1月のおはなし会プラン

2012年1月(その2) ことばあそび(幼児~小学生)
2012年1月(その1) 雪を待って(幼児~小学生)
2011年1月(その2) 冬の遊び(幼児~小学生)
2011年1月(その1) ゆき(幼児~小学生)

2012年1月(その2) ことばあそび(幼児~小学生)


1月のおはなし会☆おすすめプランのその2は【ことばあそび】

お正月といえば、私の子ども時代はこたつに入って家族や尋ねてきた親せきの人たちと、カルタ遊びをしたり、双六をしたり・・・ことばあそびを楽しんだものです。

そんなわけで、ことばあそびの本を中心におはなし会のプランを作ってみました。

【ことばあそび】

導入 『それほんとう?』
それ ほんとう? (福音館創作童話シリーズ)それ ほんとう? (福音館創作童話シリーズ)
著者:松岡享子/長新太
販売元:福音館書店
(2010-10-15)

五十音それぞれに「あ」なら、「あ」で始まる言葉だけで、「い」なら「い」のつく言葉ばかりでおはなしが作られていて、最後にみんなで声を合わせて「それ、ほんとう?」って言いたくなるナンセンスなおもしろさに抱腹絶倒です。五十音全部は読めないので、今月のお誕生日の子の頭文字の字のページだけ読んであげて導入に使います。


絵本 『これはのみのぴこ』
これはのみのぴここれはのみのぴこ
著者:谷川 俊太郎/和田誠
販売元:サンリード
(1998-02)

みなさんもご存じの重ね言葉遊びの絵本。だんだん前の文章がくっついて重なって行くので、みんなで読んでもいいですね。気分を変えたい時は、マザーグースの『これはジャックのたてたいえ』をパネルシアターで演じたり、紙芝居で『これはりんご』など違う演目で重ね言葉遊びをしても楽しいですね。



紹介 紙芝居『これはりんご』
これはりんご (中川ひろたかシリーズ)これはりんご (中川ひろたかシリーズ)
著者:中川 ひろたか
販売元:童心社
(1997-09)

紙芝居の重ね言葉遊び・・・ずっと絵が変わって行って、最後にまた一番目に戻ってきます。


絵本 『いろはのかるた奉行』
いろはのかるた奉行 (講談社の創作絵本)いろはのかるた奉行 (講談社の創作絵本)
著者:長谷川 義史
販売元:講談社
(2005-11-23)


お正月はカルタ遊びに限る!でもなんだか長谷川義史さんの作る「いろはかるた」は奇想天外、抱腹絶倒。笑う門には福来る。こんなにげらげら笑うおはなし会があっても大丈夫^^



絵本 『かずあそび ウラパン・オコサ』
かずあそびウラパン・オコサ (絵本・こどものひろば)かずあそびウラパン・オコサ (絵本・こどものひろば)
著者:谷川 晃一
販売元:童心社
(1999-02)



今度は、ことばあそびでも数がテーマ。よく考えてみると、数の呼び方を考えたの、いったい誰?だったらこんな風に数えたっていいよね。これはとても頭を使うかずあそび。幼児から小学生までおはなし会で使えます。



ブックトーク  ことばあそびの絵本いろいろ
『ことばあそびうた』
ことばあそびうた (日本傑作絵本シリーズ)ことばあそびうた (日本傑作絵本シリーズ)
著者:谷川 俊太郎/瀬川康男
販売元:福音館書店
(1973-10-01)


ことばあそびと言ったら、やっぱり谷川俊太郎さんは外せません^^瀬川さんの絵も愉快な1冊をぜひおすすめしてください。この本は紙にもこだわっています。
「かっぱ」なんかは、一緒に声に出して唱和してもいいですね。


『十二支のことわざえほん』
十二支のことわざえほん十二支のことわざえほん
著者:高畠 純
販売元:教育画劇
(2006-11)

十二支の絵本は数々ありますが、こちらはそれぞれの干支が出てくることわざばかり集めてあります。
高畠さんのユーモアあふれる絵にも、ほっと癒されます。

『十二支のはやくちことばえほん』
十二支のはやくちことばえほん十二支のはやくちことばえほん
著者:高畠 純
販売元:教育画劇
(2008-11)

こちらは同じ高畠さんの十二支の早口言葉。おはなし会をするのに、みなさん、発音と発声法に気をつけていますか?口をよく動かして、滑舌をよくしておきましょう。そのためにも早口言葉を間違えずに言う訓練ってとても大事です。図書館でおはなし会を担当するスタッフさん、必読書です^^

『したのどうぶつえん』
したのどうぶつえんしたのどうぶつえん
著者:あき びんご
販売元:くもん出版
(2008-05)

上野動物園ではなくて・・・「したの」。さてさて「したのどうぶつえん」には一体どんな動物がいるのでしょう?「かばなな」とか「いちごりら」に「りんごりら」。これは絵を見て楽しむ本なので、おはなし会には向きませんが(前に座ってる子達が笑ってるのに、絵の見えづらい後ろの子は?となりかねません!)ぜひ借りて、ことばの楽しさを味わってほしいので、ブックトークで紹介してあげましょう。



2012年1月(その1) 雪を待って(幼児~小学生)


11月も半ばになり、朝夕は冷え込むようになりました。特に小春日和が続いた後では、冷え込みが身体に堪えますね。

皆様の図書館でも、そろそろクリスマス前後に行われる図書館行事の準備で忙しい頃を迎えていることでしょう。忙しい年末年始、早めの準備で乗り切って行きましょう。

【雪を待って】

絵本 『わたしのねこちゃん』
わたしの ねこちゃん (幼児絵本シリーズ)わたしの ねこちゃん (幼児絵本シリーズ)
著者:かんなり まさこ/荒井良二
販売元:福音館書店
(2005-09-15)


雪が降って大喜びの女の子。ねこちゃんと一緒に遊びたいのに・・・ねこは知らん顔。でも気がつくと・・・小さな子どもたちにも喜ばれる1冊です。ねりまおはなしの会で語りを続けられているかんなりさんの優しい文章と、荒井良二さんの絵とがマッチした1冊。おはなし会の導入にもぴったりの絵本です。


絵本 『ゆきがやんだら』
ゆきがやんだら (学研おはなし絵本)ゆきがやんだら (学研おはなし絵本)
著者:酒井 駒子
販売元:学習研究社
(2005-12)


雪が降って幼稚園もお休みに・・・うさぎとして描かれていますが、珍しく都会に雪が降った日の子どもたちの心の中をそのまま表現していて、素直に受け取れる1冊です。
出張中のお父さんの帰りが延びて、夜寝る前にちょっとだけ足跡をつけに行く男の子。それを見守るお母さんの姿に温かい気持ちになります。

絵本 『だれのあしあと』
だれのあしあとだれのあしあと
著者:accototo
販売元:大日本図書
(2008-10)


子ども達にとって、まだ誰も踏んでいない雪のうえに足跡をつけるって、楽しい経験です。この絵本は雪の上に残った足跡から、いったい誰の足跡か?あてっこするのが楽しい1冊。


絵本 『ゆきのかたち』
ゆきのかたち (しぜんにタッチ!)ゆきのかたち (しぜんにタッチ!)
著者:片野 隆司
販売元:ひさかたチャイルド
(2007-11)


こちらは写真絵本です。雪が降り積もる時の天気や風の状況で、いろんな形になるのですね。びっくりするような雪の形・・・雪が降るのが楽しみになるような1冊です。



ブックトーク

『はじめてのゆき』
はじめてのゆき(こどものとも絵本)はじめてのゆき(こどものとも絵本)
著者:なかがわ りえこ
販売元:福音館書店
(1996-01-20)


とらの子とらたが初めて雪の中であそぶ新鮮な驚きを描いた1冊です。はじめて雪をみる子ども達にとって、雪はほんとうに不思議な物体なのかもしれませんね。そんな思いを代弁する1冊。小さいお友だちがおはなし会に来ていたら、ぜひ紹介してあげてください。昨年紹介した『とらたとおおゆき』と同じ作者(中川李枝子/中川宗弥)の作品です。

『雪の写真家 ベントレー』
雪の写真家ベントレー雪の写真家ベントレー
著者:ブリッグズ マーティン ジャクリーン
販売元:BL出版
(2000-01)


1999年にコールデコット賞を受賞した絵本です。小さな農村で雪の結晶を観察し、結晶の写真撮影を一生の仕事にしたベントレーのひたむきさが伝わってくる伝記絵本です。少し年齢の高い子ども達に紹介してあげたい1冊です。
(作成K・J)

2011年1月(その2) 冬の遊び(幼児~小学生)


今の子どもたちはどれくらい冬の遊びとしてスキーやスケートを体験しているのでしょうか?冬季オリンピックが行われた昨シーズン(今年の2月)は、子ども達も浅田真央選手や、高橋大輔選手がフィギュアスケートでメダルを獲得するなどして、注目を浴びました。

このテーマでおはなし会をする時は、784の冬季競技のところから、いくつか子どもたちにわかりやすい本を選んで紹介してもいいですね。
スポーツなんでも事典 スキー・スケート

スポーツなんでも事典 スキー・スケート
ほるぷ出版(2009-11)

 

 

 

***************

導入 手遊び  ごんべさんのあかちゃん

絵本 『ショコラちゃんのスキーだいすき』
Chocolat Book(7) ショコラちゃんの スキー だいすき (Chocolat Book)

Chocolat Book(7) ショコラちゃんの スキー だいすき (Chocolat Book)
著者:中川 ひろたか
講談社(2005-11-29)
はたこうしろうさんの描くショコラちゃんの表情が、とてもかわいらしく、子どもらしくて、1、2才くらいのお友達もいっしょに楽しめる絵本です。

 

 

『そりあそび ばばばあちゃんのおはなし』
そりあそび―ばばばあちゃんのおはなし(こどものとも絵本)

そりあそび―ばばばあちゃんのおはなし(こどものとも絵本)
著者:さとう わきこ
福音館書店(1994-10-15)
ばばばあちゃんの思い付きっていつも奇想天外・天衣無縫。寒い、寒いと部屋の中で縮こまっている動物たちに最高の温まり方を伝授するばばばあちゃん!豪快なそりあそびの、そのそりってもとは!とにかく2、3才くらいの子ども達から、小学生まで楽しめる絵本です。

『もりのスケート』
ehon13363.jpg

もりのスケート
著者:菊池日出夫
福音館書店(2006‐2)
のらっこ絵本シリーズの1冊です。昭和ののどかな時代の田舎での冬の子どもたちの遊び、スケート、ワカサギ釣り、かまくら、そりなどの自然を上手に利用した遊びが生き生きと描かれています。

『スキーをはいたねこのヘンリー』
スキーをはいたねこのヘンリー

スキーをはいたねこのヘンリー
著者:メリー カルホーン
リブリオ出版(2002-03)
まちがって雪山に置いてけぼりになってしまったねこのヘンリーが自力で家まで帰ってくるというお話です。猫がスキー?原題は、「Cross-country cat」 スキーを楽しむというよりは、サバイバル感あふれるお話なのですが、ねこのヘンリーの表情といい、動きといい、まるで本当のねこがいるようで、こんなことってほんとにあるのかも?と思ってしまうような不思議な絵本です。

 

 

ブックトーク 冬の遊び
3びきねこさんのそりあそび (こどものともセレクション)

3びきねこさんのそりあそび (こどものともセレクション)
著者:柳生 まち子
福音館書店(2006-01-25)
子どもたちにとっては、スキーやスケートよりも冬の遊びは断然そりあそびなんですね。3びきの仲良しねこさんがそりあそびに挑戦。ところがけちんぼでいじわるなイタチくんにそりを独占されてしまいます。小さなお友達にありがちなおもちゃの取り合いも、最後はまるくおさまるところが、安心して読める絵本。柳生さんの描くどうぶつたちの表情がとってもキュートです。

14ひきのさむいふゆ

14ひきのさむいふゆ
著者:いわむら かずお
童心社(1985-11-01)
14ひきシリーズの冬の1冊。雪が降り積もる中、14ひきのねずみたちは暖かい家の中でゲームをして過ごしています。そんな中おじいちゃんがみんなのためにそりを作ってくれるのです。さて雪がやみました。みんな一斉に新雪のうえに出ていって、そりあそびをはじめます。冬の遊びの楽しさがあますところなく描かれている1冊です。14ひきシリーズは絵が子ども達を惹きつけますが、細かく描かれているので大勢でのおはなし会には向かないのですが、少人数の時には読んであげるのもいいかもしれません。またおうちでお父さんやお母さんのお膝の上で読んでもらえるといいですね。

カロリーヌのゆきあそび (カロリーヌとゆかいな8ひき)

カロリーヌのゆきあそび (カロリーヌとゆかいな8ひき)
著者:ピエール プロブスト
BL出版(1998-12)
カロリーヌシリーズは私が子どもの頃、大好きだったおはなしです。それがBL出版から再販されて、また手に取れるようになった時はとても懐かしく思いました。雪山に繰り出したカロリーヌと仲間たち。スキーに、ボブスレーにスケートに雪だるま作りにと楽しいことには全部挑戦!ところがジャンプ競技に挑戦したボビーがとんでもないことに!子どもたちに冬の遊びの楽しさをたっぷり伝えてくれる1冊です。

2011年1月(その1) ゆき(幼児~小学生)


昨年の雪山シーズンは、クリスマスの頃は山形県の蔵王でさえ積雪量が少なくて、スキーできるかしら?と気を揉みましたが、ほんとうに大晦日近くになって雪が降り、お正月明けにはたっぷりスキーを楽しむことができました。その上、3月に入っても雪が積もる日があったり、今年は4月17日(土)にも薄っすらと都内が雪景色に染まるなど、なかなか暖かくなりませんでしたね。

さて今シーズンはいかがでしょう?1月、2月には都内でも雪を見ることができるでしょうか?

1月のおはなし会のテーマのその1は「雪」です。

******************

導入 わらべうた  おおさむこさむ  こどもかぜのこ
絵本 『おおさむ こさむ』

おおさむこさむ (松谷みよ子あかちゃんのわらべうた 6)








おおさむこさむ (松谷みよ子あかちゃんのわらべうた 6)
著者:松谷 みよ子
偕成社(1979-11)
風が冷たくなって、図書館に来る子どもたちのほっぺも真っ赤。わらべうたで身体を少し動かして、温まりましょう。この絵本を一緒に読んであげるのも、いいですね♪

絵本 『ふゆのあさ』
ふゆのあさ








ふゆのあさ
著者:村上 康成
ひかりのくに(1997-11)
雪が夜の間に積もった翌朝って、ほんとにこんな感じ!音がなくて静かで、カーテンを開けるときに「雪、積もってるかな?」とちょっとわくわくどきどきする感じ。そんな子どもがいだく思いをあますところなく描いている絵本です。

絵本 『ゆきのひ』
ゆきのひ (偕成社の新訳えほん―キーツの絵本)







ゆきのひ (偕成社の新訳えほん―キーツの絵本)
著者:エズラ=ジャック=キーツ
偕成社(1969-12)
雪がいっぱい降った日って、ほんとに子どもたちにとって魅力的ですよね。真っ白な雪の上に残る自分の足跡もうれしいし・・・そんな子どもの思いがぎゅっと詰まった絵本。1963年にアメリカでコルデコット賞を受賞しています。40年以上前の絵本ですが、ちっとも古くない、いつの時代も同じように子どもにとって雪ってうれしいのですね。

わらべうた  「あめこんこん ゆきこんこん」

絵本 『てぶくろ』
てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)








てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)
福音館書店(1965-11-01)
最後には、やっぱりこの絵本を読んであげたいですね。ほんとうならありえないでしょう!と大人は思ってしまいますが、子どもたちの心はこのてぶくろのように、どんどん膨らんでいきます。ロングセラー絵本の持つ魅力を感じてほしいと思います。

ブックトーク  雪の絵本いろいろ
はじめてのゆき(こどものとも絵本)








はじめてのゆき(こどものとも絵本)
著者:なかがわ りえこ
福音館書店(1996-01-20)
はじめて雪という者に出会ったとらたの驚きと喜びがストレートに伝わってきます。

ehon5416.jpg









しろいゆき あかるいゆき
著者:アルビン トレッセルト
ブックローン出版(1995-10)
そろそろ雪が降りそうな時って、なんだか空を見てわかるんですよね。そして雪がふりはじめ、何もかも白く染めていきます。雪がいっぱい降り積もる季節のあとに、春がやってくることも伝えてくれる、そんな絵本です。

ゆきのひ(こどものとも絵本)






ゆきのひ(こどものとも絵本)
著者:加古 里子
福音館書店(1967-10-10)
風にのって空から降ってきた白いもの。それは雪・・・道を、畑を、屋根をどんどん白くしていきます。長く読み継がれてきた雪の絵本です。

このゆきだるまだーれ? (日本傑作絵本シリーズ)






このゆきだるまだーれ? (日本傑作絵本シリーズ)
著者:岸田 衿子
福音館書店(1997-11-01)
小さな絵本なので、おはなし会には向きませんが、お母さんのおひざの上で読んであげたい1冊です。
そりあそびで坂を転がり落ちて、さてさて誰がどのゆきだるまになっちゃったのかな?

はたらきもののじょせつしゃけいてぃー (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)








はたらきもののじょせつしゃけいてぃー (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
著者:ばーじにあ・りー・ばーとん
福音館書店(1978-03-20)
幼稚園年長さんや小学生の参加者が多いおはなし会なら、少し長いけれど読んであげたい1冊です。除雪車けいてぃーが大活躍する一日が躍動的に描かれた名作です。

ゆきだるま (評論社の児童図書館・絵本の部屋)








ゆきだるま (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
著者:レイモンド・ブリッグズ
評論社(1978-10)
アニメーションで知ってる子ども達もいるでしょうが、絵本ならではの絵を楽しんでほしいですね。ぜひ借りて帰っておうちでたっぷりゆきだるまの世界を味わってほしいです。

とらたとおおゆき (幼児絵本シリーズ)








とらたとおおゆき (幼児絵本シリーズ)
著者:中川 李枝子
福音館書店(1993-02-10)
「はじめてのゆき」のとらたくん。おおゆきの日、とらたはお父さんにつくってもらったそりで出かけます。鈴の音を聞いてお友達がいっぱい集まってきて!小さい子へのおはなし会でも使えます。

ehon2475.jpg









ゆうかんなアイリーン
著者:ウィリアム スタイグ
セーラー出版(1988-12)
大雪の夜、病気で寝込んだお母さんにかわって、お届け物をするアイリーン。吹雪の中を大きな洋服の入った箱を運ぶアイリーンに待ち受けているのは・・・いっしょになってドキドキハラハラ。そんな絵本です。

トップページに戻る