Tag Archive for 島多代さん

訃報 島多代さん

訃報 島多代さん


1998年から2002年まで国際児童図書評議会(IBBY)の会長を務められた絵本研究家の島多代さんが11月27日に80歳で亡くなられました。(ニュース記事

以下、日本国際児童図書評議会(JBBY)のFacebookページからの引用です。(******で囲った範囲)

****************************
謹んでお知らせ致します。
IBBY会長、JBBY会長を務められた、JBBYの名誉会員・島多代さんが11月27日に帰天されました。享年80歳でした。
島さんは、長い間JBBYだけでなく、IBBYの国際理事、会長としてもご尽力くださり、世界の子どもたちと子どもの本に関わる人たちのために働いてこられました。
感謝と共に、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
☆島さんとJBBY・IBBY☆
1986年 東京で開催したIBBY世界大会に参加
1987年~2002年 JBBY理事
1990年~1992年 IBBY理事
1992年~1994年 IBBY副会長
1998年~2002年 IBBY会長(アジアから初めての選出)
2002年 スイス・バーゼルにて、IBBY創立50周年記念大会をIBBY会長として開催
2009年~2011年 JBBY会長(ご病気のため退任)
2011年~2013年 JBBY理事
在任中は皆様から多大なご協力、ご厚情を賜りました。
ありがとうございました。
    一般社団法人 日本国際児童図書評議会

****************************

島さんは、IBBY、JBBYの仕事をされながら、子どもの本についての著作もいくつか出されました。(→島多代さん著作 NDLサーチ)
また、ご自宅では私設図書館ミュゼ・イマジネールの活動も続けていらっしゃいました。

2014年4月23日~5月27日の間、銀座・教文館ウェンライトホールにて、「ミュゼ・イマジネール」の本などを展示する島多代の本棚から 絵本は子どもたちへの伝言特別展も開催されました。その際には、島多代さんの聖心女子大学の先輩にあたる美知子皇后さまもお出かけになりました。
私も会期中に3回、特別展に足を運びましたが、島さんが集められた世界中の貴重な絵本が並べられており、特に第二次世界大戦前の貴重なロシアの絵本などは、見るものを圧倒するものがありました。

2004年(平成16年)には社会貢献支援財団から功労賞を授与されています。

心より哀悼の意を表します。

 
『センダックの絵本論』モーリス・センダック著 脇明子、島多代/訳 岩波書店 1990
センダックの絵本論
モーリス センダック
岩波書店
1990-05-25

 

 

 

『ソビエトの絵本 1920‐1930』ジェームズ・フレーザー、島多代/共編 リブロポート 1991

 

 

『ちいさなもののいのり』エリナー・ファージョン/文 エリザベス・オートンジョーンズ/絵 島多代/訳 新教出版社 2010

ちいさなもののいのり
エリナー ファージョン
新教出版社
2010-10


 

(作成K・J)

トップページに戻る