わらべうた・手遊び集

なぜわらべうたを図書館のおはなし会で取り入れるのか(再掲)
わらべうた講座を開催しました♪
わらべうた講座第2弾 @板橋区立西台図書館
わらべうた おすすめサイト
わらべうた(小さな子どものためのおはなし会で)

なぜわらべうたを図書館のおはなし会で取り入れるのか(再掲)


2010年7月13日にUPした「わらべうた(小さなこどものためのおはなし会で)」の記事を、ちょうど6年目の今日、少し手直しをしてUPします。

********************

私自身は、プライベートな文庫活動で27年近く「わらべうた」をおはなし会に取り入れてきましたし、年間数回、あちこちで「わらべうた講座」の講師をしています。

また多くの図書館で「わらべうた」の時間をを乳幼児サービスとして提供しています。なぜ、小さな子どもたちに「わらべうた」なのか、サービスをする人たちの中にも「赤ちゃんが喜ぶから」「今までずっとやってきたから」というだけで、立ち止まって考える機会がないままの方もいるかもしれません。

今回は、なぜ、「わらべうた」なのか考えてみましょう。

まずは「わらべうた」とは、何かということですが、古くから民衆の生活に結びついて歌われてきた、子ども達の遊び歌、 あやし歌、数え歌などです。 口承で伝わってきたものなので、地方によっても少しずつ音程や 歌詞が違っています。 音階構造は長唄や雅楽など日本の民族音楽に共通する五音階です。 なお「本のこまど」で掲載している「わらべうた」の楽譜は、私が覚えて歌っているものを採譜したものなので、みなさんの普段歌っている「わらべうた」とは音程や、拍の長さが違っているかもしれません。そのように、地域の中で親から子へと、年長者から子どもたちへと伝わってきたのが「わらべうた」なのです。

さて、赤ちゃんの五感のうち、どこが一番早く発達するかご存知ですか?子育てを経験された方ならきっとご存知だと思うのですが、先天的な異常がない場合、それは聴覚です。胎児の時にすでに聴覚は完成しています。だいたい妊娠7ヶ月の頃には出来上がっていて、お母さんのお腹の中でお母さんの心音や、お腹のぐるぐるいう音を聴いているのです。

その証拠に『ごぶごぶ ごぼごぼ』という絵本を生後3ヶ月ぐらいのの赤ちゃんに読んであげると、不思議なことに赤ちゃんがじっと聞き入るのです。
ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)
著者:駒形 克己
販売元:福音館書店
発売日:1999-04-15


(この絵本について、駒形克己さんの講演会でお話を伺ったことがあります。お嬢さんの胎内体験に基づいて作ったということでした。)


お母さんがゆったりしている時の心音は、胎児にとって心地よい音として生物的な感覚で覚えています。
それは胎盤からの血流が滞ることがなく、赤ちゃんにとっても心地よいからです。そして出産後まもなく新生児はお母さんの生の声、肉声に反応していることがわかっています。詳しい研究については『赤ちゃん 成長の不思議な道のり』を参考にしてください。
NHKスペシャル 赤ちゃん―成長の不思議な道のりNHKスペシャル 赤ちゃん―成長の不思議な道のり
著者:安川 美杉
販売元:日本放送出版協会
発売日:2007-02


では何故「わらべうた」なのでしょうか?それは「わらべうた」の持つ特性にあります。「わらべうた」の持っている言語リズム素、言語旋律素というものが、母語である日本語のリズム、高低と合致しているのです。またお母さんのお腹の中で聴いていた心音のリズムとも合致しているのです。だから小さな赤ちゃんはわらべうたのリズムで落ち着いて眠っていくのです。

また「わらべうた」を歌ってもらう経験は、お母さんのおひざの上で心地よい体験として、子どもたちは受け止めます。またお母さんにとってもその時間は赤ちゃんにまっすぐ向き合える貴重な時間。そうした経験が、そばに居てくれるお母さんへの信頼感を育て、やがて落ち着いて絵本の読み聞かせを受け入れていく素地になります。(もちろんお母さんだけでなく、お父さんや、祖父母など、自分の世話をしてくれる人たちもここに含まれます。)

また耳から聞く言葉というのは、子どもの脳の発達を促し、認知能力を伸ばし、そして想像力を育ててくれます。耳に心地よい「わらべうた」を聴いて育った子は、おはなしのことばにも集中することができるようになるのです。

東京子ども図書館でも、おはなし会に参加できるのは自分の意思でおはなしを聴ける3歳から。それまではその素地となるわらべうたにたっぷり親しんでくださいと、小さい子のためには「わらべうたの会」をしています。

「わらべうた」は、おはなしを聴く素地を作る、それはいずれ自分で本を読むことにつながる「はじめの一歩」としてとても大切なのです。

このように大切だと位置づける「わらべうた」ですが、今は子育ての中で自然に伝承されているとは言い難いのが現実です。あるいは若い親世代が、自分の親に歌ってもらっていたとしても、ごくごく幼少期だからか「歌ってもらっていたか、覚えがない」というのが大半です。戦前のような大家族の中で祖父母が孫に歌って聞かせる、あるいは弟妹に親が歌っているのを聞くという機会も、核家族化の中で無くなっているといっても過言ではないでしょう。

そういう意味からも、図書館の乳幼児サービスの中で「わらべうた」を伝えていく意義は大きいのではと考えています。

(作成K・J)

わらべうた講座を開催しました♪


5月25日(木) 午前10時~10時30分と、11時~11時30分の2回、未就園児とそのお母さん向けに「てあそび&わらべうたの会」を開催しました。

各回15組の子ども達(1~3歳)とママたちが、お膝の上で遊ぶわらべうたや、身体をこちょこちょするわらべうた、シフォンのハンカチを使って遊ぶわらべうたなどをいっぱいやってあそびました。

子ども達もママ達も笑顔で溢れていました。このページの最後に、会で使った「わらべうた集」をPDFファイルで載せていますので、参考にお使いください。

DSCN5492
【プログラム】
起こしあそび
ととけっこう




赤ちゃん向けわらべうた遊び(おひざであそぶ)
このこどこのこ ぼうずぼうず
ちょちちょちあわわ
めんめんすーすー
DSCN5500ここはとうちゃんにんどころ
でんでんむしでむし
めんめんたまぐら
ここはてっくび

DSCN5497とうきょうとにほんばし
さるのこしかけ
うまはとしとし
とっちんかっちん
おふねがぎっちらこ
こまんか こまんか

シフォン布を使って
DSCN5501えんやらもものき
じぃーじぃーばあ
ちゅっちゅこっこ
にぎりぱっちり
ももやももや
おてんとさん
もどろもどろ

立ちあがってあそぶ
DSCN5490こーりゃどーこのじーぞうさん
あしあしあひる

ミトンくまさんを使って
くまさん くまさん

さよならあんころもち


わらべうた講座第2弾 @板橋区立西台図書館


10月13日(水) 午後3時~

板橋区西台図書館のわらべうた講座第2弾を開催しました。
6月23日に第1回目を開催したのが好評で、第2弾をぜひやりたいということになり秋にも開催する運びになりました。

今 回は前回参加してくださった方がリピーターとしてお友達を誘って参加してくださったようで、申込受付から1週間で40名の定員(図書館などの視聴覚室には 消防法で定められた定員があるのです)に達してしまい、約10名の方がキャンセル待ちをしてくださったとのこと。結局キャンセル待ちで参加できたのは4名 だけで6人の方には希望されたにもかかわらずお断りしていまい申し訳ありませんでした。当日も飛び込みでの参加申込があったようですが、お断りしたとのこ と。ごめんなさい!

DSCN2883前回、子どもたちがとても喜んでくれた遊びをもう一度しながらも、秋~冬の遊びも取り入れることにしました。
当初やろうと思ってプログラムに入れた演目は41あったのですが、途中で子どもたちの様子を見て省いたり、最後は時間が足りなくなり、ずいぶん端折ってしまいました。

また子どもたちが喜ぶ遊びは何度も繰り返して遊んだので、やった演目は31ほど。これだけでも充実のプログラムだったので、最初から欲張らずにプログラムを厳選すべきだったと反省!

************

おひざで遊ぶわらべうた (赤ちゃんも大きい子も大喜び♪)
・このこどこのこ かっちんこ
・どのこがよいこ
・ちょち ちょち あわわ
・めんめん すーすー
・ここはとうちゃん にんどころDSCN2886
・ここはてっくび
・ぼうず ぼうず
・ばくさん ばくさん
・とっちん かっちん
・いっちく たっちく
・いもむし ごろごろ
・こどもかぜのこ
・おせよ おせよ
・おしくらまんじゅうDSCN2888
・おおさむ こさむ
・どどっこやがいん
・もっちっこ やいて
・せんべせんべ やけた

絵本タイム
『せんべせんべ やけた』せんべせんべやけた (わらべうたえほんシリーズ)
せんべせんべやけた (わらべうたえほんシリーズ)
著者:こばやし えみこ
こぐま社(2006-10)






ハンカチを使って遊ぶわらべうた(これもみんな歓声をあげて遊びました)
・えんやらもものき
・じぃーじぃーばあ
・ちゅっちゅ こっこDSCN2889
・にぎり ぱっちり
・ももや ももや
・おてんとさん
・もどろ もどろ

絵本タイム
ドアがあいて... (ほるぷ出版の大きな絵本)『ドアがあいて』
ドアがあいて… (ほるぷ出版の大きな絵本)
著者:エルンスト・ヤンドゥル
ほるぷ出版(2006-03)




輪になって遊ぶわらべうた
・まーるくなーれ
・きーりすちょん
・おてぶしてぶし
・さるのこしかけ
・さよなら あんころもち

絵本タイム      『どうぞのいす』
どうぞのいす (大きな大きな絵本)どうぞのいす (大きな大きな絵本)
著者:香山 美子
チャイルド本社(2005-06)

DSCN2884

時間切れで出来なかった遊び(省いた遊び)
おひざ・・・とうきょうとにほんばし  
      だるまさんだるまさん
      おせんべやけたかな
輪になって・・・なべなべそこぬけ 
        あめこんこんゆきこんこん
        まめっちょ  もぐらどんの おちゃをのみにきてください
ミトンくまさんを使って・・・ととけっこう  くまさんくまさん

使った資料
にほんのわらべうた〈1〉うめとさくらにほんのわらべうた〈1〉うめとさくら
著者:近藤 信子
福音館書店(2001-04-01)

にほんのわらべうた〈2〉すずめすずめにほんのわらべうた〈2〉すずめすずめ
著者:近藤 信子
福音館書店(2001-04-01)

にほんのわらべうた〈3〉おてぶしてぶしにほんのわらべうた〈3〉おてぶしてぶし
著者:近藤 信子
福音館書店(2001-04-01)

にほんのわらべうた〈4〉楽譜とCDにほんのわらべうた〈4〉楽譜とCD
著者:近藤 信子
福音館書店(2001-04-01)







わらべうたであそぼう―乳児のあそび・うた・ごろあわせ (コダーイ芸研選書 (20))わらべうたであそぼう―乳児のあそび・うた・ごろあわせ (コダーイ芸研選書 (20))
著者:コダーイ芸術教育研究所
明治図書出版(1985-01-01)





お母さんのためのブックトーク
読む力は生きる力
読む力は生きる力
著者:脇 明子
岩波書店(2005-01-18)

絵本のよろこび
絵本のよろこび
著者:松居 直
NHK出版(2003-11-27)







絵本・子どもの本 総解説
絵本・子どもの本 総解説
著者:赤木 かん子
自由国民社(2009-05-01)



絵本の読み聞かせと、ブックトークは西台図書館の児童サービス担当の4人が分担して務めてくれました。また4人の担当さんたちは会の進行中、うろうろしてしまう赤ちゃんの安全に気を配ってくれたり、兄弟で参加している子どもたちのお母さんにかわって上の子をおひざにのせて遊んでくれたりと、気配りを自然としてくれていたので、こちらも大変たすかりました。

幼稚園児と、ほんとうにまだまだ赤ちゃんの子ども達、その両方に満足できるプログラムはむずかしいなと実感。
前半のおひざでの遊び、ハンカチを使った遊びはそれぞれが一緒に遊べましたが、後半の輪になって遊ぶところは幼稚園児向けなので、赤ちゃんにはちょっと無理だったかな^^;(半分に減らして正解でした)
それでもママ達はにこやかに見ててくださって、ありがたかったです。

反省点はまだまだいっぱいありますがわらべうたの楽しさをママにも子どもたちのも伝えることはできたのではと思いました。次回はもっと遊びを厳選して、めりはりつけられるようにしたいなと思います。

わらべうた おすすめサイト



わらべうたは口承で伝わってきた伝統的な遊び歌。

地方によって歌い方や遊び方に違いはあるものの、図書館で子どもたちの前で歌う時には毎回リズムや音程が違うのでは困りますよね。

東京子ども図書館でわらべうた講座を担当してくださっている森島瑛子先生は、相手が子どもだからこそ、正確な音程と正確なリズムで歌ってほしいとおっしゃっています。

わらべうたの本にはCD付きのものが多く出ているので、ぜひきちんと耳で覚えて正確な音程で歌うことに心がけましょう。

わらべうたのサイトとしておすすめは「わらべうたblog」です。

遊び方が音声付画像で紹介されており、とてもわかりやすいサイトです。ぜひ図書館でわらべうたを実践する時は参考にしてみてくださいね。

なお、わらべうたのおすすめの本は
にほんのわらべうた〈1〉うめとさくらにほんのわらべうた〈1〉うめとさくら
著者:近藤 信子
販売元:福音館書店
発売日:2001-04-01

にほんのわらべうた〈2〉すずめすずめにほんのわらべうた〈2〉すずめすずめ
著者:近藤 信子
販売元:福音館書店
発売日:2001-04-01

にほんのわらべうた〈3〉おてぶしてぶしにほんのわらべうた〈3〉おてぶしてぶし
著者:近藤 信子
販売元:福音館書店
発売日:2001-04-01

にほんのわらべうた〈4〉楽譜とCDにほんのわらべうた〈4〉楽譜とCD
著者:近藤 信子
販売元:福音館書店
発売日:2001-04-01







4巻で構成されている「にほんのわらべうた」は、著者の近藤信子さんが実際に子どもたちと遊んでいる様子が、図解入りで紹介されている1~3巻と、楽譜とCDの4巻にわかれています。4冊合わせて手元に置いておきたくなるシリーズです。


あかちゃんとお母さんのあそびうたえほんあかちゃんとお母さんのあそびうたえほん
販売元:のら書店
発売日:1998-04








子どもとお母さんのあそびうたえほん子どもとお母さんのあそびうたえほん
販売元:のら書店
発売日:2000-05








こちらの2冊は小林衛巳子さん作、大島妙子さんの絵がとてもかわいらしい本です。
親子で遊べる楽しいわらべうたばかり。ぜひ参考にしてみてください。
こちらは別売りでCDが出ています。








わらべうた(小さな子どものためのおはなし会で)



わらべうたについては、今年度第一回児童部会(5月27日金曜日)でたくさんデモンストレーションをしました。

参加できなかった方には、参加した各館の児童担当さんが資料を持っています。楽譜付きの資料です。
ぜひ参考にしてください。

なお、どうしても個人的に資料がほしいが、自分の勤務する館では5月の児童部会に参加していなかったという方は、ぜひTS室児童担当宛てご連絡をください。

******************

さて、昨日開催した児童サービス研修(中級研修)の中で、なぜわらべうたを図書館のおはなし会で取り上げるのかお話しました。

そのあたりを今回は少しだけかいつまんでお話します。

小さな赤ちゃんは、五感のうち、どこが一番早く発達するかご存知ですか?子育てを経験された方ならきっとご存知だと思うのですが、それは聴覚です。胎児の時にすでに聴覚は完成しています。だいたい妊娠6,7ヶ月の頃には出来上がっていて、お母さんのお腹の中でお母さんの心音や、お腹のぐるぐるいう音を聴いているのです。

その証拠に『ごぶごぶ ごぼごぼ』という絵本を1才前の赤ちゃんに読んであげると、不思議なことにまだことばの意味を理解していないだろう月齢の赤ちゃんがじっと聞き入るのです。
ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)
著者:駒形 克己
販売元:福音館書店
発売日:1999-04-15







お母さんがゆったりしている時の心音は、胎児にとって心地よい音として生物学的な感覚で覚えています。
それは胎盤からの血流がたっぷりで赤ちゃんにとっても心地よいからです。そして出産後まもなく新生児はお母さんの生の声、肉声に反応していることがわかっています。詳しい研究については『赤ちゃん 成長の不思議な道のり』を参考にしてください。
NHKスペシャル 赤ちゃん―成長の不思議な道のりNHKスペシャル 赤ちゃん―成長の不思議な道のり
著者:安川 美杉
販売元:日本放送出版協会
発売日:2007-02





さてでは何故「わらべうた」なのでしょうか?それはわらべうたの持つ特性にあります。わらべうたの持っている言語リズム素、言語旋律素というものが、母語である日本語のリズム、高低と合致しているのです。またお母さんのお腹の中で聴いていた心音のリズムとも合致しているのです。だから小さな赤ちゃんはわらべうたのリズムで落ち着いて眠っていくのです。

わらべうたを歌ってもらう経験は、お母さんのおひざの上で心地よい体験として、子どもたちは受け止めます。またお母さんにとってもその時間は赤ちゃんにまっすぐ向き合える貴重な時間。そうした経験が、落ち着いて絵本の読み聞かせを受け入れていく素地になります。

また耳から聞く言葉というのは、何より想像力を育ててくれます。耳に心地よいわらべうたを聴いて育った子は、おはなしのことばにも集中することができるようになっているのです。

東京子ども図書館でも、おはなし会に参加できるのは自分の意思でおはなしを聴ける3歳から。それまではその素地となるわらべうたにたっぷり親しんでくださいと、小さい子のためには「わらべうたの会」をしています。

わらべうたは、おはなしを聴く素地を作る、それはいずれ自分で本を読むことにつながる「はじめの一歩」としてとても大切なのです。


このカテゴリーでは少しずつ小さい子のためのおはなし会で使えるわらべうたを紹介していきますので、どうぞお楽しみに♪

トップページに戻る