令和3年度児童サービス研究交流会「ウィズコロナ時代の児童サービス」のご案内


国立国会図書館国際子ども図書館主催の令和3年度児童サービス研究交流会「ウィズコロナ時代の児童サービス」についてご案内します。
(自己啓発(自己研鑽)のための研修としてご案内しています)

国際子ども図書館では、児童サービス関係者が館種や地域を超えて会し、特定のテーマについて最新の情報や動向を学び、事例紹介・意見交換・相互交流を行う場として、児童サービス研究交流会が実施されていま。。令和3年度は、「ウィズコロナ時代の児童サービス」をテーマに、オンライン配信形式で開催されます。申込みをすれば視聴可能とのことですので、関心のある方は、ぜひご参加ください。

詳細は、国際子ども図書館Webページ→こちらをご覧ください

********************************************************************************************************************************************************************
令和3年度児童サービス研究交流会「ウィズコロナ時代の児童サービス」

<配信期間> 2021年3月5日(金)12時~4月30日(金)17時
<対象> 公共図書館・学校図書館等において児童サービスに携わる図書館員(学校司書を含む)等
<参加費> 無料
<内容>
 講演1「児童サービスの今とこれから―コロナ禍での学びと未来」汐﨑順子氏(慶應義塾大学非常勤講師)
 講演2「ウィズコロナの経験を活かす―これからの学校図書館について考えるために」庭井史絵氏(青山学院大学准教授)
 事例報告1「「としょ丸チャンネル」ができるまで」岡田雅彦氏(さいたま市立中央図書館 資料サービス課 課長補佐兼係長)
 事例報告2「逆境をチャンスに―公立小学校図書館でも出来ること」横山寿美代氏(杉並区立小学校司書)
 事例報告3「国際子ども図書館の取組」(国際子ども図書館児童サービス課)

(作成 T.I)