おはなし会プラン

5月のおはなし会おすすめプランの紹介
4月のおはなし会おすすめプランの紹介
3月のおはなし会おすすめプランの紹介
2月のおはなし会おすすめプランの紹介
1月のおはなし会おすすめプランの紹介
12月のおはなし会おすすめプランの紹介
11月のおはなし会おすすめプランの紹介
10月のおはなし会おすすめプランの紹介
9月のおはなし会おすすめプランの紹介
8月のおはなし会おすすめプランの紹介
7月のおはなし会おすすめプランの紹介
6月のおはなし会おすすめプランの紹介
2021年5月(その2)鳥、とり(幼児~小学生)
2021年5月(その1)ぞうさん (小さい子)
2021年4月(その2)目ざめの時(幼児~小学生)

5月のおはなし会おすすめプランの紹介


2010年より毎月のおはなし会プランを2か月前倒しで2~3本作成してきました。5月のおはなし会プランは、27プラン(小さい子向け10、幼児~小学生向け17)あります。

その中から今月も小さい子向け4プラン、幼児~小学生向け6プランを選びました。
その他のプランも「5月のおはなし会プラン」(→こちら)からご覧いただけます。

(なお、過去記事は、Amazonアフィリエイトを使用していたため画像のリンク切れがあり、修正が間に合っていない場合があります。ご了承ください。)

 

今年度は新たにプランを作らずに過去記事から、特におすすめのプランを紹介してきました。これで12カ月分が整いました。

長い間、おはなし会おすすめプランの更新を続けてきましたが、これが最終回です。
これまでのプランも参考にしながら、参加する子どもたちに合わせて、どんなテーマで、どんな絵本を読むのか考えて組み合わせてください。また、「耳から聞く読書」を通して想像力を育てていくためにも、素話もぜひ取り入れてみてください。

**************
【小さい子向けおはなし会プラン】

*ぞうさん(→こちら
だれが好きなの?と尋ねられて、「あのね、かあさんがすきなのよ」と素直に答えるまどみちをさんの『ぞうさん』の詩を起点にして作成したプランです。

*いいきもち(→こちら
新緑の季節、思いっきり広い野原で深呼吸。新鮮な空気を吸って元気に進んでいけるようにと、絵本を選んでプランを作成しました。

*おにぎりぎゅっ!(→こちら
リズムよく両手を動かして、やがて生み出されるおにぎりは何よりのごちそうです。おにぎりの絵本を中心にして組み立てたプランです。

*だっこして(→こちら)
「だっこして」を受け止めてもらえることが、親子間の信頼関係を築く第一歩。「だっこして」をテーマに作成したプランです。

 

【幼児~小学生向けおはなし会プラン】

*鳥、とり(→こちら
バードウィークにちなんで日本の昔話「鳥呑爺」と鳥の絵本とを組み合わせたプランです。

*魔除けには菖蒲とよもぎ(→こちら
邪気を払い、魔除けになるものとして端午の節句に欠かせない菖蒲とよもぎが出てくる「食わず女房」をメインにおはなし会プランを立ててみました。

*だれでもみんな(→こちら
5月は世界中で母の日を祝います。もしすでに死別していたとしても、お母さんの存在があったからこそ、今の自分がいるということを思い出してほしくて作成したプランです。

*天までとどけ(→こちら
「よもぎ」と「菖蒲」の出てくる昔話「食わず女房」を中心に組み立ててみました。

*いってきます(→こちら
主人公が元気に出かけていく素話「エパミナンダス」と「のはらうた」の中から詩を一編、それに日本昔話から『ももたろう』、そして写真絵本を1冊組み合わせたプログラムです。

*いろいろなとりたち part2(→こちら
愛鳥週間にちなんだプログラムです。折り紙で鳥を折る工作の提案も組み込まれています。

(作成K・J)

 

 

4月のおはなし会おすすめプランの紹介


2010年より毎月のおはなし会プランを2か月前倒しで2~3本作成してきました。4月のおはなし会プランは、26プラン(小さい子向け9、幼児~小学生向け19)あります。

今年度は新たにプランを作らずに過去記事から、特におすすめのプランを紹介しています。

今月も小さい子向け4プラン、幼児~小学生向6プランを選びました。

その他のプランも「4月のおはなし会プラン」(→こちら)からご覧いただけます。

(なお、過去記事は、Amazonアフィリエイトを使用していたため画像のリンク切れがあり、修正が間に合っていない場合があります。ご了承ください。)

**************************
【小さい子向けおはなし会プラン】

*いっしょにあそぼう!(→こちら
戸外に出て遊ぶ機会が増える季節に合わせて、組み立てたプランです。

*さいた!さいた!(→こちら
入園、入学、進学、進級、なにかと変化の大きな時期を、おとなはゆったりと構えて、信頼できる安全基地として、成長していく子どもたちを受け止めることが出来ればと思い作成したプランです。

*ぴよぴよぴよ(→こちら
春は変化の時で、時間に追われ、余裕を感じる暇もないかもしれない子どもたちに、せめて図書館のおはなし会では、親子がのんびりと過ごせる時間と空間を演出したいと願い作成したプランです。

*このゆびとまれ!(→こちら
春のイメージはというと、賑やかな笑い声を響かせながら子どもたちが一斉に外に飛び出して遊びに夢中になっている様子が浮かびます。そんな子どもたちへ向けたプランです。

 

【幼児~小学生向けおはなし会プラン】

*目ざめの時(→こちら
春は一斉に野山の樹が薄緑色の若芽に覆われ、虫も鳥も動物たちも活動的になる季節で、目ざめをイメージしたプランです。

*春のいのち(→こちら
春は芽吹きの季節、そんな生命力あふれる春をイメージして作成したプランです。

*小さくみえても(→こちら
4月は入園、入学の季節。小さく見えても、その内面には大きな可能性をいっぱい詰め込んでいます。そんな新入生を応援したいなと思いながら作成したプランです。

*ひとりでできるもん(→こちら
子どもたちが成長していくということは、ひとりで出来ることが増えるということです。ひとりで出来ることが増えて、自分で考えて自分で判断できるようになっていくと、いずれ親から自立していきます。学校へ通うということは、その第一歩。素話「こすずめのぼうけん」を中心に作成したプランです。

*とんでいこう(→こちら
素話「鳥のみじい」を中心に、新しい世界へと飛び立っていけるようにと願って作成したプランです。ちょうちょに鳥、そして綿毛・・・いろんなものが飛び立っていきます。

*ありがいっぱい!(→こちら
春になると散歩の途中、じっと立ち止まってアリを見る子もたくさんいるのではないでしょうか。今回はそんな身近なアリをテーマに組み立てたプランです。

 

(作成K・J)

3月のおはなし会おすすめプランの紹介


2010年より毎月のおはなし会プランを2か月前倒しで2~3本作成してきました。3月のおはなし会プランは、29プラン(小さい子向け9、幼児~小学生向け19、小高学年~中学生向け1)あります。

今年度は新たにプランを作らずに過去記事から、特におすすめのプランを紹介しています。

今月も小さい子向け4プラン、幼児~小学生向6プラン、卒業生向け1プランを選びました。

その他のプランも「3月のおはなし会プラン」(→こちら)からご覧いただけます。

(なお、過去記事は、Amazonアフィリエイトを使用していたため画像のリンク切れがあり、修正が間に合っていない場合があります。ご了承ください。)

**********************

 

【小さい子向けおはなし会プラン】

*でておいで~(→こちら
暖かくなって戸外で遊ぼうよと呼びかけるプランです。

*まてまて(→こちら
酒井駒子さんが絵を描いた0.1.2えほん『こりゃまてまて』を中心に作成したプランです。

*もう春だね(→こちら
甲斐信枝さんの絵本『ちょうちょはやくこないかな』を中心に作成したプランです。

*はないっぱい(→こちら
まどみちおさんの絵本『くまさん』を中心に作成したプランです。

 

【幼児~小学生向けおはなし会プラン】

*はるがきた(→こちら
素話「花咲かじい」を中心に春の喜びを感じるプランです。

*花が咲いたよ(→こちら
一斉に花が咲く季節を意識して作成したプランです。

*生きるってすばらしい(→こちら
ルイ・アームストロングが歌った「What a Wonderful World」を描いた絵本『すばらしいみんな』を中心に組み立てたプランです。

*一歩踏み出す(→こちら
イギリスの昔話『三びきのこぶた』を中心に自立をテーマに組み立てたプランです。

*おいしいいちご(→こちら
早春に美味しさを増すいちごをテーマに組み立てたプランです。

*うれしい春の日(→こちら
キーツの俳句絵本『春の日や庭に雀の砂あひて』を導入に組み立てた春先の弾む思いを伝えるプランです。

【卒業生へ(小学生・中学生)】

*卒業おめでとう!(→こちら
小学校6年生や中学3年生の卒業を祝う会で読める絵本や詩を集めています。ぜひこの季節、参考にしてみてください。

 

 

(作成K・J)

2月のおはなし会おすすめプランの紹介


2010年より毎月のおはなし会プランを2か月前倒しで2~3本作成してきました。2月のおはなし会プランは、26プラン(小さい子向け8、幼児~小学生向け18)あります。

今年度は新たにプランを作らずに過去記事から、特におすすめのプランを紹介しています。

今月も小さい子向け4プラン、大きい子向け7プランを選びました。

その他のプランも「2月のおはなし会プラン」(→こちら)からご覧いただけます。
(なお、過去記事は、Amazonアフィリエイトを使用していたため画像のリンク切れがあり、修正が間に合っていない場合があります。ご了承ください。)

**********************

【小さい子向けおはなし会プラン】

*つめたいね!(→こちら

わらべうたと雪の絵本を組み合わせたプランです。寒い冬はわらべうたでしっかり体を動かしたいですね。

*だーるまさん(→こちら

寒さで着ぶくれした小さい子って、だるまさんみたい・・・というところから、だるまさんが出てくる絵本とわらべうたを組み合わせたプランです。

 

*ゆきこんこん(→こちら

小さい子向けの雪の絵本とわらべうたを組み合わせたプランです。

 

*くっついて くっついて(→こちら

寒い時は、くっついて、くっついて過ごすのが一番、わらべうたと組み合わせたプランです。

 

【幼児~小学生向けおはなし会プラン】

*北風に負けるな(→こちら

素話「北風をたずねていった男の子」を中心に、冬の絵本を組み合わせたプランです。

 

*すきすきすき(→こちら

バレンタインデーにちなんで「だいすき」ということばが繰り返し出てくる素話「ホットケーキ」を中心に組み立てたプランです。

*そのなまえは…(→こちら

素話「だんなも、だんなも、大だんなさま」を中心に組み立てたプランです。

*冬の一日(→こちら

素話「だめといわれてひっこむな」を中心に冬の絵本を組み合わせたプランです。

*もうすぐ・・・(→こちら

寒さの中に、春の芽吹きの準備が始まっています。つららがとけると春が近づく・・・そんな気持ちで、友だちの絵本などと組み合わせたプランです。

*まめまめまめ(→こちら

節分の豆まきをテーマに、豆の絵本を組み合わせたプログラムです。

 

*雪、だ~い好き♡(→こちら
雪をテーマに、4冊の絵本を組み合わせたプランです。

(作成K・J)

1月のおはなし会おすすめプランの紹介


2010年より毎月のおはなし会プランを2か月前倒しで2~3本作成してきました。1月のおはなし会プランは、25プラン(小さい子向け8、幼児~小学生向け17)あります。

今年度は新たにプランを作らずに過去記事から、特におすすめのプランを紹介しています。

今月も小さい子向け4プラン、大きい子向け6プランを選びました。

その他のプランも「1月のおはなし会プラン」(→こちら)からご覧いただけます。
(なお、過去記事は、Amazonアフィリエイトを使用していたため画像のリンク切れがあり、修正が間に合っていない場合があります。ご了承ください。)

************************
【小さい子向けおはなし会プラン】

*おめでとう(→こちら
新年を祝う思いをこめて作ったプランです。茂田井武『おめでとう』はぜひ読んであげてください。

 

*寒さに負けないでね!(→こちら
子どもは風の子、寒くても元気でいてほしい、そんな願いをこめたプランです。

*はじめての雪(→こちら
小さな子どもたちにとって雪は天からの贈り物。雪をテーマにした小さい子向けのプランです。

 

*ふゆの一日(→こちら
寒い日、お風呂に入って温まりたいですね。『おふろでちゃぷちゃぷ』をメインに作成したプランです。

 

 

【幼児~小学生向けおはなし会プラン】

*新しい年(→こちら
新しい年を迎える『じょやのかね』を中心にプランを作成しました。

 

*晴れ着を着て(→こちら
韓国の晴着『ソルビム』を紹介しながら、新年を迎える晴れやかな気持ちをプランに盛り込みました。

 

 

*てぶくろあったかい!(→こちら
寒い冬、指先を温めてくれるてぶくろ。ロシアの昔話『てぶくろ』を中心にしたプランです。

 

*ぬくぬくあったまる(→こちら
友だちへの親切な思いやりがあれば、きっと心も温まる、そんなテーマで組み立てました。

 

*雪のふる日に(→こちら
赤羽末吉の名作『つるにょうぼう』を中心に、雪をテーマに組み立てました。

 

*しょうがつてええもんだ(→こちら
谷川俊太郎の詩の絵本『おしょうがつさん』とわらべうた「しょうがつてええもんだ」を組み合わせたプランです。

 

(作成K・J)

12月のおはなし会おすすめプランの紹介


2010年より毎月のおはなし会プランを2か月前倒しで2~3本作成してきました。12月のおはなし会プランも、27プラン(小さい子向け10、幼児~小学生向け17)あります。

今年度は新たにプランを作らずに過去記事から、特におすすめのプランを紹介しています。

今月も小さい子向け4プラン、大きい子向け6プランを選びました。

その他のプランも「12月のおはなし会プラン」(→こちら)からご覧いただけます。
(なお、過去記事は、Amazonアフィリエイトを使用していたため画像のリンク切れがあり、修正が間に合っていない場合があります。ご了承ください。)

************************
【小さい子向けおはなし会プラン】

*クリスマスおめでとう(→こちら

小さい子向けのクリスマスの絵本を組み合わせています。

*くるといいね(→こちら

子どもたちにとって、クリスマスやお正月は、楽しみな出来事、待ち遠しい気持ちをテーマにプログラムを作りました。

*ぎゅっぎゅっぎゅっ(→こちら

寒い冬はおしくらまんじゅうで体を寄せ合うのが一番。わらべうたを中心に組んだプログラムです。

*あたたかいね(→こちら

寒い冬はお風呂であたたまるのが一番、そんなテーマで組み立てたプログラムです。

 

【幼児~小学生向けおはなし会プラン】

*クリスマスはおうちでね!(→こちら

おうちでクリスマスを祝うということをテーマで組み立てたプログラムです。

*おくりもの(→こちら

12月はクリスマスプレゼントに暮れの贈り物とプレゼントをする季節。ということで贈り物をテーマに組み立てたプログラムです。

*闇の中に光が(→こちら

冬至の翌日から今度は一日一日と陽が伸びていくことは厳しい冬を乗り越える時の希望でした。光をテーマに作成したプログラムです。

*北風にむかって(→こちら

素話「北風をたずねていった男の子」を中心に組み立てたプログラムです。

*もういくつねると(→こちら

新年を迎える準備をテーマに組み立てたプログラムです。

*たいせつな贈り物(→こちら

こちらもクリスマスの贈り物をテーマにしていますが、「おくりもの」とは選書が違っています。

 

(作成K・J)

11月のおはなし会おすすめプランの紹介


2010年より毎月のおはなし会プランを2か月前倒しで2~3本作成してきました。11月のおはなし会プランも、27プラン(小さい子向け8、幼児~小学生向け19)あります。

今年度は新たにプランを作らずに過去記事から、特におすすめのプランを紹介しています。

今月も小さい子向け4プラン、大きい子向け6プランを選びました。

その他のプランも「11月のおはなし会プラン」(→こちら)からご覧いただけます。
(なお、過去記事は、Amazonアフィリエイトを使用していたため画像のリンク切れがあり、修正が間に合っていない場合があります。ご了承ください。)

************************
【小さい子向けおはなし会プラン】

*もみじのはっぱ(→こちら
ちいさな子どもの手のひらはまるで紅葉のようだとたとえられます。その視点で作成した小さな子向けのプランです。

 

*どんぐりころころ(→こちら
どんぐりの絵本と、わらべうた「どんぐりころちゃん」を組み合わせたプランです。

 

*落ち葉いっぱい(→こちら
小さい子向けの落ち葉の絵本をいくつか組み合わせて作成したプランです。

 

*むくむくぐるぐる(→こちら
冬眠前のりすをテーマに組み立てたプランです。

 

【幼児~小学生向けおはなし会プラン】

*さるとかに(→こちら
日本昔話「さるとかに」(さるかに合戦)の素話を中心に組み立てたプランです。

 

*秋も深まると(→こちら
素話「まのいいりょうし」を中心に、深まりゆく秋を味わう絵本を組み合わせたプランです。

*小さくても、つまってる(→こちら
小さなくるみの中に詰まっている広い世界を伝えてくれる『くるみのなかには』という絵本を中心にして作成したプランです。

 

*木枯らし吹いて(→こちら
素話「マーシャとくま」、そして絵本『かぜのおまつり』を中心に晩秋をイメージして作成したプランです。

 

*きのこ  きのこ(→こちら
きのこの絵本をいくつも組み合わせて作成したプランです。

*赤い葉っぱ黄色い葉っぱ(→こちら
紅葉、黄葉、美しく彩られた秋の木々をテーマに作成したプランです。

(作成K・J)

10月のおはなし会おすすめプランの紹介


2010年より毎月のおはなし会プランを2か月前倒しで2~3本作成してきました。10月のおはなし会プランも、26プラン(小さい子向け8、幼児~小学生向け18)あります。

今年度は新たにプランを作らずに過去記事から、特におすすめのプランを紹介しています。

今月も小さい子向け4プラン、大きい子向け6プランを選びました。

その他のプランも「10月のおはなし会プラン」(→こちら)からご覧いただけます。
(なお、過去記事は、Amazonアフィリエイトを使用していたため画像のリンク切れがあり、修正が間に合っていない場合があります。ご了承ください。)

************************
【小さい子向けおはなし会プラン】

*どんぐり、どうぞ!(→こちら
どんぐりの出てくる絵本3冊と、わらべうたを組み合わせたプログラムです。

 

*おいしいね(→こちら
絵本「やさいだいすき」や「おにぎり」などと、わらべうたや手遊びを組み合わせたプログラムです。

 

*おやすみなさい(→こちら
秋の夜長、暑くもなく寒くもなく、ぐっすり眠ることのできる季節です。「眠り」をテーマに絵本とわらべうたを組み合わせたプログラムです。

 

*おいしいおと(→こちら
おいしさを音で表現した2冊の絵本と、わらべうたややさいをテーマにした絵本を組み合わせたプログラムです。

 

 

 

【幼児~小学生向けおはなし会プラン】

*くりくりくり(→こちら
山へ栗拾いへいく小僧さんとやまんばが出くわす「三枚のお札」の素話と、栗をテーマにした絵本を2冊組み合わせたプログラムです。

 

*たべちゃえ たべちゃえ(→こちら
「なら梨とり」の素話と、秋の美味しい味覚をテーマにした詩や絵本を組み合わせたプログラムです。

 

*おなべの中身は?(→こちら
素話「おいしいおかゆ」と、「ひまなこなべ」や「せかいいちおいしいスープ」など、おなべ繋がりで選んだプログラムです。

 

*おしゃれな秋(→こちら
おしゃれをすることが楽しくなる秋、「おしゃれ」をテーマにした絵本を組み合わせたプログラムです。

 

*ハロウィン(→こちら
ハロウィンをテーマに絵本を4冊組み合わせたプログラムです。

 

*アフリカを楽しもう(→こちら
アフリカの昔話や子どもたちの生活をテーマにした絵本を組み合わせたプログラムです。

 

 

(K・J)

9月のおはなし会おすすめプランの紹介


2010年より毎月のおはなし会プランを2か月前倒しで2~3本作成してきました。9月のおはなし会プランも、26プラン(小さい子向け9、幼児~小学生向け17)あります。

今年度は新たにプランを作らずに過去記事から、特におすすめのプランを紹介しています。

今月も小さい子向け4プラン、大きい子向け6プランを選びました。

その他のプランも「9月のおはなし会プラン」(→こちら)からご覧いただけます。
(なお、過去記事は、Amazonアフィリエイトを使用していたため画像のリンク切れがあり、修正が間に合っていない場合があります。ご了承ください。)

************************
【小さい子向けおはなし会プラン】

*げんこつやまの→(こちら
わらべうた「ねずみねずみ」と「げんこつやまの」を題材にした絵本2冊を中心に組み立てました。


*おいしいよ→(こちら
食欲の秋、子どもたちは食べるの大好き。絵本『おいしいよ』を中心に組み立てました。

*こっちをむいて!お月さま→(こちら
子どもが感じるお月さまへの想いを中心に組み立てました。

*げんきだよ!→(こちら
身体を動かすことが大好きな子どもたちへのエールを込めて作ったプランです。

 

【幼児~小学生向けおはなし会プラン】

*だいじょうぶだよ→(こちら
敬老の日のある9月、おばあちゃんやおじいちゃんが主人公の絵本を2冊、そして秋らしい素話を組み合わせました。

 

*たいせつないのち→(こちら
命の誕生は尊くうれしいもの。『わたしのあかちゃん』というかがく絵本を中心に組み立ててみました。

*安心してね→(こちら
夜のおだやかな眠りをテーマにおはなし会のプランを作ってみました。

*耳を澄まして→(こちら
夜になると聞こえてくる虫の音を中心に音をテーマにして作ったプランです。

*月のふしぎ→(こちら
形を変える月の不思議について考えることができる絵本を組み合わせました。

*秋のむし→(こちら
こちらも秋の鳴く虫が中心のプログラムです。わらべうた「むしかご」もやってみてくださいね。

 

(作成K・J)

8月のおはなし会おすすめプランの紹介


2011年より毎月のおはなし会プランを2か月前倒しで2~3本作成してきました。8月のおはなし会プランも、27プラン(小さい子向け9、幼児~小学生向け18)あります。

今年度は新たにプランを作らずに過去記事から、特におすすめのプランを紹介しています。

今月も小さい子向け3プラン、大きい子向け6プランを選びました。

その他のプランも「8月のおはなし会プラン」(→こちら)からご覧いただけます。
(なお、過去記事は、Amazonアフィリエイトを使用していたため画像のリンク切れがあり、修正が間に合っていない場合があります。ご了承ください。)

***********************************
【小さい子向けおはなし会プラン】

*なつのそら→(こちら
夏の空は真っ青な青空に広がる入道雲に、夜には花火。子どもたちの心に印象に残る事象とわらべうたを組み合わせたおはなし会プランです。

 

*夏のおでかけ→(こちら
小さな子どもたちに人気の『がたんごとんがたんごとんざぶんざぶん』を中心に、わらべうたと組み合わせたおはなし会プランです。

 

*おひさまさんさん→(こちら
夏の陽射しをあびて、すくすく育つ植物元気な子どもたちを思い浮かべながら、作ったプランです。海をイメージしたわらべうたも紹介しています。

 

【幼児~小学生向けおはなし会プラン】

*夏の朝→(こちら
夏はラジオ体操やキャンプで朝早く起きることも多くなりますね。朝にフォーカスして作成したプランです。

 

*そこにいるのは→(こちら
夏に「こわいおはなし会」をする図書館も多いでしょう。ちょっとだけこわいお話を集めてみました。

 

*ぐんぐんどんどん→(こちら
夏はいろんなものが成長する時。「ぐんぐん、どんどん」伸びて、競って、そんな絵本やおはなしを組み合わせたプランです。

 

*くだものなんだ→(こちら
くだものといえば秋のイメージですが、夏にも美味しいくだものがいっぱい。そんなくだものがいっぱい出てくるおはなし会プランです。

 

*世界中の子どもたちが→(こちら
8月は終戦記念日があるので、「戦争と平和について考える」というテーマのおはなし会やブックトークが行われますね。こちらでもひとつプランを作りました。

 

*富士山にのぼる→(こちら
夏休みに富士山登山に挑戦する子どもたちも多いことでしょう。富士山をテーマにおはなし会プランを作成しました。

 

(作成K・J)

 

7月のおはなし会おすすめプランの紹介


2011年より毎月のおはなし会プランを2か月前倒しで2~3本作成してきました。7月のおはなし会プランも、26プラン(小さい子向け9、幼児~小学生向け17)あります。

今年度は新たにプランを作らずに過去記事から、特におすすめのプランを紹介しています。

今月も小さい子向け3プラン、大きい子向け5プランを選びました。

その他のプランも「7月のおはなし会プラン」(→こちら)からご覧いただけます。
(なお、過去記事は、Amazonアフィリエイトを使用していたため画像のリンク切れがあり、修正が間に合っていない場合があります。ご了承ください。)

 

****************************
【小さい子向けおはなし会プラン】

*あつい!あつい!→こちら
暑いから少しでも涼しいところへと移動する動物たちが可愛い『あついあつい』を中心に、「おふねがぎっちらこ」などのわらべうたを組み合わせてみました。

*みず、きもちいい♪→こちら
暑い時は水遊びをしたくなりますね。『こぐまちゃんのみずあそび』を中心にわらべうたを組み合わせたプランです。

*夏も元気だよ!→こちら
暑い夏でも子どもたちは元気に走り回って遊びますね。そんな子どもたちを応援するプランを『ちびすけどっこい』の絵本とわらべうたを中心に組み立てました。

 

【幼児~小学生向けプラン】

*夜空を見上げて→こちら
熊本に伝わる昔話「天人にょうぼう」を中心に、夜空に想いを馳せることができる絵本を組み合わせました。

 

*夕立だ!→こちら
トリニダード・トバゴの昔話「ヤギとライオン」を中心に、はたこうしろうさんの『どしゃぶり』やかがく絵本『にゅうどうぐも』などを組み合わせました。

 

*暑いとね...→こちら
スズキコージさんの『¿あつさのせい?』とボルネオの昔話「なまくらトック」を中心に組み立てたプランです。暑い時はのんびりしながら、暑さを笑い飛ばせるといいですね。

 

*ここにいること→こちら
夏は自然観察をする機会が多くなります。『ぼくからみると』や『ぼくのいまいるところ』など、私たちの身の回りの自然を俯瞰してみることができる絵本を組み合わせてみました。

 

*夏の虫たち→こちら
夏は昆虫たちと触れ合う機会も増えますね。『かぶとむしはどこ?』や『せみとりめいじん』など、子どもたちが身近に出会う昆虫の絵本を組み合わせてみました。

(作成K・J)

6月のおはなし会おすすめプランの紹介


2011年より毎月おはなし会プランを2か月前倒しで2~3本作成してきました。6月のおはなし会プランだけでも、26プラン(小さい子向け9、幼児~小学生向け17)あります。

そこで、今年度は新たにプランを作らずに過去記事から、特におすすめのプランを紹介することにしました。

今月は小さい子向け3プラン、大きい子向け5プランを選びました。

 

その他のプランも「6月のおはなし会プラン」(→こちら)からご覧いただけます。
(なお、過去記事は、Amazonアフィリエイトを使用していたため画像のリンク切れがあり、修正が間に合っていない場合があります。ご了承ください。)

 

***********************
【小さい子向けおはなし会プラン】

あめがふってきた→こちら

『はっぱのおうち』をメインに雨の絵本とわらべうたを組み合わせています。

いっしょにはいろう→こちら

『かささしてあげるね』をメインに、お父さんと一緒にお風呂にはいる『パパおふろ』を組み合わせたプランです。

ながぐつぴちゃぴちゃ→こちら

『おさんぽおさんぽ』と『たっちゃんのながぐつ』を組み合わせ、雨の季節に子どもの生活と切り離せない長靴をテーマにしたプランです。

 

 

【幼児~小学生向けプラン】

目には見えないけれど→こちら

新型コロナウイルス感染が拡大する中で作成したプログラムです。目に見えないものに私たちの生活が支えられていることへの気づきを促す内容になっています。

おへそにきをつけろ!→こちら

素話「ヤギとライオン」と赤羽末吉の『へそとりごろべえ』を組み合わせた楽しいプログラムです。

ふるやのもり→こちら

素話「ふるやのもり」と雨がテーマの絵本を組み合わせたプログラムです。

おとうさんの背中→こちら

家庭の形もさまざまで、「母の日」「父の日」の扱いが難しくなりました。それでもあえて「父の背中」を感じられる絵本を組み合わせてみました。

かえる、ケロケロ→こちら

かえるの絵本ばかりを組み合わせたプログラムです。

 

 

(作成K・J)

2021年5月(その2)鳥、とり(幼児~小学生)


5月10日から16日は、野鳥保護思想の普及のために鳥類保護連絡協議会が定めた愛鳥週間です。バードウィークとも呼ばれていますね。

そこで今月は「鳥」をテーマにおはなし会プランを作成しました。

 

(書影は各出版社の著作権許諾方針にしたがい利用しています。)

******************************
【鳥、とり】

導入 詩「わたしとことりとすずと」金子みすゞ(『すずと、ことりと、それからわたしーおやこでよもう!金子みすゞ』高畠那生/絵 坂本美雨/ナビゲーター 矢崎節夫/監修 JULA出版局 2019  より)1分

「わたしがりょうてをひろげても、
 おそらはちっともとべないが、
 とべることりは わたしのように、
 じべたをはやくははしれない。
 (中略)
 すずと、ことりと、それからわたし、
 みんなちがって、みんないい。」

 

金子みすゞさんの代表作で、この詩の最後の言葉「みんなちがって、みんないい」という言葉はCMでも取り上げられました。多様性を認め合うという考え方は、今ではポピュラーですが、金子みすゞさんが生きた時代には女性の生き方は狭い枠の中にはめられていました。そんな時にこの詩を詠んだその感性は素晴らしいですね。子どもたちが伸び伸びと自分の良さを発揮できるように願いながら、一緒にこの詩を味わいたいと思います。短い詩なので、子どもたちにも復唱してもらいましょう。

 

 

 

素話「鳥呑爺」稲田浩二、稲田和子/再話(『日本昔話百選』三省堂 2003(改訂新版)より)5分

山に仕事に行ったおじいさんが一休みしていると、小さい鳥が飛んできて「あやちゅうちゅう こやちゅうちゅう にしきさらさら ごよのさかずき もってまいろか ぴぴらぴん」と鳴くのです。面白がったおじいさん、しまいには鳥を飲み込んでしまうのです。
繰り返しのある楽しいお話で、素話を聞きなれていない子どもたちでも楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

絵本『とんでいく』風木一人/作 岡崎立/絵 福音館書店 2020 3分10秒

 扉を右側から開いて緑色の文字を読めばタカの話、扉を左側から開いて茶色の文字を読めばガンの子のお話になります。2冊絵本を用意して、二人でそれぞれ一見開きを読んでいくのも面白いでしょう。ひとりで読む時は、どちらかを最初に読んで、最後まで行ったら反対方向に読んでいけばいいですね。1冊で2つのお話を楽しんでみましょう。折り返して読んでも3分強です。

 

 

 

 

 

絵本『くちばし どれが一番りっぱ?』ビアンキ/文 田中友子/訳 薮内正幸/絵 福音館書店 2006 8分20秒

ヒタキが、次々に出会う他の鳥たちのくちばしをうらやましがります。シメ、イスカ、タシギ、ソリハシセイタカシギ、ダイシャクシギ、ハシビロガモ、ヨタカ、ペリカン、アカゲラとさまざまな特徴のくちばしをもった鳥たち。最後にオオタカが襲ってきて・・・物語を聞いているうちに鳥のくちばしの役割を知ることができる絵本です。この絵本をきっかけに、公園や山野で鳥の観察ができるといいですね。

 

 

 

 

おわりのわらべうた さよならあんころもち

 

(作成K・J)

2021年5月(その1)ぞうさん (小さい子)


5月第2日曜日は母の日ですね。

その季節になって思い出すのは、「ぞうさん」の歌です。

だれが好きなの?と尋ねられて、「あのね、かあさんがすきなのよ」と素直に答えられるのは、無邪気な子ども時代の特権ですよね。小学生以降になると心では思っていても、なかなか口にはできなくなります。

自分が親になってみて、そして自分の親を天国へ見送るころになって、またその歌詞の持つ意味をしみじみ感じられるようになります。

そんな想いをこめて、今月のおはなし会プランを作成しました。

 

(なお、このおはなし会プランに掲載しているわらべうたの楽譜は、中国地方で育ったK・Jが覚えているわらべうたを採譜したものです。市販のわらべうたの楽譜とは音程や、速度が違う場合があります。予め、ご了承ください。)

*********************

【ぞうさん】

導入 わらべうた おすわりやす

 

 

 

 

 

 

まずは保護者のおひざにしっかり座れるように、このわらべうたを歌いながら促します。おとなはひざを上下に少しずつ揺らしてあげます。「すーわった」で、しっかり子どもの体を支えて、ぎゅーとハグします。「どこでもいいからすわりましょ」の部分が省略されている歌い方もあります。どちらの歌い方でもOKです。

 

わらべうた このこどこのこ

 

 

 

 

 

おひざのうえに子どもを乗せて、保護者のほうが左右にゆっくり揺れます。最後はそれぞれがお子さんの名前を呼んで、もう一度ぎゅっとハグします。

 

 

 

絵本『ぎゅうぎゅうぎゅう』おーなり由子/文 はたこうしろう/絵 講談社 2014 1分

 

こどもにとって、「ぎゅう」ってしてもらえるのは、一番うれしくて安心につながりますね。
短い絵本ですが、ゆっくり絵を見せながら読んであげてください。

 

 

 

 

 

 

わらべうた ここはとうちゃんにんどころ

 

 

 

 

 

 

「にんどころ」とは「似ているところ」という意味です。「とうちゃん」は右の頬、「かあちゃん」は左の頬、「じいちゃん」は額、「ばあちゃん」は顎、「ねえちゃん」は鼻をさわって、最後は顔全体をさすって盛大にこちょこちょをしてあげます。

 

 

 

絵本『ぞうさん』まど・みちお/詩 にしまきかやこ/絵 こぐま社 2016 45秒

 

童謡「ぞうさん」が、にしまきかやこさんの優しい絵で絵本になっています。ゆっくり読んであげてください。

 

 

 

 

 

童謡 ぞうさん

絵本を読んでもらった後は、一緒に歌ってみましょう。(新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、ここはプログラムから割愛しても大丈夫です)

 

 

 

絵本『ながーいはなでなにするの?』齋藤槙/作 福音館書店 2019 1分半

 

ぞうの特徴である長い鼻。その鼻をどのように使うのか、小さな子どもにもわかりやすく描かれている絵本です。

 

 

 

 

 

 

わらべうた さよならあんころもち

 

 

 

 

両手を合わせてあんころもちを作って遊びます。大きいのや小さいの、お土産用など何度か繰り返してやってみましょう。

 

(作成K・J)

2021年4月(その2)目ざめの時(幼児~小学生)


春は芽吹きの季節です。一斉に野山の樹が薄緑色の若芽に覆われ、虫も鳥も動物たちも活動的になる季節です。目ざめをイメージしておはなし会プランを作成しました。

(書影は各出版社の著作権許諾方針にしたがい利用しています。)

****************************
【目ざめの時】

導入 詩「春の朝」金子みすゞ (『金子みすゞ童謡集 わたしと小鳥とすずと』JULA出版局 1984 より) 1分

すずめがなくな、
いいひよりだな、
うっとり、うっとり
ねむいな。

上のまぶたはあこうか、
下のまぶたはまァだよ。
うっとり、うっとり
ねむいな。

 

 

「春眠暁を覚えず」ということわざがありますね。気温も湿度も一番心地のよく、ぐっすり眠ることができるからですね。短い詩なので、ゆっくりと、2,3度繰り返し読んで味わってください。

 

 

 

絵本『きみはライオン! たのしいヨガのポーズ』ユ・テウン/作・絵 竹下文子/訳 偕成社 2017 5分

子どもたちが金色の朝陽を浴びながら、庭に集まってきました。朝のヨガの時間です。「きちんとすわって りょうてをひざに おおきくくちをあけ したをだす!」、するとそれはライオンのポーズ。ほかにもちょうちょや、いぬ、へび、かえるなど様々な動物に変身です。そして、最後は立ち上がって両手を頭の上に伸ばし、高く高く「やまになる しっかり つよく そびえたち てんまでとどけ」と背伸びをします。春の空気を吸い込んで元気に目をさましましょう。 

 

 

 

 

 

素話「世界でいちばんきれいな声」ラ・フルール/作 山口雅子/訳(『おはなしのろうそく11』東京子ども図書館 2000 より) 5分

 

一羽のふとった子ガモが、広い世界を見たいと思い、うちを出て歩いていくと、子ネコに出会いました。子ネコの鳴き声を聞いた子ガモは「なんてかわいい声なんだろう」と思って真似をするのですが、うまくいきません。先へ進んでいって、いろいろな動物と出会うたびにその鳴き声を真似するのですが、やっぱりうまくいきません。最後に出会ったのは、お母さん。最後はほっとする結末です。

 

 

 

 

 

 

絵本『森はオペラ』姉崎一馬/作 クレヨンハウス 2006 1分

樹木や森林を撮影する自然写真家の姉崎さんの、生命力に溢れる森の木々の写真と詩のコラボレーション絵本です。小さな芽生えはやがて大きな木へと育っていきます。木々は、太陽の光を浴び、風に葉を揺らしてまるで歌を歌っているよう。歌声は森のあちこちから集まってきてまるでオペラのようだと姉崎さんは感じたのでしょう。天をつく大木を見上げて「天までとどけ 森のオペラ」と力強いメッセージで終わります。それはそのまま、子どもたちの成長を見守る視線へと重なっていくように感じます。瑞々しい木々の写真をゆっくりと見せながら読んでいきましょう。

 

 

 

 

 

絵本『たんぽぽ』平山和子/文・絵 北村四郎/監修 福音館書店 1972 5分

 

身近にあるタンポポについて、科学的にわかりやすく紹介されています。語りかけるようなやさしい文なので、読み聞かせに向いています。絵は写実的で、葉や根、花は240もの小さな花が丁寧に描かれています。根は見開き2ページにわたって描かれているので、2冊用意して、子どもや先生に手伝ってもらって、つなげてみても楽しいでしょう。

 

 

 

 

 

終わりのわらべうた さよならあんころもち

 

(作成K・J)

トップページに戻る