2020年9月、10月の新刊から(その2・読み物)


9月,10月に出版された絵本、児童書のうち、先週絵本を紹介しましたので、本日は児童書、および参考資料を紹介いたします。

今回は先月久しぶりに訪れた銀座・教文館ナルニア国で新刊チェックをしました。それに加えて横浜日吉のともだち書店に注文し送付いただいたもの、出版社を通して著者、翻訳者から献本していただいたものを、読んで記事にしています。なお、一部9月以前に出版された本もあります。

その他の書籍に関しては銀座教文館ナルニア国の「きになる新刊」コーナーをぜひご活用ください。(「本のこまど」紹介記事→こちら

なお、書影は各出版社の許諾要件に従って使用しています。

 

*****************************
【児童書】
《創作》

『めいたんていサムくん』那須正幹/作 はたこうしろう/絵 童心社 2020/9/4  (出版社サイト→こちら

小学2年生のオサムくんは、みんなが困っている時に推理して解決する名人なので、「めいたんていサムくん」と呼ばれています。
ある朝はタケシくんのうわぐつが無くなっているのを、推理でなぜ無くなっているか当てました。ある時は公園で行方不明になった人形を見つけ出しました。また3年生のハルミさんにまとわりつく犬が、なぜそうするのか、推理して解決しました。サムくんの活躍は子どもたちの日常で起きるちょっとした事件です。きっとサムくんのことを身近に感じられるでしょう。小学校低学年向けの幼年童話です。

 

 

 

 

『はりねずみともぐらのふうせんりょこう アリソン・アトリーのおはなし集』アリソン・アトリー/作 上條由美子/訳 東郷なりさ/絵 福音館書店 2020/9/5  (出版社サイト→こちら

『チム・ラビットのおはなし』など動物を主人公にした素敵なおはなしをたくさん残したイギリスの児童文学者アリソン・アトリー(1884~1976)の、おはなし集です。「小さな人形の家」、表題にもなっている「はりねずみともぐらのふうせんりょこう」、そして「のねずみとうさぎと小さな白いめんどり」の3つのおはなしが収められています。どれも夢があって、心がわくわくしてくるおはなしです。読んであげるなら小さな子どもたちでも楽しむことができる幼年童話です。

 

 

 

 

 

 

『かじ屋と妖精たち イギリスの昔話』脇明子/編訳 岩波少年文庫 岩波書店 2020/9/15 (出版社サイト→こちら

素話(ストーリーテリング)でよく語られるイギリスの昔話が、脇明子さんの訳で、新しく編まれました。全部で31のおはなしが、゛ゆかいで短いお話”、゛ちょっとハラハラするお話”、゛知恵が役に立つお話”、゛こわくてドキドキするお話”、゛ふしぎなことに出会うお話”、゛妖精たちの出てくるお話”、゛女の子が幸せをつかむお話”、゛大冒険のお話”、゛すてきな幸運にめぐりあうお話”の8つのカテゴリーに分けられていて、おはなし選びにも役立ちます。「ものぐさジャック」や「トム・ティット・トット」、「三びきの子ブタのお話」、「ジャックと豆の木」、「ノロウェイの黒い雄牛」などよく知られているお話もたくさん。読んでもらうのもよし、自分で読むのもよし、そして自分でおはなしを語れればもっとよし。いろいろな楽しみ方ができる1冊です。

 

 

 

『おとうさんのかお』岩瀬成子/作 いざわ直子/絵 佼成出版社 2020/9/30  (出版社サイト→こちら

利里は3年生が終わった春休み、単身赴任中のお父さんのところで過ごすことにしました。きっかけはお兄ちゃんとけんかをして、顔も見たくなかったからです。お父さんならわかってくれると思ったのに、お父さんともなかなか気持ちが通じ合いません。そんな時、公園で出会った女の子、雪ちゃんは、拾った石に顔の絵を描いて遊んでいました。雪ちゃんとの出会いを通して、利里とお父さんの気持ちも近づいていきます。
だんだん人間関係に悩みはじめる小学校中学年向けのお話です。

 

 

 

 

 

『宇宙の神秘 時を超える宇宙船』ホーキング博士のスペース・アドベンチャーⅡ‐3 ルーシー・ホーキング/作 さくまゆみこ/訳 佐藤勝彦/監修 岩崎書店 2020/9/30 (出版社サイト→こちら

ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患いながらも、宇宙物理学を研究し続けたスティーヴン・ホーキング博士が、娘のルーシー・ホーキングさんとともに著したスペース・アドベンチャーシリーズの完結編です。ホーキング博士は2018年3月に亡くなられましたが、存命中にほぼ書き終えていたそうです。前号で、主人公のジョージは、AIロボットのボルツマンとふたりだけで宇宙船アルテミス号で宇宙へ飛び出します。しかし、超高速の宇宙船は簡単には行き先を変更できません。アインシュタインの相対性理論を物語で体験できる壮大な冒険物語です。シリーズですが、単独で読んでも、思わず惹きこまれていきます。後半には「タイムトラベルと、移動する時計の不思議」や「感染症、パンデミック、地球の健康」、「人工知能(AI)」など10のテーマでの科学エッセイも収められており、そこも読みごたえがあります。

 

 

 

 

『おじいちゃんとの最後の旅』ウルフ・スタルク/作 キティ・クローザー/絵 菱木晃子/訳 徳間書店 2020/9/30 (出版社サイト→こちら

おじいちゃんは口が悪くて乱暴で、入院先でも看護婦さんに呆れられ、パパもお見舞いに行きたがりません。でもぼくはそんなおじいちゃんが大好きです。そのおじいちゃんが、おばあちゃんと一緒に住んでいた家に死ぬ前にもう一度行きたいと願っているのを知って、病院を抜け出す計画を立てます。その計画は、パン屋のアダムも巻き込んで完璧ですが、「うそをつく」ことに少しだけ胸が痛みます。それでもおじいちゃんが、思い出の家で一晩過ごせたことは、良かったと思うのでした。死が近いおじいちゃんと孫の、心温まる、ちょっぴり切ない物語です。『おじいちゃんの口笛』などの作品があるスタルクは2017年に亡くなりました。これが最後の作品となりました。

 

 

 

 

『イワンの馬鹿』レフ・トルストイ/作 ハンス・フィッシャー/絵 小宮由/訳 アノニマ・スタジオ 2020/10/2 (出版社サイト→こちら

レフ・トルストイは『戦争と平和』や『アンナ・カレーニナ』などの大作があるロシアを代表する文豪です。その彼は50 代半ばで「無学で、貧しい、素朴な、額に汗して働く人たちの信仰の中に、真実がある」と悟り、「これからは、民衆とともに生き、人生のために有益な、しかも一般の民衆に理解されるものを、民衆自身の言葉で、民衆自身の表現で、単純に、簡素に、わかりやすく書こう」としたのが『イワンの馬鹿』です。人間の幸せとは何なのか、本質的な問いを投げかけてくれる寓話です。
注目すべきなのは、翻訳者小宮由さんです。由さんの祖父、北御門二郎氏は、17歳の時にトルストイの作品、特に『人は何で生きるか』、『イワンの馬鹿』に出会って、トルストイの説く絶対非暴力の思想に目覚め、それまで受けてきた忠君愛国の学校教育がいかに間違っているかということに気づき、良心的兵役拒否をしました。北御門氏はトルストイの翻訳に力を注ぎ、『イワンの馬鹿』も翻訳しました。孫である由さんが、なぜ『イワンの馬鹿』を翻訳することになったのかを書いているあとがきがまた読み応えがあります。 なお、挿絵はハンス・フィッシャーで、繊細でとても素敵です。

 

 

 

『ミスエデュケーション』エミリー・M・ダンフォース/著 有澤真庭/訳 サウザンブックス社 2020/11/6 (出版社サイト→こちら

アメリカで2012年に出版されたYA小説で、アメリカ図書館協会が優れたYA小説のデビュー作品に贈るウィリアム・C・モリス・デビューアワードの最終候補に残るなど高い評価を受けました。
12歳の夏休みに、親友アイリーンの挑戦で初めて彼女にキスしたキャメロン。女の子に惹かれるという性的指向に気づきながらも、周囲の無理解と宗教的葛藤に悩みながらも、仲間たちと自分らしさを見出していきます。LGBTQをテーマにした作品で、日本ではクラウドファンディングを用いて出版されました。アイリーンと過ごした夏休み二日間を描いた第一部、両親の事故死を知っておばあちゃん、ルースおばさんと暮らすことになった中学・高校時代の第二部、同性愛者であることがバレてキリスト教系の矯正施設に強制的に送り込まれる第三部となっています。この作品がデビュー作になったエミリー・M・ダンフォースはロード・アイランド大学の助教授で同性パートナーと暮らすレズビアンです。世間の無理解に苦しむLGBTQの子どもの成長物語を描きたいと、同性愛矯正治療キャンプなどを取材して書かれました。

 

 

 

 

《ノンフィクション》

『子どもを守る言葉『同意』って何?YES、NOは自分が決める!』レイチェル・ブライアン/作 中井はるの/訳 集英社 2020/10/31 (出版社サイト→こちら

『ワンダー』(R・J・パラシオ/著 ほるぷ出版)などの翻訳を手掛けた中井はるのさんが訳出された人権に関するノンフィクション新刊です。SNS などを通して知り合った卑劣な大人に騙される少女の事件がニュースでも報じられました。自分を守るために、イヤなこと、ダメなことを相手にもわかるように意思表示することの大切さを、イラストをたっぷり使って小さな子どもにもわかりやすく説いています。親子で一緒に読みながら、この本で使われる「同意」と「バウンダリー(境界線)」の意味について、話し合えるといいですね。

 

 

 

 

 

【その他】

『子どもの本から世界をみる 子どもとおとなのブックガイド88』石井郁子、片岡洋子、川上蓉子、鈴木佐喜子、田代康子、三輪ほう子、田中孝彦/著 かもがわ出版 2020/9/30 (出版社サイト→こちら

このブックガイドは、月刊誌『教育』(教育科学研究会編集)の1990年11月号から2018年3月号までの、「子どもの本」欄に掲載された紹介・書評のうちの84の記事に書きおろしの4点を加えて、加筆・再構成されたものです。選者の6人は、子育てや生徒と関わる仕事を通して、幼児から高校生までそれぞれの成長過程にふさわしいと思われる本を選び、紹介してきました。その選書基準は、他のブックリストと同様のもに加えて、”子どもたちが新しい世界を知り、おとなの世界も広がっていき、今をそして明日を考えることができる本”という点が特徴的です。世界的なパンデミックの中で、子どもたちの「どう生きるべきか」という問いを感じ取り、おとなも共に考え合える本、子どもの本を通して社会や時代をみつめる本が選ばれています。ぜひみなさんの選書の際の一助にしていただきたいと思います。

 

 

 

『藤田浩子の手・顔・からだでおはなし』なにもなくてもいつでも・どこでも楽しめる⑤ 藤田浩子/編著 保坂あけみ/絵 一声社 2020/10/30 (出版社サイト→こちら

楽しい語りや、わらべうた遊び、おはなし会小道具などを精力的に紹介する藤田浩子さんの新刊です。手元に絵本やさまざまな小道具が無くても、手や顔、身体を使って、子どもたちと触れ合って遊べる遊びやおはなしが50以上紹介されています。1章では小さな赤ちゃんを中心にした親子遊び、第2章では1~3歳向けの遊びやおはなし、3章では4~6歳向けの遊びやおはなしというように分けられています。図書館のおはなし会でも使えるものがたくさんあります。ぜひいくつか覚えて演じてみてください。

 

 

(作成K・J)