするような、楽しい郵便物がたくさん載っています。

 (紹介)

 P4.5 葉っぱ

 P9 貝殻(ひろい読み)

 P20.21 切手の活用

 P38 郵便物のきまり

 ぜひ、この本からアイデアをもらって、もらった人が思わず笑顔になるような、楽しい郵便物を作ってください。

 今日は、「てがみはすてきなおくりもの」というテーマで本を紹介します。

 
 

 次に紹介するのは、王に宛てた重要な手紙を託された少年の物語です

本の紹介:『王への手紙 上・下』 トンケ・ドラフト作 岩波書店 2005 (岩波少年文庫)

トンケ・ドラフト
岩波書店
2005-11-17

 

 

トンケ・ドラフト
岩波書店
2005-11-17

 

 

物語の舞台は、こちらの2つの王国です。

(地図をみせる)

 ダホナウト王国とウナーヴェン王国。それぞれの国は、王様がおさめ、王の騎士たちが国の平和を守るために活躍した時代です。

 主人公の名前はティウリ。16歳のダホナウト王国の見習い騎士です。

 明日、正式な騎士になるために、こちらの小さな礼拝堂で、一晩中、飲まず食わずで、寝ないで騎士になる最後の覚悟を固める儀式の最中でした。物音一つしない、静かな闇の中、ティウリは同じ見習い騎士の友人たちと並んでじっと座っていました。このまま朝まで座っていれば、明日には騎士になれる。そんなときです。礼拝堂のドアをたたく音がして、「神の御名において、ドアを開けよ!」という声がきこえたのです。その場面を読んでみます。

 

うしてティウリは規則をやぶってドアを開けますが、そこには修道服に身をつつんだ男がたっていました。男は、ティウリに隣のウナーヴェン国王へ宛てた重要な手紙を、森の宿イカルヴァラにいる白い盾の黒い騎士に届けるよう頼みます。

 手紙を引き受けたティウリは、森の宿、イカルヴァラに向かいますが、白い盾の騎士はそこにはおらず、ようやく探しあてたときには、卑怯な手段で襲われ、深く傷ついていました。白い盾の騎士は、自分がおそわれる原因となった、国王への手紙を届けるという任務をティウリにたくし、息をひきとります。ティウリは、手紙に何が書いてあるのか知らぬまま、手紙を無事に国王のもとに届けることを誓うのです。

 困難な仕事がはじました。任務を秘密にしながら、できるだけ早く、山脈をこえて、国王のいるウナーヴェン市にいかなければならない。手紙をねらっている敵がいる。武器もお金も馬もない。さらには、白い盾の騎士を殺した者と誤解され、追われることになります。追い詰められそうになるティウリですが、「ひとつのことだけを考えればいい。手紙を届けることだ。それを、あの騎士に約束したんだ」と言いきかせ、山脈をこえるのを手伝ってくれるであろう隠者メナウレスさまのもとへと向かいます。途中、ブラウン修道院で助けをえたり、ミストリナウト城では監禁されたりしながらも、メナウレスの小屋にたどりついたティウリは、メナウレスのもとにいた少年ピアックを道案内に、大山脈をこえ、ウナーヴェン王国に入ります。ピアックはティウリより1つ年下で、山で育ち、山のことがよくわかっている少年です。大山脈の外に出たことがなく、ティウリへの道案内も山を越えるまでの約束でしたが、山脈の外の世界を見てみたいという思いと、ティウリがひとりで何かを抱えていることを感じ取り、一緒に旅を続けたいと言ってくれるのです。ティウリは、力強い仲間をえて、ウナーヴェン王国へ入ります。

 ちょうどここで上巻が終わりますが、下巻のウナーヴェン王国でも、裏切りものの市長が治めるダングリアでとらえられたり、お金を支払わなければわたれない橋で足止めされたりと、困難はたえません。そして、スルーポルという残酷な男が、すぐそばまで追ってきているというのです。誰が敵なのか味方なのかわからない、任務を秘密にしなければならないため、信頼もしてもらえないなかで、ティウリは、騎士としての使命を果たすことを胸に、いつしか「ぼくの任務は、きみの任務でもある」と言えるほど信頼できる友だちとなったピアックとともに、王のいるウナーヴェン市をめざして、旅を続けるのです。はたしてティウリは無事に手紙を届けることができるのでしょうか? そして、重要な手紙の中身とは、何なのでしょうか? たった1ヵ月半の冒険がこの上・下巻に描かれていますが、このなかでティウリは多くの緊迫した場面をのりこえていきます。ぜひティウリの冒険を、最後までみとどけてください。

 

 ティウリは手紙を届けるのに大変な困難を強いられましたが、次に紹介するのは、なんと宛て名のない手紙を届けた郵便屋さんのお話です。

本の紹介:『郵便屋さんの話』カレル・チャペック作 フェリシモ 2008

カレル・チャペック
フェリシモ
2008-03
 

 郵便屋さんの名前はコルババさんです。毎日歩いては配達する、自分のお仕事に、ちょっと嫌気がさしておりました。コルババさんは、あるとき郵便局で夜中までぐっすり眠り込んでしまいます。ピタピタと不思議な物音で目を覚まし、ネズミかな?と思ってあたりをみまわしたコルババさんは、なんとリスくらいの、あごにはまっ白いひげをふさふさはやし、郵便屋さんと同じ格好をした、郵便局の妖精をみつけたのです。コルババさんがそっとみていると、妖精たちは、郵便物の確認の仕事を終えると、手紙をカードにしてトランプをはじめました。どうやら大富豪ゲームのようなものをしているようです。どうして、数字も書いていない手紙で、トランプできるのか不思議に思ったコルババさんが、気をつけて出ていって聞いてみると、妖精たちは、手紙の中身で、強いカード、弱いカードを決めているというのです。郵便局の妖精は、ちょっと上から触ってみただけで、心のこもっていない手紙はつめたくて、愛がこもっているほど手紙は、あたたかいといった具合に、手紙の中身がわかり、ひたいにあてれば、書いてあることをそっくりそのまま読むことができるのだと教えてくれます。

 郵便局の妖精と一夜を過ごしたコルババさんは、妖精のことは郵便局のみんなには内緒にしていましたが、それからは、「この手紙はなまぬるい」などと言いながら、郵便配達の仕事を前より楽しむようになりました。

 そんなある日、コルババさんは「切手もなければ、宛て名もない手紙」を手にします。勝手にあけるわけにはいかないし、届けられるはずがありません。けれども、さわってみると、ばかにあたたかい手紙なので 気になってしかたないコルババさんは、もう一度、郵便局にまた泊り込んで、郵便局の妖精に中身を読んでもらいます。手紙はこのようなものでした。

(手紙を読む―P32)

なんと、その手紙は、結婚を申し込む大切な手紙だったのです。コルババさんは、決意します。「たとえ1年歩きまわるとも、世界じゅうを走りまわるとも、娘さんを探しだしましょう」さあコルババさんは、どうやってマジェンカを探し出し手紙を届けるのでしょうか? ぜひ読んでみてください。

 

次の本には、郵便局の妖精たちが触ったら、間違いなく強いカードだと言われる手紙が出てきます。

本の紹介:『父さんの手紙はぜんぶおぼえた』 タミ・シェム=トヴ 岩波書店 2011 

タミ・シェム=トヴ
岩波書店
2011-10-19
 
 
 
 
 
 
 

(手紙を見せながら)その手紙とは、このような小型の本の形に綴じた手紙で、オランダ語で書かれています。

 絵といっしょにおしゃべりとあるのですが、イラストもたくさん書かれているのです。 オランダ語が読めないのが残念ですが、訳されていますので、読んでみますね。

(手紙を読む)

この手紙は、父親から10歳の少女リーネケに送られたものです。1943年というと、今から70年も前になりますが、この手紙は、リーネケが読んだら、すぐに処分されてしまう運命でした。こんなに他愛無い手紙なのに、決して他の人に見られてはいけないものだったのです。また、リーネケという名前も実は本当の名前ではありません。

 この手紙の秘密は、第二次世界大戦中のユダヤ人の迫害に関係しています。リーネケの家族は、ユダヤ人で、獣医学の学者のお父さん、お母さん、お兄さん、お姉さん2人の6人のユダヤ人家族で、オランダでくらしていました。オランダがドイツ軍に占領されると、お父さんは大学の仕事を追われ、無理やり連行されそうになったので、リーネケ家族は身を隠すためにバラバラになりました。このときに、母さんから、戦争が終わるまで、それぞれが別の名前になる危険なゲームをはじめると言われ、リーネケという名前になります。そして、リーネケは、お父さんの知り合いのお医者さん、ドクターコーリーにあずけられ、デンハム村というところで、ユダヤ人であることを隠し、暮らすことになります。コーリー氏は、誠実な人柄でしたし、奥さんのフォネットも朗らかで明るい人だったので、リーネケはあたたかく身守られながら生活します。学校にも行き、友達もでき、勉強ができたので飛級もして、みんなに喜ばれます。苦しいことばかりではありませんでしたが、それでも、ユダヤ人だとわかってしまったらどうしようという不安はたえずありましたし、せっかくできた友達も、本当のことを隠しているので、本当の友達になれないと感じていました。そんなリーネケを支えてくれたのが、こっそり父さんから届けられた手紙でした。

ユダヤ人を匿ったというだけで命の危険があった当時、証拠となるような父さんの手紙を、ドクターコーリーは、リーネケが読んだあと、すぐ自分の元に返させていました。けれども、この愛情いっぱいの美しい手紙を捨てることができなかったのでしょう。箱に入れて、その箱を庭に深くうめて、保管します。そして、戦争が終わって、リーネケが父さんのもとに帰れるようになったとき、返してくれたのです。処分されてしまったと思っていた手紙を再び手にしたとき、リーネケは手紙をすべて暗記していて、絵も1つ1つもおぼえていることに気がつきます。リーネケは、手紙を心の中に焼きつけ、戦争中何度も何度も思い出していたので、すっかり覚えていたのです。

 この本は、残された父さんの9通の手紙と、今はおばあさんになったリーネケから聞いた話をもとに、書かれています。当時の緊迫した状況の中でも、コーリー夫妻をはじめ、明るさと思いやりを忘れずに暮らしていた人たちがいたことが、リーネケの目を通して伝わってきます。ぜひ父さんからの手紙をじっくり眺めながら、リーネケの物語を読んでみてください。

 
 

 リーネケは大好きなお父さんから手紙を受けとりましたが、次は天から降ってきた雪を手紙として受け取った人を紹介します。

本の紹介:『雪は天からの手紙―中谷宇吉郎エッセイ集』中谷宇吉郎 岩波書店 2002

 
 中谷宇吉郎さんは、主に北海道で雪や氷の研究をし、世界で初めて人工的に雪を作ることに成功した人です。学的な論文だけでなく、身近なものを科学の目でみたエッセイもたくさん書いています。『雪は天からの手紙』には、多く残されたエッセイの中から、21編がおさめられています。この表紙の絵は、中谷先生が作成した雪の結晶の分類図の一部ですが、本当に雪の結晶は、いろいろな種類があるのですね。中谷先生は、この結晶を観察すれば、天から地上に落ちてきた雪が、どのような環境で大きくなったのかわかるのではないかと考え、研究をします。

この本のなかに「雪を作る話」というエッセイがあるのですが、みなさんだったら、道具は用意するので、この部屋で雪の結晶を作ってみてくださいと言われたら、どのようなことをしますか?

 谷先生も、始めは、銅板でできた1メートルくらいの丸い筒を冷やして、上から水蒸気を吹き込んでみたそうですが。これでは雪は降らなかったそうです。そのあとは、もっと装置を小さくして、内側から冷やしたらどうなるだろう、など、あれこれ試して、4年がかりで雪の結晶を作っています。中谷先生がどのように雪の結晶を作ったのか、知りたい人は、たった6ページの文章ですので、「雪を作る話」を読んでみてください。少し難しいところもあるのですが、丁寧に読んでいくと、なるほどと思うことができると思います。雪を作るヒントは、自然と同じ条件にすればよいということだそうです。

 この本には、他にも、雪の研究のために行った「十勝岳の話」など、雪に関するエッセイがあります。中谷先生が、どのように天からの手紙を読み解こうとしたのか、ぜひ読んでみてください。


 

 今日は「てがみはすてきなおくりもの」というテーマで本を紹介しました。最後に詩を一つ紹介して終わりにします。

詩の朗読:「手紙」鈴木敏史 (『詩の本みんなでうたおう』岸田今日子編 岩波書店 2001)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
詩「手紙」を朗読
 
 
終わり:
 
今日紹介した本は、
①『てがみはすてきなおくりもの』
②『王への手紙 上・下』
こちらは『白い盾の少年騎士 上・下』という続編があります。少し大人になったティウリとピアックの冒険もぜひ読んでみたください。恋の話もちょこっと、出てきます。
③『郵便屋さんの話』
このお話は、『長い長いお医者さんの話』にも入っています。この本は「郵便屋さんの話」以外にも、少し変わった短い物語が他にもありますので、ぜひ読んでみたください。
④『父さんの手紙はぜんぶおぼえた』
⑤『雪は天からの手紙』
⑥最後の詩は、『みんなでうたおう 詩の本3』より紹介しました。
 
 紹介した本は、これから配るプリントに書いてあります。すべて図書館で借りられますので、読んでみたい!と思った本を、ぜひ借りにきてください。これで、ブックトークを終わりにします。
 
*******************************
 
(T.S)
 
 
 
 
 
 

児童サービス・年度業務計画&プロジェクトガントチャート


暑い暑い猛暑を乗り越えたかとほっとしたのも束の間。10月になってカレンダーをめくり、残りがわずかになっていることに愕然とした秋の始まりです。

年々、時間の流れに加速度がついている?と疑わしくなってしまいます。

 
さて、今年4月から業務開始した図書館も、業務が継続していた図書館も、年度が変わって半年以上経過し通常の業務もスムーズに回せるようになっていることでしょう。読書週間に向けての行事の準備も順調ですか?
 
ひとつひとつの山場を越えて、それを経験として蓄積していくことが、図書館員としての力になっていきます。
 
そして11月~12月にかけては次年度の業務計画を立てる時期になります。今の業務を俯瞰して見渡しつつ、次年度の計画を早めに立てていきましょう。

9月30日に開催した児童サービス中級研修・児童サービス応用編2「児童向け行事・講座の企画・展示」では、年間業務計画をベースとして特別行事や講座を行う際の準備・タイムスケジュールについて、グループワークで再確認をしました。
その時に配布した資料が、年度計画の作成や、行事・講座の運営に役立ちそうだということで、「本のこまど」でも公表することにしました。

どうぞ参考になさってください。
児童サービス年間業務計画.pdf
(年間業務計画です。一般の業務との兼ね合いを考えながら立案するように心がけましょう)

児童サービスプロジェクトガントチャート.pdf
(外部から講師を招聘して行う場合の、半年前からのガントチャートです。外部講師を招聘しない場合でも、何かプロジェクトをする時にはすべてのスタッフが進行具合を把握できるように、プロジェクトガントチャートを作成し、可視化できるようおすすめいたします)

児童サービスプロジェクトガントチャート2.pdf
(外部講師を招聘する場合の、講演会当日の動きをチャートにしたものです。講演会ではなく、科学遊びの会や工作会などにおいても当日の動きを工程表として可視化しておきましょう)
 
illust2155_thumb.gif
*データでチャート類が必要な方はご連絡ください。(ただし、当社受託図書館に限らせていただきます。)


 

自由研究のアイデアカードby 都立多摩図書館


今回も「調べ学習」支援についての情報をUPします。

都立多摩図書館では、「これならできる! 自由研究 111枚のアイデアカードから選ぼう」と題して、子どもたちの夏休みの調べ学習のテーマ探しのお手伝いをしています。

 
アイデアカードは都立多摩図書館のサイトからダウンロードもできます。

8月1日に開催された「日本子どもの本研究会全国大会」の第2分科会で、都立多摩図書館の司書さんが、地域の図書館支援としてこのカードを各図書館で活用してほしいと発言されました。今朝のNHK「あさイチ!」でも、この取り組みが紹介されたので、各図書館の窓口へも問い合わせがあるかもしれません。

みなさまの図書館にアイデアを探しにくる子どもたちへのサービスとして、このサイトのことをお伝えしてはいかがでしょう。
 
「これならできる!自由研究 111枚のアイデアカードから選ぼう」→ダウンロードはこちらから
 
 
illust453_thumb.gif
 

図書館を使った調べる学習・資料


7月も今日で終わりです。夏休みも4分の1が終わったことになりますね。

各図書館においても、早めに夏休みの宿題を終えようという子どもたちでにぎわっていることでしょう。児童サービス担当のレファレンスサービスも腕の見せ所ですね。

ところで公益財団法人 図書館振興財団の『図書館の学校』2013年夏号に「早わかり!! 図書館を使った調べる学習」特集が掲載されています。

 
調べ学習の4つのステップ/調べる学習すごろく
 
以上の2点は、イラスト入りでとてもわかりやすい資料です。
 
このたび、『図書館の学校』の編集担当者にお目にかかる機会があり、この資料の出来栄えがとてもいいですね、とおはなしをしたところ、この2点は著作権フリーになっており、サイトからダウンロードして利用者に配布することもOKです、とのこと。

ぜひぜひ、各館の夏休みの調べ学習支援にもご活用ください♪
 
ダウンロードはこちらから→「図書館を使った調べる学習
『図書館の学校』公式HPのこのページより、リンク先をクリックするとダウンロードができます。

illust2069_thumb.gif
 

ブックトーク事例 その1)


「本のこまど」へのリクエストとして、ブックトークのプログラムを!という声が多くありました。図書館の学校支援の一環としてブックトークの依頼が多く寄せられていることも、そのリクエストの背景にあると思います。

初級研修・児童サービス基本編では、講師がブックトークのデモンストレーションをし、ブックトークってどんなものか、まず実感してもらっています。また中級研修・児童サービス応用編3では参加者にシナリオ作成の課題を課して、ブックトークスキルUPをめざしてもらっています。

ブックトークのスキルと一言でいっても、どれだけ子どもの本を普段から読んでいるか、子どもの本に関する広い知識が問われます。一朝一夕にスキルアップするわけではなく、どういう視点で普段から子どもの本を選書しているか、自分の館の書架を耕しているか、普段からの地道な業務が下敷きにあって初めて、ブックトークのプログラムの組み立てができるのです。ですから、事例をいくら取り上げても、そのまま使えるわけではありません。


ですが、ブックトーク事例をあげることで、研修に参加出来ない方にもブックトークとはどんなものであるかご理解いただけると思い、研修で取り上げている事例をブログ上にもUPすることにしました。ブログ上でのデモンストレーションです♪


**********************

テーマ【時間ってなあに?】 対象:4年生 30分
 
チックタックじかんってなあに? (世界の絵本)チックタックじかんってなあに? (世界の絵本) [単行本]
著者:ベス・ユーマン グレイク
出版:偕成社
(2006-10)
 
導入:みなさん、こんにちは。○○図書館の××です。今日はみなさんに「こんなおもしろい本があるよ!」といくつかの本を紹介したいと思います。このことをブックトークといいます。
 さて、一番最初にクイズをします。少し難しいかもしれません。ゆっくり問題を言いますね。
「すべての人間はそれにかかわりあい、それをよく知っていますが、そのことを考えてみる人はほとんどいません。たいていのひとはその分け前をもらうだけもらって、それをいっこうにふしぎとも思わないのです。」
もう一度、読みますね。(繰り返す)さあ、いったいなんでしょう?みんなに関係があって、よーく知っているもの。だけどそのことを考えることもしないし、そのおかげで毎日便利に過ごしているのに、それを不思議とも思わない・・・むずかしいかしら?

では、これから詩を読みます。詩を聞きながら、さっきの答えを考えてみてくださいね。

詩の読み聞かせ:絵本 『せんねんまんねん』 まどみちお 童心社 
 この詩を書いたのは103歳のまどみちおさんです。まどさんは、みんながよく知っている「ぞうさん」や「ふしぎなポケット」などの歌を書いた詩人です。
 さて、答えはわかったかしら?(子どもたちに問いかける。何人かの子どもたちに答えてもらう)
そう、この詩に書いてあったのは、大昔からずっとずっと流れてきた時間、千年、万年という時間でした。ということで、さっきの答えは「時間」です。
 みなさんは、今10才かな?みんなが生れて来てから、今日までの時間がだいたい10年だとしたら、一万年ってすごく長い時間ですね。

 さて「年」以外にも時間を表すことばを知っていますか?では、答えやすい質問にしましょう。1年って何カ月かしら?(子どもたちに答えさせる)そう12か月だね。
では1年は何週間かわかるかしら?(子どもたちに答えさせる)そう、52週と1日。では、一年は何日?これもわかりやすいよね。(子どもたちに答えさせる)そう、365日。閏年は一日増えるよね。
 では、ちょっと難しくなるよ。一年は何時間?計算の得意な人は365日に24をかけてみてね。(子どもたちに答えさせる)答えは8760時間。ではでは、もっと難しくなるよ。一年は何分?一日が何分かわかれば、計算できるよね。一日は1440分。一年は52万5600分。では、1年は何秒かわかる?どんどん難しくなるね。1日は8万6400秒だから、1年は3153万6000秒。
 
さて、この時間の単位はどうやって決まったのかわかるかしら?

本の紹介:『チックタックじかんってなあに?』ベス・ユーマン・グレイグ/ハーベイ・ワイス もりひさし訳 偕成社
 この絵本には、時間ってなんだろう?どうやって時間の単位を決めたのだろう?ということが、4年生のみなさんにもわかりやすく書かれています。ぜひじっくり読んでみてくださいね。
 さて、この絵本には「じかんはめにみえないけれど、ずっとまえからやってきて、これからさきへ、ずっとつづいていくものです。」と、時間は目に見えないって書いてあるのですが、実はね・・・時間を見る方法があるのです。どうやってだと思う?(みんなに考えてもらう)

本の紹介:『時間のコレクション』飯村茂樹 フレーベル館 
 (あさがおのつぼみがふくらんで、やがて開いて花が咲き、しぼむページや、セミの幼虫が木の枝に止まり、背中が割れて羽化が始まってから、セミの成虫になるまでのページ、桜の花が咲いて、花びらが散り、緑の葉っぱが茂り、赤く色づき、散っていくまでのページをみんなに提示する。)
 同じ場所から、時間の経過とともに変化していく花や木、生き物の様子を観察することで、時間が流れていく様子をこうやって切り取ることができるんですね。
 さっき、みんなに見てもらったページにかたつむりが移動していく写真がありました。ゆっくりと草から草へ移動していくかたつむりの時間と比べて、アリのようにせかせかと動く虫の時間って、流れ方は同じかな?

では、その答えを教えてくれる本を次に紹介しましょう。

本の紹介:『絵ときゾウの時間とネズミの時間』本川達雄/あべ弘士 福音館書店
 たった3ヶ月でおとなになって1年ほどで一生を終えるネズミと、約40年以上生きるゾウ。それぞれが感じている時間って同じなのかな?
 実は、この本の中で地球上を流れる時間は同じでも、それぞれの動物の体重と寿命で時間を考えると、ネズミの時間はとても速く流れていて、ゾウの時間はとてもゆっくり流れているんだよ。なのにね、ネズミとゾウでまったく同じものがあるんだけれど、何だと思う?(少し考えてもらう)
 それはね、心臓が脈打つ回数なんだって。人間は1分間に60~70回心臓が動いて体中に血液を送るんだけど、身体の小さなネズミは1分間に600回、ゾウは1分間に30回。そしてみんな約15億回脈打つと寿命が来るんだって。(p33を示しながら)
 身体の大きさに比例して、感じる時間の流れも違うんだね。

 みんなはお父さんやお母さんを怒らせてないかな?人間、怒ると脈拍が早くなるんだよ。大事なお父さん、お母さんに長生きしてほしかったら、怒らせないように、今日から言いつけ守るようにしようね。

 さて、みんなは給食時間がもうすぐだってこと、時計を見てわかる?それともお腹の減り具合かな?次に紹介するのは、自分で大きな時計を作りたいと思っているジョニーと言う男の子のお話です。

本の紹介:『時計つくりのジョニー』エドワード・アーディゾーニ あべきみこ訳 こぐま社
 大きな時計を作ろうと、作り方の書いてある分厚い本を読んで決めたジョニー。でもお父さんもお母さんも、学校の先生も、そして周りのみんなも「ちいさなジョニーにそんなこと、できるわけがない!」と、決めつけて笑い者にします。誰も本気にはしてくれなかったのです。
 でも、スザンナという女の子と、かじやのジョーだけは味方になってくれました。さて、ジョニーはどんな時計を作るのかしら?

 ジョニーはまわりのからかいにも負けずに、自分のやりたいことをやり遂げます。実はね、その後ジョニーはとても有名な時計会社を作り上げたそうです。

 
 これは一体なんでしょう?(ストローで作った吹き矢を飛ばして、黒板の的に当ててみる)
これは、「吹き矢」といいます。昔はこれを使って、窓に豆をあてて、町の人々を起こしてまわる仕事があってそうです。まだ目ざまし時計がなかった時代のおはなしです。読んでみますね。
絵本の読み聞かせ:『メアリー・スミス』アンドレア・ユーレン 千葉茂樹訳 光村教育出版

本の紹介:『モモ』ミヒャエル・エンデ 大島かおり訳 岩波書店
 最後に紹介するのは『モモ』というおはなしです。モモは親もいない、どこから来たのか誰もわからない女の子でした。たったひとりぼっちで廃墟となった円形劇場に住んでいました。
 町に住んでいる誰もがモモのことが大好きでした。心に悩みを抱えている人も、悩みを抱えている人も、誰かと喧嘩している人も。それはなぜでしょう?それでは、その部分を読んでみますね。
 
 「モモのところには、いれかわりたちかわり、みんながたずねて来ました。いつでもだれかがモモのそばにすわって、なにかいっしょうけんめいに話しこんでいます。用事があってもたずねて来られないという人は、じぶんの家に来てほしいと迎えを出しました。そしてモモが役に立つことをまだ知らない人がいると、みんなはこう言ってあげたのです。「モモのところへ行ってごらん!」
 このことばは、だんだん近所の人たちのきまり文句にまでなるようになりました。「ごきげんよう!」とか、「ごちそうさま!」とか、「まあ、たいへんだ!」とかの文句をそれぞれきまったときにかならず使うように、みんなはなにかことがあると、「モモのところへ行ってごらん!」と言うのです。
 でも、どうしてでしょう?モモがものすごく頭がよくて、なにを相談されても、いい考えをおしえてあげられたからでしょうか?なぐさめてほしい人に、心にしみることばを言ってあげられたからでしょうか?なにについても、件名で正しい判断をくだせたからでしょうか?
 ちがうのです。こういうことについては、モモはほかの子とおなじ程度のことしかできません。するとモモには、どこかこう、人の心をほがらかにするようなところがあったのでしょうか?たとえば、とくべつ歌がじょうずだとか、なにかの楽器がうまいとか、それとも―なにしろモモはサーカス場みたいな円形劇場に住んでいるのですから―おどりだの、アクロバットの曲芸だのができたのでしょうか?
 いいえ、それもちがいます。
 ひょっとすると、魔法がつかえたのでしょうか?どんななやみや苦労も吹きはらえるような、ふしぎな呪文でも知っていたのでしょうか?手相をうらなうとか、未来を予言するとかができたのでしょうか?
 これもあたっていません。
 小さなモモにできたこと、それはほかでもありません。あいての話を聞くことでした。なあんだ、そんなこと、とみなさんは言うでしょうね。話を聞くなんて、だれにだってできるじゃないかって。
 でもそれはまちがいです。ほんとうに聞くことのできる人は、めったにいないものです。そしてこの点でモモは、それこそほかには例のないすばらしい才能をもっていたのです。
 モモに話を聞いてもらっていると、ばかな人にもきゅうにまともな考えがうかんできます。モモがそういう考えを引き出すようなことを言ったり質問した、というわけではないのです。彼女はただじっとすわって、注意ぶかく聞いているだけです。その大きな黒い眼は、あいてをじっと見つめています。するとあいてには、じぶんのどこにそんなものがひそんだいかたとおどろくような考えが、すうっとうかびあがってくるのです。
 モモに話を聞いてもらっていると、どうしてよいかわからずに思いまよっていた人は、きゅうにじぶんの意思がはっきりしてきます。ひっこみ思案の人にはきゅうに目のまえがひらけ、勇気が出てきます。不幸な人、なやみのある人には、希望とあかるさがわいてきます。たとえば、こう考えている人がいたとします。おれの人生は失敗で、なんの意味もない、おれはなん千万もの人間の中のケチな一人で、死んだところでこわれたつぼとおんなじだ、べつのつぼがすぐにおれの場所をふさぐだけさ、生きていようと死んでしまおうと、どうってちがいはありゃしない。この人がモモのところへ出かけていって、その考えをうちあけたとします。するとしゃべっているうちに、ふしぎなことにじぶんがまちがっていたことがわかってくるのです。いや、おれはおれなんだ、世界じゅうの人間の中で、おれという人間はひとりしかいない、だからおれはおれなりに、この世の中でたいせつな存在なんだ。
 こういうふうにモモは人の話が聞けたのです! ・・・ 『モモ』二章 p20~23
 
 一番最初にした質問、覚えていますか?「とてもとてもふしぎな、それでいてきわめて日常的なひとつの秘密があります。すべての人間はそれにかかわりあい、それをよく知っていますが、そのことを考えてみる人はほとんどいません。たいていのひとはその分けまえをもらうだけもらって、それをいっこうにふしぎとも思わないのです。その秘密とは―それは時間です。
 
時間をはかるにはカレンダーや時計がありますが、はかってみたところであまり意味はありません。というのは、だれでも知っているとおり、その時間にどんなことがあったかによって、わずか一時間でも永遠の長さに感じられることもあれば、ぎゃくにほんの一瞬と思えることもあるからです。なぜなら時間とはすなわち生活だからです。そして人間の生きる生活は、その人の心の中にあるからです。
 
 このことをだれよりよく知っていたのは、灰色の男たちでした。かれらほど一時間のねうち、一分のねうち、いやたった一秒のねうちさえ、よく知っているものはいませんでした。ただかれらは、ちょうど吸血鬼が血の価値を知っているのとおなじように、かれらなりに時間のだいじさを理解し、かれらなりの時間のあつかい方をしました。」(p-75 インチキで人をまるめこむ計算)
 
 
 平和な町にやってきた灰色の男たちは人々に時間の倹約をすすめます。人々は時間を倹約するために余裕がなくなり、ぎすぎすしていきます。実は、人々から時間を盗む時間泥棒だったのです。モモは、人々が失った時間を取り戻すために時間泥棒に立ち向かっています。さて、どのように立ち向かうのかしら。この本は、5,6年生むけと書いてありますが、本を読むのが大好きなお友達にはもう十分に読めるでしょう。今はまだ字が多くて難しいと思う人も、ぜひいつか読んでみてください。
 
 最後に図書館の案内をします。(手短に図書館の利用案内やおはなし会、小学生向けの行事の案内をする。)図書館の案内のお知らせと、今日のブックトークで紹介した本のリストをプログラムの形にして、お渡しします。今日、紹介した本はすべて図書館で借りることができます。ぜひ図書館に遊びに来てくださいね。図書館のスタッフみんなで待っています。

 

「調べ学習」の4つのステップ


もうすぐ夏休みになります。
各館では、夏休みの自由研究や調べ物のレファレンスに向けての準備が大変かと思います。
わかりやすいサイトがありましたので、参考にしてください。

公益財団法人 図書館振興財団のサイトです。
図書館を使った調べる学習コンクールさあはじめよう「調べ学習」の4つのステップ

「どくしょ甲子園」募集中♪


6月13日に、ヴィアックス研修センターで開催した初級研修・児童サービス基本編の3のYAサービスの時間に「YA世代の子どもたちにとって図書館に居場所があることが大切。YA世代の子達がたむろしていると目くじらたてる図書館員が多い印象がありますが、彼らの感性を図書館サービスに取り入れていきましょう。彼らが図書館の味方になってくれれば、図書館は衰退しないでしょう。」と、お話ししました。

夏休みには児童サービス関連の行事が目白押しだと思いますが、YA世代向けのイベントもありますか?
部活などで忙しくて図書館に足を向けにくい世代ですが、夏休みの課題研究などで集まってくるYA世代に、「図書館って、なかなかいいじゃん!使えるじゃん!」って言ってもらえるように、YAサービスも充実させていきましょう。
 
 

さて、5月1日の「本のこまど」で報告しましたように、朝日新聞で所沢市立図書館柳瀬分館の「どくしょ甲子園」の取り組みが紹介されました。現在その新聞記事内容が、「どくしょ甲子園」HPで公開されています。→「どくしょ甲子園」公式サイト【読書会に注目!各地の図書館

 
また、「どくしょ甲子園」として高校生たちの読書会の報告を募集しています。応募締め切りは9月20日。→応募要項

YA世代向けの夏休みの図書館行事としてもおススメです。
high_school4.jpg
 

子どもの本の選書


指定管理者で受託している図書館では私たちに一次選書が託されていると思います。

 
毎年、児童書だけでも4000点近い本が発行されています。その中から子どもたちに手渡したい本、図書館の蔵書として揃えたい本をどのように選ぶかは、現場スタッフの一番心を砕くところでり、迷うところでもあります。児童サービスの館内研修でのリクエストに、「児童室の蔵書構築」というものが増えているのも、そのためだと思います。
 
今日は、そんな悩める選書担当の方々に役立つ情報をお伝えしたいと思います。

*公益財団法人 図書館振興財団の選書委員会*
 
図書館振興財団には選書事業のための委員会が5つあります。
・新刊選書委員会
・児童書選書委員会
・学校図書館用選書委員会
・大学図書館用委員会
・科学読み物選書委員会
 
これらの選書委員会が選んだリストは、図書館振興財団のウェブサイトから見ることができます。→こちら
 
 
 
*教文館ナルニア国*
銀座の目抜き通りに面して建っている書店、教文館は1885年創業の128年の歴史を持つ本屋さんです。建物は昭和8年にアントニン・レイモンド設計のレトロな雰囲気を今に残しています。そこの6階に、子どもの本の専門店「こどもの本のみせ・ナルニア国」がオープンしたのは1998年のこと。石井桃子さんが抱き続けた願いを、こぐま社の創業者、佐藤英和さんと東京子ども図書館理事長の松岡享子さんが具現化した子どもの本の専門店です。世代を越えて受け継がれていく優れた絵本・読み物・科学の本、すべての分野におけるロングセラーを集めて提供してきました。
一方で、子どもの本に関わる仕事をする方々への利便性を図ることを目的として「日本の子どもの本 この1年」のコーナーには、1年間に日本で出版された子どもの本をすべて揃え、実際に手にとって選書できるようにしてくれています。
 
毎日入荷する新刊本については、毎週「児童書新刊情報メールマガジン」としてインターネット配信をしてくれています。選書担当のスタッフの方々が、実際にすべての本を読んで、その情報を伝えてくださっています。
 
また毎年、それらの本の中から「おすすめリスト」を作成してくださっていましたが、2008年より本として刊行してくださっています。
 
メーリングリストの情報、そして「2008年に出た子どもの本」「2009年に出た子どもの本」「2010年に出た子どもの本」「2011年に出た子どもの本」は、児童書を選書する際の、有用な情報源になります。
 
ぜひ、児童書の選書担当になった方は、教文館ナルニア国のメールマガジンをチェックしてみてください。
ナルニア国のホームページは→こちら  メールマガジンについては→こちら
 

2011年に出た子どもの本2011年に出た子どもの本
販売元:教文館
(2012-03)
販売元:Amazon.co.jp
 

その他には、東京子ども図書館の機関誌「こどもとしょかん」や、親子読書地域文庫全国連絡会の機関誌「子どもと読書」、日本子どもの本研究会の機関誌「子どもの本棚」などからも、新刊情報を受け取ることができます。それぞれの団体により選書基準がかなり違っているので、どういう基準で選ばれているのかを、比較し、自分が担当する館の蔵書構成や利用する子どもたちの顔を思い浮かべながら、どれを参照にするのか、検討してみてください。
 

子どもたちに「読書感想文」どう書かせる?


あっという間に6月も終わりに近づいています。各図書館では夏休みに向けた児童イベントの企画・実施に向けて忙しくしてることでしょう。

さて、先日ある図書館から「学校支援で、低学年の子どもたちに読書感想文の指導をお願いされたが、どのようにすればいいでしょう?」という問い合わせがありました。

以前、「Q&Aこんな時どうする?」にも記事を載せていますが、もう一度考えてみたいと思います。

2010年8月27日UP 「読書感想文のための本選び」(M・A作成)

****************************

私(K・J)個人の見解では、「読書感想文」を書くことを強要することは子どもの本嫌いに繋がってしまうのではという危惧があります。もちろん本をどのように読み、受け止めたのか、それを振り返り、それを他の人にいかにわかりやすく伝えるかという作業は、とても大事で、さらに本の魅力に気づくことのできる機会でもあります。

しかしそれは「この本、面白かった!」「感動した~この思いを誰かに伝えたい!」という思いがあって初めて、生き生きとした感想文になるのではと思います。「感想文を書かなくちゃいけないから、いやいやでも何か読まなきゃ」と思って読むのとは意味合いが違うと思っています。

そこで、図書館スタッフが出来ることは一体何か?ということになります。
それは、ズバリ「図書館には、かならず君たちを満足させることのできる本があるよ!」ということを伝えることだと思います。

子どもたちの中には、長い文章、分厚い本と知っただけで尻込みする子もいます。それぞれの年齢、それぞれの読書歴に合わせて、またそれぞれの興味・関心に合わせて、ドン・ピシャ!とくる本と出会うことができれば、一番いいですよね。
その出会いのお手伝いをするのが図書館スタッフなのです。

もちろん物語の世界に入り込んで、自分も主人公と一緒になってわくわくするような冒険の旅を疑似体験できる子どもたちは、何の苦もなく感想文も書けるでしょう。
そうではなく、何を読んでいいのか?何を書いていいのかわからない子どもたちに、まずは「本ってね、面白いんだよ。」「君が知りたいって思っていることは、たいてい本の中でみつけることができるよ。」と、伝えてあげることから始めてはどうでしょう。

図書館には0~9の分類で本が並んでいます。児童室も同じです。子どもたちに、本=9門だけではないということ、幅広い興味と関心に応えてくれるものだということをまず伝えましょう。

そのために具体的にはブックトークという形で、本の世界の広がりを伝えられるように、物語の本ばかりではなく、歴史や科学などさまざまな分野の本も一緒に紹介するようにしましょう。

子ども達、ひとりひとりが「この本、読んでみたい!」「これ面白そう!」と思えたら、いきなり感想文ではなく、「どんなところがおもしろかったのか」「どんなことがわかったのか」などを短くカードに書いて紹介することから始めてもいいですね。(子どもたちに具体的にカードを示すことができるように準備しておきましょう)

「ここがおもしろかった」「ここはドキドキした」「ここは、へえ~と思った」などなど、カードがたくさんになると、それをつなぎ合わせ、内容を深めて感想文になります。低学年の子ども達には、いきなり長い文章ではなくカードに紹介文をかいてもらう取り組みから提案してもよいかもしれません。

全国学校図書館協議会のサイトにも、読書感想文Q&Aがあります。こちらも参考にしてください。→読書感想文Q&A

************************

今年の青少年読書感想文全国コンクール課題図書

第45回夏休みの本(緑陰図書)
himawari2.jpg

わらべうた講座を開催しました♪


5月25日(木) 午前10時~10時30分と、11時~11時30分の2回、未就園児とそのお母さん向けに「てあそび&わらべうたの会」を開催しました。

各回15組の子ども達(1~3歳)とママたちが、お膝の上で遊ぶわらべうたや、身体をこちょこちょするわらべうた、シフォンのハンカチを使って遊ぶわらべうたなどをいっぱいやってあそびました。

子ども達もママ達も笑顔で溢れていました。このページの最後に、会で使った「わらべうた集」をPDFファイルで載せていますので、参考にお使いください。

DSCN5492
【プログラム】
起こしあそび
ととけっこう




赤ちゃん向けわらべうた遊び(おひざであそぶ)
このこどこのこ ぼうずぼうず
ちょちちょちあわわ
めんめんすーすー
DSCN5500ここはとうちゃんにんどころ
でんでんむしでむし
めんめんたまぐら
ここはてっくび

DSCN5497とうきょうとにほんばし
さるのこしかけ
うまはとしとし
とっちんかっちん
おふねがぎっちらこ
こまんか こまんか

シフォン布を使って
DSCN5501えんやらもものき
じぃーじぃーばあ
ちゅっちゅこっこ
にぎりぱっちり
ももやももや
おてんとさん
もどろもどろ

立ちあがってあそぶ
DSCN5490こーりゃどーこのじーぞうさん
あしあしあひる

ミトンくまさんを使って
くまさん くまさん

さよならあんころもち


展示の工夫・書架の工夫(画像圧縮済み)


みなさんの図書館の児童室は、書架の配置、展示スペースは十分にありますか?

こんなふうにしたい、と思っていても、施設の制約があるからと思っていませんか?今回はそういう制約を逆手にとって、素晴しい工夫をしている例をご紹介します。

杉並区立永福図書館「こどもの本」

VIAXが受託しているいくつかの図書館では、児童室に子育て中の保護者に方々や、学校などでおはなし会ボランティアをしている方々向けに子どもの本のリストや、子どもの本に関する研究書コーナーを設けているところがあります。

子どもの本だけではなく、それを探すためのツールや、それを活用するための情報が、すぐ手に取れるところにあるということで、利用者に喜ばれていると思います。

今回、ご紹介する永福図書館は、杉並区内では2番目に古い建物で、1階に児童室がありますが、スペースとしては一般書のスペースの4分の1ほどと狭く、限られています。そして一般カウンターは3階にあり、さらに書架は階層書架になっています。つまり施設の制約があり、1階の児童室にそれらの本を置くスペースがないこと、そして一般書架に行っても、すぐに探しだしにくいということがありました。

その為、永福図書館では児童室の書架の上に、スタッフ手作りの「こどもの本」リストが作成されていました。

画像 190.jpg





















「~保護者・児童図書にかかわる方々向け~
 お役に立ちそうなガイドブックを集めてみました。
 本の場所がわからないときは
 図書館スタッフにおたずねください。」
として、乳幼児版と2種類用意されています。

画像 193.jpg





















大きさはA4判。そしてそれぞれの本の表紙をスキャンし、その本がどの棚にあるかまで丁寧に案内されています。
画像 191.jpg
← この本は、階層書架の4階の019.5アにあることがわかります。













画像 192.jpg
リングで上を止めてあるので、裏表に本の紹介がされています。

児童室で絵本を探しながら、必要なガイドブックを探すことができる。もちろん同じフロアーに別置している館のようにスペースが許せばそれにこしたことはないのですが、その制約がある場合の工夫としてとても素晴らしいなと思いました。

利用者の目線になってサービスを考えるという、とてもよい例だと思いましたので、紹介させていただきました。








杉並区立方南図書館 YAコーナー

YA向けの書架は、児童室にあることもあれば、一般の書架に文庫本、新書本だけ集めている図書館もありますが、みなさんの図書館ではどうしていますか?

幼児、小学生のうちは熱心に図書館に通っていた子達が、中高生になると図書館から足が遠ざかるということが言われています。受験勉強の為の塾通いや、部活動で忙しくなるということも大きな要因でしょう。でも、もしかすると図書館の中に居場所がない、もう子どもでもないし、かといって大人でもない年代の子ども達が、児童室にも一般書架にも魅力を感じなくなっているということもあるのかもしれません。

方南図書館では、児童室の1コーナーをYAコーナーとし、書架もすべてブルーで統一して、YA世代の子ども達が読みたくなる本が集められ、整理・分類されています。
そしてちょうど角になっているこのスペースは、その年代の子がくつろいで本が読めるような雰囲気になっているのです。
画像 183.jpg



















画像 184.jpg



















中高生向けの新聞の切り抜き記事なども用意されていたり、方南図書館のYAサービス担当が作成しているYA向けブックリスト「すずらん」が置いてあったりと、さまざまな工夫がなされています。

YA世代の利用者の居場所があって、読みたい本、読みたくなる本が用意されていて、必要な情報が揃うこんなスペース。いいですね。

YAコーナーについて「どうすればいいかわからない」という声も、各館を訪問していて聞こえてきます。ぜひ参考にしてみてください♪
11.jpg
 
 
 

調べる学習の支援のために(7/19追記あり)


いよいよ夏休み。

第15回「図書館を使った調べる学習コンクール」作品募集に向けて、あるいは夏休みの学校の宿題をするために、この夏休みもたくさんの子ども達が図書館に足を運ぶことと思います。

図書館のカウンターやフロアーで、子どもたちの質問を受け、それに応える図書館のスタッフのみなさんは、子ども達からすると、まさにそんな時の「救世主」のような存在です。

今月号の「あうる 図書館の学校」No.101では、特集記事「今年の夏も図書館に行こう」の中で、「図書館で調べる」やり方を詳しく紹介しています。(17p~33p)
図書館で調べる (ちくまプリマー新書)図書館で調べる (ちくまプリマー新書)
著者:高田 高史
販売元:筑摩書房
(2011-06-08)






「あうる」No.101の中で、特集2「図書館で調べる」に答えているのは、上の本をこの6月に出版した神奈川県立川崎図書館の高田高史さん。
その中で、「図書館に行って1冊2冊の本を借りて、答えが載っている箇所を引用する、あるいはフィールドワークで知ったことを図書館の資料で確認する――、それは図書館のごく基本的な使い方にすぎません。」と、図書館をもっともっと使ってほしいとアピールしています。

項目だけ取りだしてみると・・・
すべての分野がある空間
歩きまわって、めくる
前後左右を見よ!
イメージを膨らませながら、探す
セレンディピティ―思わぬものを偶然に発見する能力―
それでも、効率よく調べたいなら
調べる引き出し
聞き方にも、ポイントがある
難易度を選べるのも図書館の良さ
どうやって調べたんですか?
検索のすきまを埋めるもの
図書館を縦横に使いこなすこと

そこに書いてあることは、そのまま図書館スタッフが図書館に来る子ども達に調べ学習を支援する筋道にもなります。

ぜひ一度目を通しておきましょう。


通信教育の大手Z会からは「自由工作と自由研究が一日でおわる!」サイトが、小学校1,2年生向けに公開されました。
ここでも、「くわしく調べる」という箇所で「おうちの人と図書館へ行こう」とあります。図書館で調べることのだいご味を子ども達が味わえるような児童のレファレンスサービスを目指しましょう。

都立多摩図書館では、7月8日から8月31日まで、「これならできる!自由研究~111枚のアイディアカードから選ぼう~」と題して、企画展示をしています。
都立図書館では、111枚のアイディアカードを都内の小学校に配布しているとのこと。そのカードを持って図書館に来る子もいるかもしれませんね。展示会場では、ひとり5枚までカードを持ちかえることができるそうです。興味のある方は、多摩図書館も覗きに行ってみてくださいね。

児童レファレンスサービスチャート図.pdf

こちらの資料は、江戸川区立東部図書館での児童レファレンス研修で使用した資料ですが、各図書館でも応用できると思います。

昨年7月に掲載した、当ブログ「SOS 夏休み自由研究・調べ学習支援」の記事は→こちら







H23年度6月「おはなし会デモンストレーション・絵本を読み比べてみよう」


5月26日(木) 午後2時~5時

今年度第1回めの児童部会を開催しました。

テーマは「おはなし会デモンストレーション・絵本を読み比べてみよう」でした。

前年度最後の児童部会の後に、アンケート調査をした中で一番要望が多かったのが、「おはなし会デモンストレーション」でした。おはなし会に参加する子どもたちが低年齢化する傾向があり、プログラムの中に絵本の読み聞かせ以外にもパネルシアターやエプロンシアター、紙芝居などを取り入れたい、ついてはその演じ方を学びたいという要望が高くなっていました。

児童部会は、互いに学び合う場なので、各図書館でおはなし会に関わっている8人の皆さんにデモンストレーターになっていただきました。・


1番目は板橋区立西台図書館のHさんが、『ヤギとライオン』を読みました。画像 097.jpg
このおはなしはトリニダード・ドバコの民話ですが、ヤギが、ライオンを恐怖に陥れる歌の部分が難しい絵本です。絵本ナビのサイトには、ライオンの歌は「第九」、やぎの歌は「アルプス一万尺」の替え歌で歌うとよいというアドバイスも。Hさんは、オリジナルの節で朗々と歌い上げていました。
素話でもよく使われる題材です。
素話のテキストとしては、『子どもに聞かせる世界の民話』実業之日本社 1964 を、使うといいでしょう。




やぎとライオン.jpg『ヤギとライオン』 内田莉莎子訳/むかいながまさ
鈴木出版 1991

ヤギとライオン―トリニダード・トバゴの民話 (ひまわりえほんシリーズ)

次に読んだのは、千代田区立四番町図書館のKさん。『11ぴきのねこ』を読みました。
実はKさんは、おはなし会では実際には読んでいないとのこと。
児童部会がデビューになりました。子ども時代に大好きだった絵本ということで、初めてとは思えないほど落ち着いて読んでいました。男性が読んでくれると、子ども達には新鮮で嬉しいもの。
ぜひおはなし会で読んであげてくださいね。

『11ぴきのねこ』 馬場のぼる こぐま社 1967

画像 098.jpg
11ぴきのねこ
11ぴきのねこ

三番手は、中野区立上高田図書館のSさん。まず最初にクリスマス会で演じた影絵『ブレーメンのおんがくたい』の影絵人形を持参して、どのように作って動かしたかについて、説明してくれました。
その後、紙芝居『ひもかと思ったら』を演じました。

『ひもかとおもったら』(園児参加かみしばい―みんなもいっしょにね) 古川たく 教育画劇  1998himokatoomottara.jpg
 

画像 099.jpg








四番手は、板橋区蓮根図書館のSさん。
絵本『ねこがいっぴきおりました・・・』を読みました。不思議な雰囲気のおはなしで、電話をかけるナナ・クインビィさんの声とSさんの雰囲気がぴったりでした。

『ねこがいっぴきおりました・・・』ジョン&アン・ハセット 今江祥智訳 BL出版 2001画像 100.jpg
ねこがいっぴきおりました...
ねこがいっぴきおりました…

その次は、新宿区立大久保図書館のMさん。
大久保図書館では、多言語おはなし会を開催しています。同じタイトルの絵本を日本語と韓国語、英語で交互に読む取り組みをしています。今回は日本語のみですが、他の言語だったらどう表現するんだろうと、想像するだけでも面白かったです。
選んだ絵本も、同じ形がみる視点によってどちらにも解釈できるというもので、その選書も面白いなと思いました。これは集団への読み聞かせだからこそ生きる絵本なのかもしれません。英語の原題『Duck! Rubbit!」

『アヒルだってば!ウサギでしょ!』 エイミー・クロウス・ローゼンサ―ル サンマーク出版 2010画像 101.jpg
アヒルだってば!ウサギでしょ!
アヒルだってば!ウサギでしょ!

六番手は、渋谷区立渋谷図書館のCさん。
春先にぜひ読んであげたい絵本『とんことり』を読みました。この絵本のタイトルにもなっている「とんことり」という擬音は、声に出して読んでもらい、それを耳から聴いてみて、「そうか~その音のことを表しているのね」ってわかります。丁寧に読んでくださったので、それがみんなにも伝わったと思います。

『とん、ことり』 筒井頼子/林明子 福音館書店 1989画像 102.jpg
とん ことり(こどものとも絵本)
とん ことり(こどものとも絵本) 

七番手は、杉並区立方南図書館のNさん。Nさんは、方南図書館館長のSさんが制作したエプロンシアター『フルーツパフェ』を演じてくれました。
演じ手と、聞き手(子どもたち)とのやりとりをしながら、美味しそうなフルーツパフェを作っていきます。どんな果物がポケットから出てくるのかな?と、見ているほうもワクワクするエプロンシアターでした。

『楽しく手づくり エプロンシアター』 中谷まゆみ フレーベル館 1999画像 103.jpg
楽しく手づくりエプロンシアター
楽しく手づくりエプロンシアター
画像 104.jpg

画像 105.jpg



 
 
 
 
 




デモンストレーションの最後は、文京区本郷図書館のYさんがパネルシアター『まんまるさん』を演じました。
『まんまるさん』は、パネルシアターを考案した古宇田亮順さんの作品です。パネルシアター名作選/まんまるさん

画像 106.jpg画像 107.jpg













**************

8人のデモンストレーションの後に、児童部会講師のAさんとJが、エプロンシアターや紙芝居の実演をひとつずつやりました。

その後は、『三びきのくま』、『三びきのぶた』、『ももたろう』、『かさじぞう』、『おおきなかぶ』、『シンデレラ』、『つるのおんがえし』の7つのグループに分かれて、それぞれのタイトルに、数冊ある絵本を読み比べしました。画像 110.jpg

同じタイトルでも、作家によって解釈が違い、絵も、雰囲気も違います。読み聞かせの時のことばのリズムや響き、子ども達が理解しやすいことば使いなのか、絵はどうか…グループごとに読み合い、話し合ってもらいました。

児童部会では、各グループでの発表で時間が切れてしまいましたが、絵本を読み比べてみて、様々な発見があったと思います。まとめができませんでしたが、読み比べの視点について、もっと詳しく絵本について知りたい方は次の本をぜひ一度読んでみてほしいと思います。

『絵本論―瀬田貞二子どもの本評論集』 瀬田貞二 福音館書店 1985
絵本論―瀬田貞二子どもの本評論集
絵本論―瀬田貞二子どもの本評論集

本を読んで比べることで、子どもの本の選書眼も身についてきます。図書館でも同じタイトルの本を見つけたら、できれば声に出して読み比べをしてみてほしいと思います。

 

トップページに戻る