2020年5月、6月の新刊から(読み物、その他)


7月2日に「2020年5月、6月の新刊から(絵本)」(→こちら)を紹介してから、期間が開いてしまいましたが、読み物を紹介いたします。なお、4月、5月には書店が休業していた関係で、それ以前に出版された本も含まれています。

こちらの本は、銀座教文館ナルニア国と横浜日吉のともだち書店に注文して送付していただき、読み終わって記事を作成しています。

また、書影は各出版社の許諾要件に従って使用しています。

**************************
【児童書】
《児童文学》

『ケルトとローマの息子』(新版)ローズマリー・サトクリフ/作 灰島かり/訳 ほるぷ出版 2020/2/20 (出版社サイト→こちら

英国を代表する歴史小説家、ローズマリー・サトクリフの読み応えのある作品で2000年に出版されたものの新版です。翻訳者は2016年に早世された灰島かりさんです。
舞台は2世紀前半のブリトン島とローマ帝国です。ケルトの部族社会ドゥムノニー族の中で育てられたべリックは、実は海で遭難したローマ人の遺児。育ての親や部族の長老によって十五歳の成人の儀式も受けることが出来ました。しかし、その後天候不良と疫病の流行が部族の暮らしを襲うと、異国の血がこの地に災いをもたらしているとして部族を追放されることになります。ローマ軍前線の街に赴いたべリックは騙されて奴隷としてローマへ連れていかれます。そこから始まる過酷な運命は、読んでいて胸が苦しくなるほどです。しかしべリックは持ち前の聡明さと勇気をもって、その人生を切り拓いていくのです。先が見えない現代だからこそ、時代の流れに翻弄されつつも、希望を捨てなかったべリックの生き方は私たちにかすかな光明をもたらしてくれると思います。

 

 

 

『夜明けの風』(新版) ローズマリー・サトクリフ/作 灰島かり/訳 ほるぷ出版 2020/3/20  (出版社サイト→こちら

こちらもローズマリー・サトクリフの歴史小説です。時代は『ケルトとローマの息子』から進んだ6世紀後半で、ローマ軍団が去ったブリテン島が舞台となっています。
当時のブリテン島はローマ文明を受け継いだケルト部族であるブリトン人と、侵入者であるサクソン人とのし烈な戦いが続いていました。
主人公オウェインはブリトン人で、ブリトン人とサクソン人との最後の大掛かりな戦いでひとり生き残った少年です。
一緒に参戦した父と兄を亡くし、北へ逃れる道中で同じようにひとり生き残った少女と出会います。大陸へ逃亡する旅の途中で少女が病気になったことからオウェインはサクソン人に少女レジナを託し、自分は奴隷として生きる道を選びます。
聡明なオウェインは、雇い主の信頼を得、のちの戦で彼を救ったことで自由の身になります。物語の後半ではローマ教皇グレゴリウス1世の命を受けてイギリスに布教のために遣わされ、のちにカンタベリー大司教となるアウグスティヌスの到着とケント王エゼルベルフトによる歓迎という実際にあった歴史上の出来事も描かれています。
時代に翻弄され、支配者たちの争いに巻き込まれていく庶民が、実は時代を作ってきたのだと読んでいて感じました。今、私たちもコロナ禍により先の見えない時代に生きていますが、こうした歴史小説を読むことは、生きる力を与えてくれるのではないでしょうか。若い世代にぜひ読んでほしいと思います。

 

 

 

『王の祭り』小川英子/作 ゴブリン書房 2020/4 (出版社サイト→こちら

 

16世紀、イングランド王国ではエリザベス1世が女王として統治していました。同じ頃、日本では信長が戦国時代の覇者として君臨しようとしていました。
物語は、信長が長篠・設楽原の合戦に勝利したことを朝廷に報告するために京の明智光秀の屋敷に滞在しているところから始まります。そこに訪ねてきた伴天連の宣教師から、信長は地球儀を見せられヨーロッパ大陸の果てにある島国がイングランド王国であること、そこには16年間在位を続けている女王がいることを聞くのです。
舞台は変わって、イングランド王国ではエリザベス女王を密かに暗殺しようとするものがいたのです。
革職人の息子ウィルは、ある夜家を飛び出して暗い森を歩いているときに妖精を捕まえます。そのウィルは妖精に「エリザベス女王がいる間にケニルワース城へ行きたい」と願うのです。伯爵の依頼で父が献上する女王の手袋を持っていくことになったウィルは、刺客に狙われた女王とともに妖精の力で時空を越えて戦国時代の安土桃山城へ降り立ちます。信長は大喜びで絢爛豪華な城をエリザベス女王に案内し、帰国を望む女王たちを京へ送って本能寺に出向いたそのさ中に、明智光秀に襲撃されます。まさに「〈時〉と〈処〉を超えて繰り広げられる壮大な歴史ファンタジー」、その後どのようにして女王とウィルがイングランドに戻るのかも、ぜひ読んでみてください。

 

 

 

 

《ノンフィクション》

『有権者って誰?』藪野祐三/著 岩波ジュニア新書 岩波書店 2020/4/17 (出版社サイト→こちら

2015年に選挙権年齢が満18歳に引き下げられましたが、20歳以下、および20歳代の投票率の低さが目立っています。
この本では、「どうせ、ぼくの、わたしの1票で政治は変わらない」という意識を、無理やり変えようとするのではなく、まずは「さまざまな有権者がいるという事実」を伝えていこうとしています。
若い世代の人の問題だけではなく、公共性に対する権利と義務をもっているという市民性の問題として、広く訴えています。
作者は、その市民性を身につけるために、まず自分の「無知」に気づくこと、異文化との交流を勧めています。そうすることによって、選挙の重要性を理解し、有権者としての自覚が生まれるとの指摘に、私自身もさまざまな気づきを与えられました。親子で読むのもいいですね。中高生にもわかりやすい言葉で、グラフや図表を用いて書かれています。

 

 

 

『チョウはなぜ飛ぶか』日高敏隆/著 岩波少年文庫 岩波書店 2020/5/15(出版社サイト→こちら

この本には、動物行動学者日高敏隆さん(1930-2009)が1975年に著した岩波科学の本16『チョウはなぜ飛ぶか』と、エッセイ「思っていたこと  思っていること」(『動物は何を見ているか』2013年 青土社)、「今なぜナチュラル・ヒストリーか?」(『ぼくの世界博物誌』2006年 玉川大学出版部)が収められています。
日高さんの蝶の研究は、小学生の時にアゲハ蝶を捕まえようと観察していて「チョウの飛ぶ道はきまっているのだろうか?」という疑問を持ったことに始まります。「その当時、春の最初のアゲハが去年の春と同じ道を飛ぶのには、きっとなにか、それなりのわけがあると考えた」ことが、その後の研究へとつながっています。この夏も多くの子どもたちが夏の自由研究などの資料を探しに図書館を利用することと思います。幼い時の小さな疑問が、大きな研究の業績に繋がることを考えると、そこでどんな資料を手渡すかがとても重要になるなあと思いました。岩波少年文庫にするにあたり、『しでむし』(2009年 偕成社)などの作品がある絵本画家舘野鴻さんが表紙絵を描き、「「なぜ」の発見」という一文を載せています。小学校高学年以上であれば読めるようになっています。ぜひ昆虫好きな子どもたちに手渡してください。

 

 

 

『議会制民主主義の活かし方 未来を選ぶために』糠塚康江/著 岩波ジュニア新書 岩波書店 2020/5/27 (出版社サイト→こちら)

こちらの岩波ジュニア新書も、『有権者って誰?』と同じように、若い世代に向けて書かれています。議会制民主主義の歴史を紐解き、現在の選挙制度についてわかりやすく解説しています。また現在の国会の形骸化、政権への忖度や、統計や文書の改ざん問題などにも言及しています。
作者は、3月末まで大学教授として憲法学などを教えていました。新型コロナウイルス感染症対策における政治の迷走などについても、あとがきで触れつつ、これからの時代を生きる私たちに、有権者として、国民として何が必要であるかを語りかけてくれています。
この本はUDフォントが使用されており、誰もが読みやすい配慮もされています。

 

 

 

 

 

 

【その他研究書など】

『新装版 私の絵本ろん 中・高校生のための絵本入門』赤羽末吉/著 平凡社 2020/5/8 (出版社サイト→こちら

今年は赤羽末吉生誕110周年で、ロングセラー『かさじぞう』が生まれて60年になる節目の年として、赤羽末吉が描いた絵本なども多く復刊されています。
また各地で行われる予定だった「赤羽末吉原画展」(多くは2021年に延期されています)に合わせて、赤羽末吉の研究書なども復刊されています。こちらは、1983年に偕成社から出版され、2005年に平凡社ライブラリーに収録された赤羽末吉のエッセイの新装復刻版です。
赤羽末吉の絵本創作にかける思いや、『そら、にげろ』、『へそとりごろべえ』、『つるにょうぼう』など12冊の絵本の制作過程、紀行などからなっている読み応えのあるエッセイになっています。
4月に『絵本作家赤羽末吉 スーホの草原にかける虹』(福音館書店)を上梓した義理の娘の赤羽茂乃さんが「新装版に寄せて―赤羽末吉への扉」という一文を寄せています。文庫版で手に取りやすい1冊です。
なお、生誕100年の記念に出版された『画集 赤羽末吉の絵本』(2010年 講談社)が増刷発行されています。こちらも併せて再読してほしいと思います。(所蔵してない図書館は購入するチャンスです)

 

 

 

 

『年齢別!子育てママ&パパの頼れる絵本193』遠藤裕美/監修 ユーキャン学び出版/自由国民社 2020/5/27 (出版社サイト→こちら

 

現役保育士で絵本講師(NPO法人絵本で子育てセンター認定)の資格を持つ遠藤裕美さんが執筆、監修した0~6歳の子ども向けの絵本ガイドブックです。それぞれの年齢の子どもたちの発達の特性が書かれ、またひとつひとつのテーマごとに「育児アドバイス」がついていて、子育て中のママ&パパには頼りになる1冊になっています。
この本の編集を担当された坂田さんが「新刊JP」のインタビューに答えている記事(→こちら)もぜひご覧になってください。このガイドブックの特徴とおすすめポイントがよくわかると思います。

 

 

 

(作成K・J)