2021年2月(その1)おしくらまんじゅう(小さい子)


12月半ばにドカ雪が降って関越自動車道での立ち往生がニュースになりました。今シーズンは雪が多い冬の予報だそうです。

寒い季節、今は「密になってはダメ!」と言われますが、やはり寒い季節は肩寄せ合って暖を取りたいですね。

せめて親子で「おしくらまんじゅう」して温まりましょう。

 

******************************
【おしくらまんじゅう】

わらべうた このこどこのこ

 

 

 

 

おひざのうえにお子さんを乗せて、しっかり脇をホールド。おとなの方が左右に揺れます。繰り返しの時に「〇〇ちゃん」のところでそれぞれのお子さんの名前を呼んであげます。参加者の人数が少なければひとりひとりの名前を入れて歌ってもよいでしょう。

 

 

わらべうた おおさむこさむ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月のおはなし会プラン1でも取り入れたわらべうたです。寒い季節は毎回同じものを歌って子どもたちに覚えてもらいましょう。「おおさむこさむ」で両腕をかかえてこする真似。寒そうにします。「やまからこぞうがとんできた」で遠くを指さす動作、「なんといってとんできた」で耳に手をあてる動作をします。「さむいといってとんできた」でもう一度両腕をかかえてこすります。

 

 

 

絵本『おおさむこさむ』松谷みよ子/文 遠藤てるよ/絵 偕成社 1979 1分30秒

 

この季節、定番の絵本です。それでも繰り返し読んであげたいですね。もとはわらべうたです。わらべうたも一緒に歌ってあげましょう。

 

 

 

 

 

わらべうた こどもかぜのこ

 

 

 

こちらも1月に引き続き取り入れました。「こどもかぜのこ」では、握りこぶしを作って、両腕を交互に元気に前に突き出します。「じじばばひのこ」は、両腕をかかえて寒そうに縮まります。緩急つけて身体を動かすのがコツです。こちらも何度か繰り返して歌いましょう。

 

 

わらべうた おせよおせよ

 

 

 

 

おしくらまんじゅうの歌です。付き添いの保護者と身体をくっつけて押し合います。

 

わらべうた おしくらまんじゅう

 

 

 

 

こちらもおしくらまんじゅうです。背中合わせで押してみたり、脇を押しあったり。それだけで身体が温まります。

 

 

絵本『おしくら・まんじゅう』かがくいひろし ブロンズ新社 2009 1分

 

おしくらまんじゅう、おされるのは?こんにゃくに?納豆?ゆうれいまで?
リズミカルに読んであげたいですね。

 

 

 

 

わらべうた どんぶかっかすっかっか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的にオンラインでわらべうたの会を開催していますが、その会を一緒に主催している訪問保育士のYさんに教えてもらって採譜しました。お風呂に入って温まる時に歌うわらべうたです。歌い終わったら「おまけのおまけのきしゃぽっぽ ぽーっとなったら あがりましょ ぽーっぽー!」と言ってからあがります。おはなし会では、お子さんをおひざの上に乗せて歌いながら、膝を上下させながら肩を撫でます。「おまけの・・・」を唱えて最後は高く掲げて「高い!高い!」をします。

 

 

 

絵本『おふろにはいろ』三浦太郎/作 童心社 2020 1分10秒

 

 

お風呂に入るのは、たまねぎばあさんにとうもろこしかあさん、それからそれから!野菜や果物が皮を脱いでお風呂であったまります。
寒い冬はお風呂であたたまるのが一番ですね。

 

 

 

わらべうた さよならあんころもち

 

 

 

 

 

(作成K・J)