平成27年度以前の活動

「基本図書から学ぶ 第6回」報告
第6回児童部会(2016.3.18)
「基本図書から学ぶ 第5回報告」
「第5回児童部会(2016.1.15)」
「基本図書から学ぶ 第4回」報告
第4回児童部会(2015.11.20)
「基本図書から学ぶ 第3回」報告
第3回児童部会(2015.9.18)
「基本図書から学ぶ 第2回」報告
第2回児童部会(2015.7.16)
「基本図書から学ぶ 第1回」報告
H26年度11月「第16回図書館総合展 大盛況でした」
H26年度11月「第16回図書館総合展 始まりました♪」
H26年度9月「ポスターセッションの準備も佳境へ」
H26年度8月「児童部会のキャラクター出来上がりました♪」

「基本図書から学ぶ 第6回」報告


平成28年3月20日に開催された児童部会で、「第6回 基本図書から学ぶ」を行いました。

今回は、今年度のまとめとして、基本図書のブックリストに入れたいと思う本3冊(物語絵本1冊、昔話絵本1冊、ノンフィクションの絵本1冊)の発表と振り返りを行いました。

詳細は、以下の報告書と資料をご覧ください。

課題図書で取り上げられた本は50冊になりました

課題図書で取り上げられた本は50冊になりました

第6回「基本図書から学ぶ」報告書

●参考資料

(1)第6回児童部会 事前課題のまとめ 選ばれた本リスト

(作成 T.S)

第6回児童部会(2016.3.18)


2016年3月18日に第6回児童部会が開催されました。

今年度の最終回ということで、活動の振り返りとまとめを中心に行いました。

 

前半の「基本図書から学ぶ」では、事前課題として各部員が、基本図書のブックリストに入れたい絵本を3冊選び、発表しました。

また、それぞれの1年間の学びを振り返っての感想も合わせて発表しました。

詳細は後日報告書を掲載しますのでご覧ください。 

 IMGP4827

後半は、グループに分かれ、「情報共有の時間」の感想と来年度どのように進めていきたいかを中心に話し合いました。

感想としては、様々な取組みが紹介されて参考になった、子どもが喜びそうなイベントがたくさんあった、みんなの頑張りに励まされた、などがあがりました。

来年度の進め方に関しては、初めにみんなが知りたいテーマを募ってはどうか、各図書館などのお話会の現状やはじめ方など具体的に知りたい、制作物が貸りられたらよい、といった意見が出ました。

共有の方法として、インターネットやeラーニングの活用できないかという案も出されました。

今回の話し合いを受けて、事務局で「情報共有の時間」の内容を決めていく予定です。

 

今年度児童部会は、「基本図書から学ぶ時間」と「情報共有の時間」の2本立てて活動してきました。

各図書館の児童サービス担当者が顔を合わせて集まり、発表したり話し合ったりすることで、より活き活きとした学びとなり、

部員のスキルアップ、各図書館の児童サービスの充実につながっています。

来年度も引き続き、自発的に学び、自己研鑚を積む場として、横のつながりを大切にしながら活動していきます。

(作成T.S)

「基本図書から学ぶ 第5回報告」


平成28年1月15日に開催された児童部会で、「第5回 基本図書から学ぶ」を行いました。 IMGP4675

今回はノンフィクションの本をテーマに、たんぽぽの本の読み比べを行いました。

9冊の課題図書の中から3冊を自分の図書館で購入するとしたら、どの本を選ぶのかなども検討しています。

詳細は、以下の報告書と資料をご覧ください。

第5回「基本図書から学ぶ」報告書

●配布資料

(1)平成27年度第5回児童部会「基本図書から学ぶ⑤」 ノンフィクションについて②

(2)平成27年度第5回児童部会「基本図書から学ぶ⑤」別紙

(3)児童部会「基本図書から学ぶ第5回 ノンフィクションの本について②」グループワークシート1IMGP4674

(4)児童部会「基本図書から学ぶ第5回 ノンフィクションの本について②」グループワークシート2

「第5回児童部会(2016.1.15)」


 第5回児童部会も、「基本図書から学ぶ」と「情報共有の時間」の2部構成で行いました。

 

基本図書から学ぶ」では、ノンフィクションの本をテーマに、たんぽぽの本の読み比べを行いました。

詳細は、後日報告書を掲載いたしますので、お待ちください。IMGP4690

 

 「情報共有の時間」では、5名が各図書館の取り組みについて発表を行いました。

 

以下、紹介された取組みです。(図書館名は発表者の所属図書館です。)

 「読書週間スタンプラリー」(板橋区立蓮根図書館)

「クリスマス会&クリスマスプレゼント」(板橋区立蓮根図書館)

「テーマ展示について」(北区立赤羽図書館)

「クリスマス子ども会について」(文京区立本郷図書館)

「ビブリオバトル~小・中学生大会Part3~」(文京区立本郷図書館)

「おたのしみ会について」(文京区立根津図書室)

「工作3種(①くるくるレインボー②牛乳パックのランタン③CDごま)」(所沢市立所沢図書館所沢分館)

 

「基本図書から学ぶ 第4回」報告


平成27年11月20日に開催された児童部会で、「第4回 基本図書から学ぶ」を行いました。

今回はノンフィクションの本をテーマに、課題として読んできた知識絵本について話し合い、

ノンフィクションの本を評価する際の視点を学びました。

詳細は、以下の報告書と資料をご覧ください。

第4回「基本図書から学ぶ」報告書

● 配布資料

(1)児童部会「基本図書から学ぶ4 ノンフィクションの本について①」

(2)児童部会「基本図書から学ぶ4 ノンフィクションの本について① グループワークシート」 

illust1631_thumb

 

第4回児童部会(2015.11.20)


第4回児童部会も、「基本図書から学ぶ」と「情報共有の時間」の2部構成で行いました。

 

「基本図書から学ぶ」では、ノンフィクションの本をテーマに学びました。

『センス・オブ・ワンダー』(レイチェル・L・カーソン/著 新潮社 1996)を切り口にノンフィクションの本について考え、グループワークでは課題図書10冊を検討しました。

詳細は、後日報告書を掲載いたしますので、お待ちください。

IMGP4559 

 

 「情報共有の時間」では、7名が各図書館の取り組みについて発表を行いました。

以下、紹介された取組みです。(図書館名は発表者の所属図書館です。)

「図書館員がおすすめする夏休みに読みたい本」(北区立神谷図書館)

「廃材を使って にんぎょう えんぴつたて などを作ろう」(北区立神谷図書館)

「大人にすすめる絵本」(杉並区立永福図書館)

「手作りブックスタンド」(杉並区立永福図書館)

「夏休みクイズラリー」(千代田区立神田まちかど図書館)

「クリスマスツリー」(千代田区立神田まちかど図書館)

「図書館福袋」(千代田区立神田まちかど図書館)

「アンケート『おしえて!きみのすきなほんなあに?』」(文京区立水道端図書館)

「展示(アンケート結果)『おともだちのおすすめのほんをよんでみよう!』」(文京区立水道端図書館)

「ミステリークエスト」(立川市上砂図書館)

「年齢別主人公展示」(立川市上砂図書館)

「本と給食のコラボレーション」(学校支援についての発表)

(作成T.S)

「基本図書から学ぶ 第3回」報告


平成27年9月18日に開催された児童部会で、「第3回 基本図書から学ぶ」を行いました。

今回は、昔話絵本をテーマに、昔話絵本の読み比べをしました。

詳細は、以下の報告書と資料をご覧ください。

第3回「基本図書から学ぶ」報告書

● 配布資料

児童部会「基本図書から学ぶ3 昔話について」

児童部会「基本図書から学ぶ3 昔話絵本について グループワークシート」

illust398_thumb

 

第3回児童部会(2015.9.18)


9月18日(木)に第3回児童部会が開催されました。

第3回も、「基本図書から学ぶ」と「情報共有の時間」の2部構成で行いました。

 IMGP4459

「基本図書から学ぶ」では、昔話絵本をテーマに学びました。

『昔話は残酷か―グリム昔話をめぐって』(野村泫/著 東京子ども図書館 1997)を読んでの感想を話し合った後、

「三びきのこぶた」5冊と「つるにょうぼう」「つるのおんがえし」8冊の昔話絵本の読み比べ行い、昔話の特徴や昔話絵本について考えました。

詳細は、後日報告書を掲載いたしますので、お待ちください。

 

「情報共有の時間」では、8名が各図書館の取組みについて発表を行いました。

夏休み中の取組みなど、参考になる取組みが紹介されました。

以下、発表された取組みです。(図書館名は発表者の所属図書館です。)

 「毎年恒例!夏休み宿題応援 3大展示」(北区立浮間図書館)

「児童展示コーナーのポスター、ポップ作成について」(北区立浮間図書館)

「洋書について」(新宿区立大久保図書館)

「夏休みに実施した区内2館協同でのスタンプラリーについて」(杉並区立永福図書館)

「オススメ本で花を咲かせよう」(千代田区立昌平まちかど図書館)

「読書ビンゴ」(練馬区立稲荷山図書館)

「夏休みかがくあそび」(所沢市立所沢図書館所沢分館)

「クリスマス工作会とプレゼント」(所沢市立所沢図書館所沢分館)

「夏のおたのしみスタンプラリー」(所沢市立所沢図書館椿峰分館)

「読書ビンゴ」(所沢市立所沢図書館富岡分館)

(記事作成 T.S)

「基本図書から学ぶ 第2回」報告


平成27年7月16日に開催された児童部会で、「基本図書から学ぶ 第2回」を行いました。 

第1回に引き続き、絵本をテーマに、課題として読んできた絵本についてグループで話し合いを行い、

グループでの話し合いの様子

グループでの話し合いの様子

読み継がれてきた絵本がもつ共通点を考えて、絵本の評価基準について学びました。

詳細は、以下の報告書と資料をご覧ください。

● 報告書

第2回「基本図書から学ぶ」報告書

● 配布資料

①児童部会「基本図書から学ぶ 絵本について② グループワークシート」

各グループによる検討内容の発表

各グループによる検討内容の発表

②児童部会「基本図書から学ぶ 絵本について② 絵本の評価について」

 

 

第2回児童部会(2015.7.16)


7月16日(木)に第2回児童部会が開催されました。IMGP4326

第2回も、「基本図書から学ぶ」と「情報共有の時間」の2部構成で行いました。

 

「基本図書から学ぶ」では、第1回に引き続き、絵本をテーマに、課題として読んできた絵本について話し合いを行い、

読み継がれてきた絵本がもつ共通点について考えました。

詳細は、後日報告書を掲載いたしますので、お待ちください。

 

「情報共有の時間」では、6名が各図書館の取り組みについて発表を行いました。

取り組みの紹介だけではなく、どのような反応があったか、どのような効果があったかなども話があり、

今後の参考になる内容でした。

 

以下、紹介された取組みです。(図書館名は発表者の所属図書館です)

「小学生読書クラブでの活動」(江戸川区立松江図書館)

「おはなしカルタ」(江戸川区立松江図書館)

「おはなし会のチラシ」(新宿区立西落合図書館)

「たなばた会で児童と作った工作のアイデア」(中野区立野方図書館)IMGP4344

「影絵 ちいちやい ちいちやい」(立川市上砂図書館)

「パネルシアター ぶたたぬききつねねこ」(立川市上砂図書館)

「ぬいぐるみおとまり会」(杉並区立永福図書館)

「折り紙(はばたくとり・ぴょんぴょんがえる)(渋谷区立渋谷図書館)

「工作 せんたくばさみロケット」(渋谷区立渋谷図書館)

第3回以降も、各図書館の取組みが発表される予定になっています。

 

(記事作成 T.S)

「基本図書から学ぶ 第1回」報告


児童部会では、「基本図書についての知識を深め、本を評価する基準をもつ」を目標に、「基本図書から学ぶ」という活動をしています。児童部会写真

活動内容は、基本図書を中心とした課題本を読み、グループでの話し合いや類書の読み比べなどを通して、本を評価する観点を学ぶというもので,

次の活動計画に沿って行われます。

平成27年度児童部会活動計画 

4月には第1回が行われ、スタートということで、ガイダンスのあと、読み聞かせの実演をして、それぞれの絵本について話し合いを行いました。

詳細は、以下の報告書をご覧ください。

 第1回「基本図書から学ぶ」報告書

 

7月の第2回は、絵本についてさらに学んでいく予定となっています。

毎回報告書を掲載しますので、児童部会に参加されていない方もぜひご覧になって、基本図書について考えてみてください!

H26年度11月「第16回図書館総合展 大盛況でした」


図書館総合展画像2316回図書館総合展は先週無事に終了しました。展示会期3日間の入場者数は、図書館総合展運営委員会の発表によると31,632名と過去最高だったそうです。

 
児童部会が出展したポスターセッションも、連日多くの方々に見ていただきました。
 
部員が順番にポスターの前に詰めて、訪れた方々にポスターの説明をさせていただきましたが、自分たちが取り組んできたことを生き生きと伝えている姿がとても印象的でした。またとてもうれしいエピソードもありました。
 
初日にポスターを見て帰った職場の同僚に、「ヴィアックス児童部会のポスターは絶対見たほうがいいよ」と、勧められて翌日わざわざ見に来ましたとおっしゃった方もおられました。
 
学校司書をしているという方には、「ヴィアックスという会社がきめ細やかな現場サポートをしているのを感じる。部員同士が情報交換をして切磋琢磨できる研究部会があるのはとてもいいと思う。」という感想をいただきました。
 
近畿地方で図書館長をされている方からも、「リストをつくるなど、とてもよい活動をしていると思いました。」と、わざわざメールをいただきました。

図書館総合展画像18.jpg

 
YAサービス研究班の作成したリスト「Living book」を持ち帰られた子どもの本の専門店の方からは、「YA世代に本を読んでもらうには~おうちで本のことを話そう、情報を共有しよう~というコンセプトで作られた資料で、まさに中高生のいる我が家にぴったり。なんと言っても実際のYA世代のアンケートに基づいてるところに説得力があります。いつも何をすすめていいか悩むところなので、このリスト、これから大いに助けになること間違いなしです。まさにlivingに常設です。」という感想を寄せてくださいました。
 
昨年度から準備を進めてきたポスターでした。反省点もたくさんありますが、なによりも児童サービスという狭い視野に留まらず、広く図書館界の動向にも目を向けることができたことは、部員ひとりひとりにとってとても実り多きものになったのではないでしょうか。

ここでの気づきや出会いを、各館での児童サービス、図書館サービスに活かしてほしいと思います。
図書館総合展画像5.jpg
 
←フォーラムとフォーラムの間の休憩時間には、大勢の方々が立ち止まり、説明を聞く順番を待ってくださるほどでした。
 
 図書館総合展画像13.jpg

→ レファレンス研究班の作成したファイルを丁寧に見てくださる方も!

 

 

 

 →めくったり、動かしたり・・・見に来た方々が思わず「なんだろう?」と、触ってみたくなるポスターでした。
用意した配布物は、児童部会全体の説明を記したものが250枚、各班の配布物は特集(展示)研究班が100部、おはなし会研究班1、2およびYA研究班のものは170部でしたが、3日間でほとんど無くなりました。図書館総合展画像6.jpg
 
とくに「本のこまど」で公表していないYA研究班の「Living book」は、すべて配布できました。
 
アメリカの図書館協会の方も熱心に見てくださいました。(左下)
 
図書館総合展ポスターセッションの終了間際まで、多くの方が訪れてくださいました。 (右下)
 
図書館総合展画像22.jpg
図書館総合展画像11.jpg

 

H26年度11月「第16回図書館総合展 始まりました♪」


11月5日(水)10:00~7日(金)17:00

いよいよ第16回図書館総合展が始まりました。ヴィアックス児童部会もポスターセッション15番に出典をしています。図書館総合展画像1.jpg
 
会場では、6つの研究班がまとめたポスターを見ていただけます。また、4つの研究班の研究成果をまとめた冊子などの配布をしています。

児童部会図書館総合展ポスターセッション配布資料(全体)
図書館総合展画像2.jpg
また、会場に置いてあるファイルで研究成果を発表している研究班や、iPad上で研究成果を見ることのできる研究班、同じくiPad上でデモンストレーション動画をいただける研究班、と様々なかたちで、研究成果をお見せしています。
 
ぜひ、会場にいらしてください♪
なお、各班の研究成果をこちらにまとめておきます。各班の名前をクリックしてみてください♡

 
 
 
 
 
 
 
 

H26年度9月「ポスターセッションの準備も佳境へ」


9月19日(金) 14:00~17:0020140919児童部会1.jpg

 
今年度第3回児童部会を開催しました。
 
11月5日~7日にかけて行われる第16回図書館総合展ポスターセッションに参加するための、ポスター作成も完成に近づいています。班活動では、ポスターの制作、当日の配布物の打合せ、こちらで公開する資料や、映像での発表内容の録画(おはなし会研究第2班では、おはなし会のアイディアを動画にしました)など、それぞれが11月に向けての準備をしました。
 
終了30分前に、6~7割がた完成したポスターを仮に掲示してみました。6つの班がそれぞれに作成したポスターを貼ります。つまり、「VIAX児童部会」のポスターコーナーには、違う6枚のポスターが並ぶことに!どのように貼るのが、視覚的な効果があるか、みんなで試行錯誤を繰り返し、決定しました。
 
その後、研究班のプレゼンテーションをみんなで聞きました。
20140919児童部会2.jpg
図書館総合展の会期中は、部員が交代でポスターの前に立ち、訪れた方々に説明をできるように、児童部会の活動内容や、お互いの研究班のアピール内容を理解しておくことが大事です。
 
それぞれ自分の館に戻れば、各館の児童サービスを中心になって動かす忙しい立場。11月まで全員で集まれるチャンスは、この日が最後です。みんな真剣に取り組んでいました。
 

IMGP3160.jpg

 
 
 

20140919児童部会5.jpg

図書館総合展会期中、VIAX児童部会部員はお揃いの「ほんのふくろう」バッジを胸につけています。
ぜひお声をかけてください。
 
 
ポスターセッションのテーマなどは以下の通りです。
(大会のプログラムに掲載されるのと同じ内容です)
 
 
ブース15 ヴィアックス児童部会
第16回図書館総合展ポスターセッション公式サイトは→こちら
 
k_line_a.gif
つながり、学び合う場 ― ヴィアックス児童部会
 
現場の声から生まれた児童サービスのヒント、発信します!
 
児童部会は、ヴィアックスが受託する各図書館での取り組みや情報を共有することを通して、児童サービスの充実を図るため2009年秋に発足しました。部員は現場のニーズに合わせて学び合うと共に、自己研鑽を積んできました。2013年からは、さらに専門性を高めるために、6つの研究班に分かれて調査研究を進めています。
 ポスターセッションでは、その成果として現場で活用できるリストやモデルプランを発表します。”今すぐ試したくなる”、そんな情報が盛りだくさんです。ぜひご覧ください。
 
k_line_c.gif

H26年度8月「児童部会のキャラクター出来上がりました♪」


第16回図書館総合展ポスターセッションに参加するのを機に、児童部会のキャラクターイメージを募集し、その案をたたき台にヴィアックスのデザイナーSさんにキャラクター作成をしていただきました。

ポスターや児童部会の名刺、バッジなどで活用していきたいと思います♪

ほんのふくろうVIAX文字入り.jpg

 
ほんのふくろう-5.jpg
ほんのふくろう-6.jpg
ほんのふくろう-7.jpg
ほんのふくろう-8.jpg
ほんのふくろう-9.jpg
これらの画像の著作権は、(株)ヴィアックス アウトソーシング事業本部に帰属します。
 

トップページに戻る