小さい子(0~3歳)のためのおはなし会プラン

2012年(その1) 雨ふり、おさんぽ♪(小さい子)
2012年(その1) いいおかお(小さい子)
2010年(その1) クリスマス(小さい子)

2012年(その1) 雨ふり、おさんぽ♪(小さい子)


4月も半ば過ぎました。新年度のスタートダッシュ、うまくいっていますか?

特に4月から受託を開始した練馬区春日町図書館、所沢市立図書館の7分館(所沢分館、椿峰分館、狭山が丘分館、富岡分館、新所沢分館、吾妻分館、柳瀬分館)は、児童サービスの受託もあり、児童向けおはなし会などは待ったなし!忙しく準備をしながら、こなしていることと思います。

4月23日の子ども読書の日に合わせて、その他の館でも児童向け行事が目白押しのことと思います。児童サービス担当にとっては、忙しい月ですが、子どもたちの笑顔を支えに乗り越えていきましょう。

また、やらなければならないことを年間に渡って順序よく書き出し、それに対して準備がどれくらい必要か、時間を逆算し、早め早めに準備を始めるようにしましょう。また他の業務との優先順位にも目を配り、児童サービスが近視眼的なサービスにならないようにも、心を配りましょう。(年間業務計画をきちんと立てることが、仕事を確実に、無理なくこなすためには肝要です!)


さて、おはなし会も4月のうちに6月の選書に入っておきましょう。それはまた、特集コーナーの展示にもいえることです。

というわけで、6月のおはなし会☆おすすめプラン(その1)は、0.1.2才児向けのおはなし会プランです。

********************

【雨ふり、おさんぽ♪】

導入  わらべうた  でんでんむし (歌詞はこちら) 
絵本  『おさんぽ おさんぽ』 ひろのたかこ  福音館書店
おさんぽ おさんぽ (0.1.2.えほん)おさんぽ おさんぽ (0.1.2.えほん)
著者:ひろの たかこ
販売元:福音館書店
(2008-06-20)




わらべうた  このこどこのこ  めんめんすーすー (わらべうたの歌詞と遊び方のリンクを貼ってあります)


絵本  『あめかな!』U.G.サトー 福音館書店
あめかな! (0・1・2・えほん)あめかな! (0・1・2・えほん)
著者:U.G.サトー
販売元:福音館書店
(2009-05-30)




童謡  かえるのうた

絵本 『てるてるぼうず』おぐまこうじ くもん出版
てるてるぼうずてるてるぼうず
著者:おぐま こうじ
販売元:くもん出版
(2005-05)




絵本の紹介 『あめふり』まついのりこ 偕成社
あめふり (あかちゃんの本)あめふり (あかちゃんの本)
著者:まつい のりこ
販売元:偕成社
(2001-08)

こちらの絵本は、字のない絵本ですが、絵がとても可愛らしく、母子で会話しながら雨の日を楽しむ絵本です。ぜひおはなし会に来たママたちに紹介してあげてください。0歳から楽しめます。


わらべうた  かえるがなくからかえろ

(作成K・J)

2012年(その1) いいおかお(小さい子)


各図書館を訪問していて感じるのは、おはなし会に参加する子どもたちがどんどん低年齢化しているということ。小学生の学習指導要領の改訂に伴い、低学年でも授業数が増え、水曜日の3時からのおはなし会には参加できないということ。

来るのは幼稚園児さんが中心。その幼稚園児も習い事などがあって、未就園児がおはなし会に参加することが、午後の時間でも増えているということです。

そこで、毎月UPしている「おはなし会☆おすすめプラン」は、小さい子のためのプランを(その1)で提供し、幼稚園~小学低学年向けのものは(その2)、(その3)で提供することにします。どうぞお楽しみに♪

5月のおはなし会☆おすすめプラン(その1)のテーマは、【いいおかお】です。

*************************

【いいおかお】

導入 わらべうた  めんめんすーすー  じぃーじぃーばあ
絵本 『いいおかお』松谷みよ子/瀬川康男  童心社

いいおかお (松谷みよ子あかちゃんの本)いいおかお (松谷みよ子あかちゃんの本)
著者:松谷 みよ子
販売元:童心社
(1967-04-15)

『いいおかお』という同じタイトルの絵本がいくつかありますが、やはりこのロングセラーの1冊が持っている力は違います。色合いはおとなしく感じますが、松谷みよ子さんのことばと、瀬川康男さんの飄々とした絵が不思議に幼い子の心を捉えます。みんな、いいおかおでおはなし会に来ているかな?と呼びかけてあげましょう。


わらべうた     だるまさん だるまさん
絵本  『だるまさんと』かがくいひろし ブロンズ新社

だるまさんと〈3〉 (かがくいひろしのファーストブック 3)だるまさんと〈3〉 (かがくいひろしのファーストブック 3)
著者:かがくい ひろし
販売元:ブロンズ新社
(2008-12)

学校の美術の先生だったかがくいさんは2005年、50歳の時に絵本作家としてデビュー。『だるまさんが』は、小さな子ども達には大人気。その第3弾です。かがくいさんは、その後2009年秋に急逝されました。この絵本は、だるまさんと誰かさんがぎゅっ!動作のある絵本。お母さんのお膝の上で一緒にお子さんも動けるといいですね。


わらべうた     このこどこのこ
絵本  『くっついた』三浦太郎  こぐま社

くっついたくっついた
著者:三浦 太郎
販売元:こぐま社
(2005-08)

新進気鋭・若手のグラフィックデザイナー三浦太郎さんの絵本は、今はどれも子ども達に大人気!中でも『くっついた』は読み手も幸せな気分になれる1冊です。ご自身のお子さんのために作った絵本なので、よけいに親の心も子どもの心も捉えているのでしょう。


わらべうた     さよならあんころもち

**********************

ブックスタート運動が定着して、図書館にくる赤ちゃんが増え、小さい子どもたちのためのおはなし会をする図書館が増えてきました。そこで考慮してほしいのは、おはなし会の時間です。
0,1,2歳児は、月齢が1カ月違うだけでも、おはなしに対する興味や、集中力が持続する時間が違います。おはなし会全体としては長くても20分。できれば15分くらいのイメージでプログラムを立てるとよいでしょう。絵本も短い絵本を2冊~3冊がちょうど良いと思います。

決して欲張らないこと。わらべうたも同じものを何回も何回も繰り返し歌ってあげることが大事です。定番のわらべうたを決めておいて、ひとつくらいを季節に合わせて入れ替えるようにするといいでしょう。

赤ちゃんのためのおはなし会で、困ったことや、わらべうたについて等、質問がありましたら、いつでもTS室K・Jにお問い合わせください。





2010年(その1) クリスマス(小さい子)



クリスマスの絵本は、ほんとうにたくさん出ています。

クリスマスの意味を伝えるもの、サンタクロースやクリスマスのパーティーを題材にしたもの、多岐にわたります。リストはテーマ別本のリストに掲載していく予定です。
ここではおはなし会に向く絵本を組み合わせて紹介します。

まずは小さい子向けのおはなし会用のプランです♪

*********************

導入  手遊び
絵本  『クリスマスおめでとう』ひぐちみちこ こぐま社 1997
クリスマスおめでとうクリスマスおめでとう
著者:ひぐち みちこ
こぐま社(1997-11)

クリスマスってどうしてお祝いするの?という子どもたちの問いかけにやさしく答えてくれる絵本です。



絵本  『コロちゃんのクリスマス』エリック・ヒル まつかわまゆみ/訳 評論社 1984
コロちゃんのクリスマス―コロちゃんのびっくり箱 (絵本の部屋―しかけ絵本の本棚)コロちゃんのクリスマス―コロちゃんのびっくり箱 (絵本の部屋―しかけ絵本の本棚)
著者:エリック・ヒル
評論社(1984-09)

今日はクリスマスイブ。コロちゃんはママを手伝ってクリスマスツリーの飾り付けをするのですが・・・かわいらしいしかけ絵本です。




パネルシアター 赤鼻のトナカイ 『ブラックパネルシアター』より
ブラックパネルシアター―光いっぱい夢いっぱいブラックパネルシアター―光いっぱい夢いっぱい
著者:古宇田 亮順
アイ企画(1995-07)

パネルシアターを作成して、子どもたちと一緒に歌ってみましょう♪



絵本    『サンタがきたらおこしてね』やすいすえこ 女子パウロ会 1996
サンタがきたら おこしてねサンタがきたら おこしてね
著者:やすい すえこ
女子パウロ会(1996-10)

見返しから文が始まっていて、開き方も普通と違う(何て言ったらいいんだろう?そうそう、カレンダーみたいに上に開く)ちょっとおしゃれな絵本です。空から降りてきたサンタさんが、みんなにプレゼントを配るだけの、とってもシンプルな内容なのですが、鈴木まもるさんのあたたかな絵と、優しいサンタさんの姿にこころがほっこりする絵本です。


ブックトーク
(小さい子向けのクリスマスの絵本を紹介してあげましょう♪)

『まどからおくりもの』五味太郎 偕成社 1983
まどからおくりもの (五味太郎・しかけ絵本 (3))まどからおくりもの (五味太郎・しかけ絵本 (3))
著者:五味 太郎
偕成社(1983-11)

あわてんぼうのサンタさん。まどからチラッと見てプレゼントを配っていくのですが・・・穴あきしかけの楽しい絵本です。

『おたすけこびとのクリスマス』なかがわちひろ 徳間書店 2009
おたすけこびとのクリスマス

 

おたすけこびとのクリスマス
著者:なかがわちひろ
徳間書店(2009-10-20)

クリスマスの夜、大切な仕事をたのまれたこびとたちのチームは働く車の列を作って夜の町を走っていきます。どこへいくのかな・・・男の子ならわくわくしながら読める絵本です。

『クリスマスのふしぎなはこ』長谷川摂子/文 斎藤敏行/絵 福音館書店 2008
クリスマスの ふしぎな はこ (幼児絵本)クリスマスの ふしぎな はこ (幼児絵本)
著者:長谷川 摂子
福音館書店(2008-10-10)

ぼくが朝みつけたふしぎな箱。そっと開けてみるとサンタさんの姿が・・・サンタさんがぼくのところへも来てくれるのかな?そんな思いをあますことなく表現した絵本です。
(作成K・J)

トップページに戻る